近鉄 特急 券。 名古屋⇔大阪間の格安な行き方!近鉄特急が超絶おすすめ

近畿日本鉄道|特急券のご案内(特急券)

近鉄 特急 券

ひのとりの予約画面を追加しました! 名古屋-大阪間が新幹線なら50分で、 近鉄特急は2時間7分程度です。 新幹線に比べれば乗車時間は倍以上かかりますが、距離が短いので2時間程度と、メチャクチャタイトな日程で無ければ十分有りと思います。 料金はのぞみ指定席が5,830円に対し、 近鉄特急なら4,340円と、差額で昼食代と食後のドリンク代が賄えますよ。 そして、近鉄特急の料金を さらにお安くする方法があります。 2017年までは、名古屋-難波間の乗車券と特急券がセットでお得になる「 近鉄名阪まる得きっぷ」が近鉄から販売されていました。 「近鉄名阪まる得きっぷ」は回数券ですが、金券ショップではバラ売りしていて、3,100円~3,500円程度で販売していました。 今では、この「近鉄名阪まる得きっぷ」の販売が 終了しています。 では、それに代わるものが無いのかとい言いますと、「近鉄名阪まる得きっぷ」ほどの格安ではありませんが、乗車券と特急券を別々に購入することでお安くできます。 それらの手配方法を図解入りで詳細にご説明します。 それでは1つずつご説明します。 金券ショップでお安く購入できる 「名阪ビジネス回数きっぷ」は、その名の通り 回数券です。 近鉄では14枚つづり、おとな24,100円で発売されています。 24,100円を14で割りますと、1枚あたり1,721円となります。 金券ショップではバラ売りしていまして、1枚1,800円程度で販売されています。 近鉄では普通運賃がおとな2,410円ですので、 600円程度お安くなります。 名古屋で僕が利用する金券ショップは、『』です。 1,800円で購入できました。 乗降駅は4つ 「名阪ビジネス回数きっぷ」で乗降できる駅は次の 5ヵ所です。 大阪側 ・大阪難波 ・近鉄日本橋 ・大阪上本町 ・鶴嘴 名古屋側 ・近鉄名古屋 下図は近鉄さんの公式サイトに掲載の近鉄特急路線図です。 近鉄日本橋駅には特急が停車しませんので、大阪上本町駅まで急行などで移動して、大阪上本町駅から特急に乗車することとなります。 名古屋-大阪間をお得に乗車するためのきっぷですので、5ヶ所と言っても実際問題無いと思います。 「名阪チケレス割」 今度は特急券をお安くする方法についてご説明します。 「チケットレス特急券発売サービス」 近鉄では、 インターネットで特急券を購入する「 チケットレス特急券発売サービス」を行っています。 「チケットレス特急券発売サービス」が使いやすいのは、 会員登録しなくても利用できる点です。 購入方法 それでは購入方法についてご説明します。 今回、僕はスマホで購入しましたので、スマホでの方法です。 パソコンやタブレットでも画面レイアウトが違うぐらいで操作内容は同じです。 サイトにアクセス まずは「」にアクセスします。 下の画像のような近鉄の公式サイトが表示されますので、『会員登録せずに特急券を購入する』が表示されるまで画面を下にスクロールします。 『会員登録せずに特急券を購入する』をクリックしますと、特急券の購入画面に変わります。 この画面内に購入での注意点が書かれています。 しばらくの間、乗車の1週間前からに短縮していたのを、7月1日から元の1ヶ月前からに戻すこととなりました。 列車検索画面 『購入開始』をクリックしますと、列車検索画面になります。 乗車日時を選択します。 乗車区間の発駅と着駅を入力するか、下の画像のように駅名から選択ウインドウから選びます。 選択ウインドウは「あかさたな」で分類されていますが、近鉄名古屋駅は「か」行だけでなく「な」行でも選択できます。 「近鉄名古屋」でなく「名古屋」で検索するのが一般的と配慮されています。 「大阪難波」も「難波」として「な」行で選択できます。 ほんの些細なことですがとても親切ですね! あるいは路線図から駅を選択することもできます。 発駅と着駅の選択ができましたら『検索』をクリックします。 これ以降は、 アーバンライナーや ビスタカーの場合と、 ひのとりの場合とで別々に説明します。 ただ、 アーバンライナー・ ビスタカーの所で詳しく説明していますので、 ひのとりを予約する方も、 アーバンライナー・ ビスタカーの部分を飛ばさずに一読ください。 アーバンライナー・ビスタカーの場合 列車の検索を行いましたら、次は列車選択です。 列車選択画面 列車検索画面で指定した日時で発車する列車が、指定時刻の近い順に表示されます。 まずは、15:00ちょうど発の アーバンライナーが表示され、さらに画面を下にスクロールしますと、15:10発の ビスタカーが表示されます。 下の画像は、各列車の詳細を表示した状態です。 アーバンライナーも ビスタカーも近鉄特急で料金は同じです。 大阪難波から近鉄名古屋までの途中の停車駅が アーバンライナーの方が少なく乗車時間も短いです。 アーバンライナーは難波発も名古屋発も毎時刻0分発です。 時間帯により0分発以外でも アーバンライナーの場合もあります。 詳しくは近鉄のでご確認ください。 特急券購入条件画面 ご希望の列車が決まりましたら、その列車の『選択』をクリックしますと、特急券購入条件画面になります。 乗車日時と乗車区間が正しいかを確認します。 乗車人数欄を選択します。 アーバンライナーでしたら座席タイプを一般かDX(デラックス)かを選択します。 デラックスはDX料金として520円が追加されます。 座席位置選択が、最初は『選択しない』にチェックされていますので、 『シートマップから選択』にチェックします。 『次へ』をクリックしますと、座席選択画面になります。 座席選択画面 まずは車両を選びます。 アーバンライナーの1号車はデラックスカーです。 座席タイプで「DX」を選択した場合には1号車に限定されます。 一般タイプは2号車以降となります。 到着駅が近鉄名古屋駅の場合、進行方向は2号車が前方となります。 名古屋駅で名鉄や地下鉄や新幹線に乗り換えるなら2号車の方が改札に近くなりますよ。 車両が決まりましたら、次は座席の選択です。 グレーで塗りつぶされている席は既に予約済みの席で選択できません。 僕は2号車の10Aを選択しました。 理由は次の2点です。 ・トイレが1号車と2号車の間にあります。 トイレに近い2号車の前方としました。 ・午後3時難波発名古屋行きですので西から東に向います。 なるべく西日が差し込まない進行方向右側を選びました。 窓際席で車窓からの景観が楽しみですので、景観の良い方を選ぶと思いますが、直射日光が眩しくカーテンを閉めていては景観の良し悪しなんて関係なくなりますよね。 乗車中に直射日光が差し込む時刻なのか・方角なのかも座席選択のポイントですよ。 座席も決めましたので『購入情報入力へ』をクリックします。 割引選択画面 まずは特急券の割引選択を行います。 通常の料金は 1,930円です。 名阪チケレス割(前日まで)を選択しますと300円引きの 1,630円となります。 名阪チケレス割(いつでも)を選択しますと100円引きの 1,830円となります。 違いは、前日までに購入するのか当日なのかですね。 前日までなら名阪チケレス割(前日まで)の方の『選択』をクリックします。 特急券情報 お客様情報入力画面の最初に、特急券情報が表示されます。 合計金額が1,630円に割引されていることを確認します。 ひのとりの場合 2020年3月14日に新型の特急『』が難波-名古屋間にお目見えします。 『ひのとり』は「くつろぎのアップグレード」がコンセプトで、プレミアム車両とレギュラー車両が設定され、乗車料金と特急料金のほかに、 ひのとり特別車両料金が必要です。 列車検索画面までは、 アーバンライナーと同じです。 列車選択画面 列車選択画面に ひのとりが表示されます。 『この列車を選択』ボタンをクリックします。 特急券購入条件画面 ひのとりの車両は「レギュラー」と「プレミアム」に分かれます。 『シートマップから選択』を選択し、『次へ』ボタンをクリックしますと、車両選択および座席選択画面になります。 座席選択画面 ここからは、レギュラーとプレミアムの違いが判るよう、左にレギュラーの場合、右にプレミアムの場合と横並びで画像を掲載します。 ひのとりは6両または8両編成で、 プレミアム車両は両端の1両目および6両目(8両目)です。 残りの2両目~5両目(7両目)がレギュラー車両です。 座席の前後間隔の違いと運転席の有無から、レギュラー車両とプレミアム車両では、座席数が全然違います。 座席を決めましたら『購入情報入力へ』ボタンをクリックします。 で、ここからが アーバンライナーや ビスタカーと違います。 アーバンライナーや ビスタカーでは、『購入情報入力へ』ボタンをクリックしましたら、次は「割引選択画面」に移りました。 しかし、 ひのとりでは「割引選択画面」が無く、「お客様情報入力画面」になります。 つまり、 ひのとりでは「名阪チケレス割」の設定が有りません。 アーバンライナー(レギュラー):1,630円 アーバンライナー(デラックス):2,150円 ひのとり(レギュラー) :2,130円 ひのとり(プレミアム) :2,830円 お客様情報入力から ここからは、 アーバンライナーや ビスタカーと ひのとりと共通になります。 説明は アーバンライナーを例で行います。 特急券情報の下に、お客様情報を入力する欄が表示されます。 氏名と連絡先メールアドレスを入力します。 氏名は全角カタカナで姓と名を別々に入力します。 メールアドレスは半角英数記号で入力します。 続けて、クレジットカード情報を入力します。 利用可能なクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCBの3つです。 アメリカンエキスプレスや銀聯は利用できません。 クレジットカード情報を入力しましたら、画面をさらに下にスクロールします。 利用規約を読み、『上記の規約に同意します』をチェックし、『購入内容確認』をクリックします。 お客様情報入力確認画面が表示されます。 間違いが無ければ『確認したため次へ進む』をクリックします。 入力内容確認画面 まだまだ購入が完了ではありません。 念押しの入力内容の確認があります。 全て間違いが無ければ『購入決定』をクリックします。 チケットレス画面 全てが完了しますとチケットレス画面が表示されます。 乗車までに変更やキャンセル(払戻し)を行う場合についての制約事項なども記載されています。 特急券購入結果メール 購入が完了しますと、登録したメールアドレスに、特急券購入結果メールが届きます。 このメールの下の方に、 払戻し・変更・チケットレス再表示のURLが記載されています。 乗車するときまで メールを削除しないようにしましょう。 まとめ 「 名阪ビジネス回数きっぷ」をお近くの金券ショップで購入し、スマホやパソコンで「 名阪チケレス割」サービスを利用して特急券を乗車前日までに購入することで、難波-名古屋間の近鉄特急が、 アーバンライナーの場合1,800円+1,630円= 3,430円までお安くなります。 ひのとりの場合は「名阪チケレス割」の設定がありませんが、レギュラー車両で1,800円+2,130円= 3,930円までお安くなります。 近鉄特急 アーバンライナーや ひのとりでしたら乗車時間はたったの 2時間7分です。 新幹線のぞみの50分には敵いませんが、料金はのぞみ指定席5,830円に対し、 アーバンライナーなら 2,400円もお安いです。 往復でしたら4,800円ですよ。 居酒屋分が浮きますよ!.

次の

近鉄特急券の予約と購入の違いは?意味が異なるって知ってた?

近鉄 特急 券

大阪に住む友だちに会いに名古屋から近鉄特急を利用しました。 運行間隔は1時間に2本です。 近鉄の乗車券は、通常の窓口で普通席を購入すると乗車券と特急券合わせて 片道4260円なのですが、今回ご紹介する方法で購入したら 片道2800円とめちゃめちゃお得に行けました。 通常料金より片道1460円、 往復で考えるとなんと2920円もお得に! 新幹線だとのぞみで約1時間なので時間的には倍かかりますが、半額以下の金額なため非常にお得です。 近鉄電車の特急を利用する場合は乗車券と特急券を購入する必要があります。 乗車券のみで快速急行や急行を乗り継いで大阪まで行くことも可能ですが、時間もかかる上、乗り換えもあってややこしいので特急券も購入するのが一般的です。 STEP 1 : 乗車券は金券ショップで購入 意外と知られていないのが近鉄全線で利用できる 「沿線招待乗車券」。 店頭では「近鉄株主優待切符」と書かれていたりするので 「一般の人は使えないんじゃ?」「使い方がよくわからない。 」 と思われがち。 もちろん 期限内であれば誰でも使えますし、一般の乗車券と同じように改札に通すだけです。 さらにこの 「沿線招待乗車券」のいいところは 有効期限内ならいつでも使えること! 近鉄窓口で乗車券を購入する場合は使用期限が購入当日限り有効に対して、金券ショップで購入する沿線招待乗車券は有効期限内ならいつでも使えます! 予定が決まっている場合は有効期限内のものをあらかじめ買っておくこともできますね!• 窓口で購入:2360円• 金券ショップの相場:1500〜1800円 近鉄の窓口では通常の乗車券が2360円で販売されています。 私は名古屋の大須商店街にある金券ショップ「伊神切手社」にて上記の沿線招待乗車券を1800円で購入しました。 大阪の金券ショップでは1700円でした。 乗車券だけで片道560円もお得。 往復料金で考えるとなんと 1120円もお得に!! 名古屋の金券ショップ• 沿線招待乗車券のメリット・デメリット メリット• 通常窓口で買うより有効期限が長い• 通常の乗車券より安い デメリット• 金券ショップで売り切れている可能性もある• 営業時間内に金券ショップに出向く必要がある STEP2:特急券は「名阪チケレス割」をチェック チケットレスサービスを利用した「チケレス割」が定期的に実施されています。 上の画像の通り前日までの購入で特急券が安くなるシステムです。 特急券をネット予約利用するメリット・デメリット メリット• 窓口で購入するより安い• 前もって予約するので座席の選択肢が多い• スマホで画面を提示するだけ• 1ヶ月先までの特急券が購入でき、当日余裕を持って乗車できる• 当日でも割引がある デメリット• 払い戻しする場合は手数料500円がかかる• インターネットで購入する必要がある• 使用できる発着駅が決められている 近鉄名古屋〜大阪難波駅・大阪上本町駅・鶴橋駅 公式HP: まとめ 乗車券 特急券 窓口 2,360円 1,900円 金券ショップ+チケレス割 1,500〜1,800円 1,600円 バスよりも体力の消耗も所要時間も少なく、快適に移動できる近鉄特急。 新幹線よりも安く、所要時間も2時間ちょいなので名古屋から大阪間の日帰りも可能。 少しでも節約した方にとってはかなりオトクなサービスではないでしょうか。 ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

近鉄特急券

近鉄 特急 券

近鉄電車の「顔」である「特急電車」は、追加料金が掛かるけど、とっても便利。 奈良にアクセスする際、JRを使う一部のケースを除いて、特に「国内観光客」にほぼ必ず利用される存在である 「近鉄電車」。 近鉄電車は JRと比較して運賃も安く、本数も多い傾向にあり、 「近鉄奈良駅」は「JR奈良駅」と比べて主要観光スポットに近いというメリットもあります。 そんな近鉄電車の中で、一番よく利用される存在は 「運賃(きっぷ)」だけで利用できる「快速急行」や「急行」と言う電車ですが、より早く、快適に奈良へアクセスできる手段として、 「近鉄特急」というものがあります。 今回は、そんな「近鉄特急」のうち、「京都~奈良」「大阪(難波)~奈良」を結ぶものなどについて、その特徴・料金・使い方・運行時間などについて簡単にまとめてみました。 近鉄特急の基本 まずは、「近鉄特急」という存在がおおまかにどのようなものか、その主要な特徴、注意点について解説していきます。 追加料金がかかる まず、第一に分かっておかなければならないのは、「近鉄特急」は、「運賃(きっぷ・IC乗車券)」だけではなく、 「特急料金」を必ず払って特急券を買わなくてはいけないという点です。 同じ「特急」でも、例えば「京阪電車」や「阪急電車」、「阪神電車」や「南海電車」の「特急」などは、きっぷさえ買えば、「座れるかどうか」は分からないにせよ、ひとまず乗ることはできるのですが、 「近鉄特急」は、特急料金を払わない限りは乗ることができません。 (特急券を買う時間がないときは、何も持たず乗って、車掌さんが来るのを待って、車掌さんから車内で特急券を買うこともできますが、いずれにせよ「特急券」が最終的には必要になる訳です。 ) その特急料金は、 京都・大阪~奈良の場合、520円となっています。 だいたい運賃が2倍弱になると思えばよいわけです。 まあ、一般的な感覚から言えば、少し高いと思われてもおかしくはありません。 但し、近鉄特急には、以下のようなメリットもあります。 必ず座れるし、少し早い まず、近鉄特急は、 全席座席指定の列車ですので、 必ず座ることができます。 近鉄のその他の 「快速急行」「急行」は、比較的混雑しており座れない場合も多く、座席は一般の通勤電車のそれですので、それほど快適とまでは言えません。 しかし特急であれば、必ず座れる上に、 座席は「快速急行」や「急行」とは比べものにならないような、「特急らしい」座りやすい座席となっています。 京都・大阪~奈良間は1時間も掛かることはありませんが、快適に移動したいという観光客の方がそれなりに多いこともあり、特急電車が運行されているという事情もあるわけです。 なお、所要時間も極端に早くなる訳ではありませんが、同じ時間帯に走る「快速急行」や「急行」と比べ、少し早いことが特徴となっており、特に 「京都~奈良」間の場合10分程度早く移動することが出来ます。 特急電車は全てにおいて優先される あと、「特急電車」のよいところと言えば、ダイヤが乱れたり、遅れが発生したような時にも、まず優先して運行されるという点にあるでしょう。 どんな時でも、近鉄では、基本的に特急の運行が「急行」などと比べて遅くならないように調整が行われています。 逆に言えば、京都から「急行」などを使うときには2回ほど「特急」に追い抜かれるために待つようなケースもある訳です。 もちろん、所要時間自体も特急が一番早くなっており、京都発などの場合、その前に発車した電車よりも必ず早く到着できます。 スムーズに安定したアクセスを望まれる場合、特急を使うほうがよい。 というわけです。 特急券の買い方 特急料金を払って「特急券」を買う方法としては、最も一般的な方法は 「駅の特急券売り場」か 「駅の特急券自動券売機(改札内・ホーム近く)」で買う方法があります。 大阪難波・大阪上本町・京都・近鉄奈良・大和西大寺といった主要な駅では、必ず特急券売り場の窓口と自動券売機があります。 駅の特急券売り場で買う場合は、 乗車する1か月前から電車が発車する「3分前」くらいまではいつでも特急券を買うことができます。 また、改札を入ってからの位置にある 特急券自動券売機で買う場合、 直後に発車する特急電車などの特急券のみを、「発車1分前」くらいまで買うことができます。 突発的に乗ることになって急いでいる。 というような場合、特急券自動券売機で買うのも便利です。 但し、利用の多い休日、また朝や夕方・夜間といった時間帯の場合、券売機に人が並んでいることも時折ありますので、時間には余裕をもったほうがよいでしょう。 各エリアから奈良への「特急電車」のご案内 京都から奈良を結ぶ特急電車 京都と奈良を結ぶ特急電車は、近鉄特急の中でも最もよく利用されている存在の一つです。 所要時間は約35分から40分程度で、 急行電車の45分から50分程度という所要時間と比べ、10分ほど早く到着できます。 お値段は、京都駅と近鉄奈良駅の場合、 運賃の640円と特急料金の520円をプラスして、 合計1160円となっています。 京都駅は特急を使う人が多いため、駅の窓口、特急券売り場の規模がかなり充実していますので、何かわからないことがあればすぐに窓口の人に聞くようにしてください。 京都駅では 特急専用の1番乗り場・2番乗り場から発車します。 なお、奈良行きの特急は、例外はありますが、 昼間の時間帯は毎時「30分・50分」とやや変則的な運行時間で、また 夕方や夜間は毎時「0分・30分」とわかりやすい時刻で運転されています。 いずれにせよ、ほぼ全ての時間帯で 「1時間に2本」運行されている場合が多いです。 一方、奈良行き以外にも、その間の時間帯には 「橿原神宮前行き」の特急なども運行されています。 橿原神宮前行きを利用する場合、奈良駅方面へは途中、同じ奈良市内の 「大和西大寺駅」で乗換が必要になるため、少し面倒になっています。 特急の運行時間に合わせられる場合、基本的に「近鉄奈良駅」に行く方は「奈良行き」のみを利用した方が便利ですし、ややこしいこともなく無難と言えるでしょう。 関連記事: 大阪難波から奈良を結ぶ特急電車 大阪難波から奈良を結ぶ特急電車は、京都から奈良を結ぶ特急ほどの本数はありませんが、一部の時間帯で運行がなされています。 途中では大阪上本町駅・鶴橋駅からも乗車でき、通勤客が利用する夜間は満席になる場合もあります。 所要時間は約35分程度で、これは最も早い「快速急行」などと余り変わりありませんが、「快速急行」や「急行」が大阪上本町や鶴橋からはほぼ一日中座れず、難波からもラッシュ時間帯を中心に「座れない」場合が多いため、 特急は「座るため」の電車として、非常に多く利用されているわけです。 お値段は、大阪難波から近鉄奈良駅間の場合、 運賃の570円と特急料金の520円をプラスして、 1090円となっています。 鶴橋駅からの場合、1020円となっています。 大阪難波駅からは、 1・2番乗り場から発車します。 なお、運行時間帯に関しては、 京都発の特急のように1日中運転されているのは、土日祝日のみとなっています。 但し、 土日祝日でも日中時間帯は1時間おきにしか運転されていません。 平日に至っては、基本的に難波発の場合夕方から夜にかけて、奈良発の場合は朝、夕方、夜の時間帯のみ運転されています。 すなわち 平日の日中は「快速急行」や「急行」を使うしかないのです。 そのため、基本的には、夕方以降奈良に行く場合、また奈良で宿泊して翌日朝に大阪に行く場合に使える電車。 という風に思って頂ければよいでしょう。 関連記事: 伊勢志摩・名古屋・飛鳥方面から奈良へ行く時 大阪・京都といった主要都市のみならず、近鉄電車は伊勢志摩などの三重県、また名古屋方面、そして奈良県中南部の飛鳥・吉野エリアなどへも広く路線を伸ばしています。 そのようなエリアから奈良市内「近鉄奈良駅」方面へ特急でアクセスしたい場合、基本的には 「大和八木駅」 で乗り換えて頂くか、「橿原神宮前駅」から特急に乗って頂き、いずれも「大和西大寺駅」までひとまずアクセスするという二択となります。 伊勢志摩・名古屋方面からの特急電車は、「アーバンライナー」の一部を除き「大和八木駅」に停車します。 そのため「大和八木駅」から「橿原線」の「大和西大寺・京都方面」行きの特急に乗り継いで頂くことになります。 なお、有名な 「特急しまかぜ」また、「伊勢志摩ライナー」の京都行きの場合、伊勢志摩エリアから直接「大和西大寺駅」までアクセス可能ですので、途中の 「大和八木駅」で降りる必要はありません。 吉野・飛鳥エリアからは、まず、各駅から「阿倍野橋」行きなどに乗車し、途中の「橿原神宮前駅」まで行って頂ければ、あとは「京都行」「大和西大寺駅」行きの特急に乗って、「大和西大寺駅」で降りればよいだけです。 大和西大寺駅からは近鉄奈良駅まで5分ほど、「奈良行き」の全ての電車をご利用ください。 運行本数は、「大和八木」からにしても、「橿原神宮前」からにしても、1時間に2本程度特急が運行されていますが、特急券を買う際には窓口の人などに乗り継ぎ時間を確認した上で、スムーズなアクセスが出来るような形で特急券を購入してください。 関連記事: 関連記事: 関連記事: まとめ 以上、 奈良方面へ「近鉄特急」でアクセスする際の注意点や、特急電車の運賃、時間、本数などについてまとめてきました。 基本的には「京都駅」と「近鉄奈良駅」を結ぶルートが一番便利な「近鉄特急」のルートとなっており、多く利用される傾向にあります。 また、橿原方面からの特急もある程度の本数が確保されています。 大阪からの特急は時間帯次第では使えませんが、ご旅行のスケジュール次第では「確実に座れる」存在として重宝できるでしょう。 関西のその他の私鉄と比べると「特急料金」の存在など、少し異色の存在であり、割高感がぬぐえない「近鉄特急」ですが、 座りたいというニーズや、早くアクセスしたいというニーズにはしっかりと応えてくれる存在ですので、皆さんの観光のご予定に合わせ、ぜひ利用してみてくださいね。

次の