ガーミン 530。 Garmin Edge530を入手したのでインプレ編。重量測定と、初期セットアップをする(ガーミン Edge530)|自転車&家つくり日記!

GARMIN Edge 530/830登場|各種センサーがBluetooth対応に 盗難防止アラーム機能も 他にも色々!

ガーミン 530

Edge530の概要 付属品 同梱されている標準の付属品は以下です。 microUSBケーブル• ストラップ• ハンドルステムマウント(ゴムで固定するマウントです)• アウトフロントマウント 拡張バッテリー対応• トレーニングページでスピードや距離、パワーなどのデータを表示できますが520Jではデータ項目の並び替えができず地味に面倒でしたが530では入れ替えたいデータ項目同士を選択すると入れ替わるのでこれは嬉しいです。 バッテリー 最大20時間で拡張バッテリーが使えるので最大40時間!ブルベ600kmもいけちゃうよ! バッテリーは最大20時間で拡張バッテリーが使えるので最大40時間までいけるようなのでブルベ600km(制限時間40時間)もいけちゃいますね! 「最大」ということなのでバッテリーセーブモードなどを使ってバッテリー消費を抑えた時の時間でしょうね。 実用時間だと7~8割程度と思っておいたほうがいいかと思います。 まあ、それでも十分ですね。 バッテリーセーブモードとは(公式マニュアルより)バッテリーセーブモードを有効にするとバッテリーの稼働時間が長くなるように自動設定されます。 アクティビティ実行中は画面がオフになり、設定したアラートが作動したときとキーを押したときに画面がオンになります。 バッテリーセーブモードではGPSの受信と各種センサーデータの取得頻度が低くなるためスピードや距離などのデータの精度が低下します。 スリープモードの搭載が嬉しい Edge520Jには付いていなかった機能の一つに「スリープモード」があります。 これは電源を切らなくても電源を切ったのと同じような状態になってボタンを押すとすぐに画面がオンになるというモードです。 長期間使わない時は電源をオフにしたほうがいいと思いますが基本的にスリープモードでの運用で問題なさそうです。 ちなみに自動スリープモードという機能をオンにしておくと5分何もしなかったら自動でスリープモードになるのでこれもバッテリー節約になって便利です。 地図・ナビゲーション・コース 全国の詳細地図が始めから入っている 走っている時に急カーブが近づくとアラートで教えてくれます。 MTBトレイルナビゲーションでトレイルコースを検索できる MTBトレイルナビゲーションという機能でMTB向けのトレイルコースを探索できるみたいですがまだ使っていないので未知です。 使ったら追記しようと思います。 アクティビティからコースを作成できる 走り終えた後に走ったルート(アクティビティ)をそのままコースとして登録できます。 パフォーマンス解析機能もなかなか使えそう! Edge530ではトレーニング向けの機能も強化されていてパフォーマンス解析機能がなかなか良さそうです。 ただし解析するためには心拍センサーが別途必要みたいですが心拍センサーだけでわりと本格的なパフォーマンス解析をしてくれるのでパワーメーターを持っていない人には結構おすすめかなと思います。 パワーメーターを使っての本格的な解析をするにはこちら トレーニング効果(TE)を数値で確認できる TE値という指標を用いて『行ったトレーニングでどれくらい効果が見込めるか?』を以下のように数値化してくれます。 有酸素能力、無酸素能力それぞれのTE値を確認できます。 TE値0. 0~0. 9:効果なし• TE値1. 0~1. 9:効果小• TE値2. 0~2. 9:能力の維持• TE値3. 0~3. 9:能力向上• TE値4. 0~4. 9:さらなる向上• TE値5. 0:過度なトレーニング ストレススコアの測定ができるのでレース前の調整などによさそう• 3分で計測できます• 1~100でスコアが出ます 身体にどれくらいストレスがかかっているか?つまりどれくらい疲労が溜まっているかを測定してくれます。 スコアは1~100で表示されて低いほど疲労が抜けているらしいです。 レース前の確認などに良さそうですね。 トレーニングステータスでトレーニングの効果を確認できる• トレーニングの蓄積データから現在のトレーニングが自身に効果をもたらせているか?や維持できているか?低下していないか?オーバーワークになっていないか?などトレーニングの効果を確認できます。 以下の7つの状態があるようです。 トレーニングの指標になりますね! 心拍計をつけて何日間かトレーニングデータを蓄積すると分析してくれるようです。 ピーキング(ベストコンディション)• プロダクティブ(レベルアップ)• キープ(レベル維持)• リカバリー(回復に適した負荷)• アンプロダクティブ(レベル低下)• ディトレーニング(トレーニング不足)• オーバーリーチ(オーバーワーク) パワーカーブが見れる コースを使って走っている時に登り区間(クライム区間)を自動で検出して残り距離や平均勾配などのグラフを表示してくれます。 「あとどれだけ登るねん!」というストレスが少し解消されますね。 逆に「こんなに登るんかい!」という絶望をもたらせてくれるかもしれません(笑) ヒルクライムのレースとかでも有効活用できそうですね。 バイクアラーム バイクから離れる時に「バイクアラーム」機能をオンにしておくと振動を感知してアラームが鳴ります。 バイクアラームを解除するときにはあらかじめ設定しておいたパスワードを入力する必要があります。 盗難防止に役立ちそうですが自分は長時間バイクから離れる時にガーミンやライトを持って離れるので使うとしたら短時間だけ離れる時とかですかね。 コンビニに立ち寄ってカギをかけるのが面倒な時にささっとバイクアラームだけ設定しておけばコンビニ内にいるのでアラームの音にすぐ気が付きますしね。 まあカギはかけたほうが本当はいいですけど・・!ちょっと面倒な時はいいかもですね。 バイクアラームは電源ボタン長押しで「バイクアラーム」を選択すれば設定されるので離れる時にすぐ設定できます。 で、Edge530って買いなの?どうなの? Edge520J以前のモデルやEdge130などを使っているGARMINユーザーの方で乗り換えを考えている方にはGARMIN CONNECTのデータをそのまま引き継げるのと、アップグレードされた機能でも「ああ、、これ困ってたなぁ」みたいな「かゆい所」が良くなっている印象なのでおすすめだと思います。 これからトレーニング目的で購入を考えている方は他のメーカーにもいいサイコンはあるので比較検討してみてもいいと思いますがよっぽど本格的なトレーニングをしたい方でないかぎりEdge530にしておけば間違いないでしょう。 まだサイコンを持っていない人はこちらも参考にしてみてください 【余談】Edge830とどっちが良さそう? 530か830で悩んでいる人は結構いるんじゃないかと思います。 自分の意見としては530のほうがおすすめかなぁと。 530と830の主な違いは「タッチパネル」ですがタッチパネルだと冬用のグローブなどで操作しづらそうですし、汗で誤動作すると聞いたこともあり、あまりタッチパネルのメリットを感じません。 パナソニックのサイコンもCA-500がCA-600にアップグレードした際にタッチパネルを不採用にしてますしサイコンにタッチパネルは不評なのかもしれないですね。 あと830は単体での販売がなくセット販売だけなのですでに各種センサーを持っている乗り換え検討のユーザーには微妙かなと思います。 こちらもチェック!サイコン(サイクルコンピューター)のおすすめ記事.

次の

GARMIN EDGE 530 ガーミン EDGE 530 サイクルコンピューター

ガーミン 530

その他、共通機能としてガーミンコネクトモバイル、Live Track、ライダー間メッセージ、自動アップロード 、事故検出(ガーミンコネクトとのペアリングが必須)、ワークアウト管理、VO2Max計測、FTP自動計測 (対応するセンサーが必要)、リカバリーアドバイザー、サイクリングダイナミクス(対応するセンサーが必要)、パフォーマンスコンディション(対応するセンサーが必要)、ストレススコア(TSS)計測機能などを搭載 ボタンの530、タッチの830 ハード面から比較してみましょう。 エッジ530はサイドに操作ボタンが配されているのに対し、エッジ830はスクリーン上のタッチパネルを用いた操作がメインとなるためすっきりとした印象があります。 エッジ830の方が数グラム重いというわずかな差異はありますが、両デバイスに大きな違いはありません。 最も異なるのは操作方法です。 操作感はどちらもサクサクとした印象。 エッジ830はタッチパネルですが、水滴の誤作動を防止するタッチスクリーンロック機能も備えており、汗や雨でも問題なく使え、乗り手の集中力を切らさせません。 また、項目を直接タッチし、表示を変更できるなどより直感的な操作性が魅力です。 一方のエッジ530は物理ボタンで操作するため、激しいトレーニングやレース中でも明瞭なクリック感があり、確実な操作が可能となります。 長指グローブを使用する冬のライドでも活躍します。 豊富な新機能を搭載 上り坂の距離や勾配をグラフや色に分けて表示する「クライムプロ」 両デバイスともに新機能が豊富に搭載されたことも見逃せないポイントです。 駐輪中、バイクに振動が加わるとけたたましい音とともに、スマホに異常があったことを通知してくれる「盗難防止バイクアラーム」や、ヒルクライムライド中にリアルタイムで平均斜度や残りの距離などの情報を、わかりやすいビジュアルでデバイス上に表示してくれる「Climb Pro」(クライムプロ)など、実用性の高い機能が満載。 また、シリアスレーサーだけでなく、ホビーサイクリストまで幅広い層が活用できる計測機能も充実しています。 パワートレーニングの指標として多く用いられているFTP計測はもちろん、Vo2Max(最大酸素摂取量)の計測といった高度なパフォーマンス解析も可能に。 ワークアウト終了時に摂取したカロリーや水分量の記録を残すこともできます。 適切な補給をサポートするトラッキング機能です。 分岐点が近づくと転換点距離やルート、方角を表示してくれるナビゲーション エッジ830は出先から行き先を検索、設定が可能 両機種ともに高性能なナビ機能を備えていますが、操作性で勝るのはエッジ830といえるでしょう。 ナビ機能に関しては、スマホのような操作ができるエッジ830に軍配が上がります。 また、エッジ830は出先でもデバイス上でルート検索が可能です。 POIカテゴリー検索(ジャンル別施設検索)ができるため、旅先でレストランやコンビニ、入浴施設などをスマホやPCに接続することなく検索できます。 これはエッジ530には無い機能です。 コストパフォーマンスの530 セットに含まれるセンサー類 Photo: Shusaku MATSUO ケイデンスやスピード、心拍センサーが付属したセット販売のみのエッジ830に対して、エッジ530はセット販売と単品販売のバリエーションを揃えています。 既存のガーミンユーザーで、センサーをすでに持っているのであれば、税抜3万7800円で単品のエッジ530が購入できます。 一方、エッジ830は選択肢が税抜5万7800円(セット)のみなので、コストパフォーマンスではエッジ530が優れているといえるでしょう。 どちらがおススメ? 物理ボタンか、タッチスクリーンか、操作方法の違いで新機能の活用法もやや異なるエッジ530とエッジ830。 もしあなたがロングライド派のサイクリストであれば間違いなくエッジ830がおススメです。 バッテリー持続時間が飛躍的に伸び、直感的な操作と高精度なナビ機能はライドを豊かな時間にしてくれます。

次の

Garmin Edge 530 / 830が新登場。解像度がアップし新機能「ClimbPro」を搭載

ガーミン 530

Edge 830はタッチパネル採用 Edge 530は従来通りボタン操作、Edge 830はタッチパネルを採用。 どちらもボタンの配置や操作方法は変わってはいないのですが、操作感覚はまるで別物の様にサクサクと反応する様になっております。 スマートフォンの様にサクサクと操作が出来るので、余りの反応の速さに思わず見たいページを飛ばしてしまう事もあるかもしれません。 安心の稼働時間 稼働時間も今回両機種とも15時間から20時間へとアップ。 15時間でも十分な稼働時間でしたが、更に5時間長くなりよりロングライドなどでも安心して使用することが出来る様になりました。 ロングライドの時休憩やら信号待ちやらで意外とバッテリーが減ってしまい最後までバッテリーが持つのか心配になる時もありましたが、これならより安心してナビゲーションを使用したりバックライトを使用したりすることも出来ますね。 既に別売りされている拡張バッテリーを使用すれば最大で40時間の稼働時間となり、ブルべなどより長時間使用しなければならい時もバッテリー切れの心配から解放してくれます。 最新地図データ搭載 より細かい道まで表示されるようになりました。 Edge 1030やEdge 820J等しか採用されていなかった地図データが、なんと今回Edge 530にも採用されました!搭載された地図は昭文社2019年最新版地図データとなっており、以前の地図よりも13856㎞増加されより細かい道まで地図上に表示されます。 これでより道に迷う事が心配が少なくなりますね。 Edge 830は電話番号や住所検索やコンビニや宿泊施設等のカテゴリー別の検索も可能となっており、目的地までの道のり等のナビゲーションが本体のみで行えるようになっております。 Edge 530でナビゲーションを行う場合は事前にアプリケーションなどのガーミンコネクト等で、コースを作成しておけば使用することも出来ます! トレーニング目的で使用される方はEdge 530が、ポタリングやちょっと道に自信がない方(笑)はEdge 830がオススメです。 新機能 ClimbPro「クライムプロ」 実際の消費したカロリーや水分もより細かく確認できます。 一回のサイクリングで消費されたカロリー値は、心拍やケイデンス等から従来型でも測定は可能でした。 しかし実際のサイクリングでは消費した分補給職等で補給されており実際に消費した数値では無かったりします。 サイクリングから帰って来た後画面に表示されている消費カロリー値に胸をわくわくしながら体重計に乗ったものの、表示された体重が思いのほか減っていなくてガッカリした方は意外に多いのではないでしょうか?(笑) 接種した水分やカロリー値などを手入力する必要がありますが、より適正な消費量等が表示されるようになるので効果的なトレーニングやダイエットなどにも活躍する機材になります! これで安心!? バイクアラーム機能 サイクリストを常に悩ます問題と言えばパンクと盗難。 大切に乗っている愛車がちょっとした隙に盗まれてしまったら、それはもう言葉では言い表せないほどの残念な気持ちに襲わてしまいます。 Blutoothに対応したことで最近多くなってきているスマートトレーナー等でのZWIFT等の周辺ソフトへの連携性が向上。 室内トレーニングでも存分に活躍してくれるようになりました。 もちろん従来型と同様に取付も簡単で、またフレーム形状に左右されず取り付けることが出来る様になっております。 Edge 530は本体のみとセンサーセット Edge830はセンサーセットのみ Edge 530は本体とマウントやセンサーなどがセットになったセンサーセットの両タイプで販売されます。 実際に操作感覚やナビゲーション機能なども体験できますので、是非一度店頭で体験してみて下さい。 もちろんサイクリングに必要な様々なアイテムもご用意しているので、お気軽にご相談ください!.

次の