ふしぎな岬の物語 ネタバレ。 ふしぎな岬の物語のレビュー・感想・評価

映画【ふしぎな岬の物語】感想

ふしぎな岬の物語 ネタバレ

Contents• 映画『ふしぎな岬の物語』 基本情報~地上波放送日程・放送時間、ロケ地(撮影現場・場所)、キャスト(出演者)など• 地上波放送日程、放送時間・・・2016年1月4日、21時00分~22時54分• 企画、原作・・・吉永小百合・成島 出、森沢明夫「虹の岬の喫茶店」(幻冬舎文庫)• 脚本、撮影監督、監督・・・加藤正人・安倍照雄、長沼六男(J. )、成島 出• キャスト(出演者)・・・吉永小百合、阿部 寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史、小池栄子、春風亭昇太、井浦 新、杉田二郎、堀内孝雄、吉 幾三、高山 厳、因幡 晃、ばんばひろふみ、片岡亀蔵、中原文雄、米倉斉加年、石橋蓮司• ロケ地(撮影現場・場所)・・・千葉県鋸南町(音楽と珈琲の店 岬、沖ノ島、館山ファミリーパーク、和田漁港、たてやま温泉 千里の風など) [ad ad-2] 映画『ふしぎな岬の物語』 ネタバレあらすじ・結末 「岬カフェ」には虹の絵が飾ってあって、そこへ父娘がやってきた・・・娘は、「虹をのぼって行けばママに会えるのかな?」というのだった。 店主の 悦子(吉永小百合)は娘を抱きしめ、「大丈夫」といえば暖かくなってくると教えた・・・男は陶芸家でカップを置いていくのだった。 カフェには常連が多く、「おいしくなれ」と魔法をかけるコーヒーが評判。 45歳になる甥の 浩司(阿部寛)は、花畑での結婚式を台無しにしたり、掘建て小屋に住んでいる変人であり、泥棒にご飯を食べさせ、どうせなら夫の最後の絵を持っていってくれというのだった・・・泥棒はそのお礼に柳刃包丁を研いで行った。 [ad ad-3] 漁師の徳さんの娘・ みどり(竹内結子)が東京から帰り、追いかけてきた夫を浩司が柳刃で威嚇して助け、「私、浩司さん昔好きだったんだ。 悦子さんの代わりでもいいよ」といわれて倒れてしまうのだった・・・。 徳さんは胃がん(末期)で入院してしまい、みどりはコーヒーの煎れ方を教わることに・・・不動産屋の タニさん(笑福亭鶴瓶)は転勤話があって浩司からたき付けられたが、悦子にプロポーズできずに大阪に異動するのだった・・・。 徳さんが亡くなって休業していると、そこへ父娘が来て「虹の絵を返してほしいというおじさんがいる」というのだ・・・はっとして、悦子が亡夫の写真を見せるとこの人だというので渡すことに・・・。 [ad ad-5] 夜になって、茫然自失状態で失火・・・引き取った事情を浩司に話し、みんないなくなったと嘆いていた・・・しかし、仮店舗ができたことで皆は大喜びしていた。 コーヒー用の水を取りに離島にいくボートに、浩司がみどりと乗って妊娠したことを悦子に告げ、大きな虹が海の向こうに架かっているのだった・・・。 [ad ad-4] 映画『ふしぎな岬の物語』 感想・評価、視聴率 はい、ではそんな映画『ふしぎな岬の物語』に対する評価・感想についても見ていくことにしましょうか!^^ 今夜9時からの吉永小百合主演「ふしぎな岬の物語」劇場で観たけど、良い映画でしたよぉ。 ほっこりあったかい話だ。 小百合ちゃん、いつまでも若いね。 映画館でこういう素敵な作品をゆっくり観る。 とても大切な時間だと思いました。 — ちゅーば tuba2487 あとふしぎな岬の物語も観たんだが吉永小百合さんの演技が素晴らし過ぎるな。 — トヘロス nucchiman ふしぎな岬の物語は、そこに集まる人々それぞれの"新しい一歩"がたくさん集まった、本当に素敵なお話でした。 初老のご夫婦が他に見ていた。 おばあちゃんは涙が止まらないみたいだった。 その後のおじいちゃんの行動が印象的だった。 — m megurisan1 きのうは親と「ふしぎな岬の物語」見に行った。 吉永小百合さんっていつまでも少女って感じの人なんだね。 全体的にはふしぎでほのぼのしてるお話だったけど、あたしには普段にこにこしてる人がいきなり心情爆発させるのが怖かった。 見終わった後の満足感が凄い!!ふんわり優しい愛情に満たされた。 レビューサイトの評判見たら悪かったのであまり期待せずに行ったんだけど。 出現している役者の人の演技力が高く、映像のショットにも力があるように感じた。 映画の舞台の場所の風景だけでも綺麗だった。 — tomoakisano tomoakisano はい、Twitter上に書き込まれていた、映画『ふしぎな岬の物語』に対するコメントの一部を抜粋してご紹介しておきました!^^ [ad ad-6] 口コミ・レビューサイトなどでは悪い評価ばかりの映画だったんですが、こうして見ると 高評価も多いと分かりますね! やはり、吉永小百合さんが主演を務め、キャストも豪華なので期待度が上がりすぎていたためでしょう。 描写も綺麗で、ストーリーも面白いと感じている人のほうが多いようですね・・・なので、今回の地上波での放送も視聴率的に期待が出来ますね・・・^^w 平均視聴率15%くらいは硬いんじゃないでしょうか・・・1月5日の視聴率速報にも注目が集まります!^^w [ad ad-7] 【当記事を見た人が続けて興味を持って見たほかの記事】• 美しき三つの嘘のネタバレ結末あらすじ・ドラマキャスト・視聴率・感想!• 坊ちゃんネタバレ結末あらすじ・ドラマキャスト・視聴率・ロケ地・感想は?• 赤めだかキャスト出演者・あらすじドラマ結末ネタバレ・主題歌・視聴率• じゃ、今回はこの辺で!ではでは^^^•

次の

映画『ふしぎな岬の物語』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ふしぎな岬の物語 ネタバレ

嬉しいニュースです。 吉永小百合さんが初プロデュースと主演の両方を務めた映画「 ふしぎな岬の物語」が第38回 モントリオール世界映画祭で賞をとりました! この記事では、• 映画「ふしぎな岬の物語」のあらすじ• 映画「ふしぎな岬の物語」のロケ地 についてお送りしたいと思います。 なんと、 その映画のモデルとなるお店の画像も発見しましたよ! Sponsored Link 映画「ふしぎな岬の物語」のあらすじ まず、今回受賞したのは、 第38回モントリオール世界映画祭の• 審査員特別賞グランプリ• エキュメニカル審査員賞 という2つの賞。 初プロデュースの作品がダブル受賞とはすごいですね。 吉永小百合さん! では、そのあらすじをお送りしましょう。 さらに詳しいストーリーなどを知りたい方は、をご覧ください。 僕は事前にあまり知らないで映画を楽しみたい派なので、このページでの紹介はこれくらいにしておきますww Sponsored Link 映画「ふしぎな岬の物語」のロケ地 実は、この映画には原作があります。 原作は、中森明夫さんの小説『虹の岬の喫茶店』 幻冬舎文庫 です。 この原作でも描かれているモデルとなる場所があるんですが、それが・・・。 千葉県鋸南町元名の明鐘岬にある喫茶店「岬」です。 そのお店の写真も発見しました! こちらが。 そして、こちらが。 このにかなりバッチリな写真が載っていますので、ぜひご覧ください。 アクセスについても、同HPに写真入りで解説してありますね。 なかなかアクセスがしにくい場所にあるようですが、ファンやリピーターは多いみたいです。 実際に、 2011年に火事にあいましたが、いまはふたたび営業されています。 ただ、実際の撮影で使われたのは、• 千葉県南房総市和田町の和田漁港• 明鐘の喫茶「岬」の場所にロケのために作られた「岬カフェ」 などだそうです。 実は、まだクリックできない状態なんですが、 に「ロケ地めぐり」というコーナーがあるので、いずれ詳細な情報が載るのだと思います。 映画の中のあの優しい空気を味わえるなら、一度行ってみたい気もしますねー。 (こぼれ話) ちなみに2014年3月31日に終わった「笑っていいとも」に、吉永小百合さんがテレフォンショッキングの最終ゲストとして出演したときは、 この喫茶店「岬」からの出演だったとか! スケジュールの都合でスタジオにはいけなかったらしいですね。 この話は実は少し間違いで、ロケの都合などで、喫茶岬からという話もあったが、他の場所(館山のファミリーパークの可能性も?)からの出演となったそうです。 情報を提供してくださった花TEMARIさん。 ありがとうございました。 とにかく、日本映画らしい日本映画が受賞したということで、素直に嬉しいです! 以上、吉永小百合の映画「ふしぎな岬の物語」のあらすじとロケ地についてをお送りしました。

次の

ふしぎな岬の物語のあらすじ!ロケ地とキャストについて

ふしぎな岬の物語 ネタバレ

ふしぎな岬の物語のネタバレあらすじ:小さな岬の喫茶店 主人公の悦子は千葉県の房総の小さな岬で喫茶店を営んでいます。 夫を亡くし一人で切り盛りしている悦子が心配なのか、甥の浩二が隣にボロ屋を建てて何でも屋を営んでいます。 悦子の人柄か岬の人たちは悦子を慕ってコーヒーを飲みにきていました。 常連客の竜崎が顔色が悪いのに気付き、早く医者に診てもらうように悦子は言います。 ある日岬の喫茶店に父と娘の親子がやってきます。 親子は店にある虹の絵に惹かれます。 それは悦子の亡き夫が残したものでした。 父親は最近妻を亡くし、そのことを娘が受け入れられないでいると悦子に相談します。 悦子は幼い娘に心が痛い時に元気になれるおまじないを教えてあげます。 娘はそのおまじないを父親にかけてあげます。 娘は父親のことを心配していたのでした。 ふしぎな岬の物語のネタバレあらすじ:結婚式で大騒ぎ 喫茶店の常連客の独身だった男性が結婚することになります。 なかなかお嫁さんが見つからなかったから、街の人と結婚を盛大にお祝いしたいということで、悦子も浩二も出席しますが、酒に酔ってしまった浩二がお騒ぎをしてしまいます。 結婚式を台無しにしたと、悦子は浩二を叱りますか、常連客のタニさんにたしなめられます。 タニさんはずっと悦子のことを想っており、いつプロポーズするか悩んで悩んでいました。 大暴れをした浩二にも悩みがあると感じたタニさんは、浩二の胸のうちを聞きます。 実は浩二は叔母の悦子のことが好きでその気持ちにずっと悩んでいたと言います。 タニさんは自分に正直になることが大事だとアドバイスします。 そんな折、悦子の喫茶店に泥棒が入り悦子鉢合わせしますが、悦子のその懐の深さから泥棒から人生相談をされるというような事件も起きます。 ふしぎな岬の物語のネタバレあらすじ:帰ってきた娘 竜崎の娘のみどりが岬の街に帰ってきます。 みどりは父親の反対を押し切って東京の男性と結婚をしましたが、散々な目にあって帰ってきました。 ところがその離婚した男性が街に乗り込んできます。 みどりの兄貴分だった浩二が見事に元夫を追い出すと、みどりはずっと浩二のことが好きだったと告白します。 でも浩二が悦子のことを好きだったため、告白出来ずに東京へ行ってしまった東京言います。 戸惑う浩二でしたが、みどりのことを女性戸惑いし意識し、悦子に対して自分は憧れのような想いを持っていたんだ戸惑い思うようになります。 そんな時にみどりの父親の竜崎が病に倒れてしまいます。 竜崎は死期迫る病にかかっていました。 ふしぎな岬の物語のネタバレあらすじ:喫茶店が火事に 竜崎は病でした亡くなってしまいます。 一人残されたみどりを浩二は守っていこうと思います。 また悦子にプロポーズをしようと思っていたタニさんは大阪に転勤になってしまい、プロポーズ出来ずに岬を去ってしまいます。 親しい人達が次々と自分の元からいなくなり、夫が描いた絵もなくなってしまい、悦子は意気消沈してしまいます。 そして不注意から火を出してしまい、大切にしてきた喫茶店は全焼してしまいます。 ふしぎな岬の物語の結末:再出発 火事で全てを失ってしまった悦子は意気消沈します。 そんな悦子を浩二は励まします。 悦子を慕っている岬の街の人たちは喫茶店の再建に尽力してくれます。 プレハブ小屋で建てた喫茶店で悦子の店は再建できます。 悦子は岬の人たちの暖かさに触れて、また以前のように岬の街に生きる人々に美味しいコーヒーを入れることができます。 元気になった悦子に、浩二はみどりその間にも子供ができたことを報告します。 嬉しい報告に悦子は喜びます。 以上、「ふしぎな岬の物語」のあらすじと結末でした。

次の