ゆき ぽ よ ルーズ ソックス。 ゆきぽよがツイッターでルーズソックスの履き方を披露!ツッコミたくなる?

ゆきぽよ、へそ出し&ルーズソックスで“JKギャル”姿披露も 「おなかがポニョ」との指摘も

ゆき ぽ よ ルーズ ソックス

「白いケバブ」との声も。 皆さん、バンバン突っ込んでいますね。 ルーズソックスの履き方 ルーズソックスは1993年代から流行り始めました。 女子高生といえばルーズソックスというイメージもあります。 ギャルブームもあって、女子高校生はみんなルーズソックスという時期も。 ルーズソックス履き方 昔の履き方 短いスカートに 白いルーズソックス。 靴はローファー。 ソックスは1枚で普通にくしゃくしゃにして履き、足を強調させていました。 足をほっそり見せたいという願望から着用する女子高校生が急増。 ギャルといえばルーズソックス。 こんなイメージがありますね。 今の履き方 今のルーズソックスは短めです。 カラーもいろいろあります。 ルーズソックス別名 「ゆるくしゅそっくす」 緩くクシャっとしたソックスがそのまま名前になったようです。 かわいいイメージですね。 2枚履き ルーズソックスの履き方も時代とともに進化しています。 最近は、短いルーズソックスだけでなく、昔からのルーズソックスに紺色のソックスを重ねたりしています。 2枚を重ね履きをして暗めの色をソックスと足の間にいれて、ほっそりとみせる効果があるようです。 長いルーズソックスがゆきぽよ風? 今のルーズソックスは短めが主流のようですが、ゆきぽよは「3メートル」! 現在22歳のゆきぽよが高校生の頃は長めのルーズソックスが人気だったのでしょうか。 「ルーズソックス1つで履くんじゃないから!!」 とコメントにあるので、重ね履きのトータルが3メートルなのかも。 もっと詳しく知りたいですね。

次の

【モデル】ゆきぽよ、へそ出し&ルーズソックスで“JKギャル”姿披露も 「おなかがポニョ」との指摘も

ゆき ぽ よ ルーズ ソックス

自身の制服姿を「18歳みたい」と自画自賛したものの、ネット上では〝ギャルらしからぬ〟リップの色で「40代に見える」などと嘲笑の声が続出している。 スタジオを学園と見立てた新番組のため、生徒役として制服姿で登場したゆきぽよ。 おなじみの明るい髪を巻き髪にし、ギャルメークとして目をゴツ盛り、そしてリップを濃い紫色で決め、足元は2メートルにも及ぶ長いルーズソックスで美脚を見せつけた。 自身の制服姿について「〝めっかわ〟じゃないですか。 全然、イケる。 今年で23歳になるんですが全然、見えない。 18歳みたい」と自画自賛。 そんなゆきぽよに対し、先生役として登場した『ゆにばーす』川瀬名人は、「かわいいんじゃないでしょうか…」と苦々しくコメントし、会場の笑いを誘った。 また、ゆきぽよは現在すっかり〝絶滅危惧種〟になっているギャルについて「渋谷といったらギャルなのに、令和になってもギャルが絶滅危惧種から復活しない。 だから、この番組を通して、もっとギャルを復活させる」とギャル復活の一助となる思いを明かした。 このイベントを終え、ゆきぽよは自身のインスタグラムを更新。 《22歳になっても制服を着れるお仕事をいただけると思ってなかった》と喜びをにじませ、《JK生活に悔いは残ってないけど 唯一やり残したことは#スクールラブ》とおどけた。 しかし、ネット掲示板では、ゆきぽよのギャルメーク、特にリップの色が〝時代遅れ〟だとして、 《さすがにこんな色のリップつけてる女子高生はいない》 《リップの色似合ってない》 《私が思うギャルはやっぱりそんな口紅の色じゃない》 《口紅の色がすごい 車の塗装みたい》 などと厳しい指摘が殺到してしまった。 さらに、自身を〝18歳〟に見えると自画自賛したことに対し、 《40代くらいに見える》 《申し訳ないけど、老けて見える。 35くらいのヤンキーっぽい》 など、リップの色も相まってか、老けて見えるという辛らつな声も多く上がった。 先日『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)で、モデルの藤田ニコルから「肩書が弱い」とズバリの指摘を受けたゆきぽよ。 いつまでギャル路線を突っ走れるのだろうか…。

次の

ゆきぽよがツイッターでルーズソックスの履き方を披露!ツッコミたくなる?

ゆき ぽ よ ルーズ ソックス

概要 [ ] 日本においては、若年の女子、主に女子高生の間で、制服をアレンジしたファッションとして採用され、長期にわたるの後に定着した。 ルーズソックスという呼び名については、履いている靴下の状態が「」(loose)であるからとも言われているが、語源や初出の正確なところは定かではない。 looseの発音はルーズではなく、ルースである。 looseの読み間違いである可能性がある。 色は基本的に白。 基本的に白以外の色を見かけることは少なかったが、その後黒色やピンク色などのルーズソックスも発売された。 ルーズソックスを履くのは、元々は通学の際に制服を着用している女子高生である。 学校の制服と合わせて履かれ、ブレザー、いずれにもあわせて履かれる。 基本的にはに合わせるが、スニーカー等に合わせることもある。 「ルーズ」や「ルーソ」と略されたりする。 女子高生の間で流行すると中学生以下の女子や高校を卒業した女子にもファッションとして流行し私服と合わせたコーディネイトも見られている。 また、男性が彼女から貰い受けたルーズソックスをズボンの下に着用することもあった。 女子高生の制服の一部としてのほか、ファッションやのアイテムとしても市場が拡大した。 値段は500円から3,000円程度だが、丈が長くなるほど値段が上がり、飾りなどの付いているものも発売されている。 仕様 [ ] 当初の輸入されたブート・ソックスは、まったくルーズでない、頑強な木綿製の厚みとボリュームのある長さのある靴下である。 ルーズに履こうとする目的のためにルーズにでき上がった靴下が量産され、普及するまでは緩みを仕立てる作業を各人が行っていた。 この靴下を履いた足の格好は、(ルーズソックスと違うのは足首の先がない)を身に着けた弛んだ足元に似ている。 一般的にこの靴下は、通常より大きな寸法の靴下である。 着用に際しては、布を織り込んでひだを作り、靴下がずり下がらぬように靴下どめと呼ばれる靴下固定用の糊(のり)を用いて膝下部に接着する。 靴下どめはが販売しているが特に有名。 発祥と定着 [ ] 中頃から女子大生ブームのセクシー路線に後押しされ、スカートを短くする女子中高生が現れ始めた。 1990年代初頭には日本の女子高生の間では制服のスカートを短くするファッション()が流行した。 より露出されるようになった脚部にアクセントを加えるために(あるいは寒さ対策として)履かれるようになったのが、アメリカの社などの靴下メーカーによって製造、輸入されていた登山用の靴下、ブーツ ソックス(Boot Socks)である。 ルーズ・ソックスが本来のブーツソックスと呼ばれていた時期があったのかは定かではないが、かなり早い段階でルーズ・ソックスと呼ばれるようになり、ミニスカの流行とともに急速に広がって定着を見せた。 ルーズソックスの発祥地域については、さまざまな説があるものの断定されていない。 有名な説としては、を発祥とする説とを発祥とする説の2つがある。 いずれの説も、当地で寸法の大きい靴下を防寒目的で買ってゆるめて履いたところ、靴下のボリュームによって、相対的に脚が細く見えたことで流行し始めたというものである。 その後、ゆるめて履くことを目的とする靴下が商品として定着し、それがやなどの大都市圏に波及し全国で広まったとされる。 主に女子高生の間で急速に人気を得た。 しかしながら、末頃、東京都区内では「白いを故意に弛ませて履く方法」が女子高生に広まっており(当時は「クシュクシュ」などと呼ばれた)、「ルーズ・ソックス」として販売された商品が、すなわちルーズソックスの祖であるとは言い切れない。 ルーズソックスが最も流行した時期はが高校生だったからくらいである。 1996年から1998年頃のブームには、さらに緩い形状をした「スーパールーズ」(スーパールーズソックス)や、ルーズソックスのゴムを抜いた「ゴム抜きルーズ」(ゴム抜きルーズソックス)などの変種も生まれ、なかには200センチメートルという長さのルーズソックスもあった。 また、緩さを出すため二重履きなどもされた。 それらのファッション性の強いルーズソックスは、進学校の生徒にまで広く愛用された。 元々ルーズソックス自体が多くの学校で校則等により規定されている白い靴下のため、紺や黒といった色の指定のある高等学校を除いて、全国津々浦々で多くの生徒が履くようになり、学校内で履くことが許されない生徒達は学校外でルーズソックスに履き替えるということもあった。 このような状況はさまざまなでも取り上げられ、ルーズソックスは、女子高生の文化を象徴するものして注目を浴びた。 また、このことは前述のとおりだが、太ももを細く見せることができる その反面、足首が太く見えてしまう というのも流行した一つの理由だと言われている。 に入るとルーズソックスを禁止とする高校が増え、変わって紺のハイソックス()が台頭した。 ただし、校則の甘い高校では引き続きルーズソックスは着用されルーズソックスを履く女子高生が全くいなくなったわけではなかったが、それらの高校でも2006年頃には完全に紺ハイに取って代わった。 その後、ソックスの丈を膝上まで伸ばしたも流行し、高校の制服と組み合わせた形でのファッションも一般的となっている。 2010年現在、一部では流行復活の動きがある。 また、などではと並んで一般的なアイテムとなっている。 世界的にはまだ流行過程にあり、当初登山用としてルーズソックスを売っていたE. スミス社も、近年は女性向けソックスとして販売を続けている。 なお、女子高生好きで知られる漫画家の作品『』( - )の主人公が、手製のルーズソックス(ゴムをカッターで切っている)をしており、このファッションを先取りしているとも見える。 2014年春頃から私服にも合わせやすい短くカラフルなルーズソックスが売り出され始め、同年秋頃から再びブームとなった。 脚注 [ ] [].

次の