タモリ 倶楽部 相鉄 線。 相鉄線のあゆみ

相鉄・JR直通線開業!羽沢横浜国大駅の駅名表示板にあのサインを発見![鉄道日記ブログ]

タモリ 倶楽部 相鉄 線

1917年の創立からこれまでの、相鉄線の歴史をご紹介します。 1917年12月 相模鉄道株式会社と神中(じんちゅう)鉄道株式会社が創立しました。 相模鉄道の路線は現在のJR相模線、神中鉄道の路線が現在の相鉄線にあたります。 営業区間の推移 (日付は開業日:以下同) 相模鉄道(株) 神中鉄道(株) 1933年12月27日 神中鉄道線の平沼橋〜横浜間が開通。 現在の相鉄線の元になる厚木〜横浜間の線路が全線開通しました。 1943年4月1日 相模鉄道株式会社が神中鉄道株式会社を吸収合併しました。 これにより、相鉄は2線を合わせ61. 8kmの線路を持つ鉄道会社になりました。 神中鉄道(株)吸収合併以後の営業区間 1944年6月1日 太平洋戦争中、相模鉄道路線(茅ヶ崎~橋本間・寒川~四之宮間)を国に強制買収され、貨物線を含む旧神中鉄道路線の26. 5kmのみが残されました。 相模鉄道の名前と旧神中鉄道の路線を受け継いだのが現在の相鉄です。 相模線を国に買収された以後の営業区間 1951年5月18日 線路の複線化工事に着手。 またこの時期、変電所の新設、ダイヤ改正などを行い、相鉄線の輸送力を増強していきました。 1955年12月.

次の

タモリ倶楽部、11月29日は「相鉄全線一筆書きツアー」後編

タモリ 倶楽部 相鉄 線

放送開始は1982年10月。 さきごろ満37歳を迎えた長寿番組です。 地方局にも番組が販売されていて、だいぶタイムラグはありますが、視聴できる地域もあります。 タモリさんにゲスト数名を加えた顔ぶれで、毎回異なるテーマについて、あーだこーだと語り合います。 取り上げるテーマは毎回超マニアック。 取り上げ方もオタク目線で、ハンパじゃない掘り下げ方をします。 番組全編を通じて、使われているBGMも全曲ダジャレ。 意味のない曲は1曲もありません。 たとえば、先週放送の相鉄特集第1弾で、線路沿いを出演者が歩くシーンで使われた曲はバッハの「G線上のアリア」。 「せんろぞい」と「せんじょう」を引っかけています。 定番コーナー「空耳アワー」のお休みの告知の場面で使われたのは、ローリング・ストーンズの「アンジー」。 コーナー司会の安斎肇さんが、ロケ場所が特殊でたどりつけないからというわけで、これまた「あんじー」と「あんざい」を引っかけているのです。 引っかけ方がやや苦しいところはご愛敬です。 このように、その場面でその曲がなぜ使われているのか、番組を見ながら必死に考え続けるのも、この番組の楽しみ方の1つです。 意外とレアだった鉄道企画 鉄道特集はこの番組を代表する看板テーマの1つで、鉄道各社はこぞって全面協力します。 普段、乗客から感謝の言葉・労いの言葉を直接かけられる機会がほぼない、現場の裏方さんたちの仕事を、鉄道オタクの出演者たちが大興奮でホメてくれるなど、鉄道会社の地味な努力をしっかり取り上げてくれるからです。 その分、競争も激しいようです。 何しろ、しょっちゅうやっているように見えて、実は鉄道特集は限られた回数しかやっていません。 過去5年間の放送回数を集計してみたところ、この2年間は1年に3回しかやっていません。 その前はおおむね5~6回はやっていたので、半減したことになります。 その激戦をくぐり抜けて、今回晴れて取り上げられた相鉄。 並々ならぬ努力をしていました。

次の

マイナー鉄道「相鉄」が「タモリ倶楽部」で取り上げられるまでの一部始終

タモリ 倶楽部 相鉄 線

放送開始は1982年10月。 さきごろ満37歳を迎えた長寿番組です。 地方局にも番組が販売されていて、だいぶタイムラグはありますが、視聴できる地域もあります。 タモリさんにゲスト数名を加えた顔ぶれで、毎回異なるテーマについて、あーだこーだと語り合います。 取り上げるテーマは毎回超マニアック。 取り上げ方もオタク目線で、ハンパじゃない掘り下げ方をします。 番組全編を通じて、使われているBGMも全曲ダジャレ。 意味のない曲は1曲もありません。 たとえば、先週放送の相鉄特集第1弾で、線路沿いを出演者が歩くシーンで使われた曲はバッハの「G線上のアリア」。 「せんろぞい」と「せんじょう」を引っかけています。 定番コーナー「空耳アワー」のお休みの告知の場面で使われたのは、ローリング・ストーンズの「アンジー」。 コーナー司会の安斎肇さんが、ロケ場所が特殊でたどりつけないからというわけで、これまた「あんじー」と「あんざい」を引っかけているのです。 引っかけ方がやや苦しいところはご愛敬です。 このように、その場面でその曲がなぜ使われているのか、番組を見ながら必死に考え続けるのも、この番組の楽しみ方の1つです。 意外とレアだった鉄道企画 鉄道特集はこの番組を代表する看板テーマの1つで、鉄道各社はこぞって全面協力します。 普段、乗客から感謝の言葉・労いの言葉を直接かけられる機会がほぼない、現場の裏方さんたちの仕事を、鉄道オタクの出演者たちが大興奮でホメてくれるなど、鉄道会社の地味な努力をしっかり取り上げてくれるからです。 その分、競争も激しいようです。 何しろ、しょっちゅうやっているように見えて、実は鉄道特集は限られた回数しかやっていません。 過去5年間の放送回数を集計してみたところ、この2年間は1年に3回しかやっていません。 その前はおおむね5~6回はやっていたので、半減したことになります。 その激戦をくぐり抜けて、今回晴れて取り上げられた相鉄。 並々ならぬ努力をしていました。

次の