駅伝 マニア。 速報 第67回群馬県100km駅伝2018年 大会結果

速報 第67回群馬県100km駅伝2018年 大会結果

駅伝 マニア

正月と言えば箱根の山を舞台に繰り広げられる駅伝を知らないものはいない。 正一はその駅伝を毎年独りで、最初から最後まで食い入るように見ている。 きっかけは彼が小学校二年生の秋に父がサラリーマンを辞めて、コンビニエンスストアを始めたためだ。 それ以後、正月はいつも一人で過ごすことになった。 コンビニエンスストアは正月のアルバイトの確保が大変だし、給与も割高になるため、父母に同居している祖父母が加わり、経費を最小限に抑えるための苦肉の策だ。 開店した年はまだしも、近所の幹線道路沿いに競合店が現れ、客足がガクッと減り、子供ながら商売が上手くいって無さそうなのはわかった。 フランチャイズの本部から来る父母よりも十歳以上若そうな人に、父母が揃ってペコペコ頭を下げているのを見ることが増え、自分は早くここを出ることばかり考えて店には寄り付かなくなった。 父母は穏やかな性格で商売が上手くいっていなくても正一に当るようなことは決してしなかったのがせめてもの救いだ。 そんな毎日から逃れるため、正月ビデオに撮った駅伝を、何度も見て、駅伝に出る大学、その大学のマーク、選手の名前、走り方や各大学の作戦などありとあらゆることを覚えた。 覚えても覚えても、出場選手の多くが四年生で次の年はごっそり入れ替わるので、覚えることはいくらでもあった。 正月に出られるのは学生選手権を勝ち抜いた選ばれた大学だけだということを知ったのは小四の時だったろうか。 秋の予選も兼ねた学生選手権もきっちり見るようになった。 そして、過去の大学の戦績やライバル校の関係など、とにかくデータを集めてはノートに書き込んだ。 陸上競技マガジンの大学駅伝特集は必ず買ったし、他の雑誌の大学駅伝特集を見つけては手に入れた。 とにかくデータを集めた。 知りたいことはどんどん増えて、夢の中でも走っている選手や、箱根の山で足が動かなくなっている選手、皇居の前のゴールシーンなどがたびたび登場した。 時々は自分が箱根を走っているシーンすら出てきた。 大概活躍していることになっていたが。 小五の冬休み明けに誰かに話したくて、興奮する気持ちを何とか抑えてその年の駅伝を事細かに友人に話したことがある。 その友達は駅伝があることは知っていたが、「人が走っているのを観て何が楽しいんだ」という反応だった。 それにがっかりして、人に話すのは止め、ひたすらノートに書き貯めていった。 そしていつか自分も、あの舞台で走り、テレビ画面いっぱいに映し出されてみたいと思い、店の近所を走り始めた。 小学校のマラソン大会では真ん中くらい。 マラソンと駅伝は違うスポーツだと思っていたが、箱根に出ている有名な駅伝選手の多くは小学校の時から学校のマラソン大会で伝説になるほど早かったということを知った。 だから小六の冬には学校で一番にならないと、とても箱根には出られないと自覚した。 練習の成果はわずかながらあった。 クラスでも前の方にはなったが、それでも去年から十番ほど順位を上げただけだった。 あきらめきれず、中学に入ると陸上部で長距離を希望した。 しかし、小学校から陸上スクールで練習を積んできた連中が何人かいて中学生とは思えないスピードで走るのを目の当たりにした。 しかも彼らはそのスピードで走り続けることができた。 彼らにはすでに箱根を走っている大学生のお兄さんたちの風格さえ漂っていてすごく羨ましかった。 彼らには走って勝つことは一度もなかった。 ただ、彼らは箱根駅伝のことをほとんど知らなかった。 だから、見どころや過去のデータを教えてあげた。 彼らは正一の話を食い入るように聞いてくれた。 かつて自分がテレビに顔を近づけて観ていたあの頃の様に。 だから正一のノートはプレミアのついたアイドルの写真集の様にみんなに回し読みされ、擦り切れて何度もテープで修理しなければならなかった。 高校でももちろん陸上を続けた。 決して大会で良い成績を残したり、県代表に選ばれたりすることはなかったけど、中学からの親友、颯太が心の支えだ。 彼は1年から県内トップクラスの長距離ランナーだった。 そんな颯太が大会後、決まってビデオを見ながら正一と反省会をする。 そして正一にアドバイスを求める。 最初は走るのが遅い自分を憐れんでやってくれているのかと思ったけど、颯太はそんな奴じゃなかった。 正一の目を信じていたんだ。 正一のアドバイスのお蔭かは分からないが颯太は高校でさらに実力をつけた。 颯太の背中は随分前に進んでしまったが、正一は走るのを止めなかった。 トラックでも駅伝の研究でも。 二人で箱根の名門大学を目指すことにした。 勉強は颯太も正一も同じくらいだから競り合った。 ずっと目を逸らしてきたけど、大学に進むにはお金が必要なことくらいわかっていた。 思い切って親に相談してみた。 父親は安心して受験しろと言ってくれた。 お金にならないから店の手伝いはほとんどしていなかったし、学校から帰っても店には関心がなかったから知らなかったけど、父も母も全力で走っていた。 忙しい時間の合間を縫って、町内会の役員をしたり、地域のボランティア活動に参加したりして近所に顔を広めていた。 そのお陰でインターネット通販の受け取り店としてお客さんが利用してくれてリピーターを増やし、町内イベントや学校行事にも納品することが増えて着実に安定した店づくりをしていたのだ。 そんなことをちっとも知らなかった。 先日十年以上前に親が頭を下げていたあのフランチャイズ本部の若者が来ているのを見かけた。 もうすっかり良いおじさんになっていたが、父と母に心から感謝している様子で深々と頭を下げていたのを見た。 父も母もそれ以上に頭を下げて彼を店の外まできちんと見送っていた。 この両親にはまだまだ勝てそうにないなと思った。 今年正一は颯太と一緒に目指してきた大学に入った。 もちろん陸上部に入部した。 練習は本当にきつい。 辞めたくなったりもした。 でも颯太がそれを許さなかった。 颯太は入学前から注目されていたから、夏には正式に駅伝のメンバーに選ばれた。 正一も駅伝の秘蔵ノートで先輩たちに注目された。 正一のノートはあまりにも人気が出たので、今では陸上部のメンバーに「駅伝マニア」というメールマガジンでトリビアを時々送っている。 もちろん研究は留まるところを知らない。 それで正一も颯太に負けないくらい部では人気者だ。 大学に入っても颯太は相変わらずアドバイスを正一に求めてきた。 コーチももちろん専門的なアドバイスをしてくれるが、颯太のコンディションを正一以上に知っている人間はいないというのが颯太の持論だ。 今年の駅伝は初めて箱根まで行って間近で観ることになった。 しかも伴走車の上からだ。 颯太が正一まで箱根に連れて行ってくれた。 颯太は本当に凄いやつだ。 その颯太が大会前にポツリと正一に言った。 「俺を見捨てるなよ。 最後まで一緒に走り切るぞ。 」 言葉が出なかった。 颯太の背中を思い切りたたいた。 今度の箱根は最高に熱くなるぞ!.

次の

【2020年最新版】駅伝の強い大学ランキング

駅伝 マニア

2 tweets 栃木のカンセキスタジアム。 本日から陸上競技場としての公認検定が行われています。 73 深川13:46. 91 網走13:47. 68 千歳13:44. 3部に分けてお届けしたトーク企画の締めくくりで 関西学院OBの多田選手に問いかけたのはアメフト鳥内秀晃前監督の「どんな男になんねん?」でした。 区はその代わり、同じ日に駒沢オリンピック公園陸上競技場等を使って、新たなイベントを考えるということです。 Retweeted by retweeted at 4 tweets 今夜10時半~陸上短距離のエース 選手。 スポーツとはそういうもので、だから私たちは感動するのかもしれませんね。 今年は直前エントリーなし。 posted at 2 tweets 吉居 中大1 3:44. 9 森 中大3 3:49. 1 山田 中大1 3:49. 6 三浦 中大3 29:08. 4 三須 中大4 29:10. 1 園木 中大1 29:11. 6 posted at 駒澤大 6月14日-練習再開につきまして 昨日雨の中でしたが、タイムトライアルを行いました。 13分台が4名。 14分1桁が5名。 14分10秒台が3名。 1年生2名が13分台の自己ベスト、全体で7名の自己ベストでした。 38 --- ムルア 山梨学大1 14:10. 70 新本 報徳学園3 14:23. 63 新本 山梨学大1 29:37. 63 坪井 山梨学大3 29:46. 35 オニエゴ 山梨学大3 30:03. 73 posted at 箱根駅伝王者の青学大が学内記録会で好タイム続出 原監督「コロナ禍に勝つ」スポーツ報知 13分56秒3でトップの吉田圭太、13分56秒6で2位の神林勇太主将をはじめ、上位19人が14分20秒以内で走破した。 一足早く、バチバチの勝負です。 posted at DeNA陸上部交通事故…合宿地菅平へ向かうワゴンがトラックと接触も大事に至らず : スポーツ報知 posted at 2 tweets 浜松市立太田蒼翔 走り高跳び高校日本一へ再始動 来月18~19日には、県高校陸上競技対校選手権が袋井・エコパスタジアムで行われる。 「自己ベスト(2メートル08)を超え、2メートル10センチ台を出したい」と意気込んだ。 U20日本歴代12位相当。 吉居は02年生まれなので、来年12月31日までU20有資格者。 5000mのU20日本記録は佐藤悠基の13分31秒72. Retweeted by retweeted at 2 tweets 千葉)高体連、代替大会断念 各競技団体で独自大会模索:朝日新聞デジタル 千葉陸上競技協会は8月に希望者全員が出場できる記録会を開催する方針で調整中だ。 1日の感染の確認が30人以上となるのは先月14日以来、19日ぶりです。 大八木監督は「7月以降はトラックレースに出場し、秋にはマラソンを走らせたい。 五輪が1年延期になり、その間に1本は出ておきたい」と海外を中心にレースを模索中。 posted at• 前のページ•

次の

EKIDEN_MANIA(@ekiden_mania)

駅伝 マニア

2 tweets 栃木のカンセキスタジアム。 本日から陸上競技場としての公認検定が行われています。 73 深川13:46. 91 網走13:47. 68 千歳13:44. 3部に分けてお届けしたトーク企画の締めくくりで 関西学院OBの多田選手に問いかけたのはアメフト鳥内秀晃前監督の「どんな男になんねん?」でした。 区はその代わり、同じ日に駒沢オリンピック公園陸上競技場等を使って、新たなイベントを考えるということです。 Retweeted by retweeted at 4 tweets 今夜10時半~陸上短距離のエース 選手。 スポーツとはそういうもので、だから私たちは感動するのかもしれませんね。 今年は直前エントリーなし。 posted at 2 tweets 吉居 中大1 3:44. 9 森 中大3 3:49. 1 山田 中大1 3:49. 6 三浦 中大3 29:08. 4 三須 中大4 29:10. 1 園木 中大1 29:11. 6 posted at 駒澤大 6月14日-練習再開につきまして 昨日雨の中でしたが、タイムトライアルを行いました。 13分台が4名。 14分1桁が5名。 14分10秒台が3名。 1年生2名が13分台の自己ベスト、全体で7名の自己ベストでした。 38 --- ムルア 山梨学大1 14:10. 70 新本 報徳学園3 14:23. 63 新本 山梨学大1 29:37. 63 坪井 山梨学大3 29:46. 35 オニエゴ 山梨学大3 30:03. 73 posted at 箱根駅伝王者の青学大が学内記録会で好タイム続出 原監督「コロナ禍に勝つ」スポーツ報知 13分56秒3でトップの吉田圭太、13分56秒6で2位の神林勇太主将をはじめ、上位19人が14分20秒以内で走破した。 一足早く、バチバチの勝負です。 posted at DeNA陸上部交通事故…合宿地菅平へ向かうワゴンがトラックと接触も大事に至らず : スポーツ報知 posted at 2 tweets 浜松市立太田蒼翔 走り高跳び高校日本一へ再始動 来月18~19日には、県高校陸上競技対校選手権が袋井・エコパスタジアムで行われる。 「自己ベスト(2メートル08)を超え、2メートル10センチ台を出したい」と意気込んだ。 U20日本歴代12位相当。 吉居は02年生まれなので、来年12月31日までU20有資格者。 5000mのU20日本記録は佐藤悠基の13分31秒72. Retweeted by retweeted at 2 tweets 千葉)高体連、代替大会断念 各競技団体で独自大会模索:朝日新聞デジタル 千葉陸上競技協会は8月に希望者全員が出場できる記録会を開催する方針で調整中だ。 1日の感染の確認が30人以上となるのは先月14日以来、19日ぶりです。 大八木監督は「7月以降はトラックレースに出場し、秋にはマラソンを走らせたい。 五輪が1年延期になり、その間に1本は出ておきたい」と海外を中心にレースを模索中。 posted at• 前のページ•

次の