ヤーズ 不正 出血。 『ディナゲスト』による危険な不正出血の副作用の見分け方

低用量ピルを飲み始めたら不正出血が・・いつまで続くの?

ヤーズ 不正 出血

『ディナゲスト錠』とは? ディナゲスト錠は、女性ホルモンと似た作用 プロゲステロン受容体刺激 をすることで、子宮内膜細胞の増殖を抑え、子宮内膜症および子宮腺筋症に効果を発揮する薬です。 加えて排卵抑制作用、卵胞発育抑制作用をもつため服用中は妊娠ができません。 子宮内膜からは月経痛の原因となるプロスタグランジンが生成されますが、ディナゲスト錠を服用すると、子宮内膜が薄くなるため、痛みを抑えることができます。 子宮内膜症に用いられる薬は、低用量ピルを含め複数の薬が発売となっていますが、こちらの記事では2017年2月に発売となった新薬『ヤーズフレックス錠』との比較をしています。 副作用は?〜危険な不正出血の見分け方〜 ディナゲストの副作用は、不正出血が圧倒的に多く、特に子宮腺筋症の方の治療に使用した臨床試験では9割以上に不正出血の副作用が見られています。 つまり、不正出血はディナゲスト錠を使う上でほぼ必ず起こる副作用ですが、出血量が多すぎる場合には危険な貧血を引き起こす可能性があります。 出産経験や中絶経験などの子宮に負担をかけたことがある人では、出血量が多くなるリスクが高く、ひどい場合には子宮の摘出となってしまう場合もあります。 出血が多くても、月経痛は非常によく改善するため、飲み続けてしまう方が多いことも勉強会では指摘されていました。 とはいっても、 「他人と比べることもできないし自分の出血量が多いのかわからない」 と感じられることと思います。 講師の先生に危険な出血量の見分け方を聞いてきました。 ・ナプキンを見て色が茶色や黒ではなく赤であること ・月経2日目程度の出血が1週間以上続くこと 出血には個人差がありますが、この方法であれば他人と比べなくても判別できるので、 わかりやすいのではないでしょうか ディナゲスト錠による貧血はゆっくりと進行するため、自覚症状が現れにくく発見が遅れてしまうことがあります。

次の

ピルの服用中に不正出血が…!どれくらい続く?飲み忘れも原因に!

ヤーズ 不正 出血

Contents• ヤーズフレックス服用中、突然の出血が続く その後、3シート目を飲みきり(生理・出血無し)、 4シート目を飲んでいたのですが、 中盤くらいで突然出血がありました。。 (続けて43日間=43錠飲んだ後) なんだか具合も悪いしお腹も痛いし、 嫌だなぁと思っていたら、まさかの、でした。。 かなりブルーになりました。。 生理同様の出血が3日続いたら、 4日間の休薬が必要とのことだったのですが、 そのまま出血は3日続いてしまったので休薬しました。 医師にもそう言われていましたし、こちらにも記載があります。 そして、休薬後、服用を再開しても出血は続き。 なんとトータル10日間も出血が続いてしまいました。。 ただでさえ貧血気味なのに、 余計フラフラするような気がするし、 ピルを飲んでいるのに、いつ出血するか分からないなんて、、 メリットが激減、って思ってしまいます。 (もちろん生理痛を和らげてくれているのは分かっていますが、、 ストレスです。。 ) 出血がおさまってから病院に相談しようと思って、 まだちゃんと相談できていないのですが、、 これは薬が合わないのか、初期の不安定さのせいなのか。。 先日医師に質問した、ヤーズフレックスの不安点を振り返る 先日、婦人科検診も受信してきたのですが、 その際に、ヤーズフレックスに対しての疑問点を聞いてみました。 服用中に長い期間(最長120日間)出血がないということは、 ゆくゆく生理が終わる(閉経する)のが遅くなったりするのでは? それと、120日溜め込んだ?後の生理が重くなったりするのでは? ということ。 医師の答えとして、 「そういうことはない。 」ということでした。 そもそも生理というのは、 妊娠のために子宮内膜が厚くなって、 妊娠がなければその不要になった内膜を剥がし落とすためのもので、 その際に出血するもの、と。 ヤーズフレックスで、子宮内膜を薄いまま保つので、 出血の必要性がない、と。 生理の周期で頭痛など起きやすい場合に、生理をなくすと同時に、 それらもなくしてずっと波がなくフラットな状態を続かせることができるので、 あなたみたいなタイプにこそ合ってる薬ですよ、と。 聞けてよかったーと思いました。 恥ずかしながら、そもそもの生理とはなんぞや?ということを、 すっかり忘れてしまっていなぁと思いました。 「子宮内膜を薄いまま保つので、出血の必要性がない」 というお話で、すごく納得しました。 なのに出血した理由を考えてみる というのを踏まえて考えると、ますます謎。。 つまりは、服用をしているのに、子宮内膜が厚くなったから出血した、、? もともと、ヤーズフレックスは飲み慣れるまでは出血しやすい、 と言われてはいたので、あまり気にする必要はないかもしれませんが。。 一つ思ったのは、ならば定期的に出血をさせていた方が、 いきなり出血するということは避けられるのでは、、?ということ。 とはいえ、できれば出血回数は減らせるなら減らしたい。。 やっぱり痛いしつらいしいいことはないから。。 こちらはまた医師との相談で考えてみます。 しかし、人間のからだって不思議だなぁと改めて。 まとめ ヤーズフレックス、なかなか手強い?です。。 仲良く付き合っていけるか不安になってきました。。 頭痛率も高くてあっというまに手持ちの痛み止めが減っていきます。。 ただ、これも勉強だし、実験という感じで様子を見たいです。 最初にこんなになったので、 このあと安定して出血回数が減らすことができたら、 すごく快適で幸せ!に思える気がしますし。 いずれにしても「絶対」はないし、 それを過信するのもいけないよなと思い始めました。 また経過観察して記事にしたいと思います。 では、今日もここまでお読みいただき、 ありがとうございます。 ばたこ様 コメントありがとうございます。 ヤーズを服用されて1週間で、副作用がおありなんですね。 吐き気と頭痛もとなると、お辛いですよね。。 変化に気づけないことよりも、 敏感に気づけるというのは素晴らしいことだと思います。 その副作用が、初期特有のもので様子を見ていいものかどうか、 気になることはお早めに医師に相談することをおすすめします。 飲み始めは、色々と不安な気持ちになりますし、分からないことだらけですよね。 私の記事が何かしらお役に立てたなら幸いです。 ヤーズが飲みなれて合うようなら飲み続けることもできるし、ヤーズ以外にも薬の種類は色々ありますし、これが合う!というものが見つかるといいですね。 ばたこさんの今の副作用がおさまること、生理痛が楽になることを願っています。 副作用は3ヶ月ほどでおさまるものが多いはずなので、 2〜3日でひどい副作用が出て、 途中で服用を中止されたということは、 きっととてもお体辛かったですよね。。 別のピルに変更して、服用を再開されるということですが、 ピルに限らず、薬は合う合わないがありますし、 私もいくつもピルを変更して、今のピルも様子見という感じなので、 全てのピルが合わないとも言い切れませんし、 試してみるしかないかなとは思います。 様子見をして、おさまる程度のものであればいいですが、 あまりにひどいとそうはいかないですし、 そこは「慣れ」というのとはまた別だと思うのと、 怖い気持ちはとてもよく分かります、でも、 同じカレーでも好みなものとそうでないものがあるのと同じで、 チャレンジしてみることで、合うものが見つかる可能性はあるはずです。 服用してみて、 体の変化によく注意をしつつ、 何かおかしいと思ったら、 すぐに医師に相談できるといいですね。 私は医師ではないので、 医学的アドバイスはできませんが、 服用することでとても生きやすくなったうちの一人です。 経験した中でのお話しかできませんが、 どうか、PMSが落ち着き、快適に生活できる日が増えますように、祈っています。 はじめまして。 低用量ピルについて詳しく書いてありとても参考になります! 今現在ヤーズを服用中ですが私も不正出血が止まりません、、、ヤーズ自体は飲みはじめて1年近く経っています。 元々生理が長く、1ヶ月間出血が続くタイプの人間だったので生理を短くするためにピルを飲みはじめました。 まなきさんがブログにもお書きになっていたようになんだか損をしている気分です。 一度婦人科の先生に相談しましたが出血自体は止まっているとのこと。 残っている血がちょっとずつちょっとずつ排出されているような状態なんだと思います。 悩み相談のようになってしまいすみません。 周りにピルを服用している人もその知識がある人も居なくて不安になっていたところ、このブログを見つけた次第です。 長々と失礼しました。 さえら様 はじめまして。 コメントありがとうございます! ヤーズの服用を始めて1年とのことですが、 先生のおっしゃる「出血自体は止まっている」というのは理解できますが、 事実として出血が続いている=それが嫌というさえらさんのお気持ちとが、 ちょっと噛み合ってはいない感じがしますね。。 1年という十分な期間飲んで、長い出血(さえらさんの解消したいこと)が改善されていないことをお聞きする限り、 ヤーズ以外のピルに変えて様子を見てみるという方法も一つかなと、 個人的には思います。 さえらさんが通われている病院は、ヤーズ以外も処方してもらえますか? 病院によって、扱っているピルの種類は限られていることもあるはずなので、 (私が以前通っていた病院も、今通っている病院もそうなんですが) ピルの種類を変えることや、 別のピルを処方してもらえる病院に行ってみるのも、ありかもしれません。 私自身、知識は限られていますので、 医師のように直接お力になれずもどかしい気持ちではありますが、 何かしら参考になれれば幸いです。 さえらさんの生理と出血が安定するピルが見つかることを願っています。 よろしければまたブログを覗いてくださいませ。 ありがとうございました! はじめまして。 私もヤーズフレックスを服用して一年以上経過しています。 実際のところ、毎日同じ時間に服用が望ましいとのことですが、2時間前後はよくしていますが、生理の間隔が本当に伸びないですよね〜。 私は、内膜症とチョコレート嚢腫で月経前症候群?がひどいので生理間隔を伸ばす事を目的として服用していますが、本当に同じ最長60から70日で生理か不正出血か謎の出血があります。 ここ数ヶ月なんて、仕事や子育てで体調を崩して飲み忘れが何度かあったせいか、月一、早くて2週間に一度の三日連続での出血があり結局休薬して生理扱いになっています。 私の飲み方にも問題あるのかもと妥協してましたが、120日伸びた人がネットで探してもいない!いくら新薬であってもそれってどうなんだろうと疑問です。 最長の生理間隔は60日から伸びましたか? 幸い、わたしには全く副作用は無いので治療として飲み続けるしか無いのですがな〜んか毎月お金を払って、数ヶ月に一度大嫌いな血液検査をして…う〜ん…と思ってしまってます。 あっちゃん様 はじめまして。 コメントありがとうございます! ヤーズフレックスを服用中なんですね! 2時間ほどの前後は私もします。。 そして、あっちゃんさんも60〜70日ほどで出血があるんですね。。 2週間に一度はちょっとひどいですね。。 本当に、120日間出血がなくせている方は皆無な気がしますね。。 今回は、40日連続で飲んで、 この日に出血があったら嫌だと思う日を避けるために、 生理を早くこさせてしまったので、 今回もまた連続服用更新はならずです。 実験は続きます。。 あっちゃんさんの場合、ご病気との兼ね合いもあると思いますので、 病院での相談次第とは思いますが、 ヤーズフレックスを1年以上服用した上で不安定な出血が重なることを考えると、 ヤーズフレックス以外を連続服用するなども一つの方法かもしれませんね。。 私は生理痛がすごく重かったことが一番の問題だったので、 その点が楽になったのがピルを飲み続ける意味だと思えているので、 この不安定な不正出血も、もう少し仲良くなれるといいなぁと様子見をしたいと思っています。 あっちゃんさんの不正出血がなくなり、周期を長くできることを願っています。 また、その後の状況などはブログに随時書いていくつもりなので、 もしよろしければまた覗いてくださると嬉しいです。 コメントありがとうございました! 1年半ほど、ヤーズ フレックス飲んでます!今日も追加でもらってきました。 私は突然出血したら嫌なので、仕事に余裕がある時にあえて4日間休薬しています。 処方してもらっている先生にそうやって自分のタイミングで休薬したらいいよと言われました。 最初は休薬期間に出血していましたが、去年の10月の休薬、今年の3月の2回の休薬で2回とも出血しないまま、休薬期間が終わりました。 飲んでる期間も出血はなく…閉経したのでしょうか?と、今日の診察で聞いてしまいました。 (現在35歳です) 特に問題もないらしく、ないならないでラッキーやね。 くらいの軽い感じで診察は終了。 私も出血がないならラクなのでこのまま継続して飲み続けようと思っています。 快適なヤーズ ライフが過ごせています。 とら子様 コメントありがとうございます! とら子さんもヤーズフレックス飲んでらっしゃるんですね! 私も度々突然の出血で憂鬱だったもので、 40日のところで休薬したら、ほぼ出血無しで、 先生に報告しましたが、私も問題ないと言われました。 過去にも別のピル含め、休薬中の出血がほぼないこともありました とら子さんと同じ感じですね、、! 聞けてよかったです。 何日出血せずにいられるかは実験していますが、 その後やはり50日で急な出血があり、 私の限度は50日なのかなという感じです。。 今後も様子を見つつ、ヤーズフレックスは飲み続けるつもりです。 フレックスも日本で出てからすぐ始めて、120日程長く服用したことはなく、最大で60日ほど、そのうちだんだん短くなって、38日期間で4回ほど続いた後、20日目くらいで命の危険を感じる大出血が2日間続きました。 もともと子宮筋腫がありましたが、それまでも大出血後も大出血を引き起こすような筋腫はないこと検査で確認されました。 その後も生理ありで違った。 大出血中でうろたえてるところ、こちらの記事とコメント読んで、フレックスが原因かもしれないと疑い、その後フリウェルに変更しました。 フレックスで1回の生理の経血量も激減したし、頻度も少なくなってたし、その分蓄積されたものがあるのではないかと。 先生に話したらそんなことはないでしょうとおっしゃっていたので個人の感想ですが。 新しいフリウェルはPMSも生理痛も経血量もフレックスに比べると増大しましたが、この前のような大出血が起きることを考えるとフレックスは怖いので仕方ないかと思ってます。 大出血した時色々Webで情報あさりましたが、こちらの記事がなければフレックスが特殊であることを疑うこともなく、先生から予防策として生理止めることを提案された時、受け入れてしまってたかもしれません。 本当に感謝です。 最後にフレックスを大出血の犯人として疑ってしまいましたが、ヤーズ時代から大変お世話になり、フレックスも大活躍だったので、フレックスはうまく使えれば最高と思います。 10数年間使ってますが、ピルには本当助けられてます。 そして、大出血のお話、、大変でしたね。。 私もそういう日がくるかもしれないと思うとこわいです。。 子宮筋腫がおありということですが、 やはり筋腫との関係性もあるんでしょうか。。 ちなみに私は1年に1度、婦人科検診を受けていて、 今の所、筋腫やがんなどはないですが、 いつ何があるか分かりませんし、油断はできないなと思っています。 トマトさんがおっしゃっているこちらですが、 >フレックスで1回の生理の経血量も激減したし、 >頻度も少なくなってたし、その分蓄積されたものがあるのではないかと。 >先生に話したらそんなことはないでしょうとおっしゃっていたので個人の感想ですが。 私も、別の理由でですが、似た疑問を持って先生に聞いたことがありました。 経血量が減ったことで、体に蓄積されたり、閉経がその分遅れたりはしないか聞いたんですが、 ピルによって生理で出血されるもの(壁のようなもの)ができにくくなるんだから、 溜まることはないし、そのようなことはないですよと説明されて納得しました。 なので、おそらくトマトさんの心配されているようなことは、 トマトさんの先生もおっしゃっていた通り、ないはずです。 でも、やっぱり疑問に思いますよね、私もモヤモヤと悩みましたから。。 私の記事がなにかしらお役に立てたのなら幸いです。 そして、今のフリウェルがトマトさんに合っているのならいいなと思います。 大出血されたことを考えると、フレックスは怖いですもんね。。 私も体の変化は見逃さないよう、気をつけたいと改めて思います。 そう思えるきっかけをいただけて、感謝しています。 コメントありがとうございます。 子宮内膜症の疑いがあるとのことで不安なお気持ちだと思います。 そんな中、私のブログを見つけてくださり、コメントくださったこと、ありがたいです。 質問いただいた内容についてですが、 以前書いたこちらの記事が返答に近いかと思うので、 もしよろしければ参考になさってください。 私はこちらに書いた理由で、今のところヤーズフレックスを愛用中です。 他にも、ピルに関しての記事をこちらのカテゴリーにまとめてありますので、 何かしら参考になりましたら幸いです。 不安や疑問に思う点は、 婦人科の先生にも質問してみてくださいね。 めめさんにとって、安心できるピルの服用ができますよう、願っています。 よろしければまたブログを見にいらしてください!.

次の

ピル使用中におこる不正出血(予定外の出血)の原因や対策を解説

ヤーズ 不正 出血

ドロスピレノン・エチニルエストラジオール:ヤーズ スポンサード リンク 成分(一般名) : ドロスピレノン・エチニルエストラジオール 製品例 : ヤーズ配合錠、ヤーズフレックス配合錠 ・・ 区分 : 混合ホルモン/卵胞ホルモン,黄体ホルモン混合剤/経口黄体ホルモン・卵胞ホルモン混合月経困難症治療剤 PR 概説 生理を軽くするお薬です。 月経困難症や子宮内膜症に用います。 作用 【働き】 月経困難症とは月経にともなう耐え難い痛みのことです。 いわゆる生理痛とされる下腹部痛や腰痛をさしますが、頭痛や吐き気、いらいら、憂うつ感などさまざまな随伴症状をともなうことが多く、人によっては仕事や日常生活に支障がでてきます。 その原因から、子宮内膜症や子宮腺筋症など器質的疾患にともなう器質性月経困難症と、原因疾患のない機能性月経困難症に分かれます。 このお薬は少量の女性ホルモン配合薬です。 女性ホルモンの体内分泌をなだらかにする作用があり、排卵をおさえ卵巣や子宮を休ませます。 そして、生理が軽くなり、月経困難症の痛みが緩和されるのです。 子宮内膜症においては病巣の活動が低下し、病巣の拡大・悪化を防ぐ効果も期待できます。 このような作用から、器質性・機能性を問わず月経困難症の治療に広く適用可能です。 ただし、対症療法になりますので器質的疾患そのものを治すことはできません。 【薬理】 有効成分の女性ホルモン薬が脳下垂体に働きかけ、負のフィードバッグにより性腺刺激ホルモンの分泌がおさえられます。 その結果、卵胞の発育が抑制され排卵が起きにくくなり、また子宮内膜の増殖がおさえられ生理が軽くなります。 月経痛は月経血を排出させるための子宮収縮などにより起こりますが、このとき過剰産生される発痛物質プロスタグランジンの産生を抑制することにもなります。 配合されているのは2種類の合成女性ホルモンで、黄体ホルモン薬のドロスピレノンと、卵胞ホルモン薬のエチニルエストラジオールです。 月経困難症の改善作用はおもに黄体ホルモン薬に由来するのですが、卵胞ホルモン薬を配合することにより、卵胞からの持続的な卵胞ホルモン分泌が抑制され、破綻出血の発現がおさえられるものと考えられます。 【臨床試験-1】 月経困難症に対する効果をプラセボ(にせ薬)と比較する試験が行われています。 月経困難症の患者さん61人はこの薬を、別の58人はプラセボを使用します。 効果の判定は月経困難症スコア(0〜6点)でおこないます。 このスコアは月経困難症の程度(なし:0点〜重度:3点)と月経期間中の鎮痛薬の使用(なし:0点〜3日以上使用:3点)を点数化し合計したものです。 症状がなく鎮痛薬を使わなければ0点、逆に1日以上寝込み仕事ができず鎮痛薬を3日以上使用した場合は最も重度の6点になります。 4周期服用した結果、この薬を飲んでいた人達の月経困難症スコアは平均で2点(4. 9点)低下しました。 一方、プラセボの人達は1点(4. 0点)の低下にとどまりました。 この薬のほうが明らかに低下幅が大きく、月経困難症に対する有効性が証明されたわけです。 副作用のでかたは既存の低用量女性ホルモン配合薬と変わらず、安全性についても大きな問題はありませんでした。 【臨床試験-2】 子宮内膜症に対する試験もおこなわれています。 参加したのは一定以上の骨盤痛(下腹部痛・腰痛を含む)のある子宮内膜症の患者さん231人です。 このうち114人はこの薬(ヤーズフレックス配合錠)を、別の117人はプラセボ(にせ薬)を使用します。 効果の判定は、最も高度な骨盤痛のVAS値(mm)の変化量をもっておこないます。 具体的には、100mmの直線上でまったく痛みのない状態を0mm、最大の痛みを100mmとし、現在の痛みが直線上のどこにあるかを患者さん自身が示すことで痛みの強度を数値化するのです。 データは電子患者日誌に記録され、統計学的に集計されることになります。 ちなみに、患者さんの服薬前の最も高度な骨盤痛VAS平均値は77mmくらいでした。 試験の結果、骨盤痛VAS値の下げ幅は、この薬で36. 6mm(77. 5)、プラセボで10. 7mm(77. 4)でした。 この薬のほうが下げ幅が明らかに大きく、子宮内膜症にともなう骨盤痛に有効なことが統計学的に確かめられたわけです。 また、副次的に調べられた性交痛や排便痛についても、プラセボを上回る改善効果が示されています。 低用量女性ホルモン配合薬です。 いわゆるピルとかEPと略称される部類です。 ごく少量の卵胞ホルモン薬(エストロゲン)と黄体ホルモン薬(プロゲステロン)が配合されています。 卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの含有量は国内最低の0. 02mg。 休薬期間が短いと、ホルモン消退時の諸症状、たとえば腹痛や頭痛の軽減につながるわけです。• 黄体ホルモンとして採用されているのが、国内初のドロスピレノン。 こちらは、第3世代の新規黄体ホルモン薬です。 男性ホルモン様作用がほとんどなく、また弱い利尿作用を持ち合わせているのが特徴です(抗アンドロゲン作用、抗アルドステロン作用)。 このため、ニキビやむくみに対する副効用が期待できます。• 鎮痛薬だけでコントロールできない月経困難症あるいは子宮内膜症に対する第一選択薬の一つとして位置づけられます。 「偽妊娠療法」とも呼ばれ、妊娠しているときと同じような状態になります。 周期的に服用を続けているあいだ、排卵や月経がおさえられますので、当面妊娠の予定のない人、あるいは希望しない人に向く治療法です。 強力とは言えませんが、副作用が少なく長期の維持療法も可能です。 なお、欧米では経口避妊薬として、あるいは月経前不快気分障害や尋常性ざ瘡(ニキビ)の治療薬としても認められています(日本では未承認で適応外)。• 28日周期法のヤーズ配合錠にくわえ、最大124日周期法のヤーズフレックス配合錠が発売されました。 より確実な卵巣機能抑制が期待され、従来の28日周期法に比べ月経痛を起こす日数が少ないことが確かめられています。 一方で、出血が予期しにくいのが欠点といえるかもしれません。 もし、月経困難症で、予定外の出血を受け入れがたく、月に1度の定期的な月経(休薬にともなう消退出血)を好むのであれば、28日周期法とすることもできますす。 患者さんの好みや生活様式に応じて使い分けるとよいでしょう。 注意 【診察で】• 血栓症など持病のある人は医師に伝えてください。 また、服用中の薬を医師に教えてください。• 妊娠中もしくはその可能性のある人は、医師に伝えておきましょう。 妊娠していないことを確認したうえで使用する必要があります。• 手術の予定があるときは、早めに医師と相談してください。• 血栓症や発がんリスクをふくめ注意事項や副作用について十分説明を受けてください。 薬の性質をよく理解し、納得のうえで治療にあたりましょう。 【注意する人】 卵胞ホルモンによって悪化する乳がんや子宮がんがある場合は、服用を避けなければなりません。 もし異常な性器出血があるのなら、がんでないことを確認してからにします。 乳がんの既往歴または家族歴がある人は、使用にあたり 乳がんの検査を頻繁におこなうなど細心の注意が必要です。 ピルには、血栓を作りやすくする性質があります。 このため、血栓性の病気のある人、また血栓を起こすリスクの高い人は飲めないことになっています。 たとえば、血栓性静脈炎や肺塞栓症があれば服用禁止です。 手術で長期間安静を要する人も、早めに中止しなければなりません。 さらに、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人も禁止されています。 腎臓の働きが悪く、カリウムの排泄が遅れがちな人は、使用できないことがあります。 この薬にはカリウム分を増やす性質があるためです。 服用するさいは、定期的に血液中のカリウム濃度を測定するなど慎重に用いるようにします。 急性腎不全をふくめ、重い腎臓病がある場合は服用禁止です。 適さないケース..乳がん、子宮がん、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、狭心症、心筋梗塞、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、目のチカチカなど前兆をともなう片頭痛、重い高血圧症、脂質代謝異常、重い肝臓病、重い腎臓病、長期間安静状態(手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内)、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人、妊娠中、授乳中、骨成長が終了していない可能性がある若い人など。• 注意が必要なケース..子宮筋腫、乳がん既往・家族歴、乳房結節、40歳以上、タバコを吸う人、前兆のない片頭痛、肥満、糖尿病、高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病、てんかんのある人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 低用量ピルは、有効成分をぎりぎりまで少なくし、必要最少量で治療効果を発揮しています。このため、飲み合わせによる作用の減弱にとくに気をつけなければなりません。カゼや歯科治療をふくめ病院にかかるときは、ピルを使用していることを必ず伝えてください。 C型慢性肝炎治療薬のオムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル(ヴィキラックス)との併用は避けなければなりません。 併用により肝機能値が悪化するおそれがあるためです。 肝炎治療終了の約2週間後から この薬の服用再開ができます。• 次にあげる薬剤や健康食品と併用すると、この薬の効果が低下したり、不正出血を引き起こすおそれがあります。 併用のさいは、他の避妊法を追加したほうが確実です。 たとえば、結核・抗酸菌症治療薬のリファンピシン(リファジン)とリファブチン(ミコブティン)、てんかんの薬のフェノバルビタール(フェノバール)やフェニトイン(ヒダントール、アレビアチン)、カルバマゼピン(テグレトール)、各種抗生物質、リトナビル配合剤などある種の抗エイズウイルス薬、健康食品のセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)などに注意が必要です。• 逆に、作用増強をもたらす薬剤として、抗真菌薬のフルコナゾール(ジフルカン)やボリコナゾール(ブイフェンド)、解熱鎮痛薬のアセトアミノフェン、アタザナビル(レイアタッツ)やインジナビル(クリキシバン)など一部の抗エイズウイルス薬などがあります。• 併用薬の作用が弱くなってしまう飲み合わせも考えられます。 たとえば、各種血糖降下薬、子宮内膜症治療薬のブセレリン(スプレキュア)、抗てんかん薬ラモトリギン(ラミクタール)、解熱鎮痛薬のアセトアミノフェン、鎮痛薬のモルヒネ(MSコンチン)などと併用した場合、これらの作用が弱まる可能性があります。• 一方、併用薬の作用が増強する飲み合わせとしては、プレドニゾロン(プレドニン)など各種副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ薬、パーキンソン病治療薬のセレギリン(エフピー)、免疫抑制薬のシクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)、喘息治療薬のテオフィリン(テオドール)、筋緊張緩和薬のチザニジン(テルネリン)、胃炎・胃潰瘍治療薬のオメプラゾール(オメプラール、オメプラゾン)などがあげられます。• カリウム薬をはじめ、カリウム濃度を上昇させる利尿薬や降圧薬と併用するときは、血液中のカリウム分の増えすぎに注意が必要です。 たとえば、カリウム保持性降圧利尿薬のスピロノラクトン(アルダクトン)やエプレレノン(セララ)、汎用降圧薬のACE阻害薬(カプトリル、レニベース、テノーミン等)やARB(ブロプレス、ディオバン等)などと飲み合わせるときです。 【使用にあたり】• 飲み始めは、原則として月経第1日目です。 それより遅れた場合、妊娠リスクを考慮し、飲みはじめの1週間はホルモン剤以外の方法で避妊してください。• 1日1錠、同じ時間に飲んでください。 ヤーズ配合錠は28日周期法、ヤーズフレックス配合錠は最大124日周期法になります。 決められた服薬スケジュールを守ってください。• 28日周期法のヤーズ配合錠は、1シートが赤色の実薬24錠と白色のプラセボ(にせ薬)4錠から成ります。 実薬から順に28日間連続服用し1周期とします。 おしまいの4日間はプラセボとなり休薬期間になります。 通常、休薬期間に軽い出血(消退出血)があらわれます。 出血が終わっているか続いているかにかかわらず、翌29日目からか次の周期の服用を開始してください。• 最大124日周期法のヤーズフレックス配合錠は、すべて赤色の実薬です。 24日目までは出血の有無にかかわらず連続して服用します。 25日目以降に3日間連続で出血(点状出血を含む)があった場合、または連続服用が120日に達した場合は、4日間飲まないで休薬します。 休薬後は出血が終わっているか続いているかにかかわらず、連続服用を開始します。 以後同様に連続服用と休薬を繰り返します。• ヤーズフレックス配合錠は、月経困難症に対しては、前述の124日周期法にくわえ、28日周期法を選ぶことができます。 28日周期で服用する場合は、1日1錠を24日間連続で服用し、4日間休薬します。 この28日間を1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の服用を開始し、以後同様に繰り返します。• 飲み始めの不正出血(予定外の出血)や吐き気は、徐々になくなることが多いものです。 出血量が異常に多かったり、不正出血が続く場合、あるいは逆に生理(消退出血)がまったくこない場合は、早めに受診し医師と相談してください。• 飲み忘れのないよう十分注意しましょう。 数日飲まないでいると、不正出血を起こしやすくなります。 また、妊娠のリスクが高まります。• もし飲み忘れたら、気づいたときに服用してください。 翌日に気づいた場合は、前日分の1錠を直ちに服用し、当日分も通常の時間に飲んでください。 2日以上忘れた場合は、前日分の1錠を直ちに服用し、当日分も通常通りに服用してください。• 万一のことですが、血栓症の発現に注意が必要です。 緊急を要する症状としては、急激な足の痛み、突然の息切れ、胸の痛み、激しい頭痛、視野の異常などです(副作用の項参照)。 このような場合は、直ちに救急病院を受診し、この薬を飲んでいることを伝えてください。 それほどでなくても疑わしいのであれば、いったん服用を中止し医師と連絡をとるようにしましょう。 【検査】• 治療に先立ち、服薬に問題ないか各種の検査でチェックします。 病歴調査をはじめ、血圧測定や乳房・腹部検査、臨床検査などをおこないます。 さらに続けているあいだは、6ヵ月毎に定期検診を受ける必要があります。• 子宮・卵巣を中心とした骨盤内臓器の検査を1年に1回以上おこないます。 子宮頸部の細胞診については1年に1回実施することが望ましいです。• 乳がんの自己検診の方法を教えてもらい、こまめにチェックしましょう。 とくに、家族歴または乳房に結節のある人は要注意です。 【妊娠・授乳】• 妊娠中、もしくはその可能性のある人は 使用できません。 そのため、治療を開始する前に、問診や内診、基礎体温の測定、妊娠検査などにより、妊娠していないことを確認しておく必要があります。• 生理(消退出血)が2周期連続して来なかった場合、念のため 妊娠していないことを検査で確かめます。 もし、妊娠が分かったら、服薬を中止しなければなりません。• 妊娠を希望する場合は、服薬を中止すれば、まもなく自然な排卵と生理がもどってきます。 その後、通常どおりの妊娠、出産が可能です。• 授乳中は控えてください。 この薬により、母乳の量的質的低下が起こる可能性があるためです。 また、母乳中へ移行し、赤ちゃんに悪い作用をもたらすおそれがあります。 【食生活】• 血栓症のリスク要因として、喫煙、血圧変動、寝たきり、体を動かせない状態、脱水、疲労などがあげられます。 タバコは控えるべきです。 また、長時間飛行や車中泊などで体を動かせない状態が長く続くと、血栓症のリスクが少し高まるかもしれません。 水分を多目にとり、できるだけ体(足)を動かすようにしましょう。• 健康食品やハーブティーとして販売されているセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)の飲食はしないでください。 飲み合わせにより、この薬の効果が減弱するおそれがあるためてす。 効能 【ヤーズ配合錠】 月経困難症 【ヤーズフレックス配合錠】 月経困難症、子宮内膜症に伴う疼痛の改善 用法 【ヤーズ配合錠】 1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(淡赤色錠から開始する)28日間連続経口服用する。 以上28日間を服用1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を服用し、以後同様に繰り返す。 【ヤーズフレックス配合錠】 <子宮内膜症に伴う疼痛の改善> 1日1錠を経口服用する。 24日目までは出血の有無にかかわらず連続服用する。 25日目以降に3日間連続で出血(点状出血を含む)が認められた場合、又は、連続服用が120日に達した場合は、4日間休薬する。 休薬後は出血が終わっているか続いているかにかかわらず、連続服用を開始する。 以後同様に連続服用と休薬を繰り返す。 <月経困難症> 下記の(1)(2)いずれかを選択する。 (1)1日1錠を経口服用する。 24日目までは出血の有無にかかわらず連続服用する。 25日目以降に3日間連続で出血(点状出血を含む)が認められた場合、又は、連続服用が120日に達した場合は、4日間休薬する。 休薬後は出血が終わっているか続いているかにかかわらず、連続服用を開始する。 以後同様に連続服用と休薬を繰り返す。 (2)1日1錠を24日間連続経口服用し、4日間休薬する。 以上28日間を1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を服用し、以後同様に繰り返す。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 飲みはじめに、不正出血を起こしやすいです。 また、吐き気や頭痛、乳房の張り、乳房痛などもよくみられます。 これらはホルモン環境が一時的に変化するためと考えられますので、それほど心配いりません。 2〜3カ月続けて体が慣れくれると、しだいに軽快してくるものです。 不正出血は、飲み忘れでもよく起こりますから注意してください。 重い副作用はまずありませんが、まれに血栓ができたり、血栓症を悪化させることがあります。 血栓は、血液の固まりによる血管の詰まりです。 生じる部位によりますが、手足、とくにふくらはぎの痛みやシビレ、突然の息切れや胸の痛み、激しい頭痛、急に視力が落ちるといった症状が前触れとなることがあります。 万一、そのような症状があらわれたら、すぐ医師に連絡してください。 発生頻度はきわめて低いものの、長期使用において、乳がんと子宮頸がんの発症リスクが少し高まる可能性があります。 乳がんについては、自己検診の指導を受け、定期的に自己チェックをおこなうとよいでしょう。 不正出血が続く場合は、子宮がんの検査をおこなう必要があります。 いずれにしても、半年ないし1年に1回、これらの検査を含めた定期検診を受ければ安心です。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 血栓症..手足とくにふくらはぎの痛み・はれ・むくみ・しびれ、突然の息切れ・息苦しい、深呼吸で胸が痛い、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む、頭痛、片側のまひ、うまく話せない、意識が薄れる。 【その他】• 予定外の不正出血(点状出血、破綻出血)• 希発月経、無月経、月経過多• 吐き気、食欲不振、腹痛、下痢• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の