未来 の ミライ あらすじ。 「未来のミライ」を1話から最終話まで全話完全無料で視聴できる方法を紹介〜アニメ〜

子ども成長は奇跡だ -- 「未来のミライ」(細田守監督)のあらすじ・ネタバレありの感想、考察。

未来 の ミライ あらすじ

「未来のミライ」のネタバレあらすじ:起 都会の片隅にある小さな一軒家。 4歳の男児・くんちゃん(声:上白石萌歌)は、ばあば(声:宮崎美子)と一緒に、出産を終えて退院したばかりのおかあさん(声:麻生久美子)の帰りを待ちわびていました。 そこへ建築家のおとうさん(声:星野源)がおかあさんと生まれたばかりの妹・ミライちゃん(声:本渡楓)を連れて帰ってきました。 おとうさんとおかあさんはそれからというもの、生まれて間もないミライちゃんの育児に追われがちになり、どうしてもくんちゃんのことを構ってもいられなくなりました。 これまで両親の愛情を一身に受けてきたくんちゃんは納得がいかず、ミライちゃんに嫉妬してほっぺたを引っ張ったり、指で鼻を押したりとミライちゃんに辛くあたってしまいました。 それで泣かせてしまい、さらに電車のおもちゃでミライちゃんの頭を叩いたことで怒られたくんちゃんは、すっかり機嫌を損ねて赤ちゃん返りしてしまいました。 そんな時、くんちゃんの前に謎の男(声:吉原光夫)が現れました。 くんちゃんがミライちゃんに対して嫉妬心を抱いていることを暴いた謎の男は、くんちゃんが産まれる前はこの家で大事にされていたというのですが、くんちゃんが生まれてからは扱いも雑になり、すっかり愛されなくなってしまっていたのだというのです。 男の尻には尻尾が生えており、やがて男の正体は愛犬・ゆっこであることがわかりました。 「未来のミライ」のネタバレあらすじ:承 程なくしておかあさんは仕事に復帰、ある程度時間に余裕のあるおとうさんがミライちゃんの面倒を見ることになりました。 しかし、くんちゃんはそんな両親により一層の疎外感を感じ取り、相手にもしてもらえず、動物の形をしたクッキーをミライちゃんの顔に並べて遊びます。 その時、家の庭にセーラー服を着た謎の少女が現れました。 「お兄ちゃん、わたしの顔で遊ばないでよ! 」と叫ぶその少女は、未来からタイムスリップしてきた、成長したミライちゃんの姿(声:黒木華)でした。 未来のミライちゃんは、人間態のゆっこ、くんちゃんと協力して、おとうさんに気付かれないよう部屋に飾ったままの雛人形を片づけを始め、おかあさんが帰って来るまでになんとか終わらせました。 「未来のミライ」のネタバレあらすじ:転 ある日くんちゃんが庭に出ると、今度はどこか見知らぬ町でした。 その先で泣きじゃくっている一人の女の子(声:雑賀サクラ)と出会いました。 その女の子は、さっきおかあさんと一緒に見ていたアルバムの中の写真にいた、おかあさんがまだ幼かった頃の姿でした。 幼いおかあさんは猫を飼いたがっていましたが、猫アレルギーの母が許してくれないので手紙を書いて説得しようと考えていました。 幼いおかあさんは手紙を母の靴の中に入れると、思いっきり部屋を散らかし始めました。 そこへ母が帰って来たので幼いおかあさんはそっとくんちゃんを外に出し、くんちゃんは幼いおかあさんが母に叱られて泣いている様子を外で聞いていました。 また別の日、くんちゃんはおとうさんやミライちゃんの付き添いのもと、近所の公園で自転車を乗り回していました。 ところが、同世代の子供たちが補助輪なしで走っているのを見たくんちゃんは、おとうさんに補助輪を外してもらいましたが、結局上手く乗ることは出来ませんでした。 すると子供たちが集まってきて教えてあげるよと言い、おとうさんは泣いているミライちゃんのところへ行ってしまいます。 またしてもくんちゃんはかまってもらえなかったことに機嫌を損ねます。 そんな時、くんちゃんの目の前には工場のような場所でバイクを直している一人の青年(声:福山雅治)の姿がみえました。 青年はどうやら戦争で足を悪くしたらしく、くんちゃんは青年に馬に乗せてもらったり、バイクに乗せてもらって海沿いの街並みを走ったりと交流を深め、くんちゃんは青年から「下ばかり見るな。 ずっと先を見ろ」とアドバイスをもらいました。 現実に戻ったくんちゃんは青年のアドバイス通りに一生懸命に自転車の練習に励み、ようやく補助輪なしで走ることに成功しました。 くんちゃんはおかあさんから褒められ、おとおさんも成長したくんちゃんの姿に思わず涙を浮かべます。 くんちゃんがアルバムを見ているとさっきの青年の姿が。 青年の正体はくんちゃんの、ひいおじいちゃんだったのです。 「未来のミライ」の結末 ある日、くんちゃんの一家はキャンプに出かけることになり、おとうさんもおかあさんも準備に追われていました。 そこで着ていく服のことでわがままを言ってしまったくんちゃんは、またしても疎外感から庭に飛び出します。 するとまたしても見知らぬ場所に迷い込んでしまい、いつの間にかどこかの駅の待合室で、高校生の少年(声:畠中祐)と出会っていました。 少年はくんちゃんに「キャンプに行くんだろう? 楽しい思い出づくりに。 家族に楽しい思い出づくりをさせてやれよ」と声をかけましたが、くんちゃんは少年と言い合いした挙げ句、振り切ってホームに入って来た電車に乗り込んでいきました。 くんちゃんはいつの間にか未来の東京駅まで来てしまい、自分が迷子になったことに気付いて慌てだしました。 家族の呼び出しが出来ず自分を証明できないことで、くんちゃんは一人ぼっちの世界に連れていかれる新幹線に乗せられそうになります。 しかしミライちゃんを受け入れることがようやく出来たくんちゃんは、「くんちゃんはミライちゃんのお兄ちゃん!」と叫び、自分を証明することが出来ました。 そこへ未来のミライちゃんが現れ、くんちゃんの手を取ると空高く舞い上がり、いつしかくんちゃん一家の辿って来た歴史を垣間見ることになりました。 おとうさんが昔体が弱かったこと、ゆっこが我が家の犬になった日のこと、お母さんが猫を苦手になってしまった日のこと、先程の青年が戦争で死にかけて命からがら帰還したことなど…。 今の自分たちを形作ってきた歴史をくんちゃんに見せるのでした。 家の庭で、未来のミライちゃんは先程の高校生の少年と会話していました。 くんちゃんはその会話の内容から、この少年こそが未来の自分の姿だと気付きました。 我に返ったくんちゃんは、晴れやかな表情でキャンプの支度をしている家族のもとへと駆け寄っていくのでした。 以上、映画「未来のミライ」のあらすじと結末でした。

次の

未来のミライ、あらすじ、感想、ストーリー、キャスト

未来 の ミライ あらすじ

未来のミライ あらすじ、ストーリー、ネタバレ 未来のミライのあらすじは次の通りです。 とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。 待ち受ける見たこともない世界。 むかし王子だったと名乗る謎の男。 幼い頃の母との不思議な体験。 父の面影を宿す青年との出会い。 そして、初めて知る「家族の愛」の形。 未来のミライ 感想、つまらない? 未来のミライの感想をまとめた。 個人的にはサマーウォーズが面白かったけど、未来のミライの評価はかなり下。 他の人の評価も同様みたい。 全体的に細田守監督の「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」と比べても興業的には成功とは言い難い。 初登場2位となったのは細田守監督作品『未来のミライ』。 土日2日間で動員29万5000人、興収4億円。 これはちょうど3年前の2015年7月に公開された細田守監督の前作『バケモノの子』と比較して、興収比で60. 0%の成績。 そのさらに3年前、2012年7月に公開された前々作『おおかみこどもの雨と雪』の初週成績とほぼ同じ水準にまで戻ってしまった。 『おおかみこどもの雨と雪』はそれでも作品への高評価が口コミなどで広がって最終興収42. 2億円まで伸びて、次の『バケモノの子』にいたっては最終興収58. 5億円を記録。 金曜日の公開日からの3日間で興収5億円という数字、そして公開早々から作品へ寄せられている厳しい声などもふまえて予測するなら、昨年同時期公開の米林宏昌作品『メアリと魔女の花』の最終興収32. 9億円を超えるかどうかという結果になるのではないか。 未来のミライ展 未来のミライ展やっています。 東京ドームシティギャラリーアーモ。 未来のミライ キャスト、声優 くんちゃん 声 — 上白石萌歌 本作の主人公。 本名は「おおた くん(太田訓)」。 甘えん坊な4歳の男の子。 生まれてきた妹に両親の愛情を奪われ、戸惑う。 ある日、飼い犬のゆっこと庭にいた時に「ミライ」と言う少女と出逢い、時空を超えた冒険の旅に出る。 電車が大好きで電車の名前を覚えている。 お父さんに妹の名前は何が良いと聞かれた際は「のぞみ」、「つばめ」の名前を挙げている。 いつも電車のおもちゃで遊んでいて、度々このおもちゃに関するトラブルも発生する。 オレンジ色の201系をデフォルメしたイラストが描かれた服を持っている。 尚、原作小説にはくんちゃん誕生の際に「命名 訓」という漢字が当てられている。 また、幼稚園の名札には「おおた くん(太田訓)」と書かれている。 ミライちゃん 声 — 黒木華(青年期)、本渡楓(幼少期) 庭に現れ、くんちゃんを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来から来たくんちゃんの妹[10]。 なぜか右手の手首側近くに小指の付け根の下にアザか火傷の痕がある。 おとうさん 声 — 星野源 在宅の建築家。 仕事と育児の両立を目指すも失敗ばかり。 抱っこが苦手。 おかあさん 声 — 麻生久美子 家事や育児で大忙しだが、ベストを尽くそうとする。 片付けが苦手。 ゆっこ 声 — 不明 太田家のペットでクリーム色のイギリス系ミニチュアダックスフント。 くんちゃんが産まれるより前から夫婦と一緒にいる。 くんちゃんのおかあさんがペットショップで一目惚れし、おとうさんは渋々承諾した。 謎の男 声 — 吉原光夫 くんちゃんが庭先で出逢った、奇妙ないでたちをした男。 愛情に飢えているらしく、「自分はかつてこの家の王子だった」と話す。 実は、くんちゃんとも所縁がある。 ばあば 声 — 宮崎美子 くんちゃんの祖母。 二人目を出産するおかあさんの代わりにくんちゃんとゆっこの面倒をみる。 おとうさんの設計した自宅のデザインが好きではない。 じいじ 声 — 役所広司 くんちゃんの祖父。 ひなまつりの日に孫に会いに来る。 未来の写真を撮ろうとするも、くんちゃんに邪魔される。 青年 声 — 福山雅治 くんちゃんが時空の旅先で出逢った若者。 ある理由から足を引きずって歩く。 くんちゃんに大きな影響を与える。 実はくんちゃんと所縁のある人物。 少女 声 — 雑賀サクラ くんちゃんが時空の旅先で出逢う少女。 部屋を散らかすのが好き。 実はくんちゃんと所縁のある人物。 男子高校生 声 — 畠中祐 くんちゃんが時空の旅先であるJR京浜東北線・根岸線磯子駅の待合室で出逢う、ぶっきらぼうな話し方をする男子高校生。 実はくんちゃんと所縁のある人物。 東京駅の遺失物受付センターのロボット 声 — 神田松之丞 くんちゃんが時空の旅先である東京駅で出逢うロボット。 未来のミライ くんちゃん 主人公は、くんちゃん。 本名は「おおた くん(太田訓)」。 甘えん坊な4歳の男の子 4歳にしてはちゃんとしゃべるし、ちゃんとした男の子じゃないか。 未来に嫉妬するのは仕方ない。 未来のミライ 舞台 未来のミライの舞台は横浜市の磯子区、金沢区あたり。 「くんちゃん』「が自転車に乗る練習をする場面で登場したのは、根岸森林公園です。

次の

映画『未来のミライ』のあらすじネタバレ結末紹介!声優キャストや監督、原作小説も解説します。

未来 の ミライ あらすじ

ネタバレあり感想。 素敵なシーンは多いのに雑なストーリーのせいで台無し! 「未来のミライ」、ひとことで言って期待はずれの映画でした…… 98分と比較的短い映画のはずなんですが、上映時間がものすごく長く感じちゃったんですよね。 その原因はどこにあるのか?と考えると、 ストーリーテリングが異様に雑だからではないかと思います。 「謎の人物」が、太田家の家族の過去や未来の姿であることは早々と種明かしされます。 で、観客が知りたいのは 「どうしてくんちゃんはワープしちゃうの? どうして未来はタイムスリップしてきたの?」 ってことでしょ。 にもかかわらず、ワープの仕組みも、未来がタイムスリップしてきた理由も、ヒントすら示されない。 何の手がかりも与えてもらえないので、観ている側としては興味がどんどん薄れていっちゃうんです。 じゃあ、ワープの謎解き以外で魅力あるストーリーが展開されるのかと思いきや、 「未来ちゃんと仲良くできない!」とぎゃーぎゃー泣きわめくくんちゃんをただただ見せられるばかり。 なにこれ拷問? 観客を育児ノイローゼにさせたいの?? 子育て経験者とそれ以外で賛否が分かれそうではある 伏線っぽいのにどうでもいい要素が多すぎる! 「未来のミライ」のもうひとつの問題は、 いかにも伏線っぽいのに物語にぜんぜん関係ない要素が多すぎるって点です。 未来の右手にあるアザなんて、どう考えてもなにか秘密があると思うでしょ!? ところがどっこい、物語においてまっっっったく重要な役割を果たしません。 「未来の手である」ことを示すためだけなら、あんな目立つアザじゃなくてホクロでもいいじゃん。 それを序盤で映しておくだけで十分な伏線になるのに…… わざわざ役所広司にセリフで説明までさせているのにどうでもいい要素だなんてびっくりだわ。 「未来がなぜ雛人形にこだわっているのか」もかなり謎。 だってタイムスリップしてまで片付けさせに来たんだよ? まさかほんとに「好きな人と結婚できないかもしれないから」だけなの?? そこは、結婚のチャンスを逃したばかりに太田家に子孫が残せなかったとか(これもひどい理由だけどね)、 もっと深刻な理由で歴史を変えるためにやってきたとかじゃないと話が通じないのでは…… お母さんも言ってる通り、お雛様を片づけると婚期が遅れるなんて「いまどき誰も信じない言い伝え」なんだよ。 にもかかわらず、未来の女子高生がまともに信じるなんてそれなりの理由が必要でしょーよ。 くんちゃんの声がぜんぜん子供じゃないのも何か意味があると思ってたよ! ひとつひとつのシーンはめちゃくちゃ綺麗。 それだけにストーリーの雑さがもったいない 細田守作品だけあって、それぞれのシーンはすんげ〜綺麗でしたね。 未来の東京駅のシーンはさすがに興奮しました。 多言語対応のディスプレイに、構内を縦横無尽に走る路線には「20年後はこうなってそう!」というリアリティを感じたし、 同時に駅をゆきかう人々の顔が極端に単純化されている様子には「パプリカ」をほうふつとさせる悪夢感がありました。 「あなた自身を無くしたということですね?」な〜んて語りかけてくる遺失物係ロボットとくんちゃんとのやり取りにもぞわぞわしたぞ。 そういえば、くんちゃん「未来」は読めないのに「落とし物」は読めるんだね ほかには魚群の中を泣きながら泳いでいくくんちゃんとか、 家系図のインデックスに飛びこんでいく場面などなど、 印象的な場面は数知れず。 だからこそ! 全体のストーリーの雑さがもったいなさすぎる! お話さえしっかりしてたら各場面の魅力ももっと上がったはずなのに…… つくづく残念な映画でした。 全編通してよかったのは山下達郎の主題歌ですなぁ〜。 スタッフロールが一番いい映画ってのも悲しいもんです、いやはや。

次の