フレッツ光 プロバイダ 変更。 分かりにくい!プロバイダの乗り換えのための手順や方法とは?

プロバイダーのみ乗り換え(契約変更) l フレッツ光利用中の方向け

フレッツ光 プロバイダ 変更

なぜなら、次のプロバイダに申し込むときにどのエリアでどのプランだったのか間違えないためです。 なので契約書で調べるかNTTに電話して確認しましょう。 次に 新たに契約するプロバイダの申込手続きをましょう。 電話や公式サイト等から手続きが可能です。 そして 新しいプロバイダの接続設定をに移ります。 契約書などが送られてきたら確認します。 接続IDやパスワードが記載されているので、それを共に接続設定をします。 設定に関してはをご参照ください。 新しいプロバイダでの接続が完了したら、 旧プロバイダの契約を解除しましょう。 プロバイダの会員ページから手続きをするか、コールセンターに電話連絡をして解除します。 フレッツ光のプロバイダ変更はメリットがない 実は現在、 フレッツ光のプロバイダだけ変更してもメリットはほとんどありません。 というのも今は初期費用をあまり掛けずに更にお得になる光回線に移行(転用と言います)が出来るからです。 フレッツ光のプロバイダを変更する際は、以下の光回線を利用することをおすすめします。 スマホセット割が使える光回線に移行しよう 光回線の中には、 スマホとセット割で料金が安くなるプロバイダがあります。 例えばドコモ光はドコモのスマホを持っていれば「セット割」が利用でき、スマホのプランによって変わりますが1台あたり最大 月1,000円の割引が適用されます。 その他にもスマホセット割が使える光回線はいくつかあります。 ドコモ:• ソフトバンク:• au: 3大キャリアのスマホ(携帯電話)を使っている場合は上記の光コラボを選ぶとお得になるのでオススメです。 転用は初期工事費も掛かりませんし、月額基本料金もフレッツ光と同程度かやや安くなるので、スマホとセットで割引が適用される光コラボへ移行すると大幅に月額料金を安く出来るので非常にお勧めです。 回線名称 月額料金 (マンション) 割引特典 5,200円 (4,000円) ドコモとセットで割引 5,200円 (3,800円) ソフトバンクとセットで割引 3,980円 (2,980円) auとセットで割引 フレッツ光から移行する際のおすすめ光回線 上述した通り現在フレッツ光からプロバイダのみを変更するメリットはほとんどありません。 プロバイダ各社は現在自社回線サービスを提供しているのでプロバイダのみの変更が出来ないケースも多いです。 なのでフレッツ光からプロバイダを変更する際は回線の移行を検討しましょう。 オススメは以下の3社。 今利用しているスマホ(携帯)に合わせて移行することをおすすめします。 いずれも フレッツ光を利用していれば工事不要で移行することが可能です。 例えばauひかりやソフトバンク光などは初期工事費が無料になり、旧回線から発生する違約金などの還元も行っています。 乗り換える際におすすめの光回線、申込み特典は下記ページにまとめています。 プロバイダを変更、転用するときの注意点 プロバイダを変更したり、ドコモ光やソフトバンク光などに移行するときには注意しておかなくてはならないポイントが複数あります。 注意点を知ることで、損をすることなくプロバイダを変更できるのでチェックしておきましょう。 旧プロバイダのサービスが使用できなくなる プロバイダを新しいものに変更すると、 これまで使っていた旧プロバイダのサービスは利用できなくなってしまいます。 プロバイダにはメールサービス、セキュリティソフトが無料で使えるサービスなどがオプションでついていることがあります。 プロバイダが提供してくれていたメールアドレスを使用していた方は、乗り換えをする前にGmailなどの無料のメールサービスでアドレスを取得しておき、サイトに登録しているアドレスを変更するといった手続きを行っておきましょう。 プロバイダの違約金に注意 プロバイダの解約は場合によっては違約金が発生することがあります。

次の

【ひかり電話】ネット乗り換えで電話番号が変わらない絶対条件とは?|インターネット光回線比較ナビ

フレッツ光 プロバイダ 変更

新規で光回線を申し込む際や、フレッツ光からauひかりに変更する際に 条件を満たせば、ひかり電話 固定電話 の番号を他社に引き継ぎする事ができます。 電話番号を他社に引き継ぐ事を番号ポータビリティと言います。 固定電話の番号は、ずっと同じ番号を使い続けられるのが理想的です。 番号が変わってしまうと人に教えてまわるのが大変だったり、色々なところへ登録している情報を変更しなければいけなくなるので、ものすごく面倒です。 このページでは、固定電話の番号の引き継ぎ 番号ポータビリティ について引き継げる電話番号の条件や、手続き、費用についてまとめました。 固定電話番号の引き継ぎ 番号ポータビリティ に関する知識 引き継ぎできる電話番号、条件 電話番号の引き継ぎ 番号ポータビリティ ができるかどうかの条件は1つです。 それは、 電話番号がNTT加入電話である事です。 NTTで発番(番号を発行)された、電話番号でないと引き継ぐ事はできないのです。 現在では、加入権がなくても電話番号を取得する方法はたくさんあるので、その価値は薄れつつありますが、NTT加入電話 電話加入権 の電話番号なら休止、再開の手続きを行う事ができるので別の電話回線でも同じ番号を使う事ができるのです。 引き継ぎできない電話番号、条件 番号を引き継ぎできない電話番号、条件は2つあります。 ・ひかり電話の申し込みで取得した電話番号 ひかり電話で取得した電話番号は、NTT加入電話ではないので引き継ぎができません。 ただし、もともとNTT加入電話だった電話番号をひかり電話サービスにしていた場合は、一度NTTの加入電話に戻した後、引き継ぎ 番号ポータビリティ を行う事は可能です。 ・引っ越しなどにより市区町村が変わる 例えNTT加入電話だったとしても、引っ越しで住んでいる市区町村が変わってしまうと番号は引き継ぎできません。 元の住所が実家であったり、自分の持家であれば、転送サービスを活用すれば元の番号を使う事はできますが、費用と手間がかかるのでおすすめはしません。 NTT加入電話からの引き継ぎ 番号ポータビリティ の手続き、費用 NTT加入電話の番号を他社で利用する場合、休止の手続きが必要となります。 手続きは、電話かインターネットから受付しています。 営業時間は9:00? 17:00、年末年始を除く。 リンク: リンク: 1つの電話番号につき、以降工事費として2,000円、番号の休止工事費として1,000円の合計3,000円程度の費用がかかります。 スマホのセット割は、固定電話 ひかり電話 が必要です! 2016年に発表された総務省の通信利用動向調査によると、日本における携帯電話・PHSの普及率は123. これは日本国民は全員が持ってて、3? 4人に1人は2台持ちぐらいの普及率ですね。 それに対して固定電話の保有率は75. 20代にいたっては11. そんな需要が減ってきた固定電話ですが、実はスマホ割を受けるのに必要です。 スマホのセット割を受けるには、ひかり電話(固定電話)サービスの加入が必須条件になっているのです。 特に若い方は「携帯電話があれば十分」という方が多いので、実際に固定電話は使わないし不要だと思いますが、 セット割で最大で2,000円くらいは安くなるので、加入した方が良いと思います。

次の

フレッツ光の転用とは?

フレッツ光 プロバイダ 変更

転用とは?• 工事不要• フレッツ光の解約金は免除• プロバイダの解約金は必要 2020年現在、フレッツ光は個人用回線として、あまり良い選択肢ではなくなってしまいました。 2015年頃からの「光コラボ」の登場により、フレッツ光を使う理由がほとんどなくなってしまったからです。 「」とは、フレッツ回線を使用して自社プロバイダやサービスを付加して提供している光回線のことで、ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光など、100社以上存在しています。 現在フレッツ光を使っている方は、 光コラボへの乗り換えを推奨するかのような「転用」という乗り換え制度が使えます。 フレッツ光と光コラボは同じを使っているので、 工事せずにそのまま同じ回線を使い、サービス提供事業者だけ変更する、という感じですね。 特に転用するデメリットもないですし、 現在フレッツ光を使っている方は光コラボ回線への転用をおすすめします。 ドコモ光はフレッツ光の上位互換と考えてもらって大丈夫でしょう。 ドコモ光とフレッツ光のサービス内容を比較してみます。 使用している回線は全く同じです。 プロバイダも通信品質に影響しますが、同じプロバイダを選べば品質は全く変わりません。 ドコモ光は約20社からプロバイダを自由に選べますが、 契約はドコモ側が手続きしてくれるので、料金体系・契約体系は一括となっており楽です。 対して、 フレッツ光は自分でプロバイダを別途契約する必要があり、別途費用もかかります。 表にはプロバイダ料500円~と記載していますが、 まともな品質のプロバイダだと800円~は別途必要と考えてください。 フレッツ光の方が安いケースは、NTT西日本エリア&集合住宅内にフレッツ光契約者が16戸以上ある場合です。 転用承諾番号を発行した時点では、フレッツ光の解約にはなりません。 番号の有効期限は15日なので、やっぱり転用やめよう…と思った場合は、放置しておけばOKです。 続いて、ドコモ光の申し込みをしていきます。 発行してもらった転用承諾番号を控えて、ドコモ光を「転用」で申し込みしましょう。 申し込み後、NTTとドコモ光間で情報共有が行われます。 現在使っている回線設備はそのまま使えるので、工事は不要です。 その後、ドコモ光への切り替え日の連絡が来ます。 切り替えが完了したら、ドコモ光の利用開始です! フレッツ光は切り替え日に自動的に解約となるので、手続きは不要です。 ですが、 フレッツ光時代に使っていたプロバイダは自動解約にならないので、解約手続きも忘れずに行いましょう。 おすすめは「ドコモ光の提携プロバイダ」からの申し込みで、 中でも「GMOとくとくBB」は通信品質・特典共に優れています。 GMOとくとくBB経由でも問題なく「転用」が可能です。 申込フォームに「転用申込」の欄がないので、折り返し連絡時に「転用申込」である旨を伝えましょう。 最大20,000円のキャッシュバックが用意されているので、フレッツ光時代に使っていたプロバイダの解約金も賄えます。 ドコモ光のおすすめプロバイダ「GMOとくとくBB」の利用を是非検討してみてください…! フレッツ光からドコモ光へ転用するの3つ注意点 3つの注意点• 転用時の注意点も紹介していきます。 1.フレッツ光時代に使っていたプロバイダの解約金は発生する 契約期間 違約金 OCN 2年自動更新 1,200円 ~ 2,400円 So-net 2年自動更新 3,000円 BIGLOBE 2年 5,000円 nifty 2年自動更新 3,000円 Yahoo! BB 2年自動更新 5,000円 ~ 8,000円 ドコモ光へ転用する際、フレッツ光の解約料は免除されますが、 使っていたプロバイダの解約金は通常通り発生します。 但し、ドコモ光へ転用する際に同じを使えば、免除される場合もあります。 (各プロバイダによって扱いが異なります。 ) ほんの一例ですが、プロバイダの解約金も調べてみました。 3,000円~5,000円ぐらいの設定が多いようです。 ドコモ光では工事費無料キャンペーンを随時実施しているため、工事費用はかかりません。 が、工事には立ち合いが必要で、開通までも遅くなるので注意してください。 この場合は工事も不要です。 3.フレッツ光で貯めていたポイントはなくなる.

次の