武蔵 小杉 タワー マンション 停電。 武蔵小杉停電タワーマンションが復旧! 価格に大きな変動なし

タワーマンション浸水に国が指針策定へ 武蔵小杉の台風被害で

武蔵 小杉 タワー マンション 停電

武蔵小杉では、12日夜からの台風19号の被害で、駅前が冠水、住居であるタワーマンションにも浸水が及びました。 浸水をしたマンションは2棟、いずれも停電と断水が起り、水が出ない、トイレが使えない、エレベーターが動かないなどといった被害がでており、住民の方が不自由な生活を強いられています。 ただし、共用部、一部のエレベーターは、非常用の電源や、階が別なために動いているところもあるとの報告です。 これらの詳細な情報については、各管理会社がツイッターなどで発信しているということですので、ネットがご覧になれる方はそちらをチェックされると、様子がわかって安心と思います。 関連記事: マンション住民の声 タワーマンションにお住いの、住民の方の現在の生活の様子としては 「トイレは浴槽にためたもので流している。 1回目の共用トイレは使えます」 ・・ 「風呂は徒歩15分位の銭湯へ行っている」 ・・ 「飲料水はペット・ボトルで購入」 などと生活の様子を取材に語っています。 周辺のホテルに連泊 47階のマンションにおいては、階段を上り下りして生活をするということは大変に困難なので、一部の住民の方は、周辺のホテルに泊まっているということです。 番組の把握しただけで、近隣のホテルには約40人が連泊しており、取材ができていない範囲のホテルなどにも、おそらく問い合わせが殺到しているのではないかとの予想です。 tv-asahi. 断水の原因-受水槽ポンプが水に また、断水については、浸水のあった2棟のうち、47階のタワーマンションについては、地下3階に重要な受水槽ポンプというものがあるそうです。 それが水に浸かってしまったので、上に水が上がっていかないため断水したと説明しました。 これらについては、川崎市役所は 、停電や断水は、地下3階の電気系統の設備に浸水したためと公表しましたが、管理会社の方は「管理会社として守秘義務があるので居住者以外にお答えできないと返答した」ということです。 どちらか一つのマンションが公表したか、または、説明会後の住民の談話をまとめたものとも思われます。 住民の水回りの問題への質疑応答 住民の質問への質疑応答です お風呂はどうすればいいのか 近くのフィットネスクラブが無償で提供してくれるようになった 予約が必要だがそちらを使用できる 洗濯機が使えないが洗濯はどうすれいいか 洗濯については考えが至っていないので、検討中との返答でした。 水や電気の復旧する期間は数ヶ月 全体が復旧するのは早くて1か月、あるいは3かヶ月になるとの説明があったと、説明会後に住民の人が話しています。 修理費用の負担について 長嶋修さんの説明によると、このような場合、落ち度のない限り管理会社の責任にはならないそうです。 しかし、一般的に共用施設の修理費が、管理組合が火災保険に加入していればそれで補償ができるということで、ほとんどの管理組合は火災保険に加入しているということです。 ただし、万が一保険に未加入の場合は修繕積立金を使用しなければならなくなり、修繕積立金緑色をした場合には、居住者から新たに集金をしなければならない自体も予想されます。 今回の場合は、そのような話は伝わってきていませんので、おそらく保険などの利用でまかなえるということのようです。 専有部については個人負担 上記については、共用部に関してのことなので、個人の部屋である専有部については、もちろん個人で行うようになります。 今回の被災は、地震ではないので、部屋の故障などはまずないと考えられます。 またそこから考えられることには、地震などの場合、個人の部屋の設備が壊れることも十分考えられますので、マンションではあっても火災保険への加入は必要です。 駐車していた車の損害については マンションの地下に車を駐車している場合、それが水に浸かってしまったら誰が費用負担をするのか。 それについては、レギュラーコメンテーターの玉川 徹さんが質問をしました。 長嶋さんの答えでは 火災保険の設定によって、それも保証されると思う とのことです。 駐車した車の損害については、マンションを購入するときに、住民も確認の必要があると考えられます。 タワーマンションの都市型水害について ここからは専門家のコメンテーターの意見や予想、知識などの発言をまとめます。 タワーマンションは水に弱い 住民の方が撮影した twitter画像 タワーマンションの電気については、住宅の専門家の長嶋修さんが、スタジオで次のように補足。 タワーマンションは特殊な免震装置が入っているため地震にはすごく強い。 ただし、水には弱い。 場合によって機械式の駐車場などが入っている場合も、地下に入っていることが多い。 また、マンションの戸数の多さが、被害を拡大するとして マンションは部屋が高く積み上がっており、500戸、千戸となると、住民は、マンションによっては2千人くらいが住んでいるため、設備がダメになると、被害も大きい。 さらに、機械類の故障については 損傷の程度にもよるが、場合によっては設備を一度解体して作り直すなどということもあり得る。 そうなるとかなり時間がかかってしまう。 マンションの設備は地下にある なぜ、マンションの設備が地下にあるのかというと、元麻布消防署長で市民防災研究所理事の坂口隆夫さんは マンションの倍、重要な設備は地下に設置されている。 というのは、マンションの場合は、地価は部屋として売れないので、地下が設備用のスペースとなるようになっている。 水害の場合はもろに影響を受けることになっています。 と災害時のマンションの危うさを説明しました。 停電で断水が起る 断水については、「給水ポンプも電気で汲み上げているので、電気がないと水が出なくなります。 また、その他の電気で動いているものが大半なので、それらも全部使えなくなってしまいます。 マンション浸水の責任は管理会社に? このようになった責任は誰にあるのかということについては、長嶋さんは 管理会社もここまでの災害は、想定していなかったと思う。 管理会社はあくまでも仕事を委託されている側なので、管理会社に100%責任があるわけでもない。 「なぜ、うちのマンションだけ?」 武蔵小杉で被害に遭ったのは、11棟のタワーマンションのうち2棟。 さらに、死亡者が出たのは、やや離れた地域にある、タワーマンションではないマンションです。 このように重篤な被害に遭ったのは一部のマンションだけであるわけですが、住民の方は浸水被害に遭うと、「元々設計がおかしかったのではないか、設計が不行き届きであったのではないか」と思いがちになります。 これについては、ハザードマップとの関連性を後ほど別項で示します。 浸水を止める「止水版」 説明会では、今後同じようなことが起らないように、主に浸水について、抜本的な対策を講じてほしいという要望が住民の方から出されました。 スタジオではこの要望については、まず浸水を止める方法として、「止水版」というものがあると述べられました。 地上部分が冠水した場合に当然、水が流れてくる。 入口には止水板というのを設置する必要がある。 そういうものをより早く設置する。 それから地下の電気室もフロアよりも一段高くなっているが、そこにも止水版を設置することを考える必要がある。 排水溝からの逆流への対策も課題 また、今回の武蔵小杉の駅周辺の冠水は、雨水が流れ込んでくるほかに、排水溝からの逆流があったことも念頭に長嶋さんが、疑問を呈しています。 1階から流れる場合は止水板でいいんですけど、 逆に排水溝から逆流してくる場合は役に立たない。 このマンションがどうかわからないが(長嶋) つまり、排水管を伝って、外から逆流してくるものについては、止水版以外の対策が必要になります。 一般的な住宅の場合には、水を入れたビニール袋をトイレの便器内に入れて、逆流を防ぐなどの方法があります。 それのもっと大規模な防水の方法も考えられるべきかもしれません。 災害対策は管理会社ではなく住民 さらには、レギュラーコメンテーターの玉川 徹さんは、「マンションの災害対策をするのは、管理会社ではなくて住民」として下のように述べています。 災害に対する対策をするのも本来は住民なのであり、住民の代表として管理組合を作って、そこで理事会として決定して災害の対策にも当たる必要がある。 例えば新しい止水板を作ったりするのも、何かの改善をするということは、住民たち自身で協議したうえで実行する必要がある まとめ 以上、武蔵小杉のタワーマンションの台風被害の様子と、その後の住民説明会、それと専門家のコメントをご紹介しました。 特に、長嶋修さんを始め、専門家の方のご意見は勉強になるものが多く、被災した時点ではなく、マンション購入時にぜひさんこの上お役立てください。 武蔵小杉で被災された方々、マンションと街の一日も早い復興を願っています。 建物や街は必ずまた元のように戻りますので、お住まいの方々、まずはお体を大切にお過ごしください。

次の

武蔵小杉トイレ禁止タワーマンションの名前は?風評被害情報も!|try to do!

武蔵 小杉 タワー マンション 停電

これまでのニュース 上の写真は、集まった水が排水溝から水があふれている様子です。 地域一帯が水に浸かってしまった模様です。 水は14日までにおおむね引きましたが、新たな問題が浮上しました。 タワーマンションや商業施設が停電 一帯に流れ込んだ水で道路が冠水したため、タワーマンションの一部にも水が流れ込み、マンション内にも浸水が起りました。 武蔵小杉の商業施設である、グランツリーも浸水したという報道ですので、ある一定のエリアは、どの建物も浸水を免れなかったようです。 トイレが使えなくなったマンション こちらは、47階建てのタワーマンション。 こちらも停電が続いており、そのため、部屋のトイレが使えない状態となっているということです。 マンションの機械室に水が入った 住民の方は、次のように話しています。 機械室に水が入ったらしく電気系統が全部ダウンして、停電になってしまった。 買い置きのランタンを使っているほか、簡易用のトイレも常備していたので… ビルの場合、電気他のマンションの設備は、多く1階か地下にあるため、浸水でその部屋に水が入ってしまったということのようです。 エレベーターが使えないと高層階はどうなる? さらにエレベーターが使えなくなっているため、住民たちは、階段で高層階まで上り下りしたり、親戚の家に身を寄せたりしているということです。 関連記事 水が出ず「断水」に 電気が使えなければ、エレベーターは勿論使えませんが、それ以上に、水が出るのかどうかが心配です。 水は、平屋の戸建てなら、水源からの圧力で水が出るわけですが、タワーマンションの場合は、高層階へは電気のモーターで汲み上げるため、水を持ち上げるための電気がなければ水が出ません。 停電と断水が同時に起こることとなります。 停電のあったマンションは47階と伝えられていますので、飲料水を持って、あるいは持たなくても、高層階まで上り下りをするのは、通常は難しいでしょう。 「階段の上り下りで足がパンパンに」 姉夫婦が、タワマンに暮らしているという女性は階段の上り下りをする住民の苦労を語りました。 住民が難儀をしている様子を「足がパンパンになってしまった」と表現、「赤ちゃんを抱えている人もいた。 かわいそうだった」と話しています。 報告では、停電の修理には、「1週間以上かかる」とのことです。 姉夫婦を心配する女性は「この先どうするのか」と、生活を案じています。 多量の水の用意があれば別ですが、そうでなければ、水が一週間も出ない場所で生活するのは難しいかもしれません。 タワーマンションの停電のリスク 東日本大震災のあとで、マンションと災害の関係がさまざまに取り沙汰されました。 これは東日本大震災の際では、断水が戸建てを含めて広いエリアで起こったことです。 人々は容器をもって給水車に並び、それを自宅まで運ぶということになりました。 戸建ての場合なら、それができても、タワーマンションの場合は、まずは、停電が必ず起き、停電の間は高層階の部屋へは上り下りができないということが最大の問題であることが既にわかっています。 タワーマンションに住む場合は、災害時の停電の時の備えが絶対に必要です。 災害時には、エレベーター、電気、水道が使えなくなるということを普段から念頭に置いて対策することです。 または、それができない場合は、災害が起こった時に、一時的に外に避難、滞在ができる場所を普段から考えておくことも必要です。 復旧までの生活は困難 『高層難民』の著者で、防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏は、地震や災害が起こった場合の時について下のように言います。 東京都の被害想定では、電力の復旧まで1週間とされています。 当然、エレベーターも動かない。 地震発生直後の、行政の水や食料の配給はすべて地上で行なわれるわけです。 高層の住人に物資を届けることはない。 そうすると住人は自ら1階におりなければならないが、地上で配給を受け取り、また階段で高層まで上がるというのは現実的に無理でしょう。 今回の災害の報道では、消防本部が「いのちを最優先に行動するように」ということを終始呼びかけました。 特に高齢の方は、タワーマンションの中に生活し続けることには不安が残ります。 エレベーターがなければ、万が一急病という時にも、救急車の救急隊員の対応も遅れてしまいます。 出費は免れませんが、やはり命を大切に、どこかご親戚の方のお宅に身を寄せるか、近くのホテルに滞在するなどして、復旧を待たれるのがいいと思われます。 マンション情報とご相談は.

次の

下水や汚泥が巻き上がる...“憧れの街”武蔵小杉を襲う「災害後肺炎」とは?

武蔵 小杉 タワー マンション 停電

武蔵小杉タワマンの浸水被害 でも綴りましたが、台風19号によるタワーマンション「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」で、大きな浸水被害が起こったことは記憶に新しいです。 タワマンは、「自然災害にも強い!」という今までの認識でしたから、浸水の被害があって初めて「ひょっとして危ないのでは?」という認識に変わりました。 それほど、武蔵小杉のタワマン「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」の被害は、多くの報道がなされ関心を持った浸水被害であったと認識させられました。 チーム名「SFT1013」の「SFT」は、「ステーションフォレストタワー」の略称、「1013」は、被災翌日の10月13日に「災害対策本部」を設立したことを忘れないようにという名称の意味なのでしょうか。 被災の翌日には、すでに「災害対策本部」が設立されていたというスピード感も注目すべきすばらしいことです。 平時の訓練が行き届いていたことがチーム名にもよく表れていると思います。 「SFT1013」、なんだか恰好よいチーム名をつけたものだと感心しました。 浸水原因の報告書がすばらしい 2020年3月2日(月)に、「SFT1013対応タスクフォース広報チームの原因調査・再発防止チーム」が「台風19号被害原因調査及び再発防止策検討状況の報告」を公表しました。 「SFT1013対応タスクフォース広報チーム」とは、パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワーの理事会・防災防犯委員会・資産価値向上委員会・その他居住者有志と連携した調査チームの名称です。 理事会のメンバーだけで対応することが不可能であるため、専門知識を持った有識者を募って、災害調査対応を行うチームを発足させて活動していたことが分かりました。 タワーマンションだけに、様々な知識や経験を持っておられる方がいることは非常に心強いことだと思います。 台風の被害は残念なことでしたが、 住民が一致団結して浸水の原因を明らかにし、対策を行うべき活動を進めてきたことはすばらしいことだと感じます。 もし、同じような浸水被害がお住まいのマンションで起こったら、「SFT1013対応タスクフォース」のようなすばらしい対応ができるマンションがいくつあるのかは疑問に思います。 一般に公開された報告書は、活動の一部を要約したものです。 内部的にはさらに細かい報告書があるものと思われます。 そういう意味では、「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」にお住まいの方々も安心なのだと思います。 他のマンションも、報告書の内容を読んで、 自分の住むマンションにも活かせるとよいですね。 訓練の賜物 土嚢積み 報告書によると、「1階の出入口や駐車場入口は、住民の土嚢積み等により流入を防ぐことができた。 」と書かれています。 台風の当日、住民の手によって土嚢を積んだことで、雨水の流入を防ぐことができたということです。 初期段階での適切な対応ができていたことは評価に値すると思います。 普段から土嚢を準備して、どこに格納されていて、誰が運んで誰が積むのかという平常時からの訓練があったからこそ、スピーデイーな対応ができたのだと判断することができます。 土嚢による雨水の流入を防ぐことができなければ、もっと大きな被害が発生したのではないかと思います。 浸水被害の原因は? 報告書によると、浸水被害の原因は何だったのでしょうか。 停電が起こったことで、排水ポンプの停止による電気・機械設備冠水だったと原因の結論を出しています。 」は、まさに「雨降って地固まる。 」のような気がします。 短期的な対策と中長期的な目線での対応が存在するのもすばらしいことです。 短期的な対策 建物出入口への止水板の設置・換気口など開口部の浸水防止対策・地下浸水経路への浸水防止設備設置を行います。 雨水の侵入を許さないための措置が短期的には早急な対策となります。 毎年のように台風が日本に上陸することは避けられない時代になってきました。 まず、 雨水を侵入させない対策は、どのマンションでも必要なことなのではないでしょうか。 中長期的な対策 地下電気設備等の配置変更、冗長化可能な設備の検討を行います。 雨水の影響を受けやすい位置に、電気設備などの重要なインフラ設備を設置しないことや使用不可となった場合に、代替機による設備を動かすことを検討します。 費用的にも技術的にも簡単な対策ではないことと想像しますが、将来のことを考えたら対応しておくとよい内容だと思います。 電気設備の位置変更の見直しは、どのマンションでも必要なのではないでしょうか。 支援体制の準備不可欠 報告書には、「ご支援いただいた方々」や「ご支援いただいた内容」が記載されています。 周辺マンションの設備利用や周辺商業施設の設備利用が書かれています。 浸水被害の発生時には、周辺マンションや周辺商業施設の協力があったことが分かります。 平常時から、非常時に強力ができるようにあらかじめ話し合っておく必要性を感じました。 お住まいのマンションが非常の場合、どこに支援を受けられるのかまたは何を用意しておけば支援することができるのかを常日頃から準備しておくべきだと思わされた報告書です。 報告書の「SFT1013対応タスクフォース設立の経緯」にも書かれていますが、理事会で募集した対応メンバーに、なんと 40名以上からの参加表明があったというのにも驚きです。 タワマンだから、住んでいる人が多いのは分かりますが、みんなで協力して浸水被害の解決を図ろうとする姿があったのですね。 おわりに 武蔵小杉タワマンの浸水原因の報告書がすばらしいと思いました。 被害があったことは残念でしたが、住民のすばらしい対応に感動しました。 「マンションは管理を買え!」と言われますが、まさしく「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」は、管理を購入したように思います。 お住まいのマンションでも、平常時の体制や土嚢などの災害を防止するための物資を見直して、準備を行っておく必要があるのではないでしょうか。 残念ながら、心無い中傷の投稿も見受けられます。 実際には、きちんとした調査チームを立ち上げて全力で原因究明と対策を行っていたことが調査結果を公開したことで分かりました。 人気記事• 梅雨が明けて、夏が近づくと、やたらとマンションのベランダでもバーベキュー BBQ を楽しみたいと思う人はいませ... 消臭や調湿効果に大変優れた「エコカラット」なのですが、思ったよりも効果がないと感じておられる方が多いことが分か... 新築マンションを購入する場合には、不動産会社から様々なオプション販売をすすめられます。 エコカラット・フロアコー... 埼玉県のさいたま新都心駅から徒歩5分に建設されるマンション・シントシティ SHINTO CITY は、放射能を... マンションの通常総会や臨時総会には、「出席通知書」「委任状」「議決権行使書」のいずれかを期限までに提出すること... マンションでは、定期的に排水管清掃が行われます。 排水管清掃を忘れていても管理組合で管理して定期的に清掃... 定期総会開催の案内文には、新型コロナウイルス対策の注意文言を明記して頂きたいです。 長期化する新型コロナの感染拡... ある日突然、マンション管理組合の理事長に選ばれてしまったら。 その時の挨拶ってどのようにすればよいのでしょうか。... タワマン(タワーマンション)を購入して、後悔している方が非常に多いと聞きます。 特に、「人間関係」と「子ども」で... 2018年12月26日付で処分された大京アステージ名古屋支店でのマンション管理費横領事件の発覚。 中部地方の複数...

次の