ニンテンドーダイレクト。 ニンテンドーダイレクトとは (ニンテンドーダイレクトとは) [単語記事]

どうぶつの森最新作の情報は?E3-2019でニンテンドーダイレクト|発売日の発表は?

ニンテンドーダイレクト

概要 [ ] 当時、任天堂が何かの情報を発表した際に、メディアを通じて歪んだ形で拡散されてしまうことが大きな問題となっていた。 そうした事態に対処するため、任天堂は、メディアを介さずゲームファンへ情報を直接発信する試みとして同年より「Nintendo Direct」を開始した。 発売予定のゲームソフトに関する情報を、任天堂の社長や社員、時には他社のクリエイターが、自社ウェブページや、などで直接伝える。 7月には日本向けのYouTube公式チャンネルも開設された(後に任天堂公式チャンネルに統合された)。 また、放送後の一定期間、でも視聴できる。 開催当初は主に偶数月下旬に配信していたが、2012年後半以降は奇数月にも開催するようになり、数分程度の配信「 ちょっと Nintendo Direct」(ちょっと ニンテンドーダイレクト)や一つのゲームソフトに焦点を当てた配信 なども行っている。 2013年以降は不定期開催となっている。 放送は主に任天堂社内で収録され、ルームやといった部屋が登場することもあった。 放送内では、情報を視聴者に直接伝えるという意味を込めて、プレゼンターが「直接! 」と言いながらハの字にした両手を前方に突き出す仕草をするのが恒例になっていた。 当初は任天堂社長(当時)ののみが行っていたが、次第に他の出演者も行うようになり定番化した。 この仕草は2016年まで行われた。 放映分でリニューアルが行われ、それまで各国でまちまちだったフォーマットが統一された。 なお、日本国内と国外で同時に放送する際には時差の関係で日付が異なる場合がある。 日本国外向け限定の放送が行われることもある。 名称に併記されている開催日は、日本国内でも放送された場合は日本、国外限定で放送された場合はその国でのものを基準とする。 月 名称および開催日 放送国 備考 2011年 10月 Nintendo Direct 2011. 27 日本 2012年 2月 Nintendo Direct 2012. 14 Nintendo Direct 2012. Direct 2012. 29 日本 のチーム、・のチーム、による総当りの対戦が行われた。 7月 ちょっと Nintendo Direct 2012. 18 日本 で表示された任天堂のとの教授の対談が行われた。 Direct 2012. 30 日本 と、の、が座談会形式で情報を紹介した。 8月 Nintendo Direct 2012. 29 日本 9月 ちょっと Nintendo Direct ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング 2012. 7 日本 のがゲーム内のトレーニングに挑戦した。 28 日本 北米と欧州では「Nintendo Direct Mini」として2012年10月2日に開催。 10月 ちょっと Nintendo Direct 2012. 3 日本 ちょっと Nintendo Direct 2012. 3 日本 Nintendo Direct 2012. 4 欧州 Direct 2012. 5 日本 プロデューサーのなどの開発スタッフが情報を紹介した。 Nintendo Direct 2012. 31 韓国 11月 Wii U 本体機能 Direct 2012. 14 日本 ちょっと Nintendo Direct New スーパーマリオブラザーズ 2 2012. 27 日本 北米と欧州では「Nintendo Direct Mini」として同日開催。 12月 Nintendo Direct 2012. 6 日本 でのみ放送。 ちょっと Nintendo Direct ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン 2012. 19 日本 2013年 1月 Direct 2013. 24 韓国 2月 とびだせ どうぶつの森 Direct 2013. 1 日本 プロデューサーの江口勝也などの開発スタッフが、ゲームをプレイした人たちからの感想を紹介した。 Nintendo 3DS Direct special 2013. 14 日本 北米では通常の「Nintendo Direct」、欧州では「Nintendo 3DS Direct」として同日開催。 ゲスト:(任天堂) Nintendo 3DS Direct 2013. 21 日本 3月 ちょっと Nintendo Direct 2013. 12 日本 ちょっと Nintendo Direct 2013. 1 日本 トモダチコレクション 新生活 Direct 2013. 3 日本 プロデューサーのが一瞬だけ登場した。 Nintendo Direct Luigi special 2 2013. 17 日本 北米では通常の「Nintendo Direct」、欧州では「Nintendo 3DS Direct」として同日開催。 5月 Nintendo Direct 2013. 26 日本 が登場し、任天堂の宮本茂と2人で『ピクミン3』をプレイした。 3 日本 北米と欧州では「Nintendo Direct Mini」として2013年7月18日に開催。 ちょっと Nintendo Direct うごくメモ帳 3D 2013. 24 日本 8月 Nintendo Direct 2013. 9月 Pokemon Direct 2013. 8 日本 ゲスト:辻本良三・(カプコン) Direct 2013. 10 韓国 ちょっと Nintendo Direct Direct 2013. 29 日本 、、、が登場し、自作曲を紹介した。 11月 Monster Hunter 4 Direct 2013. 14 日本 北米と欧州では通常の「Nintendo Direct」として前日の2013年11月13日に開催。 ニンテンドー3DSガイド Direct 2013. 27 日本 ゲスト:宮本茂(任天堂) 12月 Nintendo Direct 2013. 17 韓国 2月 Nintendo Direct 2014. Direct 2014. 4 日本 のがプレゼンを務めた。 Nintendo 3DS Direct Publisher Games 2014. 11 日本 8月 Direct 2014. Nintendo 3DS Direct 2014. 29 日本 9月 Direct 2014. Nintendo Direct Australia 2014. 24 10月 Direct 2014. 8 日本 映像の冒頭でが登場してゲームをプレイした後、カプコンの辻本良三と藤岡要がゲームの解説を行った。 11月 Nintendo Direct 2014. 19 韓国 4月 Nintendo Direct 2015. 日本では岩田聡が登場する最後の放送となった。 5月 Direct 2015. 31 日本 この回以降、日本向けの放送では任天堂広報室の森本英機がゲームを紹介している(2016年まで)。 北米では「Nintendo Direct Micro」として2015年6月1日に開催。 11月 Nintendo Direct 2015. 株式会社ポケモンの石原恒和がプレゼンを務めた。 3月 Nintendo Direct 2016. 11 第1弾 新ルール編 日本 6月 カルドセプト リボルト Direct 2016. 22 第2弾 新能力編 日本 9月 Nintendo 3DS Direct 2016. 27 日本 カプコンの辻本良三とがプレゼンを務めた。 11月 とびだせ どうぶつの森 Direct 2016. Direct 2016. 5 日本 がナビゲーターを務めた。 2017年 1月 Direct 2017. 4月 Nintendo Direct 2017. 日本では、のBOSEがナレーションを担当。 5月 Direct 2017. 放送の最後には『』の映像が流れた。 6月 Pokemon Direct 2017. Direct 2017. 21 日本 スチャダラパーのBOSEがナレーションを務め、同シリーズの生みの親・堀井雄二がゲームの解説を行った。 7月 Direct 2017. 2018年 1月 Nintendo Direct mini 2018. Direct 2018. 任天堂取締役のがプレゼンを務めた。 11月 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018. 2019年 2月 Nintendo Direct 2019. 株式会社ポケモンの石原恒和、ゲームフリークの増田順一とがプレゼンを務めた。 5月 Direct 2019. 2月 Direct 2020. 関連項目 [ ]• (E3)• 脚注 [ ] [].

次の

任天堂、27日正午にネット発表会「ニンテンドーダイレクト」を開催

ニンテンドーダイレクト

皆さんこんにちは、のです。 というの事は皆存知かと思いますが、 今回は「」として、 このの「ニンテンドーダイレクト」のからお送りしています。 「」ですから、いつもとは趣向を変えて、ニンテンドーダイレクトとはどういうものなのか、 どういったを持っているのか、などについての知識を、 でをご覧の皆さんに、 \直接!/ お伝えします。 どうぞ最後までよろしくお願い致します。 まずは、ニンテンドーダイレクトのおおよそのについての説明です。 の方々に用意していただいた記事がありますので、そちらをご覧ください。 概要 の社員が案内人として登場し、通りにのやに関する新などを発信する番組。 ()は「ニンダイ」「任直」など。 なお、初代プレゼンターである元がご存命の時には、自ら 直 接 お届けしていた。 にが開催してきたスでの講演にも似た、数十分間に及ぶプレゼンテーションの録画放送を行った後、関連や新たなを後でめて放送、配信するという形をとっている。 発表内容は全に向けてのものであるが多く、現地の言葉にでされたの配信や、を始めとしたの支社のOがプレゼンを行ったりしている。 元がご存命の時には、自らの言葉でで 直 接 伝えることもしばしばあった。 の配信から放送内容を大幅にし、の社員は案内役として冒頭や合間、に登場するのみにとどまり、別途によるの上げという形になった。 のほか、 と で視聴可。 (はの限定で閲覧できる)配信されたはや、のでも閲覧できる。 やで配信されている『』を利用すれば、やを通じてやでも視聴が可。 伝えられるはにのの続報、を先行開するなどだが、ニンテンドーダイレクトで初開されたも数多く存在する。 また、発表の順序や形式は回によって大きく変わり、これといった性も見受けられない。 かつては で連載している「」がプレゼン中に行われたり、と飛び入りによるな劇が披露されるなど、実際に観てみるまで 何があるかはほぼ予測なが飛び出すことがあった。 番組の告知はにや トゥイッターので行われる。 放映中に発表されたはほぼで トゥイッターでも トゥイートされる。 第3回ニンテンドーダイレクトからはの「いつの間に交換」を用いた告知も行っている。 の「いつの間に交換」の停止に伴い、この告知も行われなくなった。 の配信は他にもあるのだけにを絞ってを発信するや、小規模にはなるものの較的重要性が高くないと思われる新を少しだけ発信する「ちょっと NintendoDirect(:ちょっと)」も行なっている。 に関しては、通常のとは違いこれといった告知もなく配信される事が多い。 また、こちらの配信は本人が登場する機会はあまりなく、代わりに が登場しプレゼンしていた。 プレゼンターの歴史 先述の通り、プレゼンターは当初は が担当。 を自ら 直 接 伝える動きが活発となったが、のから新たに広報室の がプレゼンターの役割を引き継いだ。 氏の死去後も氏のプレゼンによる配信は何回か行われたが、からの番組内容のに伴い 氏が案内人を担当。 その後は時折 氏と交互に案内人を担当する。 ちなみに 番組が始まったきっかけはに開催されたスを上で生中継した事にある。 でも配信されたこの中継のが思いの外多く、反応も上々だったため、「 スで伝えきれないをに直接お届けする」という試みの元、この番組が開始されたとの事。 以後は好評を受けて定期的に放送されている。 社内の開発室などで行われるもあり、社内をで見る事ができる重な機会でもある。 プレゼンではその番組名称にも示されている「 直接」という言葉が決まり文句となっており、がこの言葉を口にする際は、毎回必ずと言っていい程「 ピンと立てた両手を顔の前で向かい合わせて前方に突き出す」という独特のポーグを見せる。 最近ではそのポーグと同時にの SEが鳴ったりが付けられたりする事もあり、 発表するに応じての七変化を遂げる自身も相まって全にの持ちと化している節がある。 に開催されたによると、 1週間で万人とか人規模の閲覧数があるらしく、 ・専門誌などと並ぶ向けの新たなマーケング手段として、「 一定のを割いて続けていく価値が十二分に」あると社内で評価されている。 にあるNintendo Directでは「Dct」がを記録し、その認知度はに詳しいだけでなく一般にも広まりつつある。 ここからは、に行われたニンテンドーダイレクトのやについてお伝えします。 ににされたや、 で放送されたなどを紹介していきますが、 どのはの「」のでも視聴する事が出来ます。 ただしこれらのは、配信当時の最新をお伝えする的で作られていますので、 新たにニンテンドーダイレクトを放送する際は、のを予告なくする場合があります。 予めご了承ください。 この記事のとあるさんも、のプレゼンテーションを参考にしようとしたら、 既にがされてしまっていた、という出来事に遭遇したとお聞きしています。 また、これまでの向けニンテンドーダイレクトでは、開発者の方が出るとき以外はずっと一人で紹介をしてきました。 ただ、が毎回すべてのを紹介するやり方を、今後も漫然と続けていていいのかとという問題意識もあって、のから新たに、広報室の「」に私の名で、私に代わってやってもらうことになりました。 広報室のです。 からご名を受けて、かなり気が動転していますが、これからさんに代わって、からのを (:せーの) \直接!/お届けしていきます。 どうぞよろしくお願いします。 それではさん、後はよろしくお願いします。 それではめまして、 に行われたニンテンドーダイレクトのやを、 順にご紹介致します。 ご覧ください。 5 日時 備考 Nintendo Direct: 9 9. 12 Nintendo Direct(第回) 9. 14 Nintendo Direct(第回) 8. 14 Nintendo Direct: 8 8. 13 Nintendo Direct(第回) 8. 9 Nintendo Direct(第20回) 7. 14 Nintendo Direct(第19回) 7. 13 、氏が案内人に交代 Dct (第3回) 6. 1 Nintendo Direct (第18回) 6. 4 Nintendo Direct (第回) 5. 13 Nintendo Direct (第16回) 5. Nintendo Direct (第15回) 5. 2 プレゼンターが氏に交代 Nintendo Direct (第14回) 5. 14 Nintendo Direct (第13回) 4. 6 Dct (第2回) 4. 29 Dct her 4. 11 Nintendo Direct (第12回) 4. 14 Nintendo Direct (第11回) 3. 18 Nintendo Direct (第10回) 3. 1 Nintendo Direct (第9回) 3. 7 Nintendo Direct 3 3. Nintendo Direct 2 3. Dct (第1回) 3. Dct 3. 14 Dct 3. 生 Dct 2. 6 から配信 発売直前紹介 2. 5 Nintendo Direct (第7回) 2. 本社・ム から配信 発売に関するプレゼンテーション 2. 13 Pw Nintendo Direct (第6回) 2. 29 ・五山のの前 から配信 Nintendo Direct (第5回) 2. 本社・ム から配信 プレ 2. 4 本社・7階室 から配信 Nintendo Direct (第4回) 2. 本社・ム から配信 Nintendo Direct (第3回) 2. 本社・地下 から配信 Nintendo Direct (第2回) 1. 27 本社・ムから配信 Nintendo Direct (第1回) 1. いかがでしたでしょうか。 ニンテンドーダイレクトはこれからも、皆様にの最新を 直 接お伝えする場として、 の皆さんのご期待に応えられるように努して参ります。 新たなニンテンドーダイレクトをいつ配信するのかについては、や、で随時お知らせいたしますので、そちらもご覧いただければと思います。 また、この記事でも新たなニンテンドーダイレクトのが入り次第、記事のさんが、この記事をして、皆さんへお知していただける、とお伺いしています。 こちらも併せてご覧ください。 今回のプレゼンテーションは以上になりますが、 この後引き続き、及びの紹介を続けてご覧頂けるようにしますので、 お時間のある方はぜひご覧下さい。 本日もお付き合い頂き、。 関連商品 関連項目•

次の

ポケモン(ゲーム)新作情報まとめ|6/6ニンテンドーダイレクト

ニンテンドーダイレクト

本当は6月に放送予定だったらしいニンテンドーダイレクト いつもならば、6月というとE3という大型ゲームイベントが開催されるほか、任天堂さんもその近く似合わせてニンテンドーダイレクトを公開していたわけですが。 米メディアであるVentureBeatでは、 今年6月のニンテンドーダイレクトを放送しない ことを決めた・・・と報道したみたいですね。 この背景にはやはり、新型コロナウイルス。 任天堂さんも新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために在宅勤務を行なっているみたいですが。 これにより、ニンテンドーダイレクトなどのイベントスケジュールを延期せざるを得なくなったそうで、開発パートナーにもその旨を伝達しているそうですな。 これらがサプライズで発表される・・・かもしれないんだとか。 ただ、次回のニンテンドーダイレクトの準備が整えば、そこで発表することになるかも?という指摘もしています。 サプライズ発表がいいのか、ニンテンドーダイレクトがいいのかはわかりませんが。 いずれにせよ、今は不安定な時期・・・今までと違った宣伝方法も必要になるんでしょうな。 日時が決まっているニンテンドーダイレクトのように、あと2日・・・あと1日・・・あと1時間・・・みたいな、期待を膨らませる余裕がないですよね。 これはあくまで自分の感覚の話ですけれども・・・多分、こんなことも考えて宣伝ってしているんでしょうね。

次の