唐沢 寿明 新 ドラマ。 唐沢寿明の主演ドラマ「あまんじゃく」新キャスト11名解禁、うち9人が悪役(コメントあり)

「ルーズヴェルト・ゲーム」ドラマ版は唐沢寿明と江口洋介がかっこいい

唐沢 寿明 新 ドラマ

概要 [ ] 本作は、1993年に特別番組として制作された・主演版が好評だったことから連続ドラマとして制作された が、設定や俳優陣は一新されており、続編ではない。 堺正章版や本木雅弘版では描かれなかったへの到着が本作でようやく描かれるという内容も、それらとは異なる点である。 堺正章版との差別化を図るため、過去シリーズより大きく脚色している。 登場するたちが一部を除き、妖怪の王・の配下にある妖怪・率いる妖怪軍団として組織化されており、提婆達多軍団との戦いに重点を置いている。 原作と堺正章版のに相当する白竜の人間体は、最初から登場する。 また、、、白竜は提婆達多の配下から改心してのお供になったうえ、沙悟浄と猪八戒は普段は人間の姿となっており、緊急時には沙悟浄は河童、猪八戒は豚の妖怪の姿(着ぐるみ)に変身して戦うという設定である。 第14話では、の顔にメイクをした「」という形態が登場した。 主役の唐沢は過去の経験を生かし、ほとんど吹き替えなしでアクションシーンを演じた。 また、特撮シーンには当時としては画期的なが多用されている。 一見すると中国ロケのような村の風景は、に当時存在していた中国風テーマパークので撮影された。 による休止が多く 、当初は全22話の予定であったが全17話で終了した。 ビデオはから第1話を収録した第1巻のみがに発売されたがとなっており、化もされていない。 キャスト [ ] 三蔵一行 [ ] 孫悟空 演 - 石から生まれた石猿。 とから戦う力を与えられた。 自分が「釈迦と対等だ。 」と言ってしまったために釈迦に岩山に閉じ込められてしまった。 三蔵法師に岩山から解放され、緊箍児を頭にはめられてしまったため三蔵のお供になった。 他の三蔵の弟子たちの兄貴分としてその手腕を発揮する。 勇気と思いやりを兼ね備えた性格だが短気で落ち込みやすい所もある。 戦闘能力が高く如意棒を駆使して敵と戦う。 当初は人間の愛や心を理解できないでいたが、最終回で三蔵との旅で人間の心を持ち人を信じる事が出来たと自暴自棄になった三蔵に言っている。 白竜曰く「失敬な奴」で三蔵曰く「少々短気な者」。 玄奘三蔵法師 演 - 太宗皇帝から三蔵法師の法名を与えられた僧。 天竺まで有り難い経典を取りに旅に出る。 旅の途中で白竜、悟空、悟浄、八戒を弟子にする。 非常に慈悲深い性格で白竜は長安で彼に助けられたためそれを恩義に感じて弟子になる。 意地っ張りで頑固で弟子に向かって「破門する」「修行が足りませんよ」と言うのが口癖。 その反面、精神的に脆いところもあり気分次第ですぐに考え方を変えたり、時折弟子の食糧を盗み食いするといった行動に出ることもあるので全くの堅物というわけではない。 最終回で腐敗した天竺に絶望して麻薬中毒に陥ったが、本当に大切なものが経典ではなく仲間と人の心であるという事を悟って立ち直る。 沙悟浄 演 - 羅刹女の部下だった河童の妖怪。 寺の和尚(八戒の変装)の執事に化けて三蔵を地獄に連れて行こうとするが、悟空に戦いを挑んで一度は命を落とす。 しかし、三蔵に命を助けられそのとして天竺行きのお供をする事になる。 しかし、天竺行きの一番の目的は金儲けのためであり金にがめつい。 また、三蔵法師に命を助けられた際には「このご恩は一生忘れません。 」と忠誠を誓っておきながら、きっかけ一つですぐに裏切る。 しかしながら、回を追うごとに三蔵の優しい気持ちに影響されていく。 金にがめつくなってしまった理由には彼が子供の頃に父親から何も買ってもらえなかった事がその背景にあるようである。 しかし頭は良く、、、、、の知識に秀でている。 戦闘時には人間の姿から河童の姿になり口から吐く息で敵を凍らせる。 時折、三蔵の事を「シロ坊主」と呼んでいる。 三蔵曰く「お金に卑しい者」。 猪八戒 演 - 羅刹女の部下だった豚の妖怪。 悟浄と組んで寺の和尚に化けて三蔵を地獄に連れて行こうとするが、悟空に戦いを挑んで一度は命を落とす。 しかし三蔵法師に命を助けられ、その恩返しとして天竺行きのお供をする事になる。 しかし天竺行きの一番の目的は女であり女性への執着心が病気のように強い。 食欲旺盛なために旅に必要な食糧を一人でつまみ食いする事もよくあり仲間たちの頭をいつも悩ませている。 そのせいか仲間内ではいつも損な役回りが多い(毒見や三蔵の身代わり等)。 悟浄同様、三蔵法師に忠誠を誓っておきながらきっかけ一つですぐに裏切る。 しかしながら悟浄同様回を追うごとに三蔵の優しい気持ちに影響されていく。 戦闘時には人間の姿から豚の姿に変わり口から炎を吐く。 悟浄の事を親友だと思っている。 三蔵曰く「女にだらしない者」。 白竜 演 - 羅刹女の部下・兇竜の息子。 皇帝の馬に化けて皇帝を殺そうとしたが失敗。 皇帝の命令によって処刑されそうになるが三蔵に助けられる。 三蔵に深く恩義を感じて弟子になるが、その事により提婆達多に父親を処刑されてしまう。 以後、三蔵の馬として天竺行きのお供をすることになる。 男らしく義理堅い性格で三蔵に対する忠誠心が一番高いといえる。 羅刹女の部下だった頃は自ら兵を率いて戦っていたが、三蔵の弟子になってからは滅多に戦闘に参加することはなかった。 他の弟子たちの戦い振りを横で見ているか、突込みを入れるかの役割をしている。 第16話で羅刹女の手にかかり絶命するも竜に生まれ変わって昇天する。 提婆達多群 [ ] 羅刹女 演 - 提婆達多配下の妖怪の女性。 人間の女に成りすまして太宗皇帝の妻となり子供を身篭り皇帝を殺して大唐帝国の実権を握ろうとするが三蔵法師の邪魔により失敗。 以後、妖怪軍団を率いて三蔵法師の命を狙うようになる。 冷酷非情な性格で誰が死んでも動じずにいつも不気味な笑いをしている。 人間を憎む理由は人間が妖怪を虐げてきたからだという。 その反面、人間の仕掛けた罠に落ちて泣き出してしまうといった間抜けな一面もあり、その時には三蔵の弟子たちから馬鹿呼ばわりされた。 第16話で絶命。 英竜 演 - 兇竜の息子で羅刹女の部下。 艶竜 演 - 兇竜の娘で羅刹女の部下。 英竜と艶竜は白竜の兄弟であるが、白竜が裏切ったために父親の兇竜が責任を取って処刑されたため、自分たちの命を守るためにやむを得ず羅刹女に従い前線で悟空たちと戦いを度々繰り広げる。 第16話で絶命。 提婆達多 演 - (声の出演) 妖怪の王で巨大な一つ目から発する炎が最大の武器。 五百年前に悟空に敗れ、一度は絶命するがその死は多くの妖怪を作り上げた。 三蔵が取経の旅に出る時には復活していた。 三蔵の取経を阻止し、妖怪たちの世界を築き上げようと目論む。 第16話で悟空の特攻を受け絶命。 ゲスト [ ] 第1話 「オープニングスペシャル 豪華絢爛摩訶不思議、CG特撮笑いと涙、何でもありの超大作」• 太宗皇帝 -• 兇竜 -• 観世音菩薩 -• 旅人 -• ナレーション -• 、 第2話 「何でもかなう願いの木」• 老婆 -• 農家の主 - 第3話 「善人村には落とし穴」• 広智坊 -• 馬大人 -• 麗芳 - 第4話 「三蔵の心臓が食べられちゃう! 春麗 -• 李白 -• 道順 -• 、 第5話 「怒りの三蔵vs.霊感大王」• 卜全 -• 天天 -• 安安 -• 霊感大王 -• 刑事妖怪 -• 医師妖怪 -• 、、 第6話 「霊界からよみがえった妖怪」• 南大 -• 外道神 - 第7話 「如意棒が盗まれた! 韋駄天小僧 -• 夜叉丸 - 第8話 「悟空vs.大たぬき妖怪!! 村長 -• 美麗 -• 恩来 -• 狸穴大王 -• 、 第9話 「悟空vs.時をこえる妖怪」• 重来 -• 時獏 - 第10話 「悟空破門! キント雲で金もうけ」• 劉洪 -• 李彪 -• 医者 -• 、 第11話 「未来を見通す家なき子」• 香琳 -• 周 -• 胴元 -• 宿の女将 -• 、、 第12話 「みんなまとめて破門します!? 鈴蘭 -• 源白 -• 源黄 -• 源黒 -• 、 第13話 「悟空vs.男をのろい殺す女妖怪!! 金炎 -• 武竜 -• 独秀 -• 、、、 第14話 「悟空狂乱! 村人たち全員誘拐! 俊英 -• 香蘭 -• 陳尚文 -• 牛頭魔王 - Ronny santana 第15話 「恐怖の妖怪収容所」• 孫子 -• 理空 -• 石像 - 第16話 「さよなら白竜・悟空vs.提婆最終決戦」• 妙珍 -• 家来 - 、 最終話 「ついに到着! これが天竺大雷音寺だ! マヤ -• 賊の頭 -• ハヌマン - スタッフ [ ]• 脚本 - 、、、、、、、、、、• 音楽 -• 監督 - 、、、、、• 特撮監督 -• 主題歌• 「」 番組前半ではオープニングテーマ、第1話と番組後半ではエンディングテーマ• infix「」 通常は挿入歌だが、最終話のみエンディングテーマとして使用された• 選曲 -• 音楽プロデュース -• 技斗 -• 特殊メイクデザイン -• 特殊メイク - 宗理起也、織田尚• 特殊造型 - 水野伸一• キャラクター造型 - 、、高柳祐介• CG - テクノネット• 光学アニメーション -• 操演 - 亀甲船• ロケ協力 - 登別中国庭園・天華園• 技術協力 -• スタジオ -• 音響効果 - ()• 小道具 -• 衣装 -• 装飾 -• 美粧 -• プロデュース - 、西牟田知夫、鍋島壽夫、吉田多喜男• 制作協力 - ライトヴィジョン、• 製作著作 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 第1話 1994年4月 08日 オープニングスペシャル 豪華絢爛摩訶不思議、CG特撮笑いと涙、何でもありの超大作 柴英三郎 一倉治雄 12. 深沢正樹 11. 峯尾基三 門奈克雄 08. 尾西兼一 09. キント雲で金もうけ 尾崎将也 門奈克雄 07. 丸山比朗 吉田啓一郎 0 7. 布勢博一 村田忍 08. 村人たち全員誘拐! 田上雄 杉村六郎 09. これが天竺大雷音寺だ! 田上雄 門奈克雄 08.

次の

ボイス~110緊急指令室~|キャスト・出演者一覧【唐沢寿明主演ドラマ】

唐沢 寿明 新 ドラマ

唐沢寿明が「THE LAST COP/ ラストコップ」以来、3年ぶり日本テレビ土曜ドラマ主演を務め、真木よう子と初共演するタイムリミットサスペンス「ボイス 110緊急指令室」が、7月にスタートすることが決定した。 本ドラマは、110番でつながる警察の緊急指令室が舞台。 彼らの使命は、電話による通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」すること。 1つ1つの判断が被害者の生死を分ける緊迫の現場が描かれる。 唐沢寿明、愛する人を守れなかった刑事に 勘と行動力で突き進む凄腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への復讐に燃える男・ 樋口彰吾を演じるのは、 唐沢寿明。 3年前、妻は殺害される直前に樋口に助けを求める電話をかけていたが、仕事中だった樋口はそれに気づかなかった。 一番愛する人を守れなかった悲しみは樋口の心に重い十字架となって残り、酒を飲んでは妻の幻影に涙する日々が続いている、という役どころ。 そんなある時、港東署緊急指令室の中に新たにECU(Emergency Call Unit)が発足。 そのメンバーに樋口が召集される。 しかし、その室長が3年前の妻が亡くなった事件で通報電話を受けた橘ひかりだと知り、樋口はチームに入ることを頑なに拒むことに。 唐沢さんは「ストーリー展開がとても面白いと思いますし、演じる上でも視聴者がどんどん引き込まれていくエンターテイメント作品にしていきたいと思っています」と意気込む。 今回も刑事役だが、「これまで自分が演じたものとは全く違う刑事像になります。 毎回、違う印象の役をやらせてもらえることはとてもやり甲斐を感じますし、作品を観てくださる方々にそういった部分も楽しんでいただければと思います」と語る。 真木よう子、微かな音も聞き分ける絶対聴感能力を持つ声紋分析官 一方、緊急指令室の室長で、 ボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかりを演じるのは、日本テレビのドラマ初出演となる 真木よう子。 幼少期、事故で目をケガしてしまったが、同時に微かな音も聞くことができる絶対聴感能力が生じたひかり。 警察大学を首席で卒業後、緊急指令室で働いていたが、ある日、ひかりが受けた電話で通報をしてきた女性(樋口の妻)が電話口の向こうで正体不明の暴漢に無残に殺され、さらにはその後、現場付近を巡回していた警官だった父親も同じ男に撲殺されてしまう、という過去を持つ。 これまでクールで男っぽい警察官役が多かったという真木さんは、「今作は『人の命を救いたい』という正義感と優しさを持った、どちらかというと女性らしく真っすぐに戦おうとする役」という。 「人の命を救うためにチームを作り上げるという、新しい女性像を演じていきたい」と、こちらも意気込み十分。 真木さん演じる橘ひかりは絶対聴感能力の持ち主であり、助けを求める被害者の声と、その後ろから聞こえてくる常人では聞こえないような小さな環境音をヒントに、被害者の場所を迅速に特定し、唐沢さん演じる樋口彰吾を中心にした現場の刑事に指示を出す。 迫りくる凶悪犯罪者から、声を手がかりに被害者を助ける新感覚タイムリミットサスペンス。 , Ltd)。 今回の初共演について、唐沢さんは「真木さんとは前から一度共演できたらなと思っていました。 彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある…深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います。 」とコメント。 真木さんも「唐沢さんとは初共演ですが、現場の空気を明るくしたり役に熱心に取り組んだりメリハリを持っている方だと勝手なイメージがあります。 今から楽しみだしドキドキしています(笑)」と語り、初共演に意欲を見せている。 また、今作のプロデューサーで、これまで「イノセンス 冤罪弁護士」「ヒガンバナ 警視庁捜査七課」などを担当した尾上貴洋は、「唐沢さんも真木さんも初めてのお仕事になります。 唐沢さんは硬軟併せ持つ圧倒的な存在感の俳優だと常々思っていましたし、真木さんもその凛とした佇まいと嫋やかな演技に大きな魅力を感じていました」と語り、「初共演のお二人の、新たな化学反応を楽しんでいただきたい」とコメント。 妻を殺された敏腕刑事と父を殺された声紋分析官のもとに、助けを求める110番通報が鳴り響く。 「ボイス 110緊急指令室」は7月、毎週土曜22時より日本テレビ系にて放送開始。 《text:cinemacafe. net》.

次の

【唐沢寿明】歴代主演ドラマ視聴率TOP10&おすすめ出演ドラマ5作品!デビューのきっかけ、プロフィール、交友関係もチェック!

唐沢 寿明 新 ドラマ

2019年7月13日から土曜夜22時に放送されているドラマ『ボイス 110緊急指令室』は、唐沢寿明演じる敏腕刑事と真木よう子演じる声紋分析官が協力して事件を解決していくタイムリミットサスペンスです。 2017年に放送された韓国ドラマ『ボイス~112の奇跡~』の日本版リメイク作品で、韓国版はアクションとサスペンスとヒューマンドラマが見事に融合した良作として、放送局OCNで歴代最高視聴率を記録しました。 この記事ではあらすじ、キャスト情報の他、ドラマ放送にあわせて、毎週各話のあらすじ・ネタバレを更新!見逃した人、先週のストーリーをおさらいしたい人は、目次から「【ネタバレ】ドラマ「ボイス110緊急指令室」の各話あらすじをおさらい」をクリック! 3年前に正体不明の暴漢に妻を殺された敏腕刑事・樋口彰吾を唐沢寿明が演じます。 勘と行動力で突き進むタイプの昔かたぎな刑事で、情に厚く、後輩からも信頼されている男。 ECUの班長として召集されますが、橘ひかりが室長だと知った樋口はチームに入ることを拒みます。 「今回も絶対面白いドラマになるので、皆さんには楽しみにしてほしいです」というコメントから作品に対する自信がうかがえます。 7月13日に放送される第1話に、ゲストキャストとして若手女優・吉川愛と「フリースタイルダンジョン」で有名なラッパー・般若の出演が決定しました。 吉川は吉田里琴名義でドラマ『オー! マイ・ガール!! 』などで子役として活躍したのち、一時は芸能界から離れていました。 その後、2017年に現在の芸名で復帰しています。 彼女が演じるのは、ドラマの舞台であるECU エマージェンシー・コール・ユニット に最初に通報をする女子大生・荻原夏美です。 般若が演じるのは、吉川演じる荻原夏美を誘拐する犯人・川島武雄です。 3年前、「ハマの狂犬」と呼ばれていた強行犯係の樋口 唐沢寿明 は、妻の未希 菊池桃子 から着信があるも、仕事中で出られませんでした。 未希はそのとき殺人鬼に追われていて、110番に助けを求めます。 対応したのは緊急指令室のひかり 真木よう子。 怯える未希はまともに受け答えできず、電話が切れてしまいます。 ひかりが上司の指示でコールバックすると、「助けて」と声が聞こえます。 しかしコールバックの着信で居場所が犯人に分かってしまい、未希は殺されてしまったのです。 そのときひかりは「調子に乗るからだ」という犯人の声を聞いていました。 そして上司はひかりに全責任を押し付けます。 樋口は現場に駆け付け、泣きながら未希の遺体に話しかけます。 その後の捜査で分かった、犯人の男と思われる自宅に押しかけ、「どうして殺した」と何度も殴りました。 1ヶ月後。 裁判では、ひかりは「この男は犯人ではない」と証言。 通話記録を聞くと、なぜか犯人の声が消されています。 樋口は犯人をかばっていると思い、ひかりに対して激怒します。 ネタバレを見る 3年後、交番に異動した樋口は未希を殺したとされる男が失踪したため、行方を追っていました。 ひかりは科捜研で実績を積み、緊急指令室の室長になります。 そして緊急指令室にECUを設置したいと目論んでいました。 そんな時、夏美 吉川愛 という女性から誘拐の通報が入ります。 夏美は誘拐される際「何かキラキラしたものを見た」と言います。 樋口と後輩の石川 増田貴久 が現場に到着し探すと、夏美は隙を見て勝手に部屋の外へ出てしまいました。 夏美は部屋の前にブローチを落としたことで犯人に見つかってしまい、暴行を受けます。 ひかりはその犯人が女性連続殺人事件の犯人だと断定します。 樋口は必死に夏美を探します。 そしてひかりに「お前が一番通報者の近くにいる、キラキラしてるものを見つけ出せ」と言い、水の音とキラキラからアクアショップに夏美がいると導き出します。 ちょうど事件発生から10分が経過したときでした……。 ネタバレを見る 彼女は12歳のころ事故で一時期目が見えなくなり、そのときに絶対聴力を身に着けていました。 そして3年前、樋口の妻が殺害された事件の真相を語りました。 3年前、ひかりの父も樋口の妻と同様に殺されていました。 偶然現場を巡回していたときに犯人に出くわし、顔を見られたため殺害されていたのです。 しかし彼女の父は事故死扱いとなり、真犯人は警察をも動かせる人物だとひかりは思っていました。 そんなとき、樋口の妻を殺害し逃亡していた相良 平原テツ が死んだという連絡が入ります。 現場は自殺だと言っていますが、樋口とひかりは自殺ではないと判断。 警察はあくまで自殺と発表し、裏から手が回っていることを確信します。 妻殺害の真相を聞いた樋口は、ECUに入ることを決断します。 すると同じくECUに誘われていた栞 石橋菜津美 から、妹の葵 矢作穂香 が拉致されたと連絡が入ったのです。 ネタバレを見る 樋口は、犯人は大柄だったと証言し、大森は小柄で細身のため犯人ではないと考えていました。 そんなとき犯人の車が見つかり、中で大森が練炭によって亡くなっていました。 葵の姿はありません。 ECUでは、新田がレイプ動画を撮影し世界中に配信していることが判明します。 ひかりも新田を怪しんでいて、自ら接触。 しかし新田はひかりを襲い潜んでいたもう一人の男に頭を殴られ、拉致されてしまいます。 緊急配備を行っても一向に新田は見つからず、警察の動きが分かっているのではと睨みます。 ひかりは山の中で目を覚まし、穴に埋められそうになっていました。 葵の解放を願うひかりに、新田は樋口の妻が殺された事件の真犯人は自分だと言い始めます。 ひかりは否定しますが、新田は警察の無線を聞いていたのでした。 ひかりは穴に埋められてしまい、樋口は新田を発見するも逃げられてしまいます。 ひかりが埋められていると知らず、車の中にいると樋口は再度追跡しますが……。 樋口 唐沢寿明 とひかり 真木よう子 は、警察の中に協力者がいるとして引き続き捜査をします。 すると犯人には、顎だけでなく歩き方に特徴があることが分かります。 ECUには栞 石橋菜津美 が配属されました。 栞が最初に取った通報は、なんと6歳の歩 正垣湊都 が母親の奈央 ソニン にお腹を刺され、洗濯機の中から通報してきたものでした。 歩は母親の名前も知らず、部屋から出たことがないと話します。 奈央は歩を探し回りますが見つかりません。 樋口 唐沢寿明 と部下の石川 増田貴久 は現場の団地に向かいますが、部屋数が多く現場が特定できません。 実は歩には兄、姉もいましたが、海に出かけてから帰ってこないとのこと。 歩も養子縁組で、他にも被害に遭った子供がいたことも分かります。 ネタバレを見る パパが来るときにはカラカラという音が鳴るということから、ひかりはその音を風鈴だと特定します。 樋口は別の部屋の虐待の事実を発見するも、歩が見つかりません。 すると洗濯機の中で携帯を落とし、歩は奈央に見つかってしまいます。 ひかりは電話越しに奈央を説得し、母親自身も虐待を受けていたことを知ったのです。 樋口はようやく歩の部屋を特定しますが、母親が呆然としているだけで歩がいませんでした。 ECUは奈央の夫が歩を連れ去ったと考えますが、奈央は幼いころ義理の父に酷い虐待を受けていたことが発覚。 樋口は団地の管理人に子供が隠せそうな場所はないか尋ね、機械室を案内されますが、その瞬間に樋口が倒れてしまいます。 管理人は、自分が義理の父であり、奈央に虐待していたことと歩を連れ去ったことを証言。 樋口は実は倒れたふりをしていて、会話を録音していました。 保険金目当てで子供たちを殺し、奈央の夫も殺害していたことを認め、歩は隣の部屋から無事発見されます。 一方、樋口は情報網のチンピラから、顎を鳴らす男が不動産会社の社長ということを知ります。 しかしそれが判明した瞬間、複数のチンピラに襲われてしまったのです。 樋口 唐沢寿明 の消息が絶ち、石川 増田貴久 は樋口のGPSを頼りに現地へ向かいます。 ECUメンバーだけでなく、沖原 木村祐一 ら強行犯係も探しに向かいます。 ひかり 真木よう子 は樋口の電話の音から現場を特定。 目を覚ました樋口の前にはカチカチと顎を鳴らす男、上杉 手塚とおる が現れ樋口の妻を殺害したことを自供します。 ひかりは新田 森本悠希 が亡くなる最後の言葉が「硫黄」であったことを思い出し、現場を製糸工場と特定。 樋口は上杉の部下を倒し拘束を解き、上杉の元に向かいます。 しかし相手に銃口を向けられた瞬間、強行犯係が突入し樋口は助かります。 またもや上杉を取り逃がした沖原に対し樋口は、疑いの目を向けます。 ネタバレを見る 上杉は指名手配され、沖原は何者かに「樋口に勘づかれた」と電話をします。 沖原は会員制の高級クラブで女性にハメられ、脅されていたのです。 樋口は3年前の通話記録を消したのは沖原ではないと思い、本当の黒幕が署の中にいることを確信します。 大企業である本郷ホールディングスの会長、本郷 伊武雅刀 に会った上杉は、「雫と同じようにわが子だと思っている。 今は逃げろ、3日後に立て」と逃走資金をもらいます。 しかしこのままでは逃げられないと上杉は伝えます。 そんなとき、樋口の息子の大樹 鳥越壮真 の元に、パパの友達と名乗る男からラジコンがプレゼントされます。 大樹は入院中で、面会に来ていた石川が帰ったと同時に怪しい男に襲われます。 怪しんでいた石川が戻ったため無事でしたが、犯人は逃走し石川ともみ合いになります。 落とし前をつけると決意した沖原は、あるクラブへ。 上杉を監視カメラで見つけた沖原を追いつめたとき、何者かが現れ沖原は拉致されます。 顎を鳴らすその男、雫 伊勢谷友介 は沖原に鉄球をふりかざしたのです。 ネタバレを見る 樋口は、未希 菊池桃子 が「調子に乗るからだ」と言われて殺されたことから、通り魔ではなく、上杉の犯行ではないと確信し始めます。 本郷 伊武雅刀 は上杉を逃がすよう、警察上層部に圧力をかけます。 そんな中、人質を道連れに屋上から飛び降りようとしたDM建設派遣社員・高木 芹澤興人 から入電があります。 飛び降りそうになった高木を樋口が助けますが、このDM建設は劣悪な現場で働き体調を崩している作業員がたくさんいることが分かります。 その高木をDM建設に派遣したのは上杉の会社で、ソーシャルワーカーとして働いていた未希は上杉の会社に人材を派遣していました。 そんな時、上杉の側近が警察に捕まります。 未希は路上生活者をワーグナー商事という会社に数名紹介していましたが、全員行方不明になっています。 ワーグナー商事はペーパーカンパニーで、未希は派遣した人たちの行方を捜していました。 するとひかりの携帯に、未希と未希が派遣した行方不明者の一人が付き合っていたという匿名のメールが入ります。 高木もその噂を知っていました。 ひかりに打ち明けられた樋口は、頭を抱えます。 上杉は雫に助けを求めるも、樋口を殺すことを条件に出されました。 そこで上杉は樋口に、真犯人を教えるから逃がすよう取引を持ち掛けます。 警察に内通者がいると疑っている樋口は一人で向かうと、そこには上杉の死体があったのです。 ネタバレを見る ひかりは樋口に、ECUに内通者がいると告げます。 そしてそれは石川 増田貴久 だと推測。 その夜ひかりが家に戻ると、外から砲丸を持った男の足音に気づきます。 樋口に連絡し包丁を持ちながら外を見てみると、覗き返す目と3年前の事件の録音データが流れます。 ひかりは真犯人と確信し外に出ました。 すると超音波が流れブレーカーが落ちます。 ひかりが殺されそうになった瞬間、樋口が駆け付け、助かったのです。 ひかりは、真犯人は楽しんでいると確信。 そして未希 菊池桃子 は不倫をしておらず、音声データは作られたものだと分かります。 謹慎中なのに出勤した樋口を特捜部は責めますが、石川が警察内部で署名を集め、謹慎命令は不当だと訴えたため謹慎は解かれました。 田所に呼ばれたひかりと樋口は、任意の聴取に来ていた雫と対面します。 震えるひかりは、声や背格好から雫が真犯人だと確信します。 すると樋口は雫の胸倉をつかみ、絶対捕まえると宣言。 そんなとき、本郷ホールディングスが取り仕切る工事現場で暴動が起きたと通報が入ります。 現場に向かうと大きな音がしました。 地下トンネルで崩落事故が起こったのです。 本郷ホールディングスが取り仕切る地下鉄駅の現場で、トンネルが崩落する事故が起こります。 樋口 唐沢寿明 と石川 増田貴久 はひかり 真木よう子 に連絡し、中に残っている作業員を探すことに。 ひかりが電話の音を頼りに探すと、残りの1人を発見。 そして、直後にガス爆発が起こりました。 ただ全員無事に救出されたため、ECUは安堵に包まれます。 樋口は本郷ホールディングスの現場で事故が相次いでいることを知ると、そこに雫 伊勢谷友介 が現れました。 そばにいた石川の顔は強張ります。 雫からわざわざ電話で「これから長い付き合いになりますよ」と連絡を受けていたのでした。 ひかりは内通者である石川はチームから外すと言うも、樋口はその件は自分が探ると告げたのでした。 ネタバレを見る 樋口は調べで、石川の父が勤めていた工事現場で、父の居眠りが原因で1人作業員が亡くなっていることを知ります。 そのときに来たのが上杉 手塚とおる で、石川はしつこく絡んできた上杉の部下を突き飛ばし殺してしまったのです。 弱みを握られた石川は、上杉そして雫の言いなりになるしかありませんでした。 樋口は石川を呼び出し、拳銃で樋口を打つように告げます。 石川は泣きながら拳銃を置き店を後にします。 すると石川の元に雫から連絡が入ります。 その頃、ひかりはある事実を突き止めていました。 雫は幼い頃、父の本郷 伊武雅刀 が殺人を犯したところを目撃し、翌日に母が自殺していたのです。 すると石川から「兄貴、借りを返します」と連絡が入り、樋口は急いで石川を探します。 石川は雫に「もう言いなりにはならない」と言うも、何度も殴られます。 気絶した石川が目を覚ますと、雫は鈍器を持っておりそれを振りかざしたのです。 樋口 唐沢寿明 は石川 増田貴久 を助けるために別荘に向かうと、地下室で横たわる石川を発見します。 すると後ろから雫 伊勢谷友介 が現れ銃撃戦に。 樋口の弾が雫の肩を貫通したときに強行犯係が現れ、雫を取り押さえたのでした。 雫が逮捕されたニュースが流れると、本郷 伊武雅刀 は雫が搬送された病院の院長に連絡を入れます。 その後、なんと雫は容態が急変し意識不明になったというのです。 そして、雫は隠し持っていた青酸カリで自殺をし死亡したと樋口とひかりに連絡が入り、2人はすぐに病院に向かいます。 実はそれは院長が偽装したもので、雫は地下駐車場から逃げていきました。 本郷は雫に韓国行きのチケットを渡します。 雫は本郷が人を殺しているのを見た時「父さんは嬉しそうだった」と狂ったように笑い出し、本郷は何も言えずその場を去りました。 ネタバレを見る 樋口たちが出航する雫を待ち構えていたところ、ひかりは署長室に呼び出されます。 するとなんとそこに雫の姿があったのです。 ひかりは人質に取られ、ECUに「これから橘ひかりを殺す」と入電があります。 緊急指令室に閉じこもった雫は、ひかりを鈍器で殴ろうとしました。 すると雫の腕に銃弾が貫通。 それは隠れていた樋口が撃ったものでした。 樋口ははじめから雫は逃亡せず、ひかりと自分を殺しに来ると思い署内に待機していたのでした。 樋口は雫を何度も撃ち、鈍器で殴ろうとします。 しかし鈍器は雫の顔の横に落ちます。 樋口は、雫にとって刑務所で平凡に生きるのが一番の苦痛だと思い、殺しませんでした。 そして雫を無事逮捕。 ひかりと樋口は、父と妻の事件現場でそれぞれ手を合わせます。 重体だった石川も快方に向かっていました。 雫は車を降りたところを、逃亡していた本郷に刺され死亡します。 本郷も自らを刺し「地獄で会おう」と自殺したのでした。 ECUは正式に発足となり、樋口は新たな事件現場に向かっていました。

次の