ご了承いただきたく存じます。 承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

ご了承いただきの意味と使い方・目上の人には失礼にあたるか

ご了承いただきたく存じます

気になる項目をクリック• 1.「~いただきたく存じます」の意味 「確認してほしい」の敬語表現 まずは、「~いただきたく存じます」の意味を理解するところから始めましょう。 「~いただきたく存じます」は、 複数の単語から成り立つ敬語表現です。 ここでは「ご確認いただきたく存じます」を例に、以下の表で詳しく見ていきましょう。 イメージとしては、 「~してほしいと思っているのですが…」です。 上司や目上の人、取引先やお客に対して適切なへりくだる表現として使えます。• 「いただきたく」と「頂きたく」の使い分け 何かをしてもらいたいとき、「~いただきたく存じます」の 「いただきたく」を「頂きたく」と書いてしまうのは誤りです。 漢字で「」と書くのは、食べ物や贈り物をもらう時です。 「~をしてもらう」ときは、ひらがなで書きます。 また、ひらがなで「いただきたく」は食べ物や贈り物をもらう時でも使うことが出来るので、無難な表現だと言えるでしょう。 2.「~いただきたく存じます」は敬語として正しい? ここで何となく気になってしまうのが、「~いただきたく存じます」が本当に正しいかどうかですね。 確かに上司に対する表現としてはこれ以上ないですが、心配なのは 「二重敬語になっていないか?」でしょう。 「~いただきたく存じます」は上司に対して失礼のない表現として、本当に正しいのか、詳しく見ていきましょう。• 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではない 脱線しましたが、「~いただきたく存じます」は、「~してもらう」のと「~思う」の謙譲語を合わせたものです。 しかし、 一つの単語に二つ以上の敬語表現は用いられていません。 よって、「~いただきたく存じます」は二重敬語とは言えないのです。 とはいえ、二重敬語には気をつけよう 「~いただきたく存じます」それ自体は二重敬語ではないとはいえ、安心はできません。 「お伺いいただきたく存じます」のように使うと、二重敬語になってしまいます。 理由は「訪問する」の敬語表現である「」に、敬語表現の「お」を使ってしまっているからです。 正しくは「ご訪問いただきたく存じます」と表現します。 3.「~いただきたく存じます」の使い方 「~いただきたく存じます」を使うのは、上司など自分より目上の人に「~してほしい」と頼み込む時です。 ビジネス文書やメールやプレゼン等においては、 「いただきたく存じます」のように、最初に「ご」や「お」をつけて使います。 「ご多忙のところが」と前置きをするなどして、相手に対して姿勢を低く見せることが肝心です。 ただし、二重敬語には気をつけましょう。• 「を取りたいとき」• お時間 いただきたく存じます。 「教えてほしいとき」• ご教示 いただきたく存じます。 お教え いただきたく存じます。 「送付した資料を見てもらいたいとき」• ご確認 いただきたく存じます。 ご高閲 いただきたく存じます。 「その他」• ご いただきたく存じます。 お いただきたく存じます。 ご参加 いただきたく存じます。 お断り。 一度説明させて いただきたく存じます。 4.「~いただきたく存じます」を用いる際の注意点 確かに、「~いただきたく存じます」は目上の人を丁重にもてなす表現としては適切です。 しかし、 失礼のない対応をするなら、使い方を誤ってはなりません。 ここでは、やってしまいがちな注意点を紹介します。• 〇返信 いたします。 あまり重要でない話題を振る時や相手が初対面でない場合には、「~いただきたく存じます」よりも、むしろ「~いたします」の方が適切です。 以上の例文でも、「~いたします」を使ったほうがスマートで、好印象を与えられますね。 4-2.「~をしていただきたく」のような省略表現はNG 「~をしていただきたく」のように、「存じます」を略して伝えていないでしょうか? もし心当たりがあるなら、今すぐにやめましょう。 「存じます」を省略した表現は大変失礼にあたります。 せめて「~していただきたく思います」「~していただきたく願います」のように、省略せず完結させましょう。 5.「~いただきたく存じます」の言い換え表現 ここでは、 「目上の人に何かをしてほしいとき」に便利な「~いただきたく存じます」の言い換え表現も覚えておきましょう。 言い換え表現を使いこなせば、上司や取引先からは知的に見られ好印象です。 加えて、相手に「~してほしい」時には、敬語とはいえ相手や状況によって適切な言葉は変わってきます。 状況に合わない言葉の使い方で恥をかかないためにも、しっかり覚えましょう。 5-1.~していただければ幸いです 「~いただきたく存じます」の言い換え表現として、 「~していただければ」は代表的です。 「~いただきたく存じます」と同じように、ビジネスメールや文書で「相手に何かを依頼する」ときに用いられます。 「~をしてくれるとありがたい」という意味の表現になり、「~してください」よりも柔らかい印象を与えられます。 お手数ですが、 お送り いただけますよう申し上げます。 ただし、「申し上げます」は堅苦しく、シンプルさに欠けた表現だと言えます。 くどい表現を嫌う人もおり、人によっては悪印象を与える場合がありますので注意しましょう。 そんな時は、代わりに 「~なさってください」を使うといいでしょう。 「する」の尊敬語「なさる」を、「~してください」で活用した表現です。 「~してください」よりも丁寧に伝わります。 くれぐれも お大事に なさってください。 くれぐれも ご養生 なさってください。 「~なさってください」は、おもに体調を気遣う意味合いが強い表現です。 イメージとしては 「体に気をつけてください」といった感じでしょう。 6.上司へのビジネスメールでも使える「~いただきたく存じます」の例文 それでは、本格的に「~いただきたく存じます」の「ビジネスにおいての使い方」を例文で見ていきましょう。 「~いただきたく存じます」の使い方を、5つのシーンにおける例文で見ていきます。 今回は「~いただきたく存じます」に加え言い換え表現も交えて、「目上の人に対してものを頼む表現」をマスターしましょう! 6-1.アポイントを取りたいとき• I would like to ask for your help. 意味:お願いさせて いただきたく存じます。 We would like to ask you to let us know. 意味:我々に知らせて いただきたく存じます。 We would like you to contact us immediately regarding the status of the shipment. 意味:早急に配送についてご連絡を いただきたく存じます。 なお、「like」と「to」の間に「you」など相手を指す単語を入れることもあります。 これでも一般的に使われる表現です。 ただし、使い時はビジネスメールに限られます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:ぶしつけなお願いでまことに恐縮ではございますが、を いただきたく存じます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:実際に製品を使用した後の感想などについて、お聞かせ いただきたく存じます。 そのため、 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」という表現も覚えておきましょう。 「気が乗る時でいいので」という柔らかいニュアンスの表現です。 「I would be grateful if you could ~」• I would be grateful if you could let me know when you receive the product. 意味:商品受け取り後ご一報 頂けると幸いです。 I would be grateful if you could give him some information on local conditions. 意味:彼に現地の情報を 教えてくださるよう、お願いいたします。 「Would you be willing to ~」• Would you be willing to attend the meeting? 意味:会議に出席して くださいませんか。 I am extremely interested in your research, so would you be willing to explain a little bit about it? こちらにはへりくだる意味合いは少なく、初対面でない人や同僚との会話する場合に合っているでしょう。 I apologize for the sudden changes and ask for your understanding. 意味:急な変更をおわびいたしますとともに、ご理解を いただきたく存じます。 まとめ 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではないため、そのまま用いても失礼には当たりません。 しかし、 上司を相手に使うなら、何よりも一歩譲る姿勢が大切です。 丁寧な表現を心がけながらもくどい表現は避け、乱用には気をつけましょう。 「ご検討いただきたく存じます」のように用いるのが基本的な使い方です。 英語表現では「would you like~」「could you please~」のように表現します。 海外のビジネスパートナーを相手にするときは覚えておくと便利ね。

次の

「お承りさせていただきたく存じます。」

ご了承いただきたく存じます

気になる項目をクリック• 1.「~いただきたく存じます」の意味 「確認してほしい」の敬語表現 まずは、「~いただきたく存じます」の意味を理解するところから始めましょう。 「~いただきたく存じます」は、 複数の単語から成り立つ敬語表現です。 ここでは「ご確認いただきたく存じます」を例に、以下の表で詳しく見ていきましょう。 イメージとしては、 「~してほしいと思っているのですが…」です。 上司や目上の人、取引先やお客に対して適切なへりくだる表現として使えます。• 「いただきたく」と「頂きたく」の使い分け 何かをしてもらいたいとき、「~いただきたく存じます」の 「いただきたく」を「頂きたく」と書いてしまうのは誤りです。 漢字で「」と書くのは、食べ物や贈り物をもらう時です。 「~をしてもらう」ときは、ひらがなで書きます。 また、ひらがなで「いただきたく」は食べ物や贈り物をもらう時でも使うことが出来るので、無難な表現だと言えるでしょう。 2.「~いただきたく存じます」は敬語として正しい? ここで何となく気になってしまうのが、「~いただきたく存じます」が本当に正しいかどうかですね。 確かに上司に対する表現としてはこれ以上ないですが、心配なのは 「二重敬語になっていないか?」でしょう。 「~いただきたく存じます」は上司に対して失礼のない表現として、本当に正しいのか、詳しく見ていきましょう。• 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではない 脱線しましたが、「~いただきたく存じます」は、「~してもらう」のと「~思う」の謙譲語を合わせたものです。 しかし、 一つの単語に二つ以上の敬語表現は用いられていません。 よって、「~いただきたく存じます」は二重敬語とは言えないのです。 とはいえ、二重敬語には気をつけよう 「~いただきたく存じます」それ自体は二重敬語ではないとはいえ、安心はできません。 「お伺いいただきたく存じます」のように使うと、二重敬語になってしまいます。 理由は「訪問する」の敬語表現である「」に、敬語表現の「お」を使ってしまっているからです。 正しくは「ご訪問いただきたく存じます」と表現します。 3.「~いただきたく存じます」の使い方 「~いただきたく存じます」を使うのは、上司など自分より目上の人に「~してほしい」と頼み込む時です。 ビジネス文書やメールやプレゼン等においては、 「いただきたく存じます」のように、最初に「ご」や「お」をつけて使います。 「ご多忙のところが」と前置きをするなどして、相手に対して姿勢を低く見せることが肝心です。 ただし、二重敬語には気をつけましょう。• 「を取りたいとき」• お時間 いただきたく存じます。 「教えてほしいとき」• ご教示 いただきたく存じます。 お教え いただきたく存じます。 「送付した資料を見てもらいたいとき」• ご確認 いただきたく存じます。 ご高閲 いただきたく存じます。 「その他」• ご いただきたく存じます。 お いただきたく存じます。 ご参加 いただきたく存じます。 お断り。 一度説明させて いただきたく存じます。 4.「~いただきたく存じます」を用いる際の注意点 確かに、「~いただきたく存じます」は目上の人を丁重にもてなす表現としては適切です。 しかし、 失礼のない対応をするなら、使い方を誤ってはなりません。 ここでは、やってしまいがちな注意点を紹介します。• 〇返信 いたします。 あまり重要でない話題を振る時や相手が初対面でない場合には、「~いただきたく存じます」よりも、むしろ「~いたします」の方が適切です。 以上の例文でも、「~いたします」を使ったほうがスマートで、好印象を与えられますね。 4-2.「~をしていただきたく」のような省略表現はNG 「~をしていただきたく」のように、「存じます」を略して伝えていないでしょうか? もし心当たりがあるなら、今すぐにやめましょう。 「存じます」を省略した表現は大変失礼にあたります。 せめて「~していただきたく思います」「~していただきたく願います」のように、省略せず完結させましょう。 5.「~いただきたく存じます」の言い換え表現 ここでは、 「目上の人に何かをしてほしいとき」に便利な「~いただきたく存じます」の言い換え表現も覚えておきましょう。 言い換え表現を使いこなせば、上司や取引先からは知的に見られ好印象です。 加えて、相手に「~してほしい」時には、敬語とはいえ相手や状況によって適切な言葉は変わってきます。 状況に合わない言葉の使い方で恥をかかないためにも、しっかり覚えましょう。 5-1.~していただければ幸いです 「~いただきたく存じます」の言い換え表現として、 「~していただければ」は代表的です。 「~いただきたく存じます」と同じように、ビジネスメールや文書で「相手に何かを依頼する」ときに用いられます。 「~をしてくれるとありがたい」という意味の表現になり、「~してください」よりも柔らかい印象を与えられます。 お手数ですが、 お送り いただけますよう申し上げます。 ただし、「申し上げます」は堅苦しく、シンプルさに欠けた表現だと言えます。 くどい表現を嫌う人もおり、人によっては悪印象を与える場合がありますので注意しましょう。 そんな時は、代わりに 「~なさってください」を使うといいでしょう。 「する」の尊敬語「なさる」を、「~してください」で活用した表現です。 「~してください」よりも丁寧に伝わります。 くれぐれも お大事に なさってください。 くれぐれも ご養生 なさってください。 「~なさってください」は、おもに体調を気遣う意味合いが強い表現です。 イメージとしては 「体に気をつけてください」といった感じでしょう。 6.上司へのビジネスメールでも使える「~いただきたく存じます」の例文 それでは、本格的に「~いただきたく存じます」の「ビジネスにおいての使い方」を例文で見ていきましょう。 「~いただきたく存じます」の使い方を、5つのシーンにおける例文で見ていきます。 今回は「~いただきたく存じます」に加え言い換え表現も交えて、「目上の人に対してものを頼む表現」をマスターしましょう! 6-1.アポイントを取りたいとき• I would like to ask for your help. 意味:お願いさせて いただきたく存じます。 We would like to ask you to let us know. 意味:我々に知らせて いただきたく存じます。 We would like you to contact us immediately regarding the status of the shipment. 意味:早急に配送についてご連絡を いただきたく存じます。 なお、「like」と「to」の間に「you」など相手を指す単語を入れることもあります。 これでも一般的に使われる表現です。 ただし、使い時はビジネスメールに限られます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:ぶしつけなお願いでまことに恐縮ではございますが、を いただきたく存じます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:実際に製品を使用した後の感想などについて、お聞かせ いただきたく存じます。 そのため、 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」という表現も覚えておきましょう。 「気が乗る時でいいので」という柔らかいニュアンスの表現です。 「I would be grateful if you could ~」• I would be grateful if you could let me know when you receive the product. 意味:商品受け取り後ご一報 頂けると幸いです。 I would be grateful if you could give him some information on local conditions. 意味:彼に現地の情報を 教えてくださるよう、お願いいたします。 「Would you be willing to ~」• Would you be willing to attend the meeting? 意味:会議に出席して くださいませんか。 I am extremely interested in your research, so would you be willing to explain a little bit about it? こちらにはへりくだる意味合いは少なく、初対面でない人や同僚との会話する場合に合っているでしょう。 I apologize for the sudden changes and ask for your understanding. 意味:急な変更をおわびいたしますとともに、ご理解を いただきたく存じます。 まとめ 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではないため、そのまま用いても失礼には当たりません。 しかし、 上司を相手に使うなら、何よりも一歩譲る姿勢が大切です。 丁寧な表現を心がけながらもくどい表現は避け、乱用には気をつけましょう。 「ご検討いただきたく存じます」のように用いるのが基本的な使い方です。 英語表現では「would you like~」「could you please~」のように表現します。 海外のビジネスパートナーを相手にするときは覚えておくと便利ね。

次の

ご了承いただきの意味と使い方・目上の人には失礼にあたるか

ご了承いただきたく存じます

この記事の目次• 「ご承諾いただきたく存じます」の意味・敬語 「ご承諾いただきたく存じます」は「(要望などを)受け入れてもらいたいと思います」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご承諾の意味は(要望・要求・意見などを)受け入れること 「ご承諾」のそもそもの意味は「相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること」 たとえば、 【例文】メーカー側の承諾を得る 【例文】仕様の変更を承諾する のようにして使います。 もとになる語「承諾」に尊敬語or謙譲語「お(ご)」で「ご承諾」という敬語にしています。 「自分がご承諾する」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がご承諾くださる」のであれば尊敬語としての使い方。 「お(ご)」は尊敬語と謙譲語の使い方があり、ややこしい敬語です。 敬語は以下のとおりに使用しています• 「もらう」の謙譲語「いただく(頂く)」• さらに願望の「~したい」で「いただきたい」• さらに「思う」の謙譲語「存じる」で「いただきたく存じる」• +丁寧語「ます」で 「いただきたく存じます」 これらをあわせると意味は「~してもらいたいと思う」と解釈できます。 ちなみに「頂きたく存じます」というように漢字をもちいても、「いただきたく存じます」というように平仮名をもちいてもOK。 ご承諾いただきたく存じます の意味は「(要望などを)受け入れてもらいたいと思います」 これまでの解説から「ご承諾いただきたく存じます」の意味は… 「(要望などを)受け入れてもらいたいと思います」 というように解釈できます。 ここで使う謙譲語「お(ご)~いただく」は「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。 覚えておくと本当に役立ちます。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがちですのでご注意を。 「(要望などを)受け入れてほしい!」と覚えておけばよい 「ご承諾」「いただきたく」「存じます」などという堅苦しい敬語をつかっていますが… ようは「(要望などを)受け入れてほしい!!」という意味です。 「(要望などを)受け入れてほしい!」をすご~く丁寧にした敬語が「ご承諾いただきたく存じます」なのですね。 「ご承諾いただきたく存じます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご承諾いただきたく存じます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる語 「承諾」• さらに願望の「~したい」で 「ご承諾いただきたい」• さらに「思う」の謙譲語「存じる」で 「 ご承諾いただきたく存じる」• +丁寧語「ます」で 「 ご承諾いただきたく存じます」 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「承諾」に謙譲語「お・ご」で 「ご承諾」• さらに「もらう」の謙譲語「いただく」をくっつけて 「ご承諾いただく」• さらに願望の「~したい」で 「ご承諾いただきたい」• さらに「思う」の謙譲語「存じる」で 「ご承諾いただきたく存じる」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。 文章のバランスを考えて使い分けしましょう。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 「ご承諾いただきたく存じます」使い方・ビジネスメール例文 つづいて「ご承諾いただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文でご紹介します。 文字どおり目上や上司・社外取引先に「(要望などを)受け入れてほしい」と言いたいときに使えます。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズにしていますのでご参考にどうぞ。 転職・ノマドでございます。 昨今の原材料価格高騰およびユーティリティーコストの上昇がおもな背景となっております。 つきまして、貴社にてご使用いただいております「製品名:エチレンAB」につきましても下記のとおり価格を改定させていただきたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 まぁようするに「(要望などを)受け入れてほしい!」というシーンであればたいていは使えます。 転職・ノマドでございます。 このたび、弊社では製品規格のグローバル統一化をめざし、iPhone10における製品仕様を下記のとおり変更いたしたく存じます。 以上 ご不明な点等ございましたら何なりとお申し付けください。 突然のお願いにて大変恐れ入りますが、 どうか ご承諾いただきたく存じます。 よろしくお願い申し上げます。 こんな感じでビジネスメールに使うと丁寧ですね。 まぁようするに「(要望などを)受け入れてほしい!」というシーンであればたいていは使えます。 前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めを丁寧にするためのコツ。 前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますが、ご承諾~」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご承諾~」 「たびたび恐縮ではございますが、ご承諾〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますが、ご承諾〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご承諾〜」 「たびたび恐れ入りますが、ご承諾〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますが、ご承諾〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますが、ご承諾〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますが、ご承諾〜」 「ご承諾 vs ご了承」違い ここで少し横道にそれます。 「 ご承諾いただきたく存じます」と似たような表現には 「 ご了承いただきたく存じます」があります。 「 承諾」の意味は… 相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること 【例】メーカー側の承諾を得る 【例】仕様の変更を承諾する• 「 了承」の意味は… 事情をくんで納得すること。 承知すること。 【例】メーカー側の了承を得る 【例】仕様の変更を了承する ということで、 どちらもほとんど同じ意味であり、似たような使い方をします。 「ご了承・ご承諾いただきたく存じます」はどちらも同じ意味 で結局のところ… 「ご了承いただきたく存じます」vs「ご承諾いただきたく存じます」はどちらもほとんど同じ意味であり、使い方もほぼ一緒です。 ビジネスシーンで使い分けする必要はないと思いますね。 どちらかお好みのほうをお使いください。 「ご承諾」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご承諾いただきたく存じます」だけでなく、いろいろ使える「ご承諾」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 すでに登場した例文もありますが、いちおう全てをまとめておきます。 自分が「承諾する」ときに使える敬語 「ご承諾いただきたく存じます」だけじゃない「ご承諾」の使い方 自分が「(要望などを)受け入れます!」と言いたいときには…• ここで(ご・お)というように( )書きにしているのは、あってもなくても敬語としては丁寧だからです。 ちなみに敬語「ご承諾いたします」は自分が「(要望などを)受け入れる」ときにつかいます。 相手に「(要望などを)受け入れてもらう」としたいときには… 「ご承諾いただく=(要望などを)受け入れてもらう」 「ご承諾くださる=(要望などを)受け入れてくれる」 という敬語をつかいます。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご承諾」 ビジネスシーンにふさわしい「ご承諾」の使い方 何かしら目上や上司・取引先に「(要望などを)受け入れてほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「 ご承諾くださいますようお願い申し上げます」 意味は「(要望などを)受け入れてくれるようお願いします」• 例文「 ご承諾をお願い致します」 意味は「(要望などを)受け入れてほしい、お願いします」• 例文「 ご承諾いただきますようお願い申し上げます」 意味は「(要望などを)受け入れてもらうようお願いします」• 例文「 ご承諾賜りますようお願い申し上げます」 意味は「(要望などを)受け入れてもらうようお願いします」• 例文「 ご承諾の程お願い申し上げます」 意味は「(要望などを)受け入れてくれるよう、お願いします」• 例文「 ご承諾いただければ幸いです」 意味は「(要望などを)受け入れてもらえたら嬉しいです」• 例文「 ご承諾いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「(要望などを)受け入れてもらいたいと思います」• 例文「 ご承諾いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「(要望などを)受け入れてもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご承諾いただければ幸いです」「ご承諾賜りますようお願い申し上げます」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「(要望などを)受け入れてね!よろしく」という意味なのです。 お礼メールに使う「ご承諾」 ビジネスシーンにふさわしい「ご承諾」の使い方 あとは何かしらに(要望などを)受け入れてもらったときの、お礼ビジネスメールにも使えます。 たとえば、• 例文「 ご承諾ありがとうございます」 例文「 ご承諾いただきありがとうございます」 例文「 ご承諾いただきましてありがとうございました」 例文「 ご承諾賜りましてありがとうございました」 例文「 ご承諾くださいましてありがとうございました」 のようにビジネスメール書き出しの挨拶にお礼として使うと丁寧です。 まぁ、ようするに「(要望などを)受け入れてくれてありがとう!」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご承諾くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご承諾くださいますよう お願いいたします」「ご承諾くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご承諾くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 ほかにも色々ある「ご承諾」の例文 敬語の種類というのは本当にいろいろあります。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の