ブラザープリンターアプリ。 スマートデバイス向けアプリ紹介

Brother iPrint&Scan pc ダウンロード

ブラザープリンターアプリ

スポンサーリンク ブラザーのプリンターでスマホから年賀状を印刷するには まず、スマホからプリンターに直接年賀状を印刷するためには、プリンターとスマホを無線LANで接続し、スマホからWi-Fi経由で印刷できるよう設定が必要です。 Wi-Fi接続には2通りの方法があります。 スマホとプリンターを無線LANで接続する方法は2つ• Wi-Fi(無線LAN)環境あり(Wi-Fiルーターがある)• プリンターとスマホを家のWi-Fiネットワークに接続する• プリンターアプリをインストールしスマホから印刷する• Wi-Fi環境なし• Wi-Fi Direct(ダイレクト)でプリンターとスマホを無線接続する• プリンターアプリをインストールしスマホから印刷する 同じWi-Fiネットワークに繋いだプリンター、スマホからプリントできます。 ブラザープリンターの無線LAN(ラン)接続方法 プリンター液晶パネルの「WiFi」ボタンを押して、Wi-Fi設定画面に移ります。 無線LANの設定方法を選択します。 例では、「無線接続ウィザード」を選択して説明していきます。 「無線LANをオンにしますか?有線LAN接続が無効となります。 設定を続けますか?」というメッセージが表示されますが、そのまま「はい」で進みます。 アクセスポイント選択画面から、Wi-FiルーターのSSID(ネットワーク名)を選択し「OK」を押します。 なお、ブラザープリンターからは周波数帯2. 4GHzでの無線LAN接続となりますので、5GHz帯のSSIDは出てきません。 Wi-Fiのパスワードを入力します。 数字は右下の英数字切り替えで行えますので入力したら「OK」を選択します。 ネットワークキー=Wi-Fiパスワード(暗号化キー) 「接続しました」と出たら、ブラザープリンターと無線LAN接続は成功したので、設定は完了となります。 ブラザープリンターと無線LAN接続が成功していると、「青い無線のマーク」が表示されている状態となります。 iPhoneとブラザープリンターを同じWi-Fiネットワークに接続する プリンターで設定したWi-Fiネットワークと同じであればOKです。 なお、プリンターは2. 4GHz帯での接続ですが、iPhone、iPad側が5GHz帯接続でも問題ありません。 ブラザープリンターとスマホをWi-Fiダイレクトで接続する Wi-Fiルーターがない、Wi-Fiネットワーク接続がうまくいかなかった場合にはWi-FiダイレクトでプリンターとiPhoneなどを接続する方法もあります。 Wi-Fiダイレクトとは簡単にいうとプリンターとWi-Fi端末を直接接続できる無線LAN方式です。 Wi-Fi接続可能な端末ならスマホだけでなくノートパソコンやデジカメなどからも直接印刷ができます。 ブラザープリンターWi-Fiダイレクト設定方法• アイコン「設定」をタップ• 「全てのメニュー」をタップ• 「ネットワーク」をタップ• 「Wi-Fi Direct」をタップ• 「グループオーナー」をタップ• 「グループオーナー」を「オン」に設定• 「手動設定」をタップ• wi-fiダイレクト接続用の「SSID」と「パスワード」が表示される この名前は、プリンターの機種によって変わります。 PASS:XXXXXXXXX この画面が表示された状態で、次にiPhone側でWi-Fiダイレクト接続を行います。 iPhoneでブラザープリンターのWi-Fiダイレクト接続方法 「設定」アイコンをタップし、「Wi-Fi」を選び、「Wi-Fi選択画面に」 ブラザープリンダー Wi-Fiダイレクトで表示されたSSIDを選択し、パスワードを入力して「接続」をタップ iPhoneからWi-Fiダイレクトで接続されると、ブラザープリンター側に「接続しました」と表示されるので、これで、Wi-Fiダイレクト接続ができた状態となります。 ブラザープリンターアプリから年賀状を印刷する方法• 同じWi-Fi環境でプリンターとスマホを接続ができている• Wi-Fiダイレクトでプリンターとスマホを接続ができている まずは、どちらかのやり方で、 プリンターとスマホが無線LAN接続できていることが前提です。 ブラザープリンターアプリをインストール ブラザー公式のプリンターアプリ(無料)をインストールします。 プリンターアプリ起動 まず、プリンター機種を選択します。 「製品が未選択です」をタップすると、無線LANで接続されたプリンターが検索されます。 プリンターを選択し、「<戻る」をタップ、プリンターが選択された状態になります。 iPhone内の年賀状データをプリンターアプリからプリント• 「プリント」を選択• 「写真」を選択 プリンターアプリで用紙サイズをハガキサイズに変更する• iPhoneの「カメラロール」から印刷したい年賀状データを選択• 用紙サイズが「L判」ですので、ハガキサイズに変更するよう「設定ボタン」をタップ プリント設定から用紙サイズなどを変更します。 「用紙サイズ」をハガキに• 用紙種類を光沢紙またはインクジェット紙に• ふちなしのON,OFF プリンターにハガキをセットし、プリンターアプリから「プリント」で印刷開始です。 ちなみに、ブラザープリンターDCP-J978Nでは、ハガキを印刷する場合の用紙の向きは、宛名面を上、通信面が下向きになります。 ブラザープリンターとスマホをWi-Fi接続して年賀状をアプリから印刷する方法まとめ 以上、ブラザープリンターとスマホを無線LAN接続して年賀状をブラザー公式のプリンターアプリからハガキ印刷する方法を解説しました。 Wi-FiルーターなくてもWi-Fiダイレクト接続でスマホから直接印刷ができますので、参考になれば幸いです。

次の

【インクジェット プリンター】NewSoftCDLabeler(レーベルPCプリント用ソフトウェア)のインストールができません|ブラザー

ブラザープリンターアプリ

スポンサーリンク ブラザーのプリンターでスマホから年賀状を印刷するには まず、スマホからプリンターに直接年賀状を印刷するためには、プリンターとスマホを無線LANで接続し、スマホからWi-Fi経由で印刷できるよう設定が必要です。 Wi-Fi接続には2通りの方法があります。 スマホとプリンターを無線LANで接続する方法は2つ• Wi-Fi(無線LAN)環境あり(Wi-Fiルーターがある)• プリンターとスマホを家のWi-Fiネットワークに接続する• プリンターアプリをインストールしスマホから印刷する• Wi-Fi環境なし• Wi-Fi Direct(ダイレクト)でプリンターとスマホを無線接続する• プリンターアプリをインストールしスマホから印刷する 同じWi-Fiネットワークに繋いだプリンター、スマホからプリントできます。 ブラザープリンターの無線LAN(ラン)接続方法 プリンター液晶パネルの「WiFi」ボタンを押して、Wi-Fi設定画面に移ります。 無線LANの設定方法を選択します。 例では、「無線接続ウィザード」を選択して説明していきます。 「無線LANをオンにしますか?有線LAN接続が無効となります。 設定を続けますか?」というメッセージが表示されますが、そのまま「はい」で進みます。 アクセスポイント選択画面から、Wi-FiルーターのSSID(ネットワーク名)を選択し「OK」を押します。 なお、ブラザープリンターからは周波数帯2. 4GHzでの無線LAN接続となりますので、5GHz帯のSSIDは出てきません。 Wi-Fiのパスワードを入力します。 数字は右下の英数字切り替えで行えますので入力したら「OK」を選択します。 ネットワークキー=Wi-Fiパスワード(暗号化キー) 「接続しました」と出たら、ブラザープリンターと無線LAN接続は成功したので、設定は完了となります。 ブラザープリンターと無線LAN接続が成功していると、「青い無線のマーク」が表示されている状態となります。 iPhoneとブラザープリンターを同じWi-Fiネットワークに接続する プリンターで設定したWi-Fiネットワークと同じであればOKです。 なお、プリンターは2. 4GHz帯での接続ですが、iPhone、iPad側が5GHz帯接続でも問題ありません。 ブラザープリンターとスマホをWi-Fiダイレクトで接続する Wi-Fiルーターがない、Wi-Fiネットワーク接続がうまくいかなかった場合にはWi-FiダイレクトでプリンターとiPhoneなどを接続する方法もあります。 Wi-Fiダイレクトとは簡単にいうとプリンターとWi-Fi端末を直接接続できる無線LAN方式です。 Wi-Fi接続可能な端末ならスマホだけでなくノートパソコンやデジカメなどからも直接印刷ができます。 ブラザープリンターWi-Fiダイレクト設定方法• アイコン「設定」をタップ• 「全てのメニュー」をタップ• 「ネットワーク」をタップ• 「Wi-Fi Direct」をタップ• 「グループオーナー」をタップ• 「グループオーナー」を「オン」に設定• 「手動設定」をタップ• wi-fiダイレクト接続用の「SSID」と「パスワード」が表示される この名前は、プリンターの機種によって変わります。 PASS:XXXXXXXXX この画面が表示された状態で、次にiPhone側でWi-Fiダイレクト接続を行います。 iPhoneでブラザープリンターのWi-Fiダイレクト接続方法 「設定」アイコンをタップし、「Wi-Fi」を選び、「Wi-Fi選択画面に」 ブラザープリンダー Wi-Fiダイレクトで表示されたSSIDを選択し、パスワードを入力して「接続」をタップ iPhoneからWi-Fiダイレクトで接続されると、ブラザープリンター側に「接続しました」と表示されるので、これで、Wi-Fiダイレクト接続ができた状態となります。 ブラザープリンターアプリから年賀状を印刷する方法• 同じWi-Fi環境でプリンターとスマホを接続ができている• Wi-Fiダイレクトでプリンターとスマホを接続ができている まずは、どちらかのやり方で、 プリンターとスマホが無線LAN接続できていることが前提です。 ブラザープリンターアプリをインストール ブラザー公式のプリンターアプリ(無料)をインストールします。 プリンターアプリ起動 まず、プリンター機種を選択します。 「製品が未選択です」をタップすると、無線LANで接続されたプリンターが検索されます。 プリンターを選択し、「<戻る」をタップ、プリンターが選択された状態になります。 iPhone内の年賀状データをプリンターアプリからプリント• 「プリント」を選択• 「写真」を選択 プリンターアプリで用紙サイズをハガキサイズに変更する• iPhoneの「カメラロール」から印刷したい年賀状データを選択• 用紙サイズが「L判」ですので、ハガキサイズに変更するよう「設定ボタン」をタップ プリント設定から用紙サイズなどを変更します。 「用紙サイズ」をハガキに• 用紙種類を光沢紙またはインクジェット紙に• ふちなしのON,OFF プリンターにハガキをセットし、プリンターアプリから「プリント」で印刷開始です。 ちなみに、ブラザープリンターDCP-J978Nでは、ハガキを印刷する場合の用紙の向きは、宛名面を上、通信面が下向きになります。 ブラザープリンターとスマホをWi-Fi接続して年賀状をアプリから印刷する方法まとめ 以上、ブラザープリンターとスマホを無線LAN接続して年賀状をブラザー公式のプリンターアプリからハガキ印刷する方法を解説しました。 Wi-FiルーターなくてもWi-Fiダイレクト接続でスマホから直接印刷ができますので、参考になれば幸いです。

次の

brotherプリンターアプリ「Brother iPrint&Scan」のダウンロード・インストール、使い方

ブラザープリンターアプリ

お手持ちのAndroid端末から直接無線LAN内にあるブラザープリンタや複合機で簡単に写真・文書・ウェブページを印刷したり文書をスキャンしたりすることができるようになります。 Googleアカウントをお持ちであれば外出中など無線LANに接続していなくてもどこからでもプリントすることが可能です。 対応機種に関しては弊社ホームページをご覧ください。 HVGA(320X480ピクセル)以上の画面サイズに対応しております。 【プリント設定】 - 用紙のサイズ - L判 A4 A3 B5 B4 ハガキ 4" x 6" 10 x 15cm Letter Legal Ledger - 用紙の種類 - 光沢紙 普通紙 - 印刷枚数 - 5枚まで 設定できる内容は機種や機能によって異なります。 【スキャン設定】 - 原稿のサイズ - A4 A3 B5 B4 L判 名刺 55 x 91mm 4" x 6" 10 x 15cm Letter Legal Ledger - カラー設定 - カラー カラー(高速) モノクロ 注 設定できる内容は機種や機能によって異なります。 Microsoft, Excel および PowerPoint は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。 プリント, 印刷, プリンタ, スキャン, スキャナ, フォト, 写真, 画像, 複合機, 書類, ドキュメ アクセス権限• ネットワークに関する情報にアクセス• Wi-Fi ネットワークに関する情報にアクセス• ペアリングされた Bluetooth デバイスに接続• Bluetooth デバイスを検出してペアリング• Wi-Fi 接続状態を変更• ネットワーク接続状態を変更• アカウントサービスのアカウントのリストにアクセス• ネットワークソケットを開く• NFC を介して直接通信• ユーザーの連絡先データを読み取る• 外部ストレージから読み取り• 外部ストレージに書き込む• アプリケーションがユーザーの閲覧履歴およびブックマークを書き込むことができます(しかし、読み取ることはできません)• アプリケーションがユーザーの閲覧履歴およびブックマークを読み取る(書き込みは不可)ことができるようにする.

次の