うつろひたる菊 品詞分解。 高等学校古典B/蜻蛉日記

紫式部日記『若宮誕生(水鳥の足)』解説・品詞分解(2)

うつろひたる菊 品詞分解

その方面。 あなた。 心寄せ=名詞、期待を寄せること、あてにすること おぼし=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連用形。 「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である藤原道長を敬っている。 作者からの敬意。 どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。 中務の宮に関することに、(道長殿は)ご熱心で、(私のことを)そちらに心を寄せているものとお思いになって、 語らは せ 給ふも、まことに心の中には思ひ居 たること 多かり。 せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。 「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。 「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である藤原道長を敬っている。 作者からの敬意。 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語 たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 多かり=ク活用の形容詞「多し」の終止形。 「多かり」は活用表で判断すると連用形であり、終止形ではないはずだが、このように終止形として使うことがある。 同様の例外として「同じ(シク活用)」が存在する。 例:「同じ(連体形)/顔(名詞)」 (私に)お話になるのにつけても、本当に(私の)心の中には思案していることが多くある。 行幸 みゆき 近くなり ぬとて、殿の内を、いよいよつくりみがか せ 給ふ。 「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。 「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である藤原道長を敬っている。 作者からの敬意。 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の終止形、尊敬語 (一条天皇の)行幸が近くなったということで、屋敷の中を、いっそう手入れをして立派になさる。 よに おもしろき菊の根を、尋ね つつ掘りて 参る。 よに(世に)=副詞、実に、非常に、はなはだ。 参る=ラ行四段動詞「参る」の終止形、「行く」の謙譲語。 動作の対象である藤原道長、あるいは中宮彰子を敬っている。 作者からの敬意。 (人々は)実にすばらしい菊の根を、探し求めては掘って持って参上してくる。 色々 うつろひ たるも、黄なるが見所あるも、様々に植ゑたて たるも、朝霧の絶え間に見わたし たるは、 うつろひ=ハ行四段動詞「移ろふ(うつろふ)」の連用形、色あせる、衰える。 色が変わる。 移動する。 時間が過ぎる たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形。 残り二つの「たる」も同じ。 色とりどりに色変わりした菊も、黄色で見所のある菊も、さまざまに植えこんである菊も、朝霧の絶え間に見渡した景色は、 げに 老いも しぞき ぬ べき心地するに、なぞ や。 げに(実に)=副詞、なるほど、実に、まことに。 本当に しぞき=カ行四段動詞「退く(しぞく)」の連用形。 しりぞく、後退する。 ぬ=強意の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形。 「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる べき=推量の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 ㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。 や=疑問の係助詞 実に老いも退きそうな気持ちがするのに、なぜだろうか。 (私のように物思いをすることが多い身には素直に喜べない。 ) まして、思ふことの少しも なのめなる身 なら ましか ば、 なのめなる=ナリ活用の形容動詞「なのめなり」の連体形、並々だ、並ひととおりだ、普通だ。 いいかげんだ、おろそかだ。 なら=断定の助動詞「なり」の未然形、接続は体言・連体形 ましか=反実仮想の助動詞「まし」の未然形、接続は未然形。 反実仮想とは事実に反する仮想である。 」=「もしAだったならば、Bだっただろうに。 まして、(私が)物思いをすることが少しでも普通の身であったら、 すきずきしく も もてなし若やぎて、常なき世をも 過ぐし て まし。 すきずきしく=シク活用の形容詞「好き好きし」の連用形、風流だ、風流好みだ。 好色だ、物好きだ。 もてなし=サ行四段動詞「もてなす」の連用形、取り扱う、処置する。 ふるまう。 饗応する 過ぐし=サ行四段動詞「過ぐす」の連用形 て=強意の助動詞「つ」の未然形、接続は連用形。 「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる まし=反実仮想の助動詞「まし」の終止形、接続は未然形。 さきほどの「ましかば」を受けてのものである。 (いっそのこと)風流にもふるまい、若々しくなって、無常なこの世をも過ごしただろうに。 めでたき こと、おもしろき事を見聞くにつけても、ただ思ひかけ たり し心のひく方のみ強くて、 めでたき=ク活用の形容詞「めでたし」の連体形、みごとだ、すばらしい。 魅力的だ、心惹かれる。 たり=存続の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形 し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 すばらしいことや、面白いことを見聞きするにつけても、ただ思いつめた心に引きつける方ばかりが強くて、 もの憂く 、 思はずに、嘆かしき事の まさる ぞ、いと 苦しき。 もの憂く=ク活用の形容詞「もの憂し」の連用形、なんとなくいやだ、にくい、気に食わない、つらい。 「もの」は接頭語で「なんとなく」と言った意味がある。 思はずに=ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形、意外だ、思いがけない。 心外だ、気に入らない。 まさる=ラ行四段動詞「増さる・勝る(まさる)」の連体形、増える、強まる。 すぐれる、勝る。 ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 苦しき=シク活用の形容詞「苦し」の連体形。 係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。 係り結び。 なんとなく憂鬱で、思いがけず、嘆かわしいことが多くなるのは、とてもつらい。 いかで 、今は なほ、もの忘れ し な む、思ひがひもなし、罪も深かりなど、 いかで=副詞、(反語・疑問で)どうして、どのようにして、どういうわけで。 どうにかして、なんとかして。 なほ=副詞、やはり。 さらに。 それでもやはり。 し=サ変動詞「す」の連用形、する。 な=強意の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形。 「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる。 む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 思ひがひもなし=思っても意味のないことだ 甲斐なし(かひなし)=ク活用の形容詞、どうしようもない、効果がない、むだだ どうにかして、今はやはり、何もかも忘れてしまおう、思っても意味のないことだ、(こんなことでは)罪も深いことであるなどと、 明けたて ば、うちながめて、水鳥どもの思ふこと なげに遊び合へ るを見る。 なげに=ナリ活用の形容動詞「無げなり」の連用形、なさそうだ。 いいかげんだ。 る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 夜が明けると、ぼんやりと外を眺めて、水鳥たちが物思いすることもなさそうに遊び合っているのを見る。 水鳥を 水の上とや よそに見む 我も浮きたる 世を過ぐしつつ や=反語・疑問の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 む=推量の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。 係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 ㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。 水鳥を水の上(で物思いもせずに遊んでいる)と自分とは関係のないよそごとだと見ようか。 (いや、そのように見はしない)。 私も(水鳥と同じように)水に浮いたような不安で落ち着かない日々を送っているのだよ。 かれ も、 さ こそ心をやりて遊ぶと 見ゆれ ど、 彼(かれ)=名詞、あれ。 あの人 さ=副詞、そう、その通りに、そのように。 こそ=強調の係助詞。 結びは已然形となるが、係り結びの消滅が起こっている。 本来の結びは「見ゆれ」の部分であるが、接続助詞「ど」が来ているため、結びの部分が消滅してしまっている。 これを「係り結びの消滅(流れ)」と言う。 「見ゆれ」は已然形だが、これは「ど」を受けてのものである。 心を遣る=気晴らしする。 得意になる、自慢する。 見ゆれ=ヤ行下二段動詞「見ゆ」の已然形、見える、分かる。 「ゆ」には「受身・自発・可能」の意味が含まれていたり、「見ゆ」には多くの意味がある。 ど=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 あの水鳥も、あのように思うまま自由に遊んでいると見えるけれど、 身はいと 苦しかん なりと、 思ひよそへ らる。 苦しかん=シク活用の形容詞「苦し」の連体形が音便化したもの なり=推定の助動詞「なり」の終止形、接続は終止形(ラ変は連体形)。 直前に連体形が来ているためこの「なり」には「断定・存在・推定・伝聞」の四つのどれかと言うことになる。 しかし、直前に音便化したものや無表記化したものがくると「推定・伝聞」の意味の可能性が高い。 さらに、近くに音声語(音や声などを表す言葉)が無い場合には、「伝聞」の意味になりがち。 なぜなら、この「なり」の推定は音を根拠に何かを推定するときに用いる推定だからである。 思ひよそへ=ハ行下二段動詞「思ひよそふ」の未然形 寄そふ・比そふ(よそふ)=ハ行下二段動詞、なぞらえる、比べる。 関係づける、かこつける。 らる=自発の助動詞「らる」の終止形、接続は未然形。 「る・らる」は「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があり、「自発」の意味になるときはたいてい直前に「心情動詞(思う、笑う、嘆くなど)・知覚動詞(見る・知るなど)」があるので、それが識別のポイントである。 自発:「~せずにはいられない、自然と~される」 その身はたいそう苦しいのだろうと、(自分自身と)思い比べずにはいられない。

次の

蜻蛉日記町の小路の女うつろひたる菊品詞分解現代語訳

うつろひたる菊 品詞分解

これより、夕さりつ方、「内裏に のがるまじかりけり 【注1】。 」とて 出づる 【注2】に、 心得で 【注3】、人をつけて 見すれ 【注4】ば、「町小路 なる 【注5】そこそこになむ、 とまり給ひぬる 【注6】。 」とて 来たり 【注7】。 さればよ 【注8】と、 いみじう 【注9】 心憂し 【注10】と思へども、 言はむ 【注11】やうも 知らで 【注12】あるほどに、二、三日ばかりありて、暁方に、門をたたくときあり。 さ 【注13】 なめり 【注14】と思ふに、 憂く 【注15】て、 開けさせね 【注16】ば、 例の 【注17】家と おぼしき 【注18】所に ものしたり 【注19】。 重要な品詞と語句の解説 語句【注】 品詞と意味 1 のがるまじかりけり ラ行下二段動詞「のがる」の終止形+不可能推量の助動詞「まじ」の連用形+詠嘆の助動詞「けり」の終止形。 意味は「逃れることができないのだよ」。 2 出づる ダ行下二段動詞「出づ」の連体形。 3 心得で ア行下二段動詞「心得(こころう)」の未然形+打消の接続助詞「で」。 意味は「納得いかないで」。 4 見すれ サ行下二段動詞「見す」の已然形。 意味は「見せる」。 5 なる 存在の助動詞「なり」の連体形。 意味は「~にある」。 6 とまり給ひぬる ラ行四段動詞「とまる」の連用形+ハ行四段活用の補助動詞「給ふ」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の連体形。 意味は「お停まりなさった」。 「給ひ」は尊敬語で、 兼家に対する敬意。 7 来たり カ変動詞「来(く)」の連用形+完了の助動詞「たり」の終止形。 意味は「来た」。 8 さればよ 連語。 意味は「思ったとおりだ・案の定だ」。 9 いみじう シク活用の形容詞「いみじ」の連用形。 意味は「たいそう」。 「いみじ う」は「いみじ く」がウ音便化している。 10 心憂し ク活用の形容詞「心憂し」の終止形。 意味は「つらい」。 11 言はむ ハ行四段動詞「言ふ」の未然形+婉曲の助動詞「む」の連体形。 意味は「言うような」。 「む(ん)」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 12 知らで ラ行四段動詞「知る」の未然形+。 打消の接続助詞「で」。 意味は「知らないで」。 13 さ 副詞。 意味は「そう・そのように」。 14 なめり 断定の助動詞「なり」の連体形+推定の助動詞「めり」の終止形。 意味は「~であるようだ」。 「なめり」は、「なるめり」が「なんめり」が撥音便化して、「なめり」と表記したもの。 15 憂く ク活用の形容詞「憂し」の連用形。 意味は「つらい」。 16 開けさせね カ行下二段動詞「開く」の未然形+使役の助動詞「さす」の未然形+打消の助動詞「ず」の已然形。 意味は「開けさせない」。 17 例の 連語。 意味は「いつもの」。 18 おぼしき シク活用の形容詞「おぼし」の連体形。 意味は「思われる」。 19 ものしたり サ変動詞「ものす」の連用形+完了の助動詞「たり」の終止形。 意味は「行ってしまった」。 ここ(私の所)から、夕方に(夫・兼家が)「宮中に(用事があって)逃れることができないだよ。 」と言って、出て行った時に、納得いかないので、人を付けて観察させたところ、「町小路にあるどこそこという所に、車をお停めなさった。 」と(報告して)来た。 「思ったとおりだ。 」と(思い)、たいへんつらいと思ったけれど、(夫に文句を)伝えるようなすべを知らないでいるうちに、二、三日ぐらいたった、夜明け前ごろに、家の門を叩く時があった。 そうであるようだ(夫が帰ってきたようだ)と思って、つらくて、門を開けさせないでいたところ、いつもの家と思われる所に行ってしまった。 いかがでしたでしょうか。 この箇所で特に重要な文法事項は次の通りです。

次の

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 解説・品詞分解

うつろひたる菊 品詞分解

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら さて、九月(ながつき)ばかりになりて、出でに たるほどに、箱のあるを、手まさぐりに開けてみれば、 人のもとにやらむとしける文あり。 さて、九月ごろになって、(作者の夫の兼家が)出て行ってしまった時に、文箱があるのを手慰みに開けて見ると、他の女のもとに届けようとした手紙がある。 あさましさに見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。 意外なことだとあきれて(自分が)見てしまったということだけでも(夫の兼家に)知られようと思って、書きつける。 うたがはし ほかに渡せる ふみ見れば ここやとだえに ならむとすらん 疑わしいことです。 他の女性に送る手紙を見ると、ここへ(あなたが訪れること)は、途絶えようとしているのでしょうか。 など思ふほどに、むべなう、十月(かみなづき)つごもり方(がた)に、三夜(みよ)しきりて見えぬときあり。 などと思ううちに、思った通り、十月の末ごろに三晩続けて来ないときがあった。 つれなうて、「しばし試みるほどに。 」など気色(けしき)あり。 (それにもかかわらず、夫の兼家は)素知らぬ顔で、「しばらく(あなたの気持ちを)試しているうちに。 」などというそぶりである。 これより、夕さりつ方(かた)、「内裏(うち)に、逃るまじかりけり。 」とて出づるに、 ここ(私の家)から、夕方ごろ、「内裏(宮中)に断れそうにない用事があるのだ。 」と(夫の兼家が)出かけるので、 心得で、人をつけて見すれば、「町小路(まちのこうじ)なるそこそこになむ、止まりたまひぬる。 」とて来たり。 (私は)納得できず(おかしいと思って)、召し使いの者をつけて見させると、「町の小路にあるどこそこに、お止まりになりました。 」と(召し使いの者は)言って帰って来た。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二、三日(ふつかみか)ばかりありて、暁方(あかつきがた)に、門をたたくときあり。 思った通りだと、たいそう嘆かわしいと思うけれども、言いようも分からないでいるうちに、二、三日ほどして、明け方に門をたたくときがあった。 さなめりと思ふに、憂くて開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 その(夫の兼家が訪れて来た)ようだと思うと、気に食わなくて、(門を)開けさせないでいると、例の家(町の小路の女の家)と思われるところに行ってしまった。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 翌朝、そのままにしてはおくまいと思って、 嘆きつつ ひとり寝(ぬ)る夜の あくる間は いかに久しき ものとかは知る 嘆きながら一人で寝る夜が明けるまでの間は、どんなに長いものか分かりますか。 (いえ、分からないでしょう。 と、例よりはひき繕ひて書きて、移ろひたる菊に挿したり。 と、いつもよりは注意を払って書いて、色あせた菊に挿し(て手紙を送っ)た。 返り言、「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの、来合ひたりつればなむ。 いと理(ことわり)なりつるは。 返事は、「夜が明けるまで待とうと試みたけれど、急用の召使の者が、来合わせたので。 (あなたのお怒りも)まことにもっともなことである。 げにやげに 冬の夜ならぬ まきの戸も おそくあくるは わびしかりけり」 まことにまことに、(冬の夜はなかなか明けないものであるが、)冬の夜ではない真木の戸も遅く開くのを待つのはつらいことですよ。 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 それにしても、たいそう不思議なほど、(兼家は)何気ないふりをしている。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、 しばらくは、(本来、他の女のもとに通うのを)隠している様子で、「宮中に。 」などと言っているべきなのに、 いとどしう心づきなく思ふことぞ限りなきや。 ますます激しく不愉快に思うことはこの上ないことよ。 lscholar.

次の