あやしい彼女歌。 多部未華子の歌が上手い?映画『あやしい彼女』共演者も「多才だな」

『あやしい彼女』感想…「彼女」はあの人だからこそ輝く : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

あやしい彼女歌

ストーリー [ ] 70歳のオ・マルスン(ナ・ムニ)は頑固で世話焼きなお婆さん。 マルスンの元奉公人で男やもめのパク氏()と共にで働くマルスンは、女手一つで育て上げた一人息子の大学教授ヒョンチョル(ソン・ドンイル)、姑恐怖症の嫁エジャ(ファン・ジョンミン)、そっちのけでに没頭する売れないの孫息子ジハ()、中にもかかわらず呑気な孫娘ハナ()に囲まれ、騒がしい毎日を送っていた。 ある夜、マルスンはふと目に止まった写真館に入り、記念写真を撮影する。 店を出たマルスンは、自分が20歳の頃の姿に戻っていることを知って驚愕。 写真館に飾ってあったの名前をもじって「オ・ドゥリ」()と名乗ることにしたマルスンは、若返った姿に戸惑いつつもなんとか生きる術を得ていく。 歌が得意なドゥリは、勤めていたカフェのステージで歌を披露する。 その歌声に心を打たれたジハは、自分がリーダーを務める「半地下バンド」で歌ってくれないかとドゥリに頼む。 孫の頼みに絆されたドゥリは渋々承諾し、バンドのメインボーカルとして音楽活動を始める。 カフェに居合わせたTV局プロデューサーのハン・スンウ()もまたドゥリの歌声に才能を感じ、自らがプロデューサーを務める音楽番組のオーディションにやってきた半地下バンドに、番組出演を提案する。 半地下バンドの音楽番組初出演は大盛況に終わり、ドゥリとスンウの距離も次第に縮まっていく。 長らく忘れていた恋の始まりに胸を高鳴らせるドゥリ。 その夏、で軽傷を負ったドゥリは、出血した部分が70歳の肌に戻っていることに気付く。 事情を知るパク氏はドゥリに「戻りたいのか?」と尋ねるが、ドゥリは答えることができない。 半地下バンド史上最も大規模なステージを控えた日、会場に向かう途中だったジハが交通事故に遭う。 ジハはが必要なほど切迫した容態になるが、家族の中でジハとが一致するのは祖母のマルスンだけだった。 病院に駆けつけたドゥリは、輸血をすれば年老いた姿に戻ることを知りつつも、孫のために名乗り出るのだった。 キャスト [ ]• オ・ドゥリ:• オ・マルスン:ナ・ムニ• パク氏:• パン・ヒョンチョル:ソン・ドンイル• ハン・スンウ:• パク・ナヨン:キム・ヒョンスク• パン・ジハ:()• パン・エジャ:ファン・ジョンミン• パン・ハナ: 受賞歴 [ ]• 第18回:アジア部門 観客賞金賞• 第51回:音楽賞(MOWG)• 第50回:映画部門 女性最優秀演技賞()• 第23回釜日映画賞:主演女優賞(シム・ウンギョン)• 第19回椿事映画賞:主演女優賞(シム・ウンギョン)• 第14回ディレクターズ・カット・アワード:今年の女性演技者賞(シム・ウンギョン)• 第1回韓国映画祭作家協会賞:主演女優賞(シム・ウンギョン)• 第19回:脚本賞• 第14回大韓民国青少年映画祭:元老俳優部門 人気映画人賞(ナ・ムニ)• 第10回マックスムービー最高の映画賞:最高の助演女優賞(ナ・ムニ)• 第18回:ファンタジア・アワード(シム・ウンギョン)• 第10回提川国際音楽映画祭:音楽映画 女性俳優賞(シム・ウンギョン)• 第6回:Peace部門 海人賞グランプリ リメイク [ ] 本作は、、で版が製作された。 、、、でもリメイクが計画されているという。 中国版 [ ] 20歳よ、もう一度 重返20岁 監督 レスト・チェン 脚本 リン・シャオジェ レン・パン 出演者 ヤン・ズーシャン グァ・アーレイ 配給 CJエンタテイエンメント 公開 2015年1月8日 2015年1月16日 2015年6月12日 上映時間 132分 製作国 言語 ではに映画『 20歳よ、もう一度』としてされた。 この映画は中国にてに公開された。 また、でも同年に13館で公開され、週末興行収入ランキングで初登場43位となった。 日本でも同年ににて劇場公開された後、から全国22館でも公開される。 なお、との両方がついた上映も行われる(3館で1週間限定、連日1回のみの上映)。 キャスト [ ]• 孟麗君(モン・リージュン):(ヤン・ズーサン)• 沈夢君(シェン・モンジュン):(グレイス・グイ)• 項前進(シャン・チェンジン):• 譚子明(タン・ズーミン):• 李大海(リン・ダーハイ):(ワン・デーシュン)• 項國斌(シャン・グオビン):(ザオ・リーシン)• 楊琴(ヤン・チン):(リン・イージュアン)• 項欣然(シャン・シンラン):(イン・ハン)• シンディ:(シャ・ズーハン)• 2016年2月16日までの2か月間で興行収入は1000億VND(約5億1300万円)に達し、ベトナム映画史上2番目の記録となった。 日本では「第11回大阪アジアン映画祭」の特集企画として2016年3月10日と3月17日に公開。 日本版 [ ] あやしい彼女 監督 脚本 製作 製作総指揮 門屋大輔 出演者 音楽 主題歌 「帰り道」 撮影 中山光一 編集 平澤政吾 制作会社 製作会社 「あやカノ」製作委員会 配給 公開 2016年4月1日 製作国 言語 興行収入 3億8400万円 日本では2013年公開の映画『』のスタッフにより『 あやしい彼女』のタイトルでリメイク版が製作された。 主演は、。 あらすじ [ ] 女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ()は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。 ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のときの若々しい姿のカツ()になっていた。 カツはヘアスタイルやファッションを一新、名前も節子にし、人生を取り戻そうと決意。 その後、のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから…。 キャスト [ ]• 大鳥節子 - : 主人公。 瀬山カツが20歳に若返った姿。 瀬山カツ - : 73歳。 節子の本来の姿。 瀬山幸恵 - : カツの娘。 ファッション雑誌の編集長。 瀬山翼 - : 幸恵の息子でカツの孫。 バンドマン。 中田次郎 - : カツの幼馴染。 カツに想いを寄せる。 相原みどり - : 通称「厚化粧シニア」。 次郎に想いを寄せる。 小林拓人 - : 音楽プロデューサー。 - : スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:吉澤智子• 音楽:• 挿入歌プロデュース :• 主題歌:「帰り道」()• 製作:、鄭泰成、大角正、由里敬三、藪下維也、沢桂一、、、村松俊亮• ゼネラル・プロデューサー:• エグゼクティブ・プロデューサー:門屋大輔• プロデューサー:畠山直人、八尾香澄• 撮影:中山光一• 美術:磯見俊裕• 照明:松本憲人• 録音:鶴巻仁• 編集:平澤政吾• 監督補:相沢淳• 助監督:蔵方政俊• 衣装:篠塚奈美• ヘアメイク:酒井夢月• 装飾:佐原敦史、大庭信正• 音響効果:松浦大樹• VFXスーパーバイザー:• キャスティング:杉野剛• スクリプター:阿保知香子• 製作担当:近藤博• 宣伝プロデューサー:小出わかな• ライン・プロデューサー:毛利達也• 制作プロダクション:• 配給:• 製作幹事:• 韓国映画振興委員会. 2019年9月15日閲覧。 KStyle() 2015年10月6日. 2016年2月27日閲覧。 2015年6月11日閲覧。 映画『20歳よ、もう一度』公式サイト 2014年5月30日. 2015年6月11日閲覧。 映画『20歳よ、もう一度』公式サイト. 2015年6月11日閲覧。 com. 2016年8月1日. 2016年8月1日閲覧。 VIET JO 2015年12月21日. 2016年2月27日閲覧。 VIET JO 2016年2月18日. 2016年2月27日閲覧。 大阪アジアン映画祭公式サイト. 2016年2月27日閲覧。 『 2017年3月下旬号』p. 42 外部リンク [ ]• (日本語)• (朝鮮語)• - (英語)• この項目は、に関連した です。

次の

映画『あやしい彼女』感想/評価:90点/大鳥節子(多部未華子さん)の説得力

あやしい彼女歌

anderlustは、雑誌『NYLON JAPAN』とソニーミュージック主催のオーディション『JAM』のミュージックパフォーマンス部門でNYLON賞を受賞した越野アンナと、これまで主にサポートやアレンジの仕事をしてきた西塚真吾による男女ユニット。 今作の表題曲は多部未華子主演・水田伸生監督の映画『あやしい彼女』の主題歌に起用され、越野はこの映画で銀幕デビューも飾っている。 言わずと知れたヒットメーカーの小林武史、常にカッティングエッジな女性像を提示し、時代をリードし続ける『NYLON JAPAN』、「コメディ映画のプロフェッショナル」と呼ばれる水田伸生と、なぜanderlustは大物クリエイターたちの心を惹きつけるのか。 そのひとつの要因は、越野アンナの魅力的なキャラクターにある。 「帰り道」のクリエイティブディレクションを担当した『NYLON JAPAN』の宇都宮定典はこう話している。 「ライトな音楽リスナーは、楽曲を聴くに至るまでの初期段階として、まず確実にアートワークやMVから入ります。 雑誌ひとつを取っても文章力や編集力、情報量で伝えたくても、シンプルに〈可愛いもの〉や〈かっこいいもの〉に敵いません。 Instagramもまさにそうなんですよね、とにかく可愛くないとテキストまで見ないですから。 そういう意味で言うと、現代のポップアイコンに〈存在感〉と〈キャラクター性〉は不可欠です。 越野さんはそういった意味で、非常に魅力的な存在だと思っています」(CINRA. NETより引用) 6歳までをLAで過ごしている越野は、アメリカ育ちならではの天真爛漫な性格の持ち主。 小さい頃からピアノを習い、「よく耳にする曲のメロディーやコードを勝手に変えて遊んでいた」という好奇心の強いタイプでもある。 『JAM』をきっかけに、そのキュートなルックスと英語力を買われて、現在はスペースシャワーTVの洋楽番組でVJを務めてもいる。 『NYLON JAPAN』編集長の戸川貴詞は「(オーディション時の)ステージ上での彼女はひと際明るく、パワフルでした。 まっすぐに心に届く歌声が印象的で、スキル云々を超越した、他の人たちとは明らかに違う存在感を放っていました」(CINRA. NETより引用)と話し、水田伸夫も「映画がクランクインして間もない頃、出番でもない撮影に見学に現れ、その日の最終カットまで一度も椅子に座ることなく瞳をキラキラさせながら撮影を見ていて、その謙虚な姿勢と強靭な集中力に脱帽しました」(CINRA. NETより引用)と越野を絶賛。 まさに、彼女は現代のポップアイコン像に適した人物だと言えよう。 anderlustが大物クリエイターたちの心を惹きつけるもうひとつの要因、それは楽曲の持つ普遍性にある。 プロデュースを務めた小林武史は、多くの人に聴かれる音楽であるための条件をこのように話している。 「メロディーの琴線、物語のフック、その時々に感じる新しさなど、引っかかる要素が必要だというのは、いつの時代でも同じだと思います」(CINRA. NETより引用) 小林と越野が共作した「帰り道」は、小林の言う「引っかかる要素」をいくつも持っている楽曲だと言えよう。 つまり、越野アンナのキャラクターという現代性と、時代を超えて支持される楽曲の普遍性を兼ね備えているからこそ、anderlustは大物クリエイターたちの心を惹きつけているのではないだろうか。 枠にとらわれない新しい音楽表現を追求し、「映像やアートなどの才能を持つ、3人目のメンバー募集」として、現在はショートムービーのコンペティションも開催中。 その可能性はまだまだ広がり続けていく。 NET『anderlust、小林武史、NYLON編集部に訊く、大衆を魅惑する方法』 シングル「帰り道」.

次の

シムウンギョンは歌が上手いの?理由は何故?「怪しい彼女」の曲や音楽も紹介!

あやしい彼女歌

多部未華子の歌は上手い? 2016年4月1日公開の映画『あやしい彼女』に主演される女優、 多部未華子さん。 それを映画 『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!! 』の水田伸生監督がリメイクした作品。 見た目は20歳だけど、中身は73歳のおばあちゃんで、20歳に戻って、また「歌手としての夢」を追うというコメディストーリーの映画です。 そのなかで、 多部未華子さんが歌うシーンがあるのですが、そこで共演者の皆さんが驚いたということです。 多部演じる節子がのど自慢大会に出演するシーンがとても印象深かったと振り返る。 「初めて彼女の歌声を聴くシーンですが、失礼ながら 『本当に多部ちゃんが歌っているの?』と聞いてしまったくらいです。 本当に多才だなと。 誰が聴いてもすごく上手だなと思うでしょうね」。 要潤さんが、こうコメントしておりました。 「歌っている姿がとてもかわいいんです」とも言っていたらしいですよ。 なんと、この作品で歌を歌うシーンを撮影するにあたり、 歌唱指導を、マイリトルラバー、ミスターチルドレンのプロデューサーでおなじみの 小林武史さんから直々に受けたらしいです。 「最後のライブシーンは、ゲストの方もたくさん来てくださって、パワーをもらいました。 実際の歌はレコーディングしたものですが、 生で歌うアーティストさんを改めてすごいんだなと思いました。 いまは尊敬しかないです」 歌のシーンについてのコメントを求められ、多部さんはこうおっしゃっていましたが、謙虚ですねえ・・。 好感が持てます。 水田伸生監督からも・・。 「未華子ちゃん 、お笑いの間が完璧なんです。 テークを重ねても、間が狂わないというのは天性。 新喜劇もいけるよ」 ほめられてます。 過去にブルーリボン賞新人賞、エランドール賞新人賞を受賞!! 多部未華子さん、過去に賞を二つも取ってます。 2005年度ブルーリボン賞新人賞では、『HINOKIO』『青空のゆくえ』での演技を評価されて受賞。 2010年度エランドール賞新人賞では 榮倉奈々、岡田将生、志田未来、松田龍平、水嶋ヒロとともに受賞されています。 演技力に関しては、 折り紙つきですね。 DREAMS COME TRUE「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS」「GOOD BYE MY SCHOOL DAYS -多部ちゃん系-」 ドリカムの曲、GOOD BYE MY SCHOOL DAYSを多部さんがカバーするという企画で、 全編一人で歌ってます。 聴いてみると、 すごく上手というわけではないのですが、みずみずしくて、ちょっと不器用な感じや一生懸命さが、かわいさや「これから旅立つ若い女の子の気持ち」を上手く表現できているという点で、すばらしい。 と思います。 声がとてもきれいです。 また、 清竜人さんのアルバム「MUSIC」内、5曲目の「雨」 には、 語りと歌で参加されていますが、声の美しさと、声の質が独特なのとで、やはりいい仕事してますな。 決して「すごい歌唱力」といった表現が出来る歌ではないのですが 、下手ではないし、いい声です。 ぜひ聴いてみてください。 まとめ~決して器用ではないけれど~ いかがでしたか?多部未華子さん、演技派多くの方に支持されていますし、 歌も今回歌唱指導が入るので、これまでで一番「いい歌」を聞かせてくれると思います。 結論として 、「決してめちゃくちゃ上手い!とはいえないけど、何か、心に残る歌声」というところでしょうか? 映画『あやしい彼女』では、この歌を聴いて、 要潤さん演じる音楽プロデューサーが心を打たれるといったシーンなので、きっと、すばらしい歌が聞けると思います。 もともとが韓国で大ヒットした映画だということで、韓国映画ファンの筆者としてはそのあたりも楽しみです。

次の