遺産分割協議書 文例。 遺産分割協議書(数次相続)の書式、ひな形、書き方

遺産分割協議書(換価分割)の書式、ひな形、書き方

遺産分割協議書 文例

この記事の目次• 1. 遺産分割協議書の書き方と雛形サンプル 遺産分割協議書は、相続人全員が、故人の遺産をどのように相続するのかを書面で示したものです。 この遺産分割協議書の内容に、相続人全員が合意し、実印を押印することで、法的効力を持ち、故人名義の財産の名義変更が可能となります。 本章では、まず相続専門税理士法人が実際に使用している書式サンプルをダウンロードしていただき、具体的な遺産分割協議書の記載例や注意点をご説明します。 この章を読むだけで、基本的な遺産分割協議書を作成することが可能です。 1-1 まずは書式サンプルをダウンロードしよう 遺産分割協議書は、要件を満たさなければ無効となるような厳格な形式要件があるわけではありませんが、金融機関や法務局へ提出することもありますので、とても重要な書類です。 しかししっかりと注意点を確認しながら作成すれば難しいものではありませんので、下記書式サンプルをダウンロードし作成の参考にしてください。 ここでは遺産分割協議書のひな型で使用頻度が高い書式のトップ3をご紹介します。 代償分割を行うためには、遺産分割協議書にその旨を記載しなければいけないため、下記見本例をコピーして使用して下さい。 位置に決まりはありませんが、債務までの記載が終了した後ろあたりに記載するとよいでしょう。 第〇条 相続人乙は、その取得した相続分の代償として、相続人丙に対して、金1000万円を支払う。 その場合、遺産分割協議書の最後の署名押印欄が通常とは異なる書式となります。 記載方法はシンプルで、相続人氏名の後に、特別代理人であることを明記して、特別代理人が署名捺印を行います。 なお、この場合の特別代理人の判子も実印となります。 (記載見本) 1-2 遺産分割協議書の具体例と注意事項 それでは上記「1-1 まずは書式サンプルをダウンロードしよう」でダウンロードしていただいた書式サンプルを基に、早速遺産分割協議書を作成していきましょう。 まずは完成書式として、下記の具体例をご覧下さい。 パソコンの場合には、本記事1-2の様式を参考。 手書きの場合には、用紙の決まりはないため見本を参考に作成。 特に順番に決まりはないが、通常は年齢が上の者から順に記していく。 第1条としても、数字だけ1、2としても、アルファベットでも法律上問題ありません。 なぜなら不動産の相続登記の際には遺産分割協議書が登記上必要となり、不動産の登記簿謄本と遺産分割協議書に記載された不動産の記載に齟齬があると、最悪の場合登記できないという可能性もあります。 慎重に記載することが必要です。 登記簿謄本はお近くの法務局にて、誰でも取得することができます。 下記サンプルの赤字部分の情報を転記します。 例えば、故人がA銀行の東京支店と大阪支店に口座を所有していたようなケースで、「A銀行の普通預金口座は長男が取得する」といった書き方をした場合には、東京支店なのか大阪支店なのかが判別できないためです。 なぜなら退職金や生命保険金はあらかじめ契約等によって取得する人が定められているため、民法上遺産分割協議の対象から外されているためです。 また押印は、必ず 実印で押印しましょう。 その際には印鑑証明書もセットで必要となります。 1-3 製本・割り印の方法 遺産分割協議書が1枚に全ておさまれば製本や割り印は不要ですが、2枚以上になると全ての内容に相続人が同意したことを証明するためにも複数枚になる時は製本と割印が必要となります。 市販の製本テープを購入すれば、綺麗に製本することができて簡単です。 まずホッチキスで留めて、その後で製本テープで包みましょう。 最後に表紙もしくは裏表紙のどちらかに製本テープと本紙にまたがる形で、相続人全員が実印で割印を押印して完成です。 2-1 マンションがある場合の書き方は? マンション1室が遺産にある場合の書き方も、通常の土地や建物と同様に、登記簿謄本に沿った記載となりますが、マンション1室の場合は、建物全体の記載をした後に所有している専有部分と持分である敷地権の記載をしなければならないため、表記が長くなります。 下記はマンションの場合のサンプル例ですが、参考にしてください。 2-2 共有持ち分がある場合の不動産の書き方は? 故人が土地の権利のうち、二分の一を所有していたような場合、遺産分割協議書にも、その旨を記載する必要があります。 ただ、書き方は難しくなく、最後に「持分」の表記を加えるだけです。 下記の例を参考にしてください。 提出先である法務局や金融機関のいずれも、遺産分割協議書への実印での押印を求めているためです。 遺産分割協議書は、遺産を法的にどのように分けるのかを示す重要な書類となりますので、偽造や改ざん等を防ぐためにも、実印で押印することが必要となります。 2-4 全員集まらないといけないか? 遺産分割協議と聞くと、相続人全員が一同に集まり、話し合いをし、皆の面前で署名押印をするようなイメージがありますが、必ずしも全員が集まらなければならないわけではありません。 このため、郵送で順番に署名捺印していくという方法をとっても問題ありません。 遠方に住んでいる場合や体調が悪く外出が難しい場合にでも、郵送等で対応できるため心配ありません。 2-5 後日、財産が見つかった場合は? 遺産分割の話し合いをした時には、認識していなかった財産が後日新たに見つかった場合に備えて、通常、遺産分割協議書には、以下の2パターンのいずれかを記載します。 このような記載を、遺産分割協議書の後ろに記載します。 2-6 どこに提出するのか? 遺産分割協議書の提出先については、主に下記があります。 海外には、日本のような「印鑑証明書」という実印を公的に登録する制度はなく、「サイン証明(署名証明)」が主流となります。 下記に、海外に相続人が居住している場合のサイン証明発行の手続きの流れを記載します。 このように日本とは違い、海外には印鑑登録制度がないため、大使館等に足を運び、担当官の面前でサインをしなければならないため、手間と時間がかかります。 海外に相続人が居住しているような場合には、このようなサイン証明の手続きも視野に入れて、手続きを行いましょう。 3.弁護士・司法書士・税理士・行政書士、信託銀行に依頼した方がいいケース ここまで遺産分割協議書の書き方と注意点を解説してきましたが、面倒そうだから、専門家に依頼したいと思われた方もいると思います。 遺産分割協議書は、専門家に依頼せずに、あなたが自分で作成することも可能ですが、専門家に依頼した方がスムーズなケースもありますので、下記で紹介します。 遺産分割協議書を作成する専門家は、主に、「弁護士、司法書士、行政書士、信託銀行」となります。 また遺産分割協議書を作成することがゴールではなく、作成した遺産分割協議書にもとづいて、相続手続きを進めることがゴールであるため、目的によって依頼先が異なります。 このように主に4つの依頼先がありますが、もう少し詳しく、あなたが依頼すべき専門家が分かるように解説をします。 まとめ 本記事では、遺産分割協議書の書き方について、あなたが自分でも一から作成できるように、解説をしてきました。 様式をダウンロードして、注意点を確認することで、遺産分割協議書を作成することができたかと思います。 また作成が負担だと感じられた方は専門家への依頼も検討するとよいでしょう。 遺産分割協議書の作成ができましたら、次は実際に作成した遺産分割協議書を用いて、遺産の名義変更手続きを進めていきましょう。

次の

遺産分割協議書の書き方と例|書式のダウンロードと書き方は書式の王様

遺産分割協議書 文例

この記事の目次• 1. 遺産分割協議書の書き方と雛形サンプル 遺産分割協議書は、相続人全員が、故人の遺産をどのように相続するのかを書面で示したものです。 この遺産分割協議書の内容に、相続人全員が合意し、実印を押印することで、法的効力を持ち、故人名義の財産の名義変更が可能となります。 本章では、まず相続専門税理士法人が実際に使用している書式サンプルをダウンロードしていただき、具体的な遺産分割協議書の記載例や注意点をご説明します。 この章を読むだけで、基本的な遺産分割協議書を作成することが可能です。 1-1 まずは書式サンプルをダウンロードしよう 遺産分割協議書は、要件を満たさなければ無効となるような厳格な形式要件があるわけではありませんが、金融機関や法務局へ提出することもありますので、とても重要な書類です。 しかししっかりと注意点を確認しながら作成すれば難しいものではありませんので、下記書式サンプルをダウンロードし作成の参考にしてください。 ここでは遺産分割協議書のひな型で使用頻度が高い書式のトップ3をご紹介します。 代償分割を行うためには、遺産分割協議書にその旨を記載しなければいけないため、下記見本例をコピーして使用して下さい。 位置に決まりはありませんが、債務までの記載が終了した後ろあたりに記載するとよいでしょう。 第〇条 相続人乙は、その取得した相続分の代償として、相続人丙に対して、金1000万円を支払う。 その場合、遺産分割協議書の最後の署名押印欄が通常とは異なる書式となります。 記載方法はシンプルで、相続人氏名の後に、特別代理人であることを明記して、特別代理人が署名捺印を行います。 なお、この場合の特別代理人の判子も実印となります。 (記載見本) 1-2 遺産分割協議書の具体例と注意事項 それでは上記「1-1 まずは書式サンプルをダウンロードしよう」でダウンロードしていただいた書式サンプルを基に、早速遺産分割協議書を作成していきましょう。 まずは完成書式として、下記の具体例をご覧下さい。 パソコンの場合には、本記事1-2の様式を参考。 手書きの場合には、用紙の決まりはないため見本を参考に作成。 特に順番に決まりはないが、通常は年齢が上の者から順に記していく。 第1条としても、数字だけ1、2としても、アルファベットでも法律上問題ありません。 なぜなら不動産の相続登記の際には遺産分割協議書が登記上必要となり、不動産の登記簿謄本と遺産分割協議書に記載された不動産の記載に齟齬があると、最悪の場合登記できないという可能性もあります。 慎重に記載することが必要です。 登記簿謄本はお近くの法務局にて、誰でも取得することができます。 下記サンプルの赤字部分の情報を転記します。 例えば、故人がA銀行の東京支店と大阪支店に口座を所有していたようなケースで、「A銀行の普通預金口座は長男が取得する」といった書き方をした場合には、東京支店なのか大阪支店なのかが判別できないためです。 なぜなら退職金や生命保険金はあらかじめ契約等によって取得する人が定められているため、民法上遺産分割協議の対象から外されているためです。 また押印は、必ず 実印で押印しましょう。 その際には印鑑証明書もセットで必要となります。 1-3 製本・割り印の方法 遺産分割協議書が1枚に全ておさまれば製本や割り印は不要ですが、2枚以上になると全ての内容に相続人が同意したことを証明するためにも複数枚になる時は製本と割印が必要となります。 市販の製本テープを購入すれば、綺麗に製本することができて簡単です。 まずホッチキスで留めて、その後で製本テープで包みましょう。 最後に表紙もしくは裏表紙のどちらかに製本テープと本紙にまたがる形で、相続人全員が実印で割印を押印して完成です。 2-1 マンションがある場合の書き方は? マンション1室が遺産にある場合の書き方も、通常の土地や建物と同様に、登記簿謄本に沿った記載となりますが、マンション1室の場合は、建物全体の記載をした後に所有している専有部分と持分である敷地権の記載をしなければならないため、表記が長くなります。 下記はマンションの場合のサンプル例ですが、参考にしてください。 2-2 共有持ち分がある場合の不動産の書き方は? 故人が土地の権利のうち、二分の一を所有していたような場合、遺産分割協議書にも、その旨を記載する必要があります。 ただ、書き方は難しくなく、最後に「持分」の表記を加えるだけです。 下記の例を参考にしてください。 提出先である法務局や金融機関のいずれも、遺産分割協議書への実印での押印を求めているためです。 遺産分割協議書は、遺産を法的にどのように分けるのかを示す重要な書類となりますので、偽造や改ざん等を防ぐためにも、実印で押印することが必要となります。 2-4 全員集まらないといけないか? 遺産分割協議と聞くと、相続人全員が一同に集まり、話し合いをし、皆の面前で署名押印をするようなイメージがありますが、必ずしも全員が集まらなければならないわけではありません。 このため、郵送で順番に署名捺印していくという方法をとっても問題ありません。 遠方に住んでいる場合や体調が悪く外出が難しい場合にでも、郵送等で対応できるため心配ありません。 2-5 後日、財産が見つかった場合は? 遺産分割の話し合いをした時には、認識していなかった財産が後日新たに見つかった場合に備えて、通常、遺産分割協議書には、以下の2パターンのいずれかを記載します。 このような記載を、遺産分割協議書の後ろに記載します。 2-6 どこに提出するのか? 遺産分割協議書の提出先については、主に下記があります。 海外には、日本のような「印鑑証明書」という実印を公的に登録する制度はなく、「サイン証明(署名証明)」が主流となります。 下記に、海外に相続人が居住している場合のサイン証明発行の手続きの流れを記載します。 このように日本とは違い、海外には印鑑登録制度がないため、大使館等に足を運び、担当官の面前でサインをしなければならないため、手間と時間がかかります。 海外に相続人が居住しているような場合には、このようなサイン証明の手続きも視野に入れて、手続きを行いましょう。 3.弁護士・司法書士・税理士・行政書士、信託銀行に依頼した方がいいケース ここまで遺産分割協議書の書き方と注意点を解説してきましたが、面倒そうだから、専門家に依頼したいと思われた方もいると思います。 遺産分割協議書は、専門家に依頼せずに、あなたが自分で作成することも可能ですが、専門家に依頼した方がスムーズなケースもありますので、下記で紹介します。 遺産分割協議書を作成する専門家は、主に、「弁護士、司法書士、行政書士、信託銀行」となります。 また遺産分割協議書を作成することがゴールではなく、作成した遺産分割協議書にもとづいて、相続手続きを進めることがゴールであるため、目的によって依頼先が異なります。 このように主に4つの依頼先がありますが、もう少し詳しく、あなたが依頼すべき専門家が分かるように解説をします。 まとめ 本記事では、遺産分割協議書の書き方について、あなたが自分でも一から作成できるように、解説をしてきました。 様式をダウンロードして、注意点を確認することで、遺産分割協議書を作成することができたかと思います。 また作成が負担だと感じられた方は専門家への依頼も検討するとよいでしょう。 遺産分割協議書の作成ができましたら、次は実際に作成した遺産分割協議書を用いて、遺産の名義変更手続きを進めていきましょう。

次の

数次相続における遺産分割協議書の記載方法について

遺産分割協議書 文例

目次一覧• 数次相続とは 数次相続とは、被相続人の相続財産を相続人間で遺産分割協議する前に、相続人のうちの誰かが亡くなってしまうことです。 具体的な事例を挙げて説明すると、父A、母B、長男C、長女Dの4人家族だとします。 父Aが亡くなり、母B、長男C、長女Dで遺産分割協議を行う前に、長男Cが亡くなってしまうというような場合です。 代襲相続との違いを理解しよう 数字相続は、代襲相続とよく混同されます。 確かに、混同する気持ちもわかるのですが、まったくの別物です。 まずは、代襲相続の説明をします。 先ほどの例と同じく父A、母B、長男C、長女Dの4人家族だとします。 父Aが亡くなる前に、先に長男Cが亡くなり、Cには子どもE(Aにとっての孫)がいたとすると、母B、長女D、孫Eが法定相続人となるでしょう。 この孫Eは、亡くなった長男Cが相続するはずであった父Aの相続分を引き継ぐことになり、これを代襲相続と言います。 先ほどとは亡くなった順番に違いがあることがおわかりいただけたでしょうか。 つまり、父より先に息子が亡くなったので、飛び越えて孫にいくのが、代襲相続であり、父が亡くなった後に、息子が亡くなる数次相続とは大きく異なるようです。 参照元:総務省行政管理局(2015年10月、著者調べ) 数次相続の具体的な効果は 相続が重なったからと言って難しく考えることはありません。 一つ一つ考えていけばよくわかります。 先ほどの例と同じく父A、母B、長男C、長女Dの4人家族だとします。 父Aが死亡し、遺産分割協議が終了していない状態で、母Bが亡くなったとします。 父Aが亡くなった時に遺産分割協議が終了していない訳ですから、父Aの財産について誰が協議をすればいいのかというと、母Bの相続人である長男C、母Bの相続人である長女D、長男C、長女Dの4人です。 え?4人?と思われた方もいるかと思いますが、厳密には4人です。 母の相続人として、亡くなった母の代わりに協議をする長男Cと父Aの相続人である長男Cと2つの立場が併存しているということです。 長女Dも同じことが言えるでしょう。 まわりくどい説明をしましたが、こうやって説明しないと数次相続は何となく面倒くさいものというイメージが残るだけです。 それでは、このまとめを作った意味がありません。 結論を言えば、長男Cと長女Dが母親の分まで含めて2人で決めてしまっていいということになります。 結論だけを拾えば、2人で協議ができるということですが、ポイントは母親の代わりとしての立場も併存しているという点にあるでしょう。 「遺産分割協議書」の文例 遺産分割協議書が大きく変わる訳ではない 数次相続の遺産分割協議書は、何も特別なことを書き加える訳ではありません。 「被相続人A(平成〇〇年〇〇月〇〇日死亡)の死亡により開始した相続につき、同人の妻B、長男C、長女Dが相続人となったが、Bが平成〇〇年〇〇月〇〇日に死亡したため、Bについて相続が開始し、Bの相続人である長男C、長女Dの2名は、本日、Aの相続財産について、下記のとおり遺産分割協議を行った。 」といった内容が書かれてあれば、問題ないでしょう。 これは、あくまで例文ですが、先ほどの数字相続の流れが理解できていれば、上記の文章はすんなり理解ができるでしょう。 補足 数次相続が開始したからといって必ずしも遺産分割協議をしなくてはいけないのではありません。 先ほどの例で言えば、父Aが亡くなった後に、母Bが亡くなったとすると、父Aの財産を亡母B2分の1、長男C4分の1、長女D4分の1といった具合に法定相続分によって相続することも可能でしょう。 しかし、亡母Bが相続した2分の1を、今度は長男C、長女Dで2分の1ずつ法定相続するか、遺産分割協議をして法定相続とは異なる割合で相続するかのどちらかになります。 結局、2段階で相続することになるのならば、父Aの分と母Bの分をまとめて1回の遺産分割協議で済ませた方が手間は大幅に省くことができるでしょう。 参照元:総務省行政管理局法令データベース(2015年10月、著者調べ) まとめ 今回は、相続上級編ということで、内容が複雑なものを取り上げました。 しかし、一つ一つ紐解いていけば、必ず理解できます。 父が亡くなり、落ち着いたころに母が亡くなるということは決して珍しいことではないでしょう。 言い換えるならば、相続上級編といえども、誰にでも起こりうる可能性があるということです。 本まとめを何度かご覧になって頂き、数字相続の理解を深めて頂ければ幸いです。 従って本記事の掲載内容については一切の責任を負いかねますので、内容の解釈や実践はご自身の責任で行い、専門家に相談されることを推奨いたします。

次の