レクイエム クラシック。 モーツァルト『レクイエム』解説と名盤

三大レクイエムはご存知?レクイエムの基礎解説【トリビアあり】

レクイエム クラシック

そして、 「怒りの日」とは、聖書でいう 「最後の審判」のことですね。 つまり、神様が人間の罪を罰する、言わば裁判のようものと言えます。 ちょっと怖いですが、この、ヴェルディ:レクイエム「怒りの日」は有名で、映画「バトル・ロワイヤル」や、以前、カップ焼きそばのCMでも、使われたことがありました。 今回は、この、ヴェルディ:レクイエム「怒りの日」を中心に、歌詞や、特徴、エピソード、そして、名盤などを解説していきます。 【特徴や歌詞を解説】ヴェルディ:レクイエム「怒りの日」 劇的なヴェルディ:レクイエムの、こんな劇的な解説があります。 イタリアの大作家マンゾーニが亡くなった。 (中略) (ヴェルディは)未完のレクイエムを、今度は、マンゾーニに捧げるべく作曲を進め、1年後に完成したのであった。 この曲は、たいへん ドラマティックで、まるでオペラのようだと非難されたほどであるが、 かえって、そうした点に、この曲の特色(特徴)がある。 (中略) いかにも、オペラの作曲家らしく、4人の独唱者たちのあつかいも、すこぶる オペラティックで、聴きごたえがある。 P357より引用 「オペラ王」 の異名をもつヴェルディらしく、 ドラマティックで、重厚な特徴を持った、すぐれたレクイエムです。 このため、ヴェルディが作曲した、このレクイエムは、3大レクイエムのひとつとされています。 ちなみに、あとの2つのレクイエムは「」と「フォーレ」の作曲のものを指します。 この2つのレクイエムと、ヴェルディのレクイエムの、はっきりとした特徴と、違いは、やはり、なんと言っても、 規模が大きく、インパクトが強いことが、挙げられます。 特徴として、「オペラティック (オペラっぽい)」と言われる理由もここにあります。 ちなみに、歌詞の内容は以下の通りになります。 怒りの日 まさにその日に くだいてしまうだろう この世を灰へと… ダビデとシビラが証したように その恐ろしさは、どれほどのものであるだろう そのとき裁きが、くだるだろう そして、すべてを、 はげしく、打ちくだくであろう! 【各楽章の特徴を解説】ヴェルディ:レクイエム 「怒りの日」 このヴェルディのレクイエムは、7曲(部)の構成になっています。 レクイエムとキリエ• 怒りの日• 奉献唱• 聖なるかな• 神の子羊• 絶えざる光を• 我を救い給え 非常に長いレクイエムで、全曲を聴くと約90分近くかかります。 とくに、 「怒りの日」の部分は、全10曲で成り立っていて、 内容の濃いものに仕上がっているのです。 冒頭の解説では、「ドラマティックで、まるでオペラのようだと、非難された」と、ありました。 ただ、作曲家の ブラームスは、このヴェルディ:レクイエムの楽譜を読み込んで、語ったそうです。 「 馬鹿なことを言うなあ。 これは天才の作品ではないか」と…。 ただ、全体としては、 柔らかい美感がありますので、オススメです。 でも、そうは言っても、 「怒りの日」での爆発は、やっぱり凄まじいものがありますね。 そういった意味で、 メリハリが特徴の名盤と言えそうです。 本来、 壮大な、ヴェルディのレクイエムですが、この、 コルボのアルバムは全体的には、少しおもむきが違う名盤です。 壮大で、豪華絢爛なイメージというよりも、 凛としたたたずまいの、静かなイメージが特徴の名盤と言えそうです。 実際、アルパカの、個人的に好きな名盤でもあります。 豪華で、オペラティックな音に、疲れを感じたら、コルボの名盤に癒してもらうのもアリですね。 【特徴ある名盤と解説、まとめ】ヴェルディ:レクイエム「怒りの日」 さて、ヴェルディ:レクイエム「怒りの日」の特徴ある名盤と、解説はいかがでしたか? 劇的! 壮大! オペラティック! そんな、ヴェルディ:レクイエム「怒りの日」。 普段、中々、「死」についてのことや、「神様」のことについては、考える機会がありません。 生活に必要なものは、ほとんど揃ってしまう便利な現代ですので…。 しかし、レクイエムにおける、「死」を見すえた、その音楽ドラマに、耳を傾けてみるというのも、たまになら、悪くないかもしれません。 そんなわけで… 『ひとつの曲で、 たくさんな、楽しみが満喫できる。 それが、 クラシック音楽の、醍醐味ですよね。 』 今回は以上になります。 最後までお読みいただきありがとうございました。 過去、さまざまなクラシック音楽のさまざまな演奏を聴くにはCDが必要でした。 交通費を使い、CDショップに足を運び、お目当てのCDを購入します。 そして、持ち帰り、プレーヤーで再生して、楽しんできました。 しかし、お目当てのCDが、売られていないという目に合うこともありました(泣) そんなこともあり、CD購入は、 大変な「お金と時間」のかかる「大きなコスト」でした。 今、 「定額制の音楽聴き放題サービス」が流行っています。 これなら、ムダな「お金と時間」がかかりません。 たくさんのアーティストのさまざまな演奏を聴くことができます。 そこで今回、 「定額制の音楽聴き放題サービス」であるAmazonミュージックUnlimitedのご紹介をさせていただきます。 AmazonミュージックUnlimitedをオススメする理由は ・ どこのサービスよりも曲数が多い「6500万曲」 ・ 30日間無料で体験できる。 以上の理由です。 スポンサーリンク.

次の

【モンスト】レクイエム【究極】攻略と適正キャラランキング|轟絶

レクイエム クラシック

ヴェルディ:レクイエム 「ヴェルレク」の愛称で親しまれている、ヴェルディが作曲したレクイエム。 レクイエムとは、カトリック典礼に用いられる「死者のためのミサ曲」(鎮魂曲)です。 原題は「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」で、イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニを追悼する目的で作曲されました。 このヴェルディのレクイエムは「最も華麗なレクイエム」と言われ、モーツァルト、フォーレのレクイエムと並んで「三大レクイエム」と言われています。 特にディエス・イレ「怒りの日」はレクイエム中で最も有名で、ディエス・イレの後もクイド・スム・ミゼルの前、ラクリモサの前、リベラ・メの後でも再現されます。 フォーレ:レクイエム ガブリエル・フォーレはフランスの作曲家。 レクイエムとは「死者のためのミサ曲」で、日本語では「鎮魂歌」(ちんこんか)とも訳されます。 多くの音楽家がレクイエムを作曲していますが、このフォーレのレクイエムニ短調 作品48はレクイエムの傑作として知られ、フォーレの全作品中で最も演奏の機会が多い曲です。 モーツァルト、ヴェルディのレクイエムとともに「三大レクイエム」の一つに数えられています。 この曲はマドレーヌ寺院での初演の際、「斬新過ぎる」と寺院の司祭から叱責されたほか、「死の恐ろしさが表現されていない」、「異教徒的」などとの批判が出ていました。 これに対してフォーレは「私には、死は苦しみというより、むしろ永遠の至福の喜びに満ちた開放感に他なりません」と手紙書いています。 実際に、このレクイエムは当時のカトリックの死者ミサでは必須であった「怒りの日」を欠くなど、そのままではミサに用いることの出来ない形式をとっています。 モーツァルト:レクイエム 通称「モツレク」と呼ばれている、レクイエムニ短調K. 626はモーツァルト最晩年の名作です。 「レクイエム」(死者のためのミサ曲)とは死者に向かってその魂を鎮めるための歌ではなく、死んだ人が死後、神から受ける罰を軽くしてもらい、永遠の光を与えられるように祈るという曲です。 「レクイエム」という名前の作品を多くの作曲家が作っていますが,このレクイエムはヴェルディ、フォーレのものと並んで三大レクイエムと呼ばれ人気のある名曲です。

次の

【クラシックを極める】第2回:レクイエムの世界 《古典派編》

レクイエム クラシック

これまでの放送 2015年4月25日 土 の放送 クラシック界の 寵児 ( ちょうじ ) ・モーツァルト。 「天才」「天真爛漫」と謳われ、苦労とは無縁のイメージが強いモーツァルトですが、実は幾度となくピンチに見舞われた人生を送りました。 モーツァルト 勝負をかけた名曲集 クラシック界の 寵児 ( ちょうじ ) ・モーツァルト。 「天才」「天真爛漫」と謳われ、苦労とは無縁のイメージが強いモーツァルトですが、実は幾度となくピンチに見舞われた人生を送りました。 宿願・ウィーンオペラ界への進出 モーツァルトが活躍した18世紀前半、ヨーロッパのオペラはイタリア語が中心でした。 幼い頃に本場・イタリアでオペラ修行に励んだモーツァルトにとって、イタリアオペラの作曲は悲願、その機会を伺っていました。 しかし当時のウィーンはイタリア人作曲家たちが軒を連ね、宿敵・サリエリがオペラ界を牛耳っていました。 そんな中、モーツァルトはようやくオペラ作曲のチャンスをつかみます。 そして、従来のイタリアオペラの型を破る斬新な作品「フィガロの結婚」で、その世界に打って出るのです。 それまで独唱と語り中心だったイタリアオペラに、モーツァルトは「重唱」を多用し、物語をよりドラマティックに展開させる演出に成功したのです。 生き残りをかけた勝負の一曲 1787年以降、ウィーンは戦争の影響を受け、物価が高騰し、市民の生活は困窮していきました。 モーツァルトら音楽家たちの活動の場も激減。 さらに、最大のパトロンであった皇帝ヨーゼフ二世が逝去し、新たに皇帝になったレオポルト二世はモーツァルトにも音楽にもあまり興味を示しませんでした。 モーツァルトは作曲しても発表の機会がなく、多額の借金に追われていました。 そこで活路を見出したのが、新皇帝が唯一擁護した「教会音楽」でした。 そんな中、匿名で「レクイエム(鎮魂歌)」の依頼が舞い込みます。 モーツァルトはこれを足掛かりに、「教会音楽家」として再スタートすべく、意気込んでこの作曲に取り掛かりました。 しかし、すでに病魔に侵されていたモーツァルトは、冒頭の一曲とわずかなパートを書き残したところで力尽きてしまったのです。

次の