701 スーパー モト。 701スーパーモト(ハスクバーナ)の中古バイク・新車バイク

701スーパーモト/ハスクバーナの新車・中古バイク一覧|ウェビック バイク選び

701 スーパー モト

4輪風に言うならホットハッチ、あるいはライトウェイトスポーツ。 「ハスクバーナの701スーパーモトってどんなバイク?」と聞かれれば、そう答えるのが分かりやすい。 正確にカテゴライズするならオンもオフもこなせるスーパーモタードがそれに当たるものの、そういうニッチな枠組みに縛るより刺激的なピュアスポーツとしてとらえると新しい選択肢の1台になり得るだろう。 しかも、ハスクバーナが送り出すプロダクツは性能のみならず、所有欲を満たす嗜好品としての色合いも強い。 それは王室向けの銃製造メーカーだったそもそもの成り立ちが無関係ではなく、創業された17世紀当時から貫かれてきた社是のひとつだ。 つまり、機械としての信頼性はもちろんのこと、いかにプレミアムであるべきか。 そういう高い美意識が随所に散りばめられているからである。 そんなハスクバーナが2輪を手掛けるようになったのは1903年からのことで、当時の軍用モデルが抜きん出た走破性を見せたことがきっかけとなり、一躍その名が知れ渡った。 戦いの舞台をレースに移してもそれは変わらず、第2次世界大戦後はエンデューロやモトクロスという実戦の場で数々のタイトルを獲得。 しかも4ストローク全盛の時代には2ストロークを、2ストロークが主流になると今度は4ストロークを投入するなど、常識にとらわれない姿勢で最前線に立ち続け、それによってハスクバーナらしさ、ひいては技術立国というスウェーデンのイメージの一端を担ってきたのである。 ヨーロッパの多くの2輪ブランドが陥ったように近年は一時低迷。 紆余曲折の時期を余儀なくされたものの、2013年にKTMの傘下に入ることで経営基盤の安定化が図られた。 以来、新型モデルはもちろん、コンセプトモデルも積極的に発表し、ついにはモトGP(モト3クラス)やダカールラリーにも進出を果たすなど、実に巧みなブランディングでその勢いをアピールし続けているのだ。 ハスクバーナのロゴマークが浮き彫られたケースカバーは往年のハスクカラーとなる。 ボディカラーも含めてKTMはハスクバーナをよく理解している。 701スーパーモトはそんな新生ハスクバーナが送り込んできた最新のストリートモデルである。 それでいてライド・バイ・ワイヤによるスロットルやパワーアシスト機能を持つクラッチがイージーな操作も実現してくれているため、ひたすらコーナリングに没頭できるのだ。 そこにあるのはライディングの質を高めるために加えられ、あるいは削ぎ落とされた装備とカタチ。 機能美という言葉の意味をハスクバーナは知り尽くしているのである。

次の

ハスクバーナ 701スーパーモト 愛車レビュー・評価・インプレ

701 スーパー モト

ハスクバーナ以外をおすすめするのはちょっと違うかなと考えています。 バイクを楽しむなども含まれています。 バイクを楽しむ環境づくりを大事にしたい バイクは量産品なので、物自体は一緒です。 しかしお客さんがハスクバーナ東名横浜を選んでくれるのならば、より楽しいことで、それを使ってお客さん自身の人生がより充実するようにアドイスと方向性をたくさんある引き出しの中から提供していいます。 その人の思いも寄らないことを提供できればと考えています。 そのためには机上の空論ではなく自分で色々と経験して、血の通ったサービスができるよう色々なことにチャレンジしていいます。 WPサスペンション オフィシャルショップ ハスクバーナ、KTMに標準装着されているWPサスペンションのメーカー認定オフィシャルショップです。 WPは基本がいいサスなので、ちゃんとしたパフォーマンスを発揮できるいい状態で使い続けられるようにメンテナンスをおすすめしています。 純正では物足りない超ハイレベルな人には、更にハイスペックサスペンションの用意も可能です。 この辺りは人に合わせておすすめしています。 モタードがおすすめできる理由 ロード、モトクロス、トライアルとバイクのジャンルは縦割りでつながりがありません。 ロードはロード(ターマック)、モトクロスはモトクロス(オフロード)。 自分がやっていることと違うジャンルは関係ないし興味もないと… でもモタードはその縦割りされたものを横に串刺しにすることができ、色々と触れられます。 モタードをやることは、より自分にあった競技や遊び方に気付きやすいジャンルだと思っています。 例えばロードしか知らない人でも、実はオフロードの方が合っている場合もありますがやってみないことには気づけない。 逆も然りです。 それにモタードはターマック(ロード)もオフロード(モトクロス)どっちも楽しめますしね。 モタードに興味があるこれからのお客さんに ハスクバーナ東名横浜のお客さんはオンロード上がりの人が多いのですが、モタードは全方向的、ロードレースがボクシングならばモタードは総合格闘技のようなものですね。 より深い知識や経験が出せるので、年齢や速さではなくバイクを深く知るためにモタードを始めるのがいいかと思いますね。 モタードのおすすめバイク The Husqvarna FS450 is being recalled abroad. We wait to hear if the same can be said in the USA. またいい道具が人を育ててくれると考えているので、そういう意味でもおすすめですね。 バイクをスポーツとして考えた時に、スポーツ用品として考えればFS450は最適なバイクです。 net motosnet ストリートならば ハスクバーナ 701スーパーモト 街中を軽快に走るスポーツバイクとしては最適です。 サーキットをメインで走るのに正直あまり向いていませんが、移動手段として考えれば 701 スーパーモト はとてもおすすめできるバイクです。 ショップ詳細 ショップ名: ハスクバーナ東名横浜 住所: 〒226-0026 神奈川県横浜緑区長津田町5433-1 TEL: 045-465-6071 FAX: 045-465-6072 URL: facebook: 営業時間 ショールーム 平日:11:00~17:00 土曜日:11:00~18:00 休業日 日曜日 月曜日 祝祭日 イベント開催日 アクセス• バイク、お車でお越しの場合:東名高速道路「横浜町田IC」より国道16号線 保土ヶ谷バイパス 横浜方面へ進み、環状4号線への入り口看板左手にございます。 公共交通機関:東急田園都市線 「南町田駅」より徒歩18分です。 ハスクバーナ東名横浜の店舗外観 店舗外観を別カットで。 Husqvarna がズラッと並ぶ店内は壮観ですね。 Husqvarnaのアパレルやパーツも豊富です。 手前には話題の新型車、とも並んでいますね。 ハスクバーナ東名横浜の全日本選手 榎本選手(左)広瀬選手(右) ハスクバーナ東名横浜さんはレースにも積極的で、この写真を撮影した時、2018年全日本スーパーモトR1 茂原ツインサーキット(東日本エリア選手権R1も併催)では6台参加しています。 店長の大崎さんはもちろんですが、チームの牽引役である S1オープン 8 の広瀬選手も非常に温厚で面倒見が良く、これからのお客さんも非常に楽しめると思います。 ライディングに関してもパーツに関しても相談できるしアドバイスももらえるでしょう。

次の

モタード(スーパーモト)に強いショップ紹介

701 スーパー モト

ハスクバーナ以外をおすすめするのはちょっと違うかなと考えています。 バイクを楽しむなども含まれています。 バイクを楽しむ環境づくりを大事にしたい バイクは量産品なので、物自体は一緒です。 しかしお客さんがハスクバーナ東名横浜を選んでくれるのならば、より楽しいことで、それを使ってお客さん自身の人生がより充実するようにアドイスと方向性をたくさんある引き出しの中から提供していいます。 その人の思いも寄らないことを提供できればと考えています。 そのためには机上の空論ではなく自分で色々と経験して、血の通ったサービスができるよう色々なことにチャレンジしていいます。 WPサスペンション オフィシャルショップ ハスクバーナ、KTMに標準装着されているWPサスペンションのメーカー認定オフィシャルショップです。 WPは基本がいいサスなので、ちゃんとしたパフォーマンスを発揮できるいい状態で使い続けられるようにメンテナンスをおすすめしています。 純正では物足りない超ハイレベルな人には、更にハイスペックサスペンションの用意も可能です。 この辺りは人に合わせておすすめしています。 モタードがおすすめできる理由 ロード、モトクロス、トライアルとバイクのジャンルは縦割りでつながりがありません。 ロードはロード(ターマック)、モトクロスはモトクロス(オフロード)。 自分がやっていることと違うジャンルは関係ないし興味もないと… でもモタードはその縦割りされたものを横に串刺しにすることができ、色々と触れられます。 モタードをやることは、より自分にあった競技や遊び方に気付きやすいジャンルだと思っています。 例えばロードしか知らない人でも、実はオフロードの方が合っている場合もありますがやってみないことには気づけない。 逆も然りです。 それにモタードはターマック(ロード)もオフロード(モトクロス)どっちも楽しめますしね。 モタードに興味があるこれからのお客さんに ハスクバーナ東名横浜のお客さんはオンロード上がりの人が多いのですが、モタードは全方向的、ロードレースがボクシングならばモタードは総合格闘技のようなものですね。 より深い知識や経験が出せるので、年齢や速さではなくバイクを深く知るためにモタードを始めるのがいいかと思いますね。 モタードのおすすめバイク The Husqvarna FS450 is being recalled abroad. We wait to hear if the same can be said in the USA. またいい道具が人を育ててくれると考えているので、そういう意味でもおすすめですね。 バイクをスポーツとして考えた時に、スポーツ用品として考えればFS450は最適なバイクです。 net motosnet ストリートならば ハスクバーナ 701スーパーモト 街中を軽快に走るスポーツバイクとしては最適です。 サーキットをメインで走るのに正直あまり向いていませんが、移動手段として考えれば 701 スーパーモト はとてもおすすめできるバイクです。 ショップ詳細 ショップ名: ハスクバーナ東名横浜 住所: 〒226-0026 神奈川県横浜緑区長津田町5433-1 TEL: 045-465-6071 FAX: 045-465-6072 URL: facebook: 営業時間 ショールーム 平日:11:00~17:00 土曜日:11:00~18:00 休業日 日曜日 月曜日 祝祭日 イベント開催日 アクセス• バイク、お車でお越しの場合:東名高速道路「横浜町田IC」より国道16号線 保土ヶ谷バイパス 横浜方面へ進み、環状4号線への入り口看板左手にございます。 公共交通機関:東急田園都市線 「南町田駅」より徒歩18分です。 ハスクバーナ東名横浜の店舗外観 店舗外観を別カットで。 Husqvarna がズラッと並ぶ店内は壮観ですね。 Husqvarnaのアパレルやパーツも豊富です。 手前には話題の新型車、とも並んでいますね。 ハスクバーナ東名横浜の全日本選手 榎本選手(左)広瀬選手(右) ハスクバーナ東名横浜さんはレースにも積極的で、この写真を撮影した時、2018年全日本スーパーモトR1 茂原ツインサーキット(東日本エリア選手権R1も併催)では6台参加しています。 店長の大崎さんはもちろんですが、チームの牽引役である S1オープン 8 の広瀬選手も非常に温厚で面倒見が良く、これからのお客さんも非常に楽しめると思います。 ライディングに関してもパーツに関しても相談できるしアドバイスももらえるでしょう。

次の