生理 中 ムラ つく。 【夢占い】生理になる夢は要注意?8つの夢の意味を解説。

パンツに何かつく...おりものって?|生理の疑問|小学生・中学生女の子下着の悩み解決|ガールズばでなび

生理 中 ムラ つく

女性に質問。 生理中はSEXできない理由を男性にもわかるように説明してください。 先週の週末、1ヶ月ぶりで彼女とSEXできるチャンスが巡ってきました。 ところが、その日の彼女は生理中だったそうで、SEXさせてもらえませんでした。 僕は彼女から「今日はアノ日なの、ごめんね」と言われたその場では「生理じゃ仕方ないよな」と深く考えずに納得していました。 しかし帰宅後に「なぜ生理中の女性はSEXできないのだろう?」と改めて理由を考え直してみると、その理由を他人に説明できない自分がいることに気づいたのです。 なぜなら少数派らしいものの、生理中でもSEXする女性の話を、時々見聞きするからです。 生理中の女性がSEXできない理由として一般的に言われていることと、それに対する僕の疑問は、こんな感じです。 (例えば男性がSEXの最後に射精するときの気持ちよさを女性に説明するなら「トイレに行けなくて我慢していたオシッコをやっと済ませたときの気持ちよさに似ている」みたいな感じで) また、上の3つ以外ではどんな理由があるのかも、教えて欲しいです。 僕は彼女が嫌なら生理中のSEXを無理強いするつもりはありませんが、大多数の女性が生理中はSEXを避けたいと考える、その理由というか本音を知りたいわけです。 そもそも、他人の血液と他人が触れ合う事がまず問題です。 では逆にお聞きしますがあなたはパートナーの何を知っていますか? パートナーの持っている病原菌・ウイルス全て理解していますか? またあなたのパートナーはあなたの持っているもの理解していますか? そんなのを知るのは到底不可能です。 あなたも知っているでしょうが、感染症は体液・血液感染が主でありそれらの接触は感染症のリスクをとても上げます。 HIVが多いのは避妊があまり出来ない発展途上国 アナルセックスをするホモセクシャルの方々です 全て体液・血液の感染となります 月経中の性交で避妊をしたとしても血液の接触を避ける意味では月経中を避けるのが一番無難だとは思いませんか?それじゃなくてもSTD(性感染症)や子宮頸がん(ウイルス感染)が増えているんですよ 次に、本来不要となった内膜のはがれおちるのが月経ですが、不要となったものを外へ排出しようとしているのにそれを男性器で塞いだり押し戻したりするのはよくない事は理解出来ますよね? 子宮の中に血液が溜まった状態になってしまうんですよ。 子宮内膜症を引き起こす事もあるんです。 内膜症は深刻ですよ?不妊になる可能性も高いですからね。 あとは血液自体潤滑剤の役目をしないほどかさかさな液体です。 それにより膣内は通常以上に傷つきやすくそこから化膿したり感染が始まったりします。 おそらく女性でもこれらの事実を分かってない人は少なくはないでしょうね。 なので男性には理解しにくいかもしれませんが、わざわざ病気や感染症になろうとしにいってるようなものなんですよ。 月経中の性交渉は。 シーツだとか、快感が減るとかそんな下らない事じゃありません。 人、一人の人生が左右されると言っても過言ではありません。 月経中の痛みについては、答えようがないですね。 だって説明したって絶対わかりっこないですから。 あなたたちが睾丸を打ったのを想像しておけばいいと思います。 そこまでするどい痛みではないですが 同じような痛みだと思いますよ。 それの鈍痛バージョンとでも思っておいて下さい 最後に 月経中でも性交渉をしている人は世の中に沢山いると思いますよ よく考えて下さいね 世の中にクラミジア 淋病 梅毒 トリコモナス などの性感染症やHIV 肝炎など流行っているのはなんででしょうか。 答えは簡単です 血液感染 体液感染があるから そうゆうことです 私は生理中は絶対にしないです。 1について、バスタオルを敷けばいいというものでもないと思います。 血液は、洗濯で落ちずらい汚れだということ。 汚れてすぐに水につけることができればいいですが・・・ バスタオルだけでなく、その辺じゅうに血液がついてしまっては大変です。 2について、口内など粘膜部分は傷つきやすいですよね? 膣も同じです。 生理云々関係なく傷つきやすいです。 生理は、受精卵を着床させるための子宮の中のベッド(内膜)がはがれ落ちて、 内膜とともに出血することなのです。 セックスするということは、子宮の中にまで精子や雑菌が入るということなのです。 生理中にセックスするということは、 怪我してぐじゅぐじゅの傷口にばい菌を塗るのと同じ行為だとおもいませんか? 3について、生理中は腹痛や腰痛・下痢などの身体的苦痛と、 イライラするなど精神的苦痛を伴うことが多いです。 胃がぎゅーっと痛くなるような腹痛のこともあります。 風邪の時のようにだるかったりもします。 気になることがあれば集中もできないですし、 リラックスできなければ気持ちよくなんてなれません。 ほかに理由があるとすれば、 生理の血は臭いということ。 口や手で性器をいじる行為もありますよね? 今度、彼女が生理の時に下着の上からナプキンを匂ってみてください。 出血量の多いときの2時間ぐらい取り替えていないナプキンをです。 たぶん彼女が嫌がると思いますが、 そのにおいに普通の男性なら臭くて萎えると思いますよ。 納得して頂けるかわかりませんが、本当に個人的な見解、意見です。 1は生理何日目かにもよりますが、バスタオルをひいても、男女共に汚れますし、血の臭いと見た目がグロいです。 2は通常時のsexでも少なからず膣内は傷付いています。 生理中にすることによりその傷口から感染症 男女共になる可能性あり になったり、ピストル運動により血が逆流し不妊の要因になりかねません。 3はお腹を下した痛みや玉を握られたような痛みが近いと思います。 余談ですが、生理中は妊娠しないは絶対ではありません。 排卵が早く、精子が生き残っていれば、妊娠します。 若気の至りで経験しましたが、奇跡的にも何事もありませんでしたが、それでなくても、生理中はホルモンの関係でイライラなど不安定になりやすいので、しないのが一番でしょう。

次の

パンツに何かつく...おりものって?|生理の疑問|小学生・中学生女の子下着の悩み解決|ガールズばでなび

生理 中 ムラ つく

生理中のダイエットは意味がない?生理前に体重が増える理由があります 生理前になると、イライラして甘いものが食べたくなったり、食欲が止まらなくなったりして「これまでのダイエットの成果が水の泡に」ということも多いようです。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、生理前はホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 この時期に増える体内の水分量は2000mlにもなるといわれているので、2kg前後体重が増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後の体重が3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 生理周期を利用することで、ダイエットに差をつけましょう。 生理中(1日目~7日目) 生理中の約7日間は、体重が落ちにくい期間なので無理なダイエットはNG。 無理な食事制限や激しい運動はストレスをためることになり逆効果です。 この時期は体重を減らすよりも現在の体重をキープすることを意識してダイエットをしていきましょう。 生理後~排卵期(8日目~14日目) 生理後から排卵日までの約7日間は、代謝もよく一番痩せやすい期間なので、この生理後の1週間に集中してダイエットに取り組めば結果もついてきます。 排卵後(15日目~21日目) 排卵後の約7日間は、ダイエット期で落とした体重がリバウンドしないように定着させていく時期。 ダイエット期のバランスのよい食事を引き続き心がけ、ストレッチなどの軽い運動もプラスしていきましょう。 生理前(22日目~28日目) 生理前の約7日間は、便秘やむくみなどが起こりやすく、余分なものをため込みやすい時期です。 ダイエットの効果が出にくい生理前は、排出に役立つ食材を取り入れて体を排出モードにしていきましょう。 体が必要としているものを拒んで無理に「食べない」ことを続けていると、体は飢餓状態を感じて食べたものを体の中に蓄積し、極力エネルギーを消費しないように代謝の力を落としてしまいます。 普段はご飯などの主食の量をセーブしている人も、生理前は食欲に従って主食をきちんと食べましょう。 血糖値が下がりやすい生理前は、食事回数を増やすことでなるべく血糖値を一定に保つようにすると、空腹感が強くならないので無駄な間食や過食を防げます。 一気にたくさんの量を食べることを防ぐため、朝食と昼食の間に1食、昼食と夕食の間に1食を入れて、1日計5回の食事がベストです。 四六時中食べないように食欲をコントロールするのではなく、体の欲する時に欲するものを与えてあげ、心身のリラックスをはかりつつ、ダイエットを頑張る時と休憩する時のメリハリをつけることが、女性のダイエットを成功させる秘訣です。 すると代謝を低下させて、水分や塩分、脂肪を溜め込みやすくします。 女性ホルモンは2つのバランスが大切。 大豆に含まれるイソフラボンは、特にそのエストロゲンと似た働きをします。 豆乳には、小腸での脂肪吸収を抑えてくれる「大豆サポニン」、基礎代謝を活発にする「大豆たんぱく質」、むくみの原因となるナトリウムを排出する「カリウム」、腸内環境を整え老廃物の排出をサポートする「オリゴ糖」が豊富なので、必要以上に体に水分を溜め込まなくなります。 生理前の体重増加を防いで、異常な食欲や体のだるさを抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前豆乳ダイエットの期間は、生理が始まる7日~10日前から生理が来るまで。 なるべく無調整の豆乳を1日200ml、食前や間食時に飲みます。 摂り過ぎは逆に生理不順等を起こすので注意しましょう。 生理前の運動におすすめ ダイエットの効果を出すには、生理前であっても運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない人は、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、軽いウォーキングなどから最適な運動量を探りましょう。 生理前2週間にやると効果的な運動は、ゆったりとしたペースの20分以上のジョギング。 自転車で30分走ったり、短時間でも高い運動効果を得られる水泳や水中ウォーキングは、血流が良くなってマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にもおすすめです。 個人差もありますが、一般的に生理中は血行が滞りやすく、むくんだり、冷えやすくなります。 血行が良くなるだけでなく、運動がストレス解消になることも。 ただ、生理中はどうしても貧血になりやすいので、慣れない激しい運動、極端にキツイ運動は避けたほうがよいでしょう。 生理後から排卵前の徐々に骨盤が閉じていく時期は、骨盤が締まっていくことで体がよく動き、運動の効果が出やすいチャンス期。 逆にこの時期に骨盤が閉じていかない人は、なかなかダイエットが成功しません。 排卵後から生理前の徐々に骨盤が開いていくこの時期は、骨盤が開くと眠気や食欲が強くなるため、ついつい食べ過ぎになりがちです。 この時期に骨盤が開かないと、生理不順や肌荒れになる可能性もあります。 骨盤の状態と生理による体調の変化に適したエクササイズはダイエット効果だけでなく、生理痛や生理不順、ひどい冷え症、低体温に悩んでいる方には特におすすめです。

次の

女性に質問。生理中はSEXできない理由を男性にもわかるように説明してく...

生理 中 ムラ つく

生理中のダイエットは意味がない?生理前に体重が増える理由があります 生理前になると、イライラして甘いものが食べたくなったり、食欲が止まらなくなったりして「これまでのダイエットの成果が水の泡に」ということも多いようです。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、生理前はホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 この時期に増える体内の水分量は2000mlにもなるといわれているので、2kg前後体重が増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後の体重が3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 生理周期を利用することで、ダイエットに差をつけましょう。 生理中(1日目~7日目) 生理中の約7日間は、体重が落ちにくい期間なので無理なダイエットはNG。 無理な食事制限や激しい運動はストレスをためることになり逆効果です。 この時期は体重を減らすよりも現在の体重をキープすることを意識してダイエットをしていきましょう。 生理後~排卵期(8日目~14日目) 生理後から排卵日までの約7日間は、代謝もよく一番痩せやすい期間なので、この生理後の1週間に集中してダイエットに取り組めば結果もついてきます。 排卵後(15日目~21日目) 排卵後の約7日間は、ダイエット期で落とした体重がリバウンドしないように定着させていく時期。 ダイエット期のバランスのよい食事を引き続き心がけ、ストレッチなどの軽い運動もプラスしていきましょう。 生理前(22日目~28日目) 生理前の約7日間は、便秘やむくみなどが起こりやすく、余分なものをため込みやすい時期です。 ダイエットの効果が出にくい生理前は、排出に役立つ食材を取り入れて体を排出モードにしていきましょう。 体が必要としているものを拒んで無理に「食べない」ことを続けていると、体は飢餓状態を感じて食べたものを体の中に蓄積し、極力エネルギーを消費しないように代謝の力を落としてしまいます。 普段はご飯などの主食の量をセーブしている人も、生理前は食欲に従って主食をきちんと食べましょう。 血糖値が下がりやすい生理前は、食事回数を増やすことでなるべく血糖値を一定に保つようにすると、空腹感が強くならないので無駄な間食や過食を防げます。 一気にたくさんの量を食べることを防ぐため、朝食と昼食の間に1食、昼食と夕食の間に1食を入れて、1日計5回の食事がベストです。 四六時中食べないように食欲をコントロールするのではなく、体の欲する時に欲するものを与えてあげ、心身のリラックスをはかりつつ、ダイエットを頑張る時と休憩する時のメリハリをつけることが、女性のダイエットを成功させる秘訣です。 すると代謝を低下させて、水分や塩分、脂肪を溜め込みやすくします。 女性ホルモンは2つのバランスが大切。 大豆に含まれるイソフラボンは、特にそのエストロゲンと似た働きをします。 豆乳には、小腸での脂肪吸収を抑えてくれる「大豆サポニン」、基礎代謝を活発にする「大豆たんぱく質」、むくみの原因となるナトリウムを排出する「カリウム」、腸内環境を整え老廃物の排出をサポートする「オリゴ糖」が豊富なので、必要以上に体に水分を溜め込まなくなります。 生理前の体重増加を防いで、異常な食欲や体のだるさを抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前豆乳ダイエットの期間は、生理が始まる7日~10日前から生理が来るまで。 なるべく無調整の豆乳を1日200ml、食前や間食時に飲みます。 摂り過ぎは逆に生理不順等を起こすので注意しましょう。 生理前の運動におすすめ ダイエットの効果を出すには、生理前であっても運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない人は、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、軽いウォーキングなどから最適な運動量を探りましょう。 生理前2週間にやると効果的な運動は、ゆったりとしたペースの20分以上のジョギング。 自転車で30分走ったり、短時間でも高い運動効果を得られる水泳や水中ウォーキングは、血流が良くなってマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にもおすすめです。 個人差もありますが、一般的に生理中は血行が滞りやすく、むくんだり、冷えやすくなります。 血行が良くなるだけでなく、運動がストレス解消になることも。 ただ、生理中はどうしても貧血になりやすいので、慣れない激しい運動、極端にキツイ運動は避けたほうがよいでしょう。 生理後から排卵前の徐々に骨盤が閉じていく時期は、骨盤が締まっていくことで体がよく動き、運動の効果が出やすいチャンス期。 逆にこの時期に骨盤が閉じていかない人は、なかなかダイエットが成功しません。 排卵後から生理前の徐々に骨盤が開いていくこの時期は、骨盤が開くと眠気や食欲が強くなるため、ついつい食べ過ぎになりがちです。 この時期に骨盤が開かないと、生理不順や肌荒れになる可能性もあります。 骨盤の状態と生理による体調の変化に適したエクササイズはダイエット効果だけでなく、生理痛や生理不順、ひどい冷え症、低体温に悩んでいる方には特におすすめです。

次の