オレカバトルロキ。 オレカバトル:時の章 ロキ フェイクスター

超初心者のオレカバトル日記: バトル金額37,700円「初登場ロキの実力は?」

オレカバトルロキ

あとは派生進化さえくれば… 新6章終盤ですが、私まだ彼に会えてませんの…ウフフ どくどくしい参謀エンリルとかどうよ 花粉症なんですよ ヘイムダル 定期エンリル 春コミお疲れ様でした。 春コミお疲れ様でした。 春コミお疲れ様でした。 エンリルかkz2。 動きのあるエンリルが描きたかった。 エンリルかkz1。 深夜にぼーっとしながら描いて翌日夜見てなんだこれ。 目の前にあったオレカ描くその壱スサノオ ちょちょっと あけましておめでとうございます。 羊ヘイムダル あけましておめでとうございます。 羊エンリル 冬コミお疲れ絵 誕生日おめでとうございます的な!!! こういう顔好きだなぁ ハイライトつけただけできれいなエンリルって、ダメすかね? ええそりゃあもう嬉しくて描いちゃいましたよ ぶっほほ 北欧神話をマスターしたい 見えたんです、私今日、彼らが見えたんです2 見えたんです、私今日、彼らが見えたんです トール ヴァテン・ミーミル飲みすぎたオーディン 悪巧み2 オーディン練習中 悪巧み ポーズの練習 いきます 腹いてえー今日腹いてえよーエンリル腹にウィンドー モノクルエンリル なにかいても気に入らない時あるよね!!もっと格好良く描けないものか… エンリルのシールをどこに貼るかで、スマホの表側に貼るのが一番よく目に入るなと でそうなると不可抗力でタッチしまくっちゃうわけですよね、エンリルを。 ざっと塗り 平日ヘイムダル。 ミーミルの笛リベンジ 10分エンリル。 ごめん20分かも。 2時間エンリル おかしいですね。 こんなに近くにいるのに触れられないメキメキ とか言われたいなあ!!!シリーズ ひさしブリーに描いたねこれ こういう構図のエンリルばっか描いている気がするんだぜ エンリル様が見てるシリーズ コマ潜来ない記念に 毎日エンリル! 黒目になったってエンリル様は素敵でいらっしゃる!!! pose maniacsのポーズでエンリル 色塗れよと突っ込まれたが、もう寝る こういった理由でステMAXが出てこないに違いない ネルガルの装備面倒くさい ぐふふ…ぐふふ… エンリルさん別コロ登場おめでとうございますううううう!!! それでも私はあなたがすっすっすっスフクナイル!!(赤面 なぞなぞの答えは大抵信号機だろ? お眠りエンリル。 ヘイムダルがタイトルコールシタァアアアアア!!! 参謀エンリルが画面から出てこないんだぜ あいしてます ああああああああああああああああ!!!!エンリルぅううううううううううう!!!奴隷!エンリルの奴隷になりますワタシ。

次の

超初心者のオレカバトル日記

オレカバトルロキ

「ヘイムダル、そのキラキラしたものは何だ?」 トールの声はよく響く。 さすがは雷の神……と言いたいところだが、ヘイムダルにとってそれは、迷惑以外の何者でもなかった。 案の定、オーディンがこちらを振り向く。 「……ただのお守りだ」 トールはヘイムダルの手に乗ったものをしげしげと眺め、手に取り、まるで新しい玩具を貰った子供のようにいじくりまわしていたが、やがてぽいと飽きたように放り投げた。 宙を舞ったそれは、あやまたずヘイムダルの手の中に戻る。 「んー、俺には美術品の善し悪しはよく分からんが……。 綺麗だな」 それは、一つのメダルだった。 表面には精緻な模様が彫りこまれており、それは文字のようでもあり、また何かの絵のようでもある。 ヘイムダルは自分の手の中を見つめ、小さく息を吐いた。 だが、あれの本性は人ですらない。 もっと醜いもの、汚らわしいものだ」 吐き捨てるように、オーディンは「ロキ」と口に出した。 ヘイムダルにとって、オーディンは最も尊敬すべき、命の恩人であった。 オーディンのために盾となり、剣となることを、心の底から望んでいた。 それは、今も変わらない。 だが、その剣で貫くものが、よもや「あの」ロキであろうとは、ヘイムダルも思っていなかった。 [newpage] ロキは悪ふざけが好きで、辟易させられることも多かったが、その瞳の奥に宿るひんやりとした、どこか達観したような諦めの表情を、ヘイムダルはたびたび垣間見ていた。 けれど他の誰も、ロキのそんな姿を見たことがないという。 みなは決まって、「あいつはイカレてる。 軽くていつもへらへらしていて、意味のない嘘ばかりつく。 そんなまともな感情、持ちえるわけがない」と言うのだ。 ヘイムダルは思う。 それは本当に「意味のない」嘘なのか、と。 オーディンがそんなヘイムダルの心のうちを見透かしたような目でこちらを見ているのに気づき、ヘイムダルは慌てていいずまいを正した。 「ヘイムダルよ。 早かれ遅かれ、必ず我らを滅ぼそうとする。 我らの敵、ひいては世界の敵よ」 「世界の敵……ですか」 何に反応したのか、体にまとわりついているギャラルホルンが、わずかに振動し始めた。 「しかも、あやつを殺せるのはお前だけなのだ。 『終末を告げる者』ヘイムダル。 お前とロキとは、見えない死の糸でつながっているのだから」 ぞくり、と背中が粟立った。 それは、自分に課せられた使命の重さへのプレッシャーであり、信頼されているという喜びであり、そして、自分の中で何かが繋がった、感覚。 そうなのだ。 「神命、謹んでお受けいたします。 必ずやこのヘイムダル、オーディン様の剣となりて、オーディン様に仇なすものを討ってみせましょう」 [newpage] オーディンは黙っていた。 目が爛々と輝いている。 振り返ったヘイムダルは、驚いて息が止まりそうになった。 ロキが、いたのだ。 手に持ったメダルをもてあそんでいる。 こちらに気づいているのかいないのか、楽しげな足取りでふらふらと歩いている。 「トール!」 北欧神話最高神の声が朗々と響きわたるや否や、まばゆく光る雷がロキを直撃した。 「……っ!」 だが、ロキは無傷だった。 目を閉じたままその場から一歩も動いていないのに、服の端すら焦げていない。 続けざまに二度、三度と雷が轟くが、ロキは動く気配も見せなかった。 「ふん、この程度で倒せるとはハナから思ってはおらぬわ!雷槌ミョルニル!」 いつの間にやら現れたトールが、雷の槌を構えてロキに突っ込んでいく。 見ているヘイムダルにさえ、その威力がすさまじいことが分かる。 [newpage] ロキが、閉じていた左の目をぱちりと開いた。 その瞬間、トールの体がはるか後方に吹き飛ばされた。 まるで、見えない巨人に殴られたように。 ロキはそれを悲しそうに見て、口を開いた。 「どうだい、キミ自身の馬鹿力で吹っ飛ばされた気分は。 キミが小さい頃から、僕は君を見てたんだ。 その槌をまともに喰らうほど愚かじゃない」 オーディンが、ヘイムダルを守るように一歩前に出る。 「『神々と人間の恥辱』よ。 それ以上我らに近づくな。 ヘイムダルを殺させはせんぞ」 思わず、ヘイムダルは体を強ばらせる。 「僕が?ヘム君を?」 ロキの声には、驚きと、戸惑いと、不安が混在していた。 不安?ロキが、不安を感じている? 「騙されるな、ヘイムダル。 あれも演技だ。 口元が笑っているのがわかるか?目を覚ませ。 お前は優しすぎる。 その優しさは、いつか命取りになるぞ」 [newpage] しばらくの間、異様なほどの沈黙が落ちた。 突然、ロキが声を上げて笑い出す。 「あははっ、オーディン!何も知らないヘム君に、おかしなことを吹き込むのはやめてくれるかな。 キミは変な勘繰りが過ぎる」 とん、とロキは地を蹴る。 その瞬間、ロキはオーディンの目の前に肉迫していた。 吐息が重なり合うほどに近くまで。 「『僕を殺せる最強の切り札』?あんまり僕をなめないでくれるかな」 「去ね!この汚らわしい獣めが!」 ロキは喉を鳴らした。 それが笑っているのだと気づいたのは、少し経ってから。 「とりあえずは、獣に失礼だから謝ったほうがいいと思うね。 やれやれ、僕は生まれた地に帰ることすら許されないのか。 じゃあね、ヘム君、オーディン。 トール、吹っ飛ばしたりしてごめんね。 [newpage] もうそこにロキはいないはずなのに、ひんやりとした風がオーディンとヘイムダルの頬を撫でた。 きらりと光る何かを見つけ、ヘイムダルはそっとそれに近づく。 落ちていたのは鈍く光るメダルと、 一粒の、涙だった。

次の

オレカバトル 第7章 雷鳴の城門 情報 モンスター図鑑 合体レシピ 作成方法 出現方法: スーパードラゴンボールヒーローズ SDBH 配列表 オレカバトルのブログ ポケモンガオーレ ポケモンGO デュエマ デュエルマスターズ

オレカバトルロキ

ロキとは、に登場するの一柱である。 曖昧さ回避• :で活動する。 :で活動する。 :で活動する。 概要 古で「閉ざす者」「終わらせる者」を意味する名を持ち、悪戯好きな性格として知られる。 霜のヨトゥンのとラウの間に生まれた子だが、との契りを交わし、に住まう々の一員となる。 容姿端麗で人を引きつける魅を持つが、狡猾な知性も持っており、他人を騙したり陥れることが多い。 一方でやの窮地を救う場合もあり、善と悪の二面性を備えた的なである。 のやの戦槌等の器も、ロキが小人族をうまく言いくるめて作らせたものである。 また、ロキは火のでもあり、のとは特に親しかったともされる。 戦においては強大な武を持つを、ロキが狡猾な知性でする体制が成り立っていた。 性別はだが、に化けてと関係を持つこともあった。 としてのロキには妻にボザやシギュンがおり、ボザとの間の子に・・が、シギュンとの間にはとナルヴィがいる。 としては雌に化けてスヴァリというとの間にという子を設けている。 の中盤にてのの一人であるホズを誑かしてを殺させる。 さらにこのことをの館にて開かれた々の宴の最中に吐露し、加えてその場にいた々の罪や恥を暴露し罵倒する。 これがのとされている。 後に々に捕えられたロキはの腸でに閉され、頭上に置かれたのによって苦しめられた。 これにより恨を募らせたロキはの時が来たことによってめが解かれると、報復のために族を率いて族を滅ぼさんと出する。 最後はのと相討ちとなった。 ロキをモデルとするキャラクター に記事があるものは 太字• ロキ:「」に登場する。 種族は。 ロキ: 「」の(い時)の。 の使い回しではなく、 に出る、のと同じく、専用で出ている。 ロキ:「2」の登場人物。 当作に登場したがロキのものとされている。 :「」の。 ロキ:及び「魔ロキ」の。 ロキ:「」の登場人物。 ロキ:及び「Q. D 明終了」の登場人物「・」の。 ロキ:「」「」の登場人物。 ロキ:・・「」の登場人物。 ロキ:「」の。 ロキ・:「」の登場人物。 : 「」の• ロキ・:「」の登場人物。 皇ロキ:の。 を参照。 関連商品 関連項目•

次の