クマバチ 巣 構造。 クマバチの巣の特徴は?オス・メスの生態や発見時の駆除方法

クマバチの危険性は?巣の駆除をするなら?からの意外な親近感

クマバチ 巣 構造

Contents• クマバチの概要 photo by 頭と腹が黒く、光沢があるのが特徴。 街などで普通に見られ、木の枝などをアゴでくり抜いて巣を作り、その中に花の蜜などを溜め込む。 羽音が大きいので恐怖を覚えるが、性格は穏やかで襲われる事は滅多にない。 不用意に巣へ近づいたり、手で追い払ったりして無闇に刺激しないこと。 縄張り意識が強く、昆虫や小鳥などが侵入してくると追い払うが、人間に対してはその限りではない。 クマバチの針は産卵管が変化したものなので、針を持つのはメスのみ。 従って、刺されないよう警戒すべきはメスのみといえる。 空中で停止し、ホバリングしているのはオスと判断でき、素手で捕まえても問題なし。 が、素人が真似をするとオスとメスを間違えて刺される恐れがあるので、オススメはしない。 クマバチの体形 photo by 体の構造• アゴが大きくて頑丈• 木の枝程度なら木端微塵にする• 体に対して羽は小さめ• 胸に黄色い毛がフサフサ 大きさ photo by• 21〜23mm クマバチの生態 photo by 習性• 木の枝に穴を開けて巣を作る• ホバリングが得意• 縄張りに近づくものを追いかける 生息地 出典:• 北海道以外 クマバチの危険性 photo by• オスは針も無く危険性なし• メスは針を持ち刺されると痛い.

次の

クマバチの巣作りは家の材質と構造によって決まる理由

クマバチ 巣 構造

クマバチの危険性は… クマバチは、体長が 22~23 mm もある比較的に大きなハチです。 別名 キムネクマバチと呼ばれ、胸部の上面から側面にかけて黄色の細い毛が密生し、花にとまっているときにはそれが目立ちます。 ただし、それ以外のほとんどの部分は光沢のある黒一色です。 好物の藤やニセアカシアの木に向かって高速で飛行するときには人の背丈よりも高いところを飛び、下から見上げると黒々として獰猛そうな大きなハチに見えます。 羽音も低いうなるような音で大きく響いてくるため、人に恐怖心を抱かせます。 しかし、クマバチは、ミツバチと同様に花粉や花の蜜を貯える 花蜂の仲間です。 狩りをするスズメバチのような攻撃性は微塵もなく、至って温厚な性質です。 また、人に興味を持って近づいてくることもまずありません。 クマバチのオスには毒針がない ハチといえば 毒針で刺すものと思いがちですが、クマバチで針を持っているのはメスだけで、オスには針がありません。 メスは頭部全体が黒く、複眼は切れ長です。 一方、オスの頭部は複眼が大きくて丸く、その間の口の上あたりに薄黄色の短い毛が生えた部分があり、そこが白みを帯びた台形か三角形に見えます。 その区別がつけば、オスを素手で捕らえて観察することもできます。 オスは人にとってまったく無害な昆虫です。 スポンサードリンク クマバチのメスは人を刺すことがある クマバチにはミツバチのように集団で営巣する社会性がなく、成虫のオス・メスそれぞれが単独行動をしています。 オスは自分で巣を作らず、体のサイズに合った丸い穴であればどんな場所や物でもその中にもぐりこみ、ねぐらにしているようです。 一方、メスは産卵して幼虫が成虫になるまで育てるための場所として、樹木の太い枯れ枝や木造建築の垂木・横木などに穴を開け、中を頑丈な口で削って細長い巣穴を作ります。 初夏になると、交尾を終えたメスが一匹でカリカリと音を立てて木を削っている光景が見られます。 メスは、営巣を始めて巣穴を掘り終えると、幼虫の餌にする花粉を団子状にして巣穴に貯えるため、餌場と巣の間を活発に行き来します。 また、繁殖期間の5月から10月の間に2度産卵しますが、羽化した子供たちはすぐには巣立たず、巣にとどまって母蜂と一緒に冬眠し、翌春に巣立ちます。 従って、最初の子供たちが羽化してから、巣の周辺には複数のクマバチが飛び交うことになります。 前述のように、クマバチは性質が温厚で攻撃性がなく、針のあるメスも人を刺すことは滅多にありません。 しかし、巣に近づき過ぎたりハチを手でつかんだりすると刺される可能性がありますので、巣の存在に気づいたら距離を保って近づかない方が無難です。 クマバチに刺されても毒性は弱い クマバチの針はミツバチなどよりも太く、刺された瞬間には強い痛みを感じます。 しかし、 毒性が比較的に弱いため、刺し傷の炎症は大したことはありません。 市販のハチ刺されに効くステロイド外用薬(抗炎症薬)を塗るだけで十分です。 ただし、これまでにハチに刺された経験のある人は要注意です。 激しい全身性のアレルギー症状である アナフィラキシーショック(蕁麻疹、呼吸困難、意識障害など)が起こったときは、直ちに医療機関を受診するか救急車を呼んでください。 クマバチは見かけによらずおとなしいハチです。 しかし、メスには近づき過ぎないようご用心。 よく読まれている記事• デキストリンの危険性は... デキストリンは、片栗粉などの澱粉が加水分解されてマルトース(麦... ベーキングパウダーの危険性は... ベーキングパウダーは、19世紀末にドイツで商品化されたレ... クマバチの危険性は... クマバチは、体長が 22~23mm もある比較的に大きなハチです。... 人工甘味料の危険性は... 厚生労働省が食品添加物として認可している人工甘味料を五十音順に紹... ポリデキストロースの危険性は... ポリデキストロースは、トウモロコシ由来のブドウ糖を主原料... グリシンの危険性は... グリシンは、タンパク質の構成要素となるアミノ酸の一種です。 多種多様... ナメクジの危険性は... ナメクジは、北海道から沖縄まで全国に生息しています。 現在、都市・農... 乳化剤の危険性は... 乳化剤は、水と油を均一に混ぜ合わせることのできる食品添加物ですが、泡... 水で膨らむビーズの危険性は... 水で膨らむビーズは、直径1mm~15mm の球形(または直... 除光液の危険性は... 除光液(リムーバー)の主成分は、マニキュアやジェルネイル・スカルプチ... 塩素系漂白剤の危険性は... 家庭用の塩素系漂白剤は、強い漂白作用と殺菌作用がある次亜塩素酸... ソルビットの危険性は... ソルビット(またはソルビトール)は、自然界ではバラ科・オオバコ科... トレハロースの危険性は... トレハロースは、地球上のさまざまな生物の細胞内に存在する糖の一... 増粘多糖類の危険性は... 増粘多糖類にはさまざまな種類があり、飲料・食品に粘性や接着性を与... 王水の危険性は... 王水は、濃硝酸と濃塩酸を 1 : 3 の体積比で混合して生成される液体... コチニール色素の危険性は... コチニール色素は、中南米やスペインで養殖されているエンジムシ... ケミカルライトの危険性は... ケミカルライトは、コンサートやライブ・結婚披露宴などのイベン... マーガリンの危険性は... マーガリンはバターと似ていますが、バターが牛乳から造られているの... ゾウムシの危険性は... ゾウムシは種類も豊富で我々の身近にいるごく普通の甲虫類です。 通常の日常... 有毒魚の危険性は... 毒のある魚としてもっとも有名なのが、フグ(トラフグなど)です。 ふぐ料...

次の

ミツバチ

クマバチ 巣 構造

これらに分類されるのは大型のハナバチが多く、これまで約500種類が確認され、クマンバチという呼ばれ方もします。 北海道から九州にかけて広く分布し、体長は2㎝程。 ずんぐりとした可愛らしい体型をしており、胸部には細くて細かい毛が生えています。 全身が黒く、翅も黒色。 胸部の毛だけが黄色くなっているのでとてもよく目立ちます。 体の大きさの割には翅は小さ目です。 メスは顔全体が黒く、複眼は切れ長で額も広く顎が大きいので全体に頭が大きい印象を受けます。 それに対してオスは複眼が丸くて大きめで、やや狭い額に黄白色の毛が密生していて、全体的に小顔です。 本州に生息するクマバチはキムネクマバチという種類でカスミザクラなどの山桜が咲き終わる晩春ごろに出現します。 活動期間は晩春から中秋にかけて出、その年生まれの新成虫は越冬して翌年に繁殖活動すると考えられています。 ブ~ンという大きな音を立てて安定した飛行をするのが特徴的です。 食性は他のハナバチと同様に花粉と花蜜。 頑丈な頸と太めの口吻を持っているので、花の根元に穴を開けて蜜だけを得る盗蜜をよく行います。 マメ科のフジやユクノキ、トケイソウ科のパッションフルーツなどの熱帯果樹はクマバチ媒花と言われ、クマバチに特に花粉の媒介をゆだねている花です。 オスはとても行動的ですが、針を持っていないので人を刺すことはありません。 毒針を持っているメスにしてもよっぽどのことがない限り人を刺すことはありませんし、刺されてもアナフィラキシーショック以外で重症に至ることはありません。 クマバチの営巣 クマバチの営巣は穿孔営巣と言われ、強い顎を使って初夏にメスが太い枯れ枝や木造家屋の垂木などに細長い巣穴を作ります。 中には蜜と花粉を集め、これを団子にして幼虫1匹分ずつ丸めてそこに直径15㎜にもなる大きな卵を産卵します。 1匹の一階のメスの産卵数は約8個。 この卵が一匹ずつ個室に入るように間仕切りが作られ、細長い巣が作られるというわけ。 間仕切りは房壁から削った粉剤を使い、実に器用に巣穴を作ることから大工ハチの異名を持つほどです。 何世代にもわたって古巣を利用することもあるようで、それはまるで人間のようでもあります。 この巣で卵は孵化し、羽化までした成虫は未成熟のまま巣にとどまって冬を迎えます。 その間、メスの親バチはせっせと花粉や蜜を巣穴に運びます。 クマバチの飛行能力 クマバチは体に対してあまりにも小さい翅を持っている為、航空力学的には飛べるはずのない形なのに何故か飛べている、と言われ長年その飛行方法が大きな謎とされてきました。 現在は空気の粘土を計算に入れることでクマバチの飛行方法は照明されているのですが、不可能を可能にする象徴として会社やスポーツチームなどのシンボルマーク的に使われることも多いようです。 クマバチの飛行に関してもう少し詳しくお話しすると、体の小さなクマバチには私たちが普段生活している空気が粘性を持ったものとして感じられているというのです。

次の