歯医者 コロナ 大丈夫。 【新型コロナ禍でキャンセル続出の歯科医院~非常時に行くべきか否か~】

【新型コロナ禍でキャンセル続出の歯科医院~非常時に行くべきか否か~】

歯医者 コロナ 大丈夫

番組が募集する「#とくダネ!コロナSOS」には歯科医療現場からの声が多く寄せられているという。 歯科衛生士たちは「歯を削るタービンとか歯石を取る超音波スケーラーは、目には見えない削りかすや水しぶきが何メートルも飛んでいる」「もし来診者が新型コロナに感染していたら、かなりの量の飛沫を浴びている形になる」と日々感じている恐怖を話す。 「マスクやグローブ(ゴム手袋)が不足していて、注文しても全然届かない状態です。 先日、院長から『使い回せ』という指示が出ました」という驚きの情報もあった。 3月15日(2020年)付の米「ニューヨーク・タイムズ」紙は、職業別の感染リスクを紹介。 感染リスクが最も高かったのは「歯科医師」だった。 翌16日、米国歯科医師会は全米の歯科医師に対し、3週間は緊急治療のみ対応するよう要請した。 日本人の能天気さにショックを受ける米歯科医 しかし日本では今のところ、普通に診療している歯科医院が多い。 例えば、川崎市内の歯科医院に訪れる患者の多くはクリーニングなどの定期健診で、緊急性は低い。 それどころか、自粛要請が出て時間に余裕があるうちに歯のケアをしようという人が増えているという。 キャリア20年の歯科衛生士の女性は「自分も感染してしまうかも知れないと不安です。 本音では、急を要さないものであれば先延ばしにしていただいたほうが、患者さんも私たちも安心です」と話す。 ニューヨークの歯科医師は「日本で通常通りに歯科診療が行われていると聞いてショックを受けている。 唾液が一番の拡散の要因だということは知られている。 歯科医院で働いている人間の健康だけでなく、その日の患者すべてを危険にさらすことになる」と警鐘を鳴らす。 伊藤利尋アナ「日本では歯医者に行くとよいというデマが流れたようです」 橋口いくよ(小説家)「歯石がコロナウイルス感染を防ぐという話が出回って、予約が埋まっていると聞きました」 昭和大学医学部客員教授の二木芳人医師「それは根拠がない話ですね」.

次の

新型コロナウイルス感染症について|歯科医師のみなさま|日本歯科医師会

歯医者 コロナ 大丈夫

世界各国で問題になっている新型コロナウイルスは時間が立つごとに感染が広がっています。 今は何をするにも神経質になってしまいがちですが、ウイルスに感染することをいたずらに怖がるのはかえって危険ではないでしょうか。 つい最近もトイレットペーパーについてのデマが流れ、薬局などに大勢の人が押しかけました。 自分で情報収集をするのは大切なことですが、情報の取捨選択を間違ってしまうと危険です。 できるだけ密閉空間にはいかないようにと言われていますが、どうしてもそういう場所に出向かなければならないこともあるでしょう。 歯医者の予約をしているけど、行くのをためらっている方も多いのではないかと思います。 虫歯があって痛くてどうしようもない方は、考えている余地はないでしょうが、定期検診などで急を要しない方で迷っている方もいると思います。 この記事では、新型コロナウイルスは歯医者でも感染するのか?歯医者が行っている新型コロナウイルス対策を紹介します。 紹介する新型コロナウイルス対策は、全ての歯医者で行っているわけではありませんので、心配な方は事前にホームページなどで調べてから行くことをおすすめします。 この記事は私的な見解が含まれています。 新型コロナウィルスに関する詳細な情報は、を必ずご覧ください。 結論から言ってしまうと、 絶対にかからないという保証はありません。 しかし、 それは歯医者に限った話ではありません。 電車に乗っていても、道を歩いていても感染する可能性は否定できません。 大切なのは感染を恐れて家に閉じこもる事ではなく、訪れようとしている場所でどのような対策がなされているかを知ることです。 特に感染の可能性が高くなると言われている密閉空間では、感染の可能性が高まるからこそ、状況に応じた対策をおこなっています。 それをきちんと理解することが自らの感染を防ぐ事への一歩ではないでしょうか。 治療するとに口の中に手を入れたり、密閉空間に長時間滞在することに不安を感じる人は多いでしょう。 ましてや、治療中にマスクをしたままというわけにもいきません。 その不安が不必要な体調不良を連れてくる可能性もあるので、歯医者で行われている新型コロナウイルス対策をご紹介します。 ただし、 下記の対策はすべての歯医者で行わているわけではありません。 歯医者に行く前に、どういう対策がされているかの確認をおすすめします。 スタッフのマスク・ゴム手袋の着用 風邪やインフルエンザなどでもおなじみですが、 新型コロナウイルスへの対策として歯医者のスタッフはマスクを着用しているところが多いです。 また、 口からの感染を防ぐため、ゴム手袋を患者ごとに交換。 スタッフの手洗いと手指の消毒 これは当たり前のことかもしれませんが、 スタッフの手洗いを普段より頻繁に行う。 エプロンやコップは使い捨てにする 治療時に着用する エプロンや治療後に口をすすぐ紙コップは、使い捨てにして患者ごとに交換。 歯を削る機械やすべての切削器具の滅菌 虫歯治療の歯を削る機械や切削器具などは、口の中に入れるものです。 もし、機械に菌が付着していないように 患者ごとに消毒、滅菌を行う。 椅子や治療台の消毒 治療が終わった後、 アルコールや次亜塩素酸ナトリウム溶液で椅子や治療台、操作パネルを消毒し感染予防。 次亜塩素酸加湿器を設置 感染予防対策として、 待合室や治療室に次亜塩素酸加湿器を設置ウイルスを殺菌し、空気感染を防ぐ。 定期的な空気の入れ替え まだまだ肌寒い時期ではありますが、 多くの店舗で定期的な換気が行われています。 空気の停滞はウイルスの好むところですので、一見地味に見えるこの作業は感染を防ぐのに有効です。 寒いと感じる人にはブランケットを貸し出すなどしているようです。 出先がどれだけ細やかな対策を行っていても自分自身の対策が疎かではその効果もなくなってしまうので、次は個人でできるをご紹介します。 また、でも歯医者の入り口や院内に注意喚起をする掲示物を作成しています。 手洗い 基本中の基本で、一番大切なことは手洗いをしっかり行うことです。 ドアノブや電車のつり革、エスカレーターの手すりなど、不特定多数の人が接触したものに触れた後や、外出から帰宅した際は、他の物に触れる前に必ずしっかりと手を洗って下さい。 手洗いの後にアルコールで消毒するのも効果的です。 手の甲や指先、手首まで冷水でまんべんなく濯ぎ、石鹸で念入りに洗いましょう。 室内の湿度を保つ 冬はどうしてもエアコンに頼りがちですが、 空気が乾燥すると喉の粘膜が持つ防御する力が弱まってしまいます。 空気の乾燥は新型コロナウイルスだけでなく、多くの病を連れてきてしまうので室内の湿度をこまめにチェックしましょう。 適切な湿度は 50~ 60%となっています。 十分な食事と睡眠をとる 人間の体には立派な免疫力が備わっていますが、 睡眠時間や食事が不足していると免疫機能が低下してしまいます。 免疫機能が低下してしまった状態では、どんなウイルス対策も効果が半減します。 体に疲れが残らないよう、睡眠と食事はしっかり取りましょう。 過度な食事制限を行うダイエットは行わないようにして下さい。 長時間睡眠をとるのが難しい人は、短くても質のいい睡眠を取れるように睡眠環境を整えましょう。 まとめ 歯医者は密閉されていて、スタッフとの距離が近いので特に器具の消毒や手洗いなどに細心の注意を払う必要がありそうですね。 治療する側もそのあたりは十分わかっていて、新型コロナウイルスの感染対策を行っている歯医者も多いことが分かりました。 絶対に感染しない方法は残念ながら現時点では発見されてはいませんが、普段からの健康管理に気を配り、自分でできる対策をきちんと行っているのならば歯医者を利用するのに不必要に怯える必要はありません。 でもどうしても怖いという場合には、治療を延期しても問題なさそうなら新型コロナウイルスが終息するまで待つのも1つの手かもしれません。 結局、行くか行かないかは個人で判断するしかなさそうです。

次の

感染防止で歯医者に行くか迷っています。私は現在虫歯の治療で週1...

歯医者 コロナ 大丈夫

新型コロナウイルスがとにかく心配なこの時期、「歯が痛い」「通院中だけどいくべき?」と歯医者さんに行くか行かないかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 こちらの記事では、歯医者さんが新型コロナウイルス感染リスクを下げるためにどのようなことを行っているのか、また歯医者さんに行くときの注意点、歯医者さんに行かずにできる対処法について取り上げて行きたいと思います。 現在、緊急事態宣言は全国的に解除されていますが、治療の緊急性が低い症状や定期検診・訪問診療関して、かかりつけ歯医者さんへ事前相談等のうえの受診をご検討ください。 また、記事中に掲載されている対策は、全ての歯科医院で取り組まれているということではなく、あくまで例として取り上げています。 歯科医院ごとに設備や対策が異なりますのでご承知おきください。 我慢できない腫れや痛みなどにより診療を検討する際に、感染予防の対策等に関してご不明な点がございましたら、受診予定の歯科医院へ直接お問い合わせください。 今、歯医者さんにいっても大丈夫? 1-1. 今の時期、歯医者さんに行くのが怖い2つの理由 歯医者さんに行くことをためらってしまう理由として、「3密(密集・密閉・密接)が避けられず濃厚接触してしまうから」「歯医者さんに行くことは不要不急の用事なのか」ということが主にあげられるかと思います。 歯医者さんは、人が密集している・密閉空間において・密接した距離で会話を行うという、いわゆる「3密」の状態です。 歯科診療は、虫歯治療で歯を削ったり歯石を除去したりするため、治療中にでた削りカスや水しぶきが空気中に飛散してしまう特性を持っています。 また、お口を直接触って治療が行われるため、濃厚接触を避けることは難しい状態と言えるでしょう。 「不要不急」の目安の定義は定まっていませんが、たとえば東京都では「その日でないとだめな用事かどうか」という基準のもと自分自身で判断してもらいたいとしています。 1-2. 放置、治療の中断により虫歯や歯周病が悪化する可能性も 歯医者さんを受診するか判断に迷う一方、虫歯や歯周病を治療しないまま放置していると、症状が進行し、歯茎が炎症を起こしたり歯の根っこに膿が溜まったりすることで痛みが発生します。 また、さらに放置することで、血管のなかに入り込んだ菌が全身にまわるようになり、身体全体の免疫低下につながることもあります。 そのため、歯や歯茎の状態や急な痛みなどによっては、治療を先延ばしにすることが難しい場合もあるでしょう。 そこで次の章では、ウイルス感染のリスクに関して、歯医者さんを取り巻いている現状に触れていきます。 歯医者さんが行っている新型コロナウイルス対策例 2ー1. 歯科医院の感染予防に関して 歯医者さんを含め、すべての医療機関においては、「スタンダード・プリコーション」と呼ばれる考えのもと感染予防に取り組んでいます。 スタンダード・プリコーションとは、「標準予防策」とも呼ばれ、感染症の有無に関わらず全ての患者さんに対して行われる予防策です。 「汗を除くすべての血液、体液、分泌物、損傷のある皮膚・粘膜は感染性病原体を含む可能性がある」という原則に基づき、手指衛生やマスク・ガウンの着用、物品の整理などを行っています。 今回のコロナウイルス感染症に関しては、「スタンダード・プリコーション」に加えて接触感染や飛沫感染を予防するために、厚生労働省や各学会、そしてそれぞれの歯医者さんが感染予防に取り組んでいます。 厚生労働省による呼びかけ 厚生労働省では歯医者さんに対して、新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐため、院内感染対策に関して下記のことに留意するように呼びかけています。 2020年4月13日現在 ・歯科医師は応急処置治療で留めたり、緊急性のない治療に関しては延期したりすることも考慮して判断する。 ・診療の前に発熱や咳といった呼吸器症状や海外渡航歴について患者さんに対して確認を行う。 その際に、新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合には、速やかに「帰国者・接触者相談センター」に連絡を行うように伝える。 ・待合室の消毒作業をより丁寧に行う。 ・診療にあたっては、マスクやゴーグルを着用したり、機器の消毒をしたりといった感染対策を十分に行うようにする。 ・積極的な手洗いや消毒用エタノールによる手指消毒を行う。 ・密閉回避のために、診療室や待合室の換気を定期的に行う。 ほかにも、スタッフに対して毎日検温などの健康管理を行い、歯医者さんに来る前の患者さんに対して感染者や感染疑いのある場合には帰国者・接触者相談センターを紹介する電話対応を行うよう、周知徹底を呼びかけています。 厚生労働省からの通知を始め随時新型コロナウイルス感染対策に対する情報は厚生労働省や日本歯科医師会ホームページにて更新されていますので、気になる方は参考にしてみてください。 2-3. あくまで例として取り上げています。 歯医者さんの中には、医院のホームページに感染予防の取り組みを掲載したり、お知らせはがきで通知したりしているところもあり、受診の前に歯医者さんの状況を確認することができます。 下記で挙げているのは、行われている取り組みの一例です。 【治療で使用する器具に関して】 ・使い捨て診療器具の使用 ・ドイツ製の滅菌機器による滅菌処理 ・個別の滅菌パックでの保管 【待合室や診療室に関して】 ・ドアノブや手すりといった不特定多数の人が触る箇所をこまめに消毒 ・入り口付近にアルコール消毒の設置 ・治療終了後の診療台の消毒 ・医療機関用空気清浄装置や、診療中に発生する粉塵をより強力に吸い取る口腔外バキュームを導入 ・こまめな換気の実施 ・院内すべての水に関して除菌するシステムを利用し、配水管内の細菌の繁殖を抑えることによる衛生的な治療環境の保持 ・予約時間や予約で受け入れる患者さんの数を調節し、待合室の人混みを軽減 【患者さんへの呼びかけ】 ・診療開始前にうがい薬などを活用した口腔内消毒協力の呼びかけ ・診療にきた人に対して赤外線の体温計などを用いた検温を実施 他にも、対応する処置の内容を制限する例や普段はマスクを外して治療説明を行っていた歯医者さんが、マスクを外さずに対応しているという例もあります。 上記に掲載されている対策は、歯科医院の設備や状況によって異なりますので、心配な方は事前にホームページや電話で確認してみてください。 歯医者さんに行くときに気をつけること 3-1. 新型コロナウイルス感染の疑いがあるかを事前に考える 歯医者さんに行く際に、発熱やのどの痛み、せき、息切れ、倦怠感などの症状がある場合には、受診を控えましょう。 また、下記のような症状に当てはまる方は、すぐに「帰国者・接触者相談センター」へのご相談をお願い致します。 ・息苦しさや強いだるさ、高熱等の強い症状のうちいずれかがでている場合 ・高齢者や基礎疾患のある方・透析を受けている方・免疫抑制剤や抗がん剤等を使用している方といった重症化しやすい方や妊婦の方に関しては、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がでている場合 ・上記以外でも、発熱や咳といった比較的軽い風邪の症状が続く場合 (解熱剤を飲み続けていたり症状が4日以上続いていたりする場合は、相談を必ず行ってください。 ) 上記の例はあくまで目安です。 症状には個人差があるため、 自身が強い症状だと思う場合につきましてすぐに相談ができます。 3-2. マスクの着用やアルコール消毒などに協力する 歯医者さんのなかには、患者さんに対して院内でのマスク着用や手指のアルコール消毒のお願いを呼びかけたり、受付の際に検温や「味覚障害」「嗅覚障害」の症状確認を求めたりするところもあります。 また、咳やくしゃみが直接他の人にかからないよう、診療中に咳きこむ場合には、ティッシュやハンカチ、服の内側などで口鼻を覆う「咳エチケット」に協力することも大切です。 3-3. 予約時間を守る 予約時間を守り、待合室の人数をできる限り少なくすることに協力して、待合室が密集し、他の患者さんと近い距離でいることを回避していきましょう。 歯が痛い!自宅でも行える処置の方法 4-1. 歯が痛いときの応急処置 歯が痛くて腫れてしまっている場合、自宅でできる応急処置の方法として下記のものが挙げられます。 ・頬側から痛みのある箇所を冷やす 炎症により神経が圧迫されたことで生じる痛みは、冷やすことで和らげることができます。 ただし、冷やしすぎると血流が悪くなり、症状が悪化してしまうこともあります。 ・口の清掃を行う 虫歯が原因でできた歯の穴などに食べカスが入ってしまっている場合、歯間ブラシなどを用いて汚れをとることで痛みが和らぐことがあります。 しかし、痛みが強い場合は、触れることで悪化することもあるため、注意が必要です。 ・痛み止めを服用する 上記の方法は一時的に痛みを和らげる方法であり、治療ではありません。 自分の健康状態や歯医者さんの状況などを考えながら、受診を検討してください。 また、痛みのある場所を触ったり喫煙を行ったりしてしまうと刺激が加わり、痛みが増してしまう危険性があります。 飲酒や入浴などを行うことで血行がよくなり、痛みが悪化してしまうこともあるので、控えたほうが無難です。 痛くなる前に!歯をきれいに保つための方法 健康な歯を保ち、虫歯や歯周病を防ぐためには、歯垢が付着しないよう、日頃から丁寧なブラッシングを行うことが大事になります。 歯を1本1本磨いていくことで、磨き残しがないようしっかりと歯垢を落としていきます。 また、歯垢は歯と歯の間に溜まりやすいため、歯間ブラシなどを用いながら、汚れを落としていくことも有効的です。 まとめ 歯医者さんが今取り組んでいる、さまざまな感染予防策に関してまとめてきました。 歯医者さんに行く際には、自分の今の健康状態を確認していくことが大切です。 歯が痛くても我慢している方や虫歯が悪化している方など、どうしても痛みが治まらない場合を含めて、各歯科医師会や医院ホームページなどを確認しながら検討してみてください。 【監修医 貝塚 浩二先生のコメント】 歯が痛い、腫れたとか、差し歯が取れた、歯の外傷等の緊急の場合以外は、行かない方が良いと思いますが、予約している場合は無断キャンセル、直前のキャンセル等は控えてください。 予約なしで来院はせずに、歯科医院のルールに従って下さい。 宜しくお願いします。

次の