早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます 英語。 「返信ありがとうございます」の英語|ビジネスメールでも使える7例文

「早速」の意味とは?「早速のご対応」の例文・英語表現などを解説!

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます 英語

・「早速のご返信ありがとうございました」は挨拶文として使う ・タイトルに「早速のご返信ありがとうございました」は使わない (「Re: 相手から送られてきた件名」が無難です) ということを覚えておいてくださいね。 ビジネスメールの書き方に困ったときの対処法とは? さて、就活を始めたときには、「ビジネスメール」というものに戸惑ったという方も多いのではないでしょうか。 それもそのはず、ビジネスメールはプライベートのやり取りとは違い、いくつもの「決まりごと」に従って書かなければいけないので、慣れるまでに少々時間がかかるからです。 しかし、実は「社会人になってもビジネスメールについて悩んでいる」という方は多いんです。 例文1 日送付いたしました食事会へのご案内に早速のご返信をいただき、誠にありがとうございます。 例文2 この度は早速のご返信恐れ入ります。 例文3 お忙しい中、早速のご返信ありがとうございます。 さて、ご提案いただいたデザイン案ですが、一度社内で検討した後、改めて採用の可否をご連絡させていただきます。 例文4 〇〇大学〇〇学部の鈴木です。 この度は急なお願いにもかかわらず早速のご返信大変ありがとうございます。 【1分でわかる】 早速のご返信の意味やビジネスメールでの使い方と例文、また、敬語表現のまとめ 最後に、「早速のご返信」の意味や使い方のポイントを復習しておきましょう。 【意味】 すぐに手紙やメール返事を送る 【敬語表現】 例文1 先日送付いたしました食事会へのご案内に早速のご返信をいただき、誠にありがとうございます。 例文2 この度は早速のご返信恐れ入ります。 例文3 〇〇大学〇〇学部の鈴木です。 この度は急なお願いにもかかわらず早速のご返信大変ありがとうございます。 ビジネスの場では、メールや文書のやり取りを欠かすことはできません。 そして、その中で相手に感謝の気持ちを表すことができる「早速のご返信」という言葉を使いこなせるようになれば、文字でのコミュニケーションがもっとうまくいくはずですよ。 ぜひ、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

次の

「早々のご対応」は上司に使える?意味とビジネスの例文と類語、英語表現

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます 英語

「早速」の意味 「早速」とは、 「すぐに」「速やかに」という意味の言葉であり、何か物事に応じて「早速対応する」あるいは「早速対応した」というような場合に使う言葉です。 「早速」は相手が誰であっても使うことができる言葉で、目上の人やお客様に対しても使うことができます。 「早速」の類義語と使い方の違い 「早速」と似たような言葉に「早々」や「迅速」といった言葉があります。 これらは早速と同じような意味で使われることが多い言葉ですが、使い方や使う相手は少し異なります。 「早速」と「迅速」は目上の人やお客様に対しても使える言葉ですが、「早々」は目上の人には使えません。 そのため、お客様に対して「早々に対応していただきましてありがとうございました」というような使い方はできません。 目上の人やお客様に対して使うのであれば「早速対応していただきましてありがとうございました」「迅速に対応していただきありがとうございました」という使い方が正しい使い方です。 「早速」も「迅速」も似たような意味合いで使われることが多い言葉ですが、「早速」は何か物事を進めることが決まってからすぐにその物事の対応を行うという意味で使われる言葉です。 一方、「迅速」という言葉は、 物事を進めることが決まってからただちに対応を行うわけではないとしても、早めに対応を行ったり、対応そのもののスピードが速い場合に使うことが多い言葉です。 「早速」の正しい使い方 「早速」を用いるシチュエーションはたくさんありますが、その中でも日常生活やビジネスシーンでよく使われるフレーズを紹介します。 1 「早速対応していただきまして…」 ビジネスシーンで頻繁に使うのが 「早速対応していただきまして…」という言葉です。 「早速対応していただきまして」という言葉は「すぐに対応していただきまして」「早めに対応していただきまして」と同じような意味になります。 3日以内の期限を設けた上で1日目から3日目の間でいつデータを送ってきてくれたとしても、送ってきてくれたタイミングで早い対応と思うのであればこの言い方は使うことが出来ます。 とはいえ、明らかに期限を過ぎてから遅れて送ってきている場合など、誰がどう見ても遅い対応の時に「早速対応していただきまして…」と言ってしまうと、相手にとっては皮肉を言われているように感じてしまうこともあるため注意が必要です。 「早速」を使うときは、本当に早い対応だと感じる時にのみ使うようにしましょう。 2 「早速ですが…」 何かの話を始める時に 「早速ですが…」「早速ではございますが…」といったフレーズを使うことはビジネスシーンでは日常茶飯事です。 」というように使うのが一般的です。 「早速ですが」で使われる「早速」は、「早速ご対応頂きまして…」のように「すぐに対応してくれた」という意味合いとは少し違います。 「早速ですが」で使われる「早速」は、「それでは」というような、話の中で間を置くようなクッションの役割を果たす言葉として使われるのが一般的です。 「早速ですが、本題に入らせて頂きます」のように使うことで、初めのアイスブレイクの話が終わってこれから本題に入るという意思表示をすることも可能です。 ビジネスシーンでは、例えば何かの操作方法や手順を誰かに説明した後に「それでは早速、今説明したことを実際にやってみましょう」というような使い方をします。 この例文の「早速」は「今説明したことをすぐにやってみましょう」という意味で使われています。 一方で、その「早速」を「迅速」に置き換えてしまうと「今説明したことについて、スピードを速くしてやってみましょう」というような意味になってしまいますので、本来の意味とは違ったものになってしまいます。 そのため、もし「スピードを速くやってみましょう」ということが言いたいのであれば「早速」ではなく「迅速」を使うというように、使い分けが必要である点に注意しましょう。 4 「早速のご返信、ありがとうございます」 ビジネスシーンで目上の人やお客様とメールでやり取りする際に非常によく使われる言葉の一つに、 「早速のご返信、ありがとうございます」という言葉があります。 何かを相手にメールで質問した場合や、回答をするよう促すようなメールを自分から送っており、そのメールに対して返信をもらった時に「早速のご返信、ありがとうございます」と送るのが正しい使い方です。 もし、「先日はありがとうございました」というようなメールを相手に送っているだけで、返信を促していないのであれば、相手からも同様のお礼メールが返ってきたとしても「早速のご返信、ありがとうございます」というような使い方はしません。 「早速」はよく使うからこそ正しい使い方を心掛けて 「早速」はビジネスシーンでも日常生活でも頻繁に使うメジャーな言葉となっています。 会話の中で枕詞のように使われることも多い言葉ですが、「迅速」や「早々」のように類義語もたくさんあるために、いつの間にか本当の意味から遠ざかった間違えた使い方をしたり、他の類義語と使い方の区別が付かなくなってしまうことはよくあります。 使い方を間違えると違う意味になってしまい、本来相手に伝えたい意味とは違ったニュアンスで伝わってしまう恐れがあります。 特にビジネスシーンにおいて、日本語の間違いは周囲からの評価を下げる要因にもなりかねませんので、正しい使い方を心掛けましょう。

次の

ビジネスメールで使える「早速のご返信ありがとうございます」

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます 英語

"Thank you for quickly replying to my message. " quickly - fast Replying - answer Message - this could be a text message, email, voice message, etc. "I appreciate your swift response to my email. " Appreciate - this is something you are grateful or thankful for. The person chose to answer you quickly and you appreciate them doing that for you. Swift - quick or fast Response - Answer, sending their own email The two sentences you see provided above are great ways to express to your listener that you are grateful that they responded to your email quickly. In the first sentence you will see the adjective swift and in the second sentence you will see the adverb promptly. Both of these words mean quick or quickly. They would make excellent additions to your vocabulary. Business email messages can range from very formal to casual depending on your business partner and how familiar the relationship is. If you would like to be very proper and formal, you could use the phrase- "Thank you for your prompt reply. " If you have a casual relationship, then you can instead use the word, "Thanks. " To use the phrase, "quick reply" is also grammatically correct but it sounds less formal than using the phrase, "prompt response. " You can use any one of these two statements to thank someone for a prompt reply:- 1. Thank you for your prompt reply. Thank you for your timely response. If you thank someone for a prompt or timely response to your email, it means that that the person responded withour delay to your email. The words "timely" and "prompt" indicate that the response was without delay. "Thank you for getting back to me so quickly. " is the most common. "getting back to" is a respectful and formal way of saying "reply". "Thanks for responding in a timely manner. " is more formal than the first phrase. "a timely manner" means a time period that is appropriate to respond to an email. "I appreciate your fast response. " instead of saying "thank you" you can be more direct about how it makes you feel by saying "I appreciate". "Thank you for getting back to me so quickly. "(早急な返信ありがとうございます) - これが最も一般的です。 "getting back to" は "reply"(返事する)の丁寧でフォーマルな言い方です。 "Thanks for responding in a timely manner. "(早急な返信ありがとうございます) - これは最初のフレーズよりもフォーマルです。 "a timely manner" はメールを返信する適切なタイミングを表します。 "I appreciate your fast response. "(早急な返信に感謝致します) - "I appreciate" は "thank you" よりも自分の気持ちを直接的に表します。

次の