プライスレス ドラマ ネタバレ。 priceless(プライスレス) 8話 あらすじ: ドラマ・映画の「あらすじ」時々ネタバレ

木村拓哉のドラマ「プライスレス」のあらすじとネタバレ

プライスレス ドラマ ネタバレ

priceless プライスレス 〜あるわけねぇだろ、んなもん! 〜 8話 あらすじ 【15分拡大放送】 『ハピネス魔法瓶』を立ち上げ、オフィスも用意した金田一二三男(木村拓哉)たち。 鞠丘貫太(前田旺志郎)、両太(田中奏生)たちもオフィスに来て、模合謙吾(中井貴一)にあきれられながら喜ぶ金田一。 しかし、二階堂彩矢(香里奈)の姿はそこにはなかった。 辻義人(志賀廣太郎)がオフィスを訪れ、金田一に古い機械が壊れたことを報告する。 魔法瓶の生産が完全に止まってしまった。 新しい機会を入れるには多額の資金が必要になってしまう。 金田一は広瀬遼一(草刈正雄)に資金援助をお願いするが、すぐ承諾できる金額ではない。 だが、ベトナムの大企業と日本の家電メーカーの業務提携を模索しているという情報を金田一に伝える。 さらに、金田一たちが業務提携できれば協力は惜しまないと告げられ、自社が調整役を務めるレセプションパーティーに招待される。 そこには大屋敷統一郎(藤木直人)も出席することを教えられる。 『幸福荘』に帰った金田一に一厘(夏木マリ)から、彩矢が出て行ったことを知らされるが、すぐに帰ってくると動じない金田一。 その頃、彩矢は『ミラクルエレクトロニクス』で働かないかと統一郎に誘われていた。 〜priceless プライスレス 〜あるわけねぇだろ、んなもん! 〜 8話 あらすじ〜.

次の

木村拓哉のドラマ!HERO・CHANGE・プライド・プライスレスを見る

プライスレス ドラマ ネタバレ

木村拓哉が主演するフジテレビのミラクル魔法瓶ドラマ「PRICELESS(プライスレス)あるわけねえだろ、んなもん」の第1話「はじめての貧乏…500円稼ぐって難しい」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。 プライスレスの原作や主題歌については『」をご覧ください。 その、大屋敷巌(中村敦夫)は死に際に、息子の屋敷統一郎(藤木直人)に何かを耳打ちしていた。 病院を出た屋敷統一郎(藤木直人)は、専務の財前修(イッセー尾形)に、「金田一二三男(木村拓哉)という男を知っていますか?」と尋ねた。 財前修(イッセー尾形)は「うちの企画営業部の課長ですね。 取るに足らない男だと思いますよ。 同期では出世は遅れているようです。 人当たりは良いので後輩には好かれているようです。 あと、草野球チームに所属しています」と教えた。 その日、「ミラクル魔法瓶」の営業・金田一二三男(木村拓哉)は、榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)の搬入ミスを謝罪するため、取引先を訪れる。 金田一二三男(木村拓哉)は、「お金は気持ちよく使わないと意味が無い」という楽天家で、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)ともつきあい始めて、ノリ乗っている男だった。 金田一二三男(木村拓哉)は取引先の部長に土下座して、「申し訳ございませんでした。 タダとは言いません。 別件で商談を進めているクーラーボックスの方も、お値引きさせて頂きます」と、頭を下げる。 取引先の部長は「まったく、金田一君くらいだよ。 謝罪に来て別の商品を進めちゃうなんて」と笑うと、金田一二三男(木村拓哉)は「よかったら使ってください」と言い、釣りの「ヘラ浮き」を差し出した。 「ヘラ浮き」を受け取った取引先の部長は、「これは、君が作ったのか」と言って喜んだ。 謝罪に出向いたはずだが、蓋を開けてみると、金田一二三男(木村拓哉)は商談を成立させていた。 取引先の会社を出ると、榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)は「部長が釣り好きだなんて知ってたんですか?」と驚く。 金田一二三男(木村拓哉)は「本棚に釣りの本があっただろ」と教える。 2人が自販機でジュースを買って飲んでいると、空き缶を集める浮浪者が通りかかった。 金田一二三男(木村拓哉)は「あれって儲かるんだろうか」と噂した。 ある日の夜、金田一二三男(木村拓哉)が彼女・広瀬瑤子(蓮佛美沙子)をタクシーに乗せて別れると、道路で泣いている少年2人組を見かけた。 金田一二三男(木村拓哉)が理由を尋ねると、少年・鞠丘貫太(前田旺志郎)は「母親の病院へ行こうとしたが、弟が財布を落としてしまったんです」と答えた。 金田一二三男(木村拓哉)は「いくらだ」と尋ねると、少年・鞠丘貫太(前田旺志郎)は「300円です。 でも、ウチは貧乏だから、借りても返せない」と言う。 すると、金田一二三男(木村拓哉)は「いいから」と言い、500円玉を少年・鞠丘貫太(前田旺志郎)に握らせた。 翌日、金田一二三男(木村拓哉)が出社すると、みんなの反応がいつもと違う。 パソコンを使って仕事をしようとするが、パソコンにロックがかかっている。 そこへ、上司の模合謙吾(中井貴一)がやってきた。 金田一二三男(木村拓哉)は何故か査問会議にかけられ、会社の情報を横流ししたという罪で懲戒解雇を言い渡された。 USBやPCにも証拠が残っているのだという。 査問会議が終わると、金田一二三男(木村拓哉)は上司の模合謙吾(中井貴一)に無実を訴えたが、他の社員と口論になり、警備員に取り押さえられてしまう。 その後、模合謙吾(中井貴一)は専務の財前修(イッセー尾形)に、金田一二三男(木村拓哉)の無実を訴える。 しかし、財前修(イッセー尾形)に「1年間調査した結果だ。 情報流出が未然に防げたからいいようなものを、本来なら直属の上司である貴方も処分されているところですよ」と圧力を受け、模合謙吾(中井貴一)は引き下がってしまった。 その日の夜、会社をクビになった金田一二三男(木村拓哉)が帰宅するが、マンションに入る直前で、部屋がガス爆発を起こして燃えてしまった。 翌日、宿無しになった金田一二三男(木村拓哉)はATMでお金を下ろそうとするが、残高は30円だった。 財布の中には1000円札と小銭しかない。 今後の事を考えながら町をさまよっていると、橋のところで、携帯電話に着信がある。 電話は後輩の榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)からだった。 榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)は「先輩、会社で凄い噂になっていますよ。 横領したとか、ガス自殺を図ろうとしたとか」と話していると、金田一二三男(木村拓哉)は後ろから来た自転車とぶつかり、携帯電話を川に落としてしまった。 金田一二三男(木村拓哉)は仕方なく、行きつけの飲み屋「キングス・コート」へ行き、ハンバーガーを注文する。 すると、マスターの藤沢健(升毅)は「あれ、届いてるよ」と言い、金田一二三男(木村拓哉)が注文していた「金閣七味」を差し出した。 金閣七味は滅多に手に入らない商品で、1000円もするのだという。 1000円と聞いた金田一二三男(木村拓哉)は驚き、注文したハンバーガーをキャンセルし、金閣七味の代金1000円をマスターの藤沢健(升毅)に払う。 その日の夜、行き場の無い金田一二三男(木村拓哉)が公園で野宿していると、ホームレスが「ほら、かけ布団。 朝方はもっと冷える。 死なれたら、こっちが迷惑だ」と言い、段ボールを1枚くれた。 段ボールのおかげで、一夜をしのいだ金田一二三男(木村拓哉)が、灰皿からタバコの吸い殻を拾って吸っていると、道路で泣いている少年2組に気付いた。 通りかかった女性が「どうしたの?」と泣いている少年に声をかけると、鞠丘貫太(前田旺志郎)が「弟が電車賃を落としちゃって」と言い、女性から300円を受け取る。 女性が立ち去ると、鞠丘貫太(前田旺志郎)は弟の鞠丘両太(田中奏生)に「もう1回やっとくか」と告げる。 金田一二三男(木村拓哉)は鞠丘貫太(前田旺志郎)らに「また電車賃を落としたのか。 俺の500円を返せ。 会社をクビになって、500円でも貴重なんだ」と迫ると、金田一二三男(木村拓哉)のお腹がグーっと鳴った。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は「飯でも行くか」と言い、金田一二三男(木村拓哉)を公園の炊き出しに連れて行く。 金田一二三男(木村拓哉)は「これ全部タダなんですか」と驚きながらも、食事を済ませる。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は「飯を食ったら仕事へ行くよ」と言い、公園の隅で食べられる雑草を集める。 金田一二三男(木村拓哉)も草を集めるが、「それは苦い」と注意されてしまう。 さらに、雑草集めが終わると、鞠丘貫太(前田旺志郎)は「次は風呂だ」と言い、球場に忍び込み、サッカーの試合をしている間に、控え室のシャワーでシャワーを浴びる。 シャワーを浴びてサッパリした金田一二三男(木村拓哉)が「次はタダでビール飲めるところか」と尋ねると、鞠丘貫太(前田旺志郎)は「あるわけねーだろ、そんなもん」と答えた。 次に金田一二三男(木村拓哉)が連れられていったのは、鞠丘貫太(前田旺志郎)の自宅だった。 自宅は木造のオンボロアパート「幸福荘」だった。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は祖母の鞠丘一厘(夏木マリ)に、公園で採ってきた草を渡し、「行く当てが無くて困ってるんだって」と言い、金田一二三男(木村拓哉)を紹介する。 すると、鞠丘一厘(夏木マリ)は「アンタたち、また人様のお金に手を付けたんだろ」と、鞠丘貫太(前田旺志郎)らを叱り、金田一二三男(木村拓哉)に「迷惑かけたのなら仕方ない。 今日だけ泊まっていきな」と告げた。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は「1泊朝食付きで500円はチャラだからな。 それと他の部屋は絶対に開けるな」と注意する。 他の部屋には誰か宿泊しているのだという。 金田一二三男(木村拓哉)を部屋まで案内すると、弟・鞠丘両太(田中奏生)は「もう1度、公園を探しに行ってもいい」と尋ねる。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は「またかよ。 今日、無かったら諦めろよ」と言い、2人は公園へ向かった。 『』へ続く。

次の

priceless(プライスレス) 8話 あらすじ: ドラマ・映画の「あらすじ」時々ネタバレ

プライスレス ドラマ ネタバレ

木村拓哉が出演するフジテレビの月9ドラマ「PRICELESS(プライスレス)あるわけねえだろ、んなもん」の第3話「1万円のラーメン」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。 第2話のあらすじは「」をご覧ください。 原作や主題歌については『』をご覧ください。 これをくれればな」と取引した。 鞠丘貫太(前田旺志郎)は喜んで注文するが、金田一二三男(木村拓哉)は店の隅に貼っていた古い求人募集を見ると、「食いもんはいいので、俺を雇ってください」と頼んだ。 佐倉辰彦(木村祐一)は「剥がし忘れだ」と断ったが、金田一二三男(木村拓哉)は戦国フィギア山中鹿介幸盛の首が取ると脅し、中華料理店「青春軒」でアルバイトに雇うように頼んだ。 無事に金田一二三男(木村拓哉)は中華料理店「青春軒」でアルバイトすることになり、アパート「幸福荘」に戻る。 会社を解雇され、会社の寮を追い出された二階堂彩矢(香里奈)はアパート「幸福荘」で泊まることにしていたが、もう部屋が空いていないため、金田一二三男(木村拓哉)の部屋に泊まることになってしまった。 鞠丘一厘(夏木マリ)は二階堂彩矢(香里奈)にウエットティッシュを渡す。 アパート「幸福荘」にはお風呂が無いため、ウエットティッシュで体を拭くのだという。 翌日、金田一二三男(木村拓哉)は中華料理店「青春軒」でアルバイトを始めた。 昼になり、金田一二三男(木村拓哉)は、佐倉辰彦(木村祐一)が作ったまかないのラーメンを食べるが、ラーメンは不味かった。 昼時なのに客は来ず、金田一二三男(木村拓哉)が「お客さんが来ないですね」と尋ねると、佐倉辰彦(木村祐一)は「いつもこんなもんだ」と答える。 金田一二三男(木村拓哉)は店の外に出て周辺の様子をうかがうと、近くに行列が出来ているラーメン店があった。 金田一二三男(木村拓哉)は行列に並んでいる客に、「青春軒なら直ぐに入れますよ」と声をかけると、客は「あそこは駄目だ。 昔は美味かったが、今はおやっさんがやる気が無い」と答えた。 店にも戻った金田一二三男(木村拓哉)は「どうせなら美味いラーメンを作りましょうよ」と提案したが、佐倉辰彦(木村祐一)は「金が貰えれば同じだ」と言い、全くやる気を示さず、その日は途中で店を閉めてしまった。 金田一二三男(木村拓哉)は「明日は本気のラーメンを作ってください。 客は俺が連れて来ますから」と頼んだ。 一方、二階堂彩矢(香里奈)がアパート「幸福荘」に帰宅すると、路上アイドル富沢萌(小嶋陽菜)が食堂で脳内コンサートを開いた。 富沢萌(小嶋陽菜)は二階堂彩矢(香里奈)を見ると、路上アイドルを一緒にやろうと勧誘した。 その後、二階堂彩矢(香里奈)が路上アイドルの衣装を着て、廊下で踊っていると、金田一二三男(木村拓哉)らが帰ってきた。 路上アイドルの格好をした二階堂彩矢(香里奈)を見た金田一二三男(木村拓哉)は、二階堂彩矢(香里奈)に「手伝って欲しいことがあるんだけど」と言い、路上アイドルの格好で中華料理店「青春軒」のビラ配るように頼んだ。 翌日の朝、金田一二三男(木村拓哉)が駅前でビラを配っていると、口止めと引き替えに統括本部長に出世した模合謙吾(中井貴一)と出会った。 模合謙吾(中井貴一)が「何か言いたいことがあるんじゃないか」と尋ねると、金田一二三男(木村拓哉)は「出世、おめでとうございます。 今度、ウチでお祝いさせてください。 お金無いから大したことはできないけど」と出世を祝福した。 その後、中華料理店「青春軒」に出勤した金田一二三男(木村拓哉)は、佐倉辰彦(木村祐一)に「今日は客がドバーっときますから」と胸を叩いたが、昼になっても全く客は来なかった。 一方、模合謙吾(中井貴一)は社長・屋敷統一郎(藤木直人)に連れられ取引先へ向かう。 取引先は先代の時から取引をしている得意先だが、屋敷統一郎(藤木直人)は「今年に入ってから御社の業績は落ちています。 経営に不安がある会社と取引を継続するのはリスクがある」と言い、取引の打ち切りを告げた。 取引先の社長は、土下座をして「どんな条件でも飲みますから」とすがったが、屋敷統一郎(藤木直人)は社長を無視して取引先の会社を出た。 一方、二階堂彩矢(香里奈)が帰宅すると、アパート「幸福荘」の様子をうかがっていた不審な女性・広瀬瑤子(蓮佛美沙子)に「ここに金田一さん(木村拓哉)は住んでますか?」と尋ねられた。 二階堂彩矢(香里奈)は「はい。 元々、同じ会社で、あいつのせいで、私までここに住む羽目になって、今では同じ部屋で住んでます」と話す。 二階堂彩矢(香里奈)が「貴女は?」と尋ねると、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)は「彼女です」と答えて走り去ってしまった。 「」へ続く。

次の