ふきのとうとふき。 ふきのとうの下処理や保存方法は?栄養豊富で花粉症にも効果的!?

ふきとふきのとうの違いは?同じ植物なのか、旬の時期や季節、美味しい食べ方やレシピ

ふきのとうとふき

ふきのとうの旬は? その 旬は2月から3月で雪どけと共に姿を現すので、春の訪れを告げる 春の使者とも呼ばれるふきのとう。 溶けてきた雪の合間にひょっこりと顔を覗かせる写真を見たことある方も多いのではないでしょうか? まだ寒い冬の季節、ふきのとうを見つけたら、春が近いことになんだか嬉しい気持ちになりますね。 ふきのとうの選び方・見分け方は? ふきのとうは、「ふき」という植物の つぼみ部分にあたります。 大きくなって、つぼみが開ききって花が咲いたものは 苦味が強く食べづらいです。 若いものの方が美味しいのでそちらを選んでみてください。 選び方としては次の3点に注意して選べば美味しいふきのとうに出会えますよ。 ちなみにふきのとうに似た野菜として、同じ時期に新芽が出る 「ハシリドコロ」があります。 間違えて取ってしまうケースが多いそうですが、 ハシリドコロには強い毒性があるので迷った場合には、食べるのはやめておきましょう。 こちらがハシリドコロです。 ふきのとうとの見分け方としては、ふきのとうは 特有の香りがあり、 葉がギュッと締まり全体的に丸くなっているのに対し、ハシリドコロは 上に長く伸びるような感じです。 確かに上の画像を見ると丸みがなく、上に伸びていますよね。 ふきのとうの保存方法は? ふきのとうは収穫すると すぐに萎びてきてしまいます。 香りも徐々に弱くなるので 必ず冷蔵庫で保存し、なるべく新鮮なうちに食べましょう。 冷蔵庫に保存するときは、乾かないように新聞紙で包んで、ビニール袋に入れて保存します。 冷蔵庫に入れて 大体1週間程が目安です。 冷凍保存は? また、ふきのとうは 冷凍保存も可能です。 その場合は、さっと沸騰したお湯で1,2分茹で、水にさらしたものをしっかりと絞り、フリーザーバッグなどに入れて、なるべく空気に触れないようにして冷凍しましょう。 保存期間は 長くとも1ヶ月くらいが目安です。 ふきのとうの下処理は? 天然のふきのとうには当然、 土やゴミなども付着していますし、外側の一枚は変色していたりネバネバとしたものが付着しているのでこれらを取り除く必要があります。 すべて下ごしらえが終わったら水から上げて、次にアク抜きをします。 ふきのとうは アクが非常に強いので食べ方によってはアク抜きが必要になります。 アク抜きと言うと少し面倒なイメージですが、ほうれん草などの下茹でみたいなものでさほど難しい作業ではありませんよ。 あく抜きの方法は、次の通りいくつかあります。 長時間茹でると重曹の効果でふきのとうが 溶けてしまうので注意して下さい。 苦味をしっかりと取りたい場合には、水を替えながら冷水にさらす時間を 2時間~最長で一晩まで長くしてみてください。 スポンサーリンク ふきのとうの美味しい食べ方は? ふきのとうってどうやって食べるんだろう?とあまり馴染みのない方にはイメージが湧きにくいかもしれません。 意外にもいろんな料理にあうふきのとう、いくつか美味しい食べ方をご紹介しますね。 天ぷらにする場合にはアク抜きが 必要ないのでそのまま揚げることができます。 根元の固いところは切り落としておき、つぼみの葉っぱの部分を少し開いておきます。 衣はいつもよりも薄めを意識して、サッと揚げると上手にできあがります。 春を感じさせてくれる一品ですね。 水800mlに対して、小さじ2杯の塩を入れたお湯で落し蓋をして3~4分茹でます。 茹で上がったらすぐに冷水にとり、水気を絞ります。 酢味噌や出汁醤油で食べるのがオススメです。 お浸しと言えば、こちらも春の風物詩、菜の花です。 食べ方はご飯のお供など手軽に食べれてとっても美味しいんです。 おにぎりに塗って焼いても香ばしくて絶品です。 作り方・レシピは、茹でて水にさらしたふきのとうを細かく刻み、ごま油を熱したフライパンで炒めます。 ふきのとうがしんなりとしたら味噌と砂糖を1:1の割合で加えて、水気がなくなるまで炒め、出来上がったら煮沸した保存瓶に入れて冷蔵庫で保管します。 調味料はふきのとう100gに対して大さじ2杯ずつくらいがおすすめです。 1年位は保存が可能ですので、旬にしか食べられないふきのとうを1年中味わえるのはうれしいですよね。 また、血圧を抑える効果があるので、 高血圧の予防にも効果的です。 ふきのとうに含まれる食物繊維は多く含むゴボウよりも多いんですよ。 女性は特にとっておきたい栄養素の一つですね。 注意が必要です。 消化を促進し、 お腹の調子を整えてくれます。 以上のように様々な栄養素が含まれているふきのとう、総合的に見ると代謝促進、デトックス効果が高く、おまけに 花粉症にまで効くとあれば見逃せないですね! ただ、ふきのとうには ペタシテニン(フキノトキシン)という有毒物質が含まれています。 これはあく抜きをすることで除去できて、大量に摂取しなければ、普通に食べる分には心配はありません。 ただし、やはり 食べすぎには注意しましょう。 まとめ 今回はふきのとうの下処理や食べ方、保存方法についてご紹介しましたが、栄養が豊富で爽やかな香りと共に春を感じさせる鮮やかな黄緑色のふきのとう。 ちょうど旬の時期が桃の節句にも重なりますし、女の子の成長をお祝いする雛祭りに新芽を頂くふきのとうはぴったり。 お吸い物にちょっと浮かべるだけでもおつですね。 今まで手に取ったことがなかった方も、是非年に一度、旬の時期には食卓に取り入れてみて下さいね。

次の

ふきとふきのとう

ふきのとうとふき

スポンサーリンク また、含まれている栄養成分が多少違ってきます。 ふきのとうには、ビタミンB群・E・カリウム・食物繊維・カリウム・フキノール酸・フキノリドなどが含まれています。 アクが強く苦みがあるのが特徴です。 ふきのとうからふきへ成長すると栄養成分も変わってくることが分かります。 ふきのとうがふきになる?ふきのとうはふきのどの部分? ふきのとうは、キク科の多年草で全国の野山に自生している山菜です。 ふきのとうは、つぼみの花茎の部分で2月頃から芽を出し見かけるようになります。 ふきの花には、雄と雌があり花の色で見分けます。 ふきは、ふきのとうの茎ではなく葉柄(ようへい)と言う部分です。 葉柄とは、葉と茎の接続部分の事を言い、葉の一部で円形に広がる葉と地下茎を結ぶ通路の役割があります。 ふきのとうはそのままにしておくと花が咲き、種ができ綿毛のようなものがついていることから飛ばされ芽が出てふきになります。 また、ふきのとうができた後同じ地下茎の別の場所から出てくる部分がふきになります。 1つの株から花と葉柄が別々に育つ少し変わった植物のようです。 食べる場合にも、ふきのとうは苦みがあることからアク抜きをすることが大切です。 ふきを食べる場合にもアク抜きが必要です。 美味しく安全に食べするためにはしっかり下処理を行っていきましょう。

次の

ふきのとうの下処理や保存方法は?栄養豊富で花粉症にも効果的!?

ふきのとうとふき

ふきのとうとふきは全く同じ植物です! 結論からすればふきのとうとふきは同じ植物です。 「ふきのとうはフキの花蕾の部分でふきは茎の部分を言うんでしょ?知ってた!」 と思っている方結構いますが、ふきは茎の部分ではないのご存知ですか?ふきという植物の茎は地上ではなく地中に埋もれていますので、ふきとして食べている部分は茎ではありません。 いや!どう見ても茎でしょ? 上の画像はフキの画像ですが、どう考えても茎の部分に思いますよね。 しかしこの茎みたいな所は茎ではなく 「葉柄(ようへい)」という部位の事を言います。 葉柄とは葉っぱと茎の接続部分の事を言い、一般的によく食するところはこの部位のことを言います。 茎は先程も言いますが地中の中に埋もれている部位の事です。 Sponsored Link ふきのとうとふきで栄養価は違う栄養価が高いのは・・・ ふきのとうのほうが栄養価が高いです。 ふきのとうには冬の間に溜まった老廃物を排出させ、ふきよりもビタミンやミネラルが豊富の食材でふきよりも栄養価が高い食物です。 ふきのとうって少し苦いと思うんです。 あの苦味が美味しいのですが、嫌いな人もいると思います。 子供などはあの苦味の美味しさをわかってくれませんよね。 そしてあの苦味こそ栄養がしっかりあって老化やガンを防ぐ効能があると言われています。 栄養価高いふきのとうやふきですが、実は毒がある 実は肝毒性の強いペタシテニンという物質が含まれています。 食べ過ぎると肝臓にダメージを与えるらしいのですが、茹でてしっかりアク抜きをすれば問題がないそうです。 まあ生のふきやふきのとうは固くて食べられるものではないのでほとんど問題はありません。 アク抜きはしっかりと行いましょう。 ふきのとうを天ぷらで食べる時は美味しいからと言って食べ過ぎないほうが肝臓の為になりますね。 ふきのとうをつかったふきのとう味噌は結構オススメ! ふきのとうを茹でてみそや調味料などを合わせて作るふきのとう味噌。 あのふきのとうの苦味がたまらなく好きなので私はよくパスタと絡めて食べます。

次の