アマゾンプライム ダウンロード 通信量。 Amazonプライムビデオのダウンロード機能|オフライン視聴で通信量節約!

Amazonプライムビデオの画質はどれくらい?画質を変更する方法も紹介

アマゾンプライム ダウンロード 通信量

Amazonプライム会員になれば、国内外の映画・ドラマ・アニメなどが見放題の動画配信サービス「」。 日本でサービス開始して以降、対応コンテンツを増やしたり日本オリジナル作品を制作するなど、そのサービスは年々強化されています。 プライムビデオはやパソコンだけでなく、iPhoneなどのスマートフォン、iPadやFireタブレットなど多くの機器に対応しているので、 自宅や外出先などいつでもどこでも視聴可能なところも特長のひとつ。 仕事が忙しくても通勤時間などを利用すれば、気になる動画をどんどん再生することができます。 しかしそんなプライムビデオにも悩ましい問題が。 それは、インターネット上でコンテンツをダウンロードしながら再生するストリーミング配信サービスのため、 モバイルデータ通信で再生し続ければパケット通信量をかなり消費してしまうこと。 番組や設定によって異なりますが、プライムビデオ再生時は1時間で約0. 6〜5. 8GB(ギガバイト)を消費します。 スマホのパケット通信量のギガ数上限を超過すれば速度制限がかかり不便ですし、速度制限を解除するための追加料金だって払いたくありませんよね? 今回はそんなあなたへオススメする、外出先でもスマホ通信量を気にせず「プライムビデオ」を視聴するための方法をご説明します!誰でも簡単にできますのでぜひお読みください。 アマゾンプライムビデオをスマホにダウンロードして再生しよう アマゾンプライムビデオは基本的に通信しながらコンテンツを再生するストリーミング配信サービスです。 スマホで観れば観るほどパケット通信量を消費します。 しかし、対象作品の中にはダウンロード再生に対応しているコンテンツもあることはご存知でしょうか?この機能を活用することで、ギガ数の上限を気にせずに視聴できるようになります。 残念ながら全てのコンテンツが対応しているわけではありませんが、国内外の映画やTV番組など幅広いコンテンツでダウンロードに対応しています。 ダウンロード可能なコンテンツであれば、 WiFi環境にいる時にスマホにダウンロードしておくことで、オフライン ネット接続なし で再生することができるわけです。 ストリーミング再生しなければいけないコンテンツ、スマホにダウンロード可能なコンテンツの再生方法を使い分けることで、スマホのデータ通信量を節約することができます。 スマホアプリによるAmazonプライムビデオのダウンロード方法 iPhoneを例にAmazon Videoアプリで動画をダウンロードする方法をご説明します。 Amazon Videoアプリでプライムビデオ対応のTV番組を選択すると、ダウンロード可能な番組 エピソード にはダウンロードアイコン 下向きの矢印 が表示されています。 画像左がダウンロード可能な場合の表示です。 ダウンロード不可の場合には表示されていません 画像右。 自宅Wi-Fi環境などでダウンロードしたい番組 エピソード のダウンロードアイコンをタップし、ダウンロードを開始します。 ダウンロード済みのTV番組 エピソード にはチェックマークが表示されます 画像左。 「映画」の場合には少々表示が異なります。 ダウンロード可能な映画は画像右のように表示されるので、「ダウンロード」をタップしてダウンロードします。 ダウンロードしたプライムビデオを再生する方法 上記操作方法でダウンロードしたビデオの再生は通常と同じように再生アイコンをタップすればokです。 一見変化がないように感じるかもしれませんが、ダウンロード済の番組であれば通信せずに再生されています。 またダウンロード済の番組については、Amazon Videoアプリ画面下の「ダウンロードアイコン」をタップすると、ダウンロード済みのコンテンツ一覧を表示することができます。 もちろん、そこから再生することも可能です。 ダウンロードする時の画質設定 Amazonプライムビデオの動画ダウンロードは、設定でダウンロードする画質を変更することが可能です。 Amazon Videoアプリ右下の設定アイコンをタップ後、「ダウンロード設定」をタップします 画像左。 そうすると次の画面 画像右 で、ダウンロードする画質を「最高・高・中」から選択することができます。 また同じ ダウンロード設定画面で、「ダウンロードはWi-Fiのみ」のオンオフも設定可能です。 パケット通信量を気にするならモバイルデータ通信環境でダウンロードすることはないと思いますので、この設定はオンにしておくと良いでしょう。 なお、各画質のダウンロードによるファイルサイズの違いは以下の通りです。

次の

Amazon Music利用時にデータ通信利用量を可能な限り抑える設定まとめ

アマゾンプライム ダウンロード 通信量

通信量を消費する場合はWi-Fiを活用する ストリーミング再生時や音楽をダウンロードするなど、通信量が必要となる場合は、可能な限りWi-Fiを活用しましょう。 Amazon Musicでは、Wi-Fi接続時にしかストリーミング再生や音楽のダウンロードをすることができないように設定することができます。 続いて、 「Wi-Fi接続時のみダウンロードやストリーミングを有効にする」をONにすれば完了です。 この設定をしておくと、Wi-Fiに接続されていない状態でストリーミング再生をしようとすると、このようなエラーが出てしまいます。 続いて、 「Wi-Fi時のみダウンロード」にチェックをつければ完了です。 というわけで、ストリーミングの音質は初期設定のままでOKです。 Android版も同じだと思います。 キャッシュサイズを小さめにする これは、主にWi-Fi環境になく、モバイルデータ通信を利用している時に役立つ設定です。 ミュージックキャッシュサイズを増やせば増やすほど、音楽の再生がスムーズになりますが、その分データ通信利用量の消費量が多くなってしまうので、通信量を節約するためには、ミュージックキャッシュサイズは小さければ小さいほど良いです。 初期設定の状態では「500MB」に設定されていますが、それより小さくしても特に問題がなければ、「100MB」や「250MB」に設定してみても良いかと思います。

次の

【検証】Amazonプライム・ビデオのデータ通信量と1GBまでの目安。節約まとめ

アマゾンプライム ダウンロード 通信量

スポンサーリンク Amazonプライムビデオを視聴できる速度 Amazonプライムビデオを視聴する際に必要な通信速度は SD(標準画質)で900kbps、 HD(高画質)で3. 5Mbpsとなっています。 というかほぼ無理です。 ポケットWi-Fiの場合は動画再生中に1度くらいは止まる程度で済みますが、キャリアの場合はほとんど読み込み中のまま動きません。 通信制限にならない対策とデータ節約方法 外出先でストリーミング再生を使っていると簡単に通信制限になってしまいます。 それでも通勤・通学中などで視聴したい場合はデータの節約方法を覚えましょう。 以下ではAmazonプライムビデオを見ても通信制限にならないための対策を紹介していきます。 画質の変更 画質を下げることで簡単にデータ通信量を節約することができます。 「ストリーミングの質」か「ダウンロードの質」をタップして画質を選択します。 データ通信量は 「最高>高>中」となります。 画質を下げるのはあくまでも無制限のWi-Fi以外で視聴するときに、少しでもデータ通信量を節約する方法なので、気休め程度に考えてください。 Wi-Fi環境で端末にダウンロードしておく Wi-Fi環境で予め動画をダウンロードしておくのが最強の通信速度制限対策になります。 ダウンロードしたい動画を選んでダウンロードボタンをタップするとダウンロードが開始され、「ダウンロード」で視聴する事が可能になります。 シーズンごとのダウンロードも可能ですが、最大20作品までの制限があります。 無制限のWi-Fiでダウンロードする分にはモバイル通信なんて関係ありませんからね。 自宅にWi-Fi環境がなければフリーWi-Fiスポットを探してダウンロードするようにしましょう。 ただし、中にはダウンロード不可の動画もあるため、何でもかんでもダウンロードできない点には気をつけてください。 まとめ 単純に自宅のネット環境を使って視聴するのが最も楽ですが、やはり移動中などの暇な時間を潰すには動画があると便利なので、少しでも通信速度制限に引っかからないような使い方をしましょう。 自分の行動範囲内にあるWi-Fiスポットを覚えておくのもおすすめです! Amazonプライムビデオを無制限のWi-Fi以外で見る際には端末にダウンロードするようにしましょう!.

次の