久保 ゴール マジョルカ。 久保建英はなぜ低調だったのか? ビルバオによる新たな守り方と孤立したマジョルカの右サイド

久保建英が1ゴール1アシスト! マジョルカは敵地でベティスとドロー

久保 ゴール マジョルカ

21日のリーガ・エスパニョーラ第25節、マジョルカは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦を3-3のドローで終えた。 MF久保建英は先発フル出場を果たし、自身の今季2ゴール目含む、チームの全得点に絡む活躍を披露している。 公式戦ではコパ・デル・レイのレアル・サラゴサ戦以来5試合ぶり、リーガでは第19節グラナダ戦以来6試合ぶりとなる先発出場を果たした久保。 4-1-4-1の右サイドハーフで先発した日本人MFは、攻撃面においてはマジョルカの中でも突出した能力を有することを誇示した。 5分にはパスカットから絶妙なスルーパスを披露して、ダニ・ロドリゲスのクロスバーの上に外れるミドルシュートを導いた久保。 さらなる見せ場は16分に訪れ、今度はしっかりとゴールの起点となった。 右サイドの久保が中央に切れ込んでシュートを放つと、ベティスDFに跳ね返されたボールがペナルティーエリア内左へ。 そこで待ち構えていたクチョ・エルナンデスがボレーシュートを放ち、GKジョエルが守るゴールを破った。 編集部のおすすめ• 幸先よく先制したマジョルカだが、その直後にはクートリスがペナルティーエリア内でフェキルを倒してPKを献上。 キッカーのカナレスにこれを決め切られ、スコアはタイに戻される。 だが、その後も久保を含めた攻撃陣は、普段とは違いゴールを予感させ続け、27分にはこれまであまり見られなかった抜群の連係から勝ち越し弾を獲得。 ペナルティーエリア内左、C・エルナンデスの絶妙なヒールパスを受けてゴールライン近くまで突き進んだ久保の横パスから、ブディミルがシュートを突き刺した。 久保のアシストから再び勝ち越したマジョルカだったが、やはりリードを得ている時間は続かない。 34分、負傷したクートリスに代わり出場していたフラン・ガメスがフェキルのクロスを手で止めてまたもPKを与えてしまい、今度はフェキル自身にシュートを決められた。 前半は2-2で終了を迎えている。 前半は忙しないものとなったが、後半立ち上がりもその流れは継続される。 48分、ホームのベティスが逆転弾を記録。 カナレスのロングボールから左サイドを突破したホアキンがそのままペナルティーエリア内に切れ込み、右足のシュートでネットを揺らしている。 対して、ついにビハインドを負ったマジョルカはその2分後、ババがエリア内でエメルソンに倒されてPKを指示されたが、VARとの相談の結果、それは取り消された。 以降、試合はベティスがボールを保持しながら進み、マジョルカは防戦一方となる。 68分、ビセンテ・モレノ監督はアンカーだったババを下げてラゴ・ジュニオールを投入。 ブディミルとC・エルナンデスを2トップとする4-4-2にシステムを変更している。 そして70分、久保が今度は自らのゴールという形で、マジョルカを同点に導いた。 ペナルティーエリア手前でボールを受けた日本人MFはそのままエリア内に入り込むや否や、右足でボールを叩く。 地を這う勢いあるボールはGKジョエルに触れられたものの、そのまま枠内に転がった。 久保にとっては第13節ビジャレアル戦(3-1)以来の今季2得点目となった。 / が今シーズン 2ゴール目を決めた!! 終盤にはベティスの猛攻を受けることになったが、それでも勝ち越しゴールを許すことなく、難所とされるスタジアムから勝ち点1を持ち帰ることに成功している。 今季いまだ勝利のないアウェーで、第17節セルタ戦以来2回目となるドローゲームを演じたマジョルカは、勝ち点を22として暫定で残留圏17位に位置している。

次の

久保建英 移籍後初ゴール!「動画」海外・国内・韓国の反応は!? | Nomada

久保 ゴール マジョルカ

前半2ゴールの起点となった久保、左足ミドル弾で待望の初ゴール マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に2試合連続で先発出場し、移籍後初ゴールを決めた。 今夏レアル・マドリードに完全移籍した久保は、プレシーズンをトップチームで過ごした後、開幕直前に昇格組マジョルカへの期限付き移籍を決断。 第5節ヘタフェ戦(2-4)では初アシストを記録するも、移籍後初ゴールはお預けとなっていた。 この日はビジャレアルを相手に序盤から積極的なプレーを見せ、前半13分には左サイドを突破し鋭いフェイントでペナルティーエリアに侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。 さらに同22分には右サイドでの華麗なヒールパスから2本目のPK奪取を演出し、マジョルカは2点のリードをもって前半を折り返した。 後半4分に1点を返されるも、2-1で迎えた同8分、待望の瞬間が訪れる。 ペナルティーエリア手前でボールを受けた久保が鋭いボディフェイントでシュートコースを生み出すと、そのまま左足を一閃。 ゴール右隅に強烈な一撃を突き刺した。 雄叫びを上げながら力強いガッツポーズを見せた久保にチームメートが駆け寄り、移籍後初ゴールを祝福した。 マジョルカにとっても勝利を手繰り寄せるうえで貴重な追加点となった。 久保建英、マジョルカ初ゴールで歓喜の咆哮! 圧巻の左足ミドル弾を叩き込む• All Rights Reserved.

次の

久保建英が先発出場。マジョルカ、終盤にスーパーゴールで追いつかれて残留争い直接対決逃げ切り失敗

久保 ゴール マジョルカ

日本代表MF久保建英(19)が所属するマジョルカのビセンテ・モレノ監督(45)が、逆転での1部残留に向けチームの改善点を口にした。 攻撃に関しては「いくつかのシーンでペナルティーエリア内での冷静さ、(ゴールから)最後の数メートルでより良い選択を選ぶなど、決断力のあるプレーが欠けていた」とし、守備に関しては「早い時間帯で2失点し、相手に余裕を与えてしまった」と振り返った。 指揮官はさらに失点シーンについても詳しく分析。 MFラゴ・ジュニーオールが左サイドからのクロスに対し、ファーサイドに走り込んだ相手を無意識に引っかけてPKを与えた1失点目に関しては「相手FWひとりに対して、3人のDFが(ペナルティーエリア内に)いた。 PKだった否かは別に、必要のないプレーだった」と指摘。 相手の右CKからシュートコーナーを使われ、ニアでいとも簡単にフリーでシュートを打たれた2失点目については「準備していた」と対策していたプレーだったことを示唆した上で「それでやられてしまったのは、私の責任」と悔やんだ。 久保はマドリード戦から中2日となったこの試合もフル出場。 だが降格圏18位に沈むチームは敗れ、これで再開後1分け4敗。 残留争いのライバルで、1試合消化の少ない17位エイバルとの勝ち点差6を縮めることはできなかった。 今季は残り6試合。 逆転での残留を決めるには、指揮官が指摘する問題を早急に解決する必要がありそうだ。

次の