リリルカアーデ ファミリア。 【小型弓銃】リリルカ・アーデ

【ダンまち】リリルカ・アーデについて

リリルカアーデ ファミリア

」 まともに働こうともソーマ・ファミリアの連中に見つかって フルボッコにあう小人族(パルゥム)のリリルカ・アーデ! それが続いて今に至ります。 「リリは冒険者が嫌いです。 」 ソーマ・ファミリアの目的は 完成品の酒。 どうやら中毒性があるらしく『欲しいれすぅ』状態となって 薄い本が厚くなるそうです。 (オイっ) 「柔肌蹂躙したるわ!」 関西弁のロキ・ファミリアの女神。 怪しい! しかも バゼラード(リーチの長い武器)まで頂きます。 「ランドフォーム天然の武器庫!」 そこに女騎士の天敵であるオークがいます! なんとかファイアボルトで倒しますがモンスターを呼び寄せるエサを撒かれ ベル・クラネルが絶体絶命! その策を弄したリリルカ・アーデはヘスティア・ナイフと共に逃亡します! こればっかりは騙されるベル君が悪いです。 もはや可愛い顔したベル君が性欲の塊であるオークに・・・ 「響く12時のお告げシンダー・エラ。 「あのガキを捨てる頃だと思ったぜ。 」 エロ同人のようにリリルカ・アーデをフルボッコにして服まで破ります! ゚A゚; ゴクリ 思った以上にナイスバディなリリ! しかしクズの集まりらしく仲間割れ! 瀕死のキラーアントの鳴き声でモンスターを呼び寄せます! 「ノームの貸し金庫のカギです。 」 何でもしますと言わんばかりに 全財産のカギを渡したのにリリルカ・アーデがキラーアントの餌に! 「やっと死ねる。 ・・・リリはやっと、死んでしまうんですか!!」 「ファイアボルト!」 別の冒険者、おそらくアイズ・ヴァレンシュタインの疾風のごとく攻撃で 集められたオークを瞬殺したようです。 なのでリリルカ・アーデをいち早く助けることができたベル君。 「バカなんですか!マヌケなんですか!」 換金のときも3・7の分け前にしてリリが私腹を肥やしていたと カミングアウト! これは生意気なリリルカ・アーデのロリ美乳にエロ漫画の刑が必要・・・ 「僕、リリだから助けたんだ。 」 はい。 俺もそう思ってました、人として。 「サポーターさん冒険者を探していませんか?」 そして攻略済みヒロインの顔となったリリルカ・アーデ。 また恋のライバルが増えてやけ酒の回数が増えそうなボクっ娘ロリ巨乳! さて魅力的なキャラがまた増えましたね!まだ原作第二巻です! 公式サイトで発表されているステータスではレベル1となってますね。 あれだけ強いのに! 今回は救われないリリがベル君の優しさに触れるハートウォーミングな回でしたね。 『ラジオに松岡との出会いを求めるのは間違っているだろうか』も公開中ですね。 エンドカードイラストは飯塚晴子さん! リトルバスターズ! 名前 メールアドレス ウェブサイト 上に表示された文字を入力してください。

次の

リリルカ・アーデが狼の養女なのは間違っているのかもしれない

リリルカアーデ ファミリア

始めに声をかけたのはリリルカの方から 2人の出会いは路地裏でリリが冒険者に追われている時にベルにぶつかったのが最初でしたが、まともに会話を交わしたのは翌日になってダンジョンへ向かうベルにリリから話しかけたのがきっかけでした。 表向きの理由はサポーターとしての売り込みでベルも了承して一日だけサポーターの契約を結ぶことになります。 小人?獣人?リリの正体は? リリルカは小人族なのですが、ベルとダンジョンへ潜る時には獣人の姿をしていました。 小人族なのか獣人族なのか。 ベルも最初は「昨日の小人族の女の子だよね」と言うのですが、フードを脱ぐと獣人の耳が……その結果ベルは人違いだったと思ってしまいます。 しかしこの耳はシンダー・エラという返信魔法で作った偽物で、実際はまぎれもない小人族です。 明るい声とは別に時より暗い顔をするリリルカ 基本的に元気が良くてサポーターとしての能力も問題なくベルの役に立っているリリですが、時より顔に暗い影を落とす事があります。 その理由はリリがベルに近づいたきっかけ。 リリは最初からベルの持つヘスティアナイフを盗む事を目的でベルに近づき、ヘスティアナイフを盗んで売りに出そうとします。 しかしヘスティアナイフはベルしか装備できない特殊なもので高値で売れず、リューに見つかった事もあり一度は断念しました。 大大大ピンチ!キラーアントの囮に使われるリリルカ 今まで貯めていたお金が入った貸金庫のカギを奪い取られ用済みとなってしまったリリは、冒険者たちが逃げるまでの時間稼ぎとしてキラーアントの大群の中に囮として放り投げられてしまいます。 絶体絶命の大ピンチに死を覚悟するリリ……しかし寸前、そこへ現れたのはやはり彼でした。 泣き叫ぶリリルカ。 ベルに助けられ全てのわだかまりが解けた2人 ギリギリのところでベルの登場により命を救われたリリ。 しかし助けられたリリは大声を上げて泣きながらベルを裏切った自分をなぜ助けたのかと問いかけます。 ベルが「女の子だから」と答えると「ベル様のすけこまし!女ったらし!スケベ!女の敵!」と言いたい放題(笑)しかしその後ベルに「リリだからだよ」と言われると更に涙をボロボロ流してベルに抱き着き心の底から謝罪しました。 ダンジョンではボウガンでベルをサポートするリリルカ 大きなリュックを背負って魔石を回収するのが主な仕事でもありますが、リリはその階層に現れる敵への対策を練ったりボーガンを使って後方からベルを支援する事もあります。 特に意外なのがボウガンの精密度!ベルからヘスティアナイフを盗んだ際もそうでしたが、リリのボウガンの命中率は何気にかなりのものです。 ベルに命を救われてからは、命がけでベルを守ろうとするリリルカ ベルに命を救われてからはベルにすっかり惚れてしまったリリ。 ミノタウロスとの戦いでは自らも大けがをしながら必死に助けを呼びに奔走しました。 そしてなんとかロキ・ファミリアの助けを呼んでこれたリリは頭から血を流しながらも必死にベートに助けを求めました。 さすがベートさん!ロリ少女には弱かった!?(笑) 現場に到着した際、ミノタウロスと戦っているベルを見て「ミノのやつ、トマト野郎が恋しくてはるばる中層から来たんじゃねぇのか」などと笑いながらバカにしていたベートでしたが、リリに何でもしますからと助けを求められると「チッ」と言いながら助けに入ろうとします。 ベートの声優と言えば「とあるシリーズ」で一方通行を演じている岡本信彦さん。 やはり岡本さんの演じるキャラはロリに弱いのでしょうか(笑) 小人族だけど侮れない!意外とスタイル抜群のリリルカ リリは小人族という事で何でも小さいイメージがありますが、服を脱いで水着になると意外にもスタイルは抜群!ヘスティアほど女性らしい体つきはしていませんが、それでも思わず目を奪われる程のスタイルをしています。 犬猿の仲?リリルカとヴェルフ 愛しのベルと2人きりでダンジョンに潜る日々を送っていたある日、ベルのパーティーに新たな仲間としてヴェルフが加わる事になりました。 2人きりの時間が無くなりそれだけでも不満気なリリですが、ヴェルフにはデリカシーが無くリリの事も「リリスケ」と呼ぶ始末。 特別仲が悪いわけでは無いのですが、2人でよく(主にリリから)争いをしています。 リリルカ・アーデまとめ リリは恐らく本作品で一番小さなヒロインですが、存在感はとても強いヒロインです。 暗い過去から解き放たれ明るい現在。 そして二期ではヘスティアファミリアの一員として活躍する姿が見れると思われますので、いまから楽しみです。

次の

6話:理由(リリルカ・アーデ)【ダンまち】TVシーズン1

リリルカアーデ ファミリア

リリルカ・アーデとは、の「」の登場人物である。 版の担当は。 概要 性別 女 年齢 種族 小人族(パム) タス Lv. 1 - 所属 ・ 本作のの一人。 色のとという小柄な体が特徴の。 小人族(パム)という種族で、その幼い見たに反して年齢はベルより一つ。 性格は礼儀正しく、に対してもで話す。 称とは「」。 はで、自分の体よりも一回り以上大きなパックを背負っている。 元々は所属している【・】の団員達とを組んでいたが、を蔑視している団員達から謂れのい罵を浴びせられ、碌に報酬を貰うこともできず、役立たずの烙印を押されてから解除させれてしまった。 その後端で、をめていそうな(の冒険者がパックを背負っていたことから)ベルにをつけ、自分を売り込み彼のとして共にを組むこととなった。 略歴と正体 この項は、リリルカ・アーデに関する成分を多分に含んでいます。 ここから下はで突っ走ってください。 【・】所属の両親から生まれたで、生を受けた間から【・】に所属することが義務付けられていた。 の両親はのが造った、人の心を狂わせるほどの美「()」に魅せられており、そのにありつく為、当供であったにも稼ぎを強いていた。 そしてにがだ両親はに潜り、自分たちの量に合わない階層に挑んだ結果、あっさりとに殺されてしまった。 涯孤独の身となったは、を奪い合うの構成員たちの中で孤立し、単独でに挑戦しようとしたが、冒険者としての才になかった為に転身した。 しかしとなったに対して周囲のは侮蔑に満ちており、彼らとを組む度に罵詈雑言が飛んで来たり、謂れのい罪を擦り付けられることもあった。 そうしたが続く中、は次第に冒険者をしく憎むようになり、一度を飛び出したが、自分を雇ってくれた屋でまたしても【・】の魔手が伸び、店を台しにされた屋の老は汚物でも見るかのような線でを追い出した。 そしてついに他人を信じられなくなったは、自身が一取得していた【ダー・】というを使い、冒険者を相手にや窃盗を繰り返し、盗人として生計を立てるようになった。 そんな中、ある冒険者から絡まれているところを一人のに救われる。 その冒険者は非常に高価なヘストス製のを所持しており、それを自分のものできないかと画策したは【ダー・】を使い、のにしてそのにめて接近する。 その後ベルのとしてを組むことになり、行動を共にするつれ、彼の優しさに徐々に居心地の良さを覚えるようになるだったが、心の中では冒険者であるベルのことを全に信じることができずにいた。 そしてある出来事がきっかけで、ベルをに嵌めることを決心する。 そしてある日、内でベルをに嵌めてついにを奪うことに成功したが、逃走途中に恨みを持っていた冒険者と【・】の団員達のに嵌まり、逆に窮地に追い込まれてしまう。 彼らのによって大量のに囲まれてしまい、今までの碌でもないへのとベルに対する申し訳ない気持ちを抱きつつ、死をうとしただったが、そこに裏切ったはずのベルが現れる。 から帰還して数日後、端で一人佇んでいたに対し、一人の冒険者がをかけてくる。 彼は「になってくれる人を探している」と言い、を組むことを提案してきた。 そんなに対し、はのようなで、差し出された彼の手を掴んだ。 <その後> この件以降ベルに本格的に好意を抱くようになり、とはベルを巡ったのとなっている。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の