教育実習 お礼状 封筒 書き方。 教育実習お礼状と封筒マナーのすべて:宛名の書き方や折り方・入れ方

【例文】教育実習のお礼状や封筒の書き方!学校教員からのアドバイス?

教育実習 お礼状 封筒 書き方

医師や看護・介護士、教員など資格を必要とする職業には、その現場での実習が必須です。 短期間とはいえ、その職業に就こうという志ある人間を受け入れ指導してくれた施設の方々へのお礼は、最低限のマナーです。 きちんとしたお礼状を書けることは社会人としての第一歩ともいえます。 お礼状はいつまでに出せばいい? お礼状は実習終了後すぐに出すように心がけ、遅くとも一週間以内に先方に届くようにしましょう。 また、お礼状は必ず手書きで書くようにしましょう。 自分の字に自信がないからといってパソコンで打ち込んで印字したものを送るのはタブーです。 お礼状は丁寧な文字で、誤字脱字がないように気を付け、心を込めて書くことが大事です。 お礼状は便せんに縦書きが基本 お世話になった方へのお礼状は、黒か青のインクのボールペン(できれば万年筆)で便せんに縦書きが基本です。 しかし、最近では縦書きの文章よりも横書きの文章に接する機会が多いため、横書きでも問題は無いでしょう。 反対に、縦書きの方が改まった印象があり、お礼状を縦書きにすることで、きちんとしていると相手に印象付ける効果があります。 年齢が近い相手なら横書きOK 幼稚園や保育園での実習だと、指導してくれる先生と実習生の年齢が比較的近い場合もあります。 そういったケースでは、格式ばった縦書きのお礼状よりも横書きで書く方が親近感が出るため相手が受ける印象も良くなるでしょう。 ただし、ここで注意したいことは、いくら年齢が近いからと言っても指導していただいた身ですので、きちんと礼節を保った文章を書くように心がけ、友達や先輩に書くようなお礼状にならないよう気をつけましょう。 はがきで出しても大丈夫? お礼状は封書が基本ですが受け入れ先の希望などで、学校から実習のお礼状にはがきを指定される場合があります。 はがきでのお礼状は本来贈り物のお礼など軽い挨拶に使われるものですので、特に指定されていない場合は封書にしましょう。 はがきに書く場合は、どうしても紙面が限られますので、内容は簡潔に必要最低限で気持ちが伝わるようよく吟味して書くことが大事です。 それでは、実習のお礼状を書く際の基本をご紹介します。 これは実習に限らずこれから社会に出てお世話になった方への感謝の気持ちを伝えるための全てのお礼状に通じることですので、きちんと押さえておきましょう。 お礼状に限らず手紙に書く順番は次のとおりです。 頭語 2. 時候の挨拶 3. 主文 4. 結びの挨拶 5. 日付と氏名 実習のお礼状の場合はそれぞれ、どのように書くのが適切なのかご紹介します。 頭語 頭語とは、手紙の冒頭に書く言葉で一般的な挨拶「こんにちは」などに当たります。 よく知られている頭語は「拝啓」や「前略」で、ほかに「謹啓」といった言葉もあります。 手紙の初めの言葉が頭語であれば、文章の最後につける言葉を「結語」と言い、頭語と結語は必ずセットで使います。 よく使われる頭語と結語の組み合わせは、「拝啓」には「敬具」「前略」には「草々」「謹啓」には「敬白」となります。 「前略」は時候の挨拶など前文を省いて本文から始める手紙に使う頭語ですので、お礼状に使うのには適しません。 実習のお礼状に使う頭語は「拝啓」「謹啓」が良いでしょう。 時候の挨拶 頭語の後に時候の挨拶を書きます。 季節や時期に応じた内容で相手を気遣う文章を書きましょう。 時候の挨拶にどのようなものがあるのかは別項でご紹介します。 主文 主文とは、手紙の本文の事です。 本文は、まず実習させてもらったことのお礼から書き始めましょう。 本文には実習で経験したことや心に残ったこと、感動したことなどを具体的に書きましょう。 また、教員や栄養士など資格取得ののための実習でしたら、資格取得試験に向けての抱負や決意など書くのも良いでしょう。 このような文章は本文の終りの方に書くと文全体のバランスも良く好印象です。 結びの挨拶 本文の結びには手紙を送った目的を書きます。 「取り急ぎお礼申し上げたくお便りいたしました。 」などです。 または、もっと丁寧に「本来ならばお目にかかってお礼申し上げるべきですが、書中にてお礼申し上げます。 」としても良いでしょう。 「本来ならばお目にかかってお礼申し上げるべきですが、」の部分を省略して「略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 」とすることもあります。 最後に実習させてもらったお礼を再度書きましょう。 感謝の言葉を重ねて書くことは決して悪い事ではありません。 結びの挨拶として、実習先の施設の皆さんの健康や活躍を祈る言葉で締めましょう。 「末筆ながら皆様のご健康と益々のご活躍をお祈りいたします。 」などです。 日付と氏名 手紙を書いた日付と、氏名を最後に書きます。 日付は本文より2文字ほと下から書き始めましょう。 日付を書いたら改行し学校名・学部などの所属から氏名を書きましょう。 お礼状のテンプレート それでは、上記の基本的な書き方をふまえたお礼状の文例をご紹介します。 実習先として多い病院宛の文章です。 基本的な事だけを書いてありますので、実際にはご自身の感想などをきちんと書くようにしましょう。 初夏の風に肌も汗ばむ季節となりました。 貴院の皆様、ますますご健勝のことと拝察いたします。 <実習で体験したこと、感想などを書きましょう> 取り急ぎお礼申し上げたく、お便りいたしました。 これからますます暑くなってまいります。 皆様のご健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。 規模の大きな病院だとそれぞれ実習でお世話になる科が違いますので、その科あてに送るのが良いでしょう。 また、院長、実習でお世話になった人宛に別途送付するとなお良いです。 封筒の宛名 病院実習のお礼状の宛名の書き方は以下のような順番で書きましょう。 医師宛に出すときは宛名の横に脇付けを 封筒の宛名には「様」をつけるのが一般的ですが、医師宛に送るときには慣例として「侍史」や「机下」という脇付けを付けます。 書き方としては宛名の「様」の左下に書き添えます。 「侍史」とは「仕える人」をさし、「机下」は「机のもと」をさすことから、相手を敬う気持ちを込めて、本人あてではなく相手に仕える人や、相手が使う机のもとにあてて手紙を送るという意味から用いられる敬語表現です。 あまり一般的な使い方をする言葉ではないので、覚えておくとよいでしょう。 いろいろな人にお世話になった時は? 実習の際、指導しているくれた人が実習内容で変わるなどした場合の宛名は、実習を受けた科宛に送るとよいでしょう。 例えば理学療法士の実習では、宛名を「リハビリテーション科」とし、脇付けを「御皆様」とします。 お礼文記入例 病院で実習行う職種はさまざまです。 職種によってどんな文を書くとよいのか、文例をご紹介します。 お礼状に書く順番は前項でご紹介しましたので、主文に書く内容の一例になります。 実習を通じて感じた事や今後の抱負などを書きましょう。 看護師・介護福祉士の場合は患者さんに接する機会が多いので、そのことに触れたり指導員の対応で勉強になったことなどについて書くとよいでしょう。 何もかもが初めてのことばかりで、少しでも沢山のことを経験しようと思っているうちにまたたく間に実習期間が過ぎてしまいました。 慣れない実習で、いろいろと至らぬ点ばかりで申し訳ございませんでした。 看護部長はじめ看護士の皆様には大変温かく指導していただき、心から感謝しています。 院長先生には別途お礼のお手紙を差し上げる所存でございますが、まずは直接ご指導を頂いた皆様にお礼を申し上げたくお便りいたしました。 幼稚園・保育園実習のお礼状 幼稚園や保育園の実習の場合、指導を担当する先生のクラスで実習を行うことになります。 お礼状は指導をしてくれた先生はもちろん、園長宛にもお礼状を送るようにしましょう。 この場合、園長と指導担当の先生の連名にはせず、それぞれに出すようにします。 お礼状文例 幼稚園や保育園は、学校で学んだ知識をもとに保育を実践する場です。 子供たちと関わることで得られた経験や感じたことを、感謝とともに書きましょう。 実際に保育の仕事を体験し子供たちに接したことで、学校では学ぶことのできない子供たちの気持ちを察する難しさを知りました。 そんな子供たちの対応に慣れていない私でしたが、園長先生をはじめ先生方々のご指導とあたたかい言葉に勇気づけられ、笑顔で子供と接することができ無事に実習を終えることができました。 今回実習を経験したことで保育士という職業に一歩近づいたという充実感と、私もはやく一人前の保育士になりたいという想いがより一層増したように思います。 このような貴重な体験をさせていただき大変感謝しております。 薬局実習のお礼状 大学の薬学部の実習では病院の薬局で実務実習を行います。 実習のお礼状文例 他の実習同様、学校で学んできた知識をどこまで生かせるかの実務実習です。 実習中に気が付いたこと勉強になったことを書いて自分の経験になったことをお礼しましょう。 実習では机上の勉強では決して学ぶことのできない貴重な経験ができ、毎日が充実しておりました。 栄養士の実習のお礼状 栄養士は取得する資格によって実習先が多岐に渡ります。 病院、幼稚園・保育園、学校、介護施設、保健所などです。 それぞれお世話になった担当者と施設の代表者の方にお礼状を送りましょう。 実習先の敬語表現について お礼状で、実習先の敬語表現として「貴」をつけて書くとよいでしょう。 例えば、病院であれば「貴院」、幼稚園・保育園であれば「貴園」、介護施設や保健所などは「貴施設」とします。 文例であげれば以下のようになります。 ・貴院での実習は、私にとって大変貴重な経験になりました。 ・貴施設で過ごさせていただいた日々が、栄養士を目指す私にとっての原点になりました。 お礼状文例 お世話になった方々へのお礼と、実習を通して体験したこと、介護施設などでは入所者の方への気遣いの言葉などを入れるとよいでしょう。 最初は無事に六日間の実習を終えることができるか不安でしたが、栄養士の先生をはじめ、調理員の方々が親切に教えてくださったおかげで、たくさん勉強することができました。 不慣れで作業が遅かったり、失敗したりとたくさん迷惑をかけてすみませんでした。 毎日皆さんとお話をするのがとても楽しかったです。 お忙しい中実習を快く引き受けていただき、また温かい指導をしていただき本当にありがとうございました。 この貴重な経験を生かし、今後の実習も頑張りたいと思います。 調理員の皆様にもよろしくお伝えくださいませ。 実習のお礼状で使える時候の挨拶 4月を表す代表的な言葉はやはり桜です。 春たけなわで木々が芽吹き花が咲く季節ですのでそのような言葉を選んで使うと良いです。 また、5月は新緑の季節で風もさわやかです。 端午の節句もありますのでそういう言葉を使うと良いでしょう。 6月は、梅雨が季語になりますので梅雨やじめじめした気候を指す言葉、また季節の花であるアアジサイを文章の中に取り入れるのも良いでしょう。 ・いよいよ桜も満開となりました ・菜の花畑も一面の黄色と色づく季節になりました ・青空を鯉のぼりが泳ぐこの頃ですが ・吹く風もさわやかな季節 ・青く澄み渡った空がすがすがしく感じる季節 ・梅雨冷えの寒い日々が続きますが ・長雨の続く日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか ・一雨ごとにアジサイの色も鮮やかな季節になりました 7月~9月 7月は、梅雨が明けて一気に夏に向かう時期です。 梅雨が明けて夏になった喜びや、暑くなってきた来たこと、また七夕や夏祭りといった季節の行事などを書くと良いでしょう。 8月は夏真っ盛りではありますが暦の上では立秋もあるので残暑という言葉を使うと良いでしょう。 9月は秋の始まりですので初秋という言葉が使えます。 また、朝晩涼しくなるのでそういう言葉を入れるのも良いでしょう。 ・梅雨明けの晴天がまぶしい今日この頃ですが ・日々暑くなり猛暑到来ももう間じかのようです ・夏祭りの便りも聞かれだした今日この頃 ・残暑厳しき折ですがいかがお過ごしでしょうか ・暦の上は秋になりましたが ・朝夕の風に秋の気配を感じるようになりました ・九月ともなればさすがに過ごしやすくなってきました ・いまだ残暑厳しい日々が続いております ・空の高さに秋の訪れを感じる今日この頃です 10月~12月 10月は秋も深まり収穫の時期です。 またこのころから日が落ちる時間も早くなりますので秋の夜長という言葉もあります。 11月は秋から冬へ移り変わる時期で晩秋と言われます。 また、木々の葉も枯れ落ちる頃でもありますのでその様子を書くのも良いでしょう。 12月は師走とも言い一年の終りのあわただしい時期ですので、時候の挨拶もその様子を表す言葉が多いです。 ・秋もいよいよ深まってまいりましたが ・秋の日はつるべ落しと申しますが ・秋の味覚が楽しみな季節となりました ・秋の気配がますます深まってまいりましたが ・銀杏の葉も散り始め、秋も終わりに近づきつつありますが ・暮れ行く秋を寂しく感じる今日この頃 ・木枯らしの吹く季節となってまいりました ・師走の声を聞くと同時に、寒くなってきた気がいたします 早いもので、今年も後わずかとなりました 感謝の気持ちを伝えよう!.

次の

教育実習のお礼状 封筒はまとめる?別々?切手のマナーも確認しよう

教育実習 お礼状 封筒 書き方

もくじ• 教育実習のお礼状 便箋はどんなものを選ぶべき? 教育実習が終わりお礼状の用意するにあたって、便箋、そして封筒はどんなものを使うべきでしょうか。 まずは便箋。 白無地の縦書き用のものを選びましょう。 100均のものでもかまいませんが、ぺらぺらした薄い紙質のものだと急いで間に合わせたような印象を受けることもありますので購入の際は気をつけて下さい。 文具店へ行けば種類も豊富ですし、同じ白無地の便箋でも紙質がしっかりしていて和紙のテイストで作られているものもあったり、絵柄はなくても品のあるものがたくさんあると思います。 時間に余裕があれば一度足を運んでみてみるのもいいかもしれません。 間違ってもキャラクターものや発色の強いカラフルなものを使用しないように注意してください。 仲のいい友人知人に送るものではないのでその点はしっかりわきまえるべきです。 「白無地だと味気なくて寂しい感じがするけれど…」 と思う人もいるかもしれませんが、正式なお礼状として出すものですから白無地で問題ありませんよ。 もし見つからないようであれば淡い色のものを使用しましょう。 その時は封筒もセットで揃えるのが望ましいですね。 大事なのは見た目ではなく中身の内容。 何を学ばせてもらって、それによって自分がどのように成長することができたか。 そして未熟ながらも支えて下さった先生方への感謝。 これらを余すところなく伝えることが何より大事だと思います。 また、当たり前のことですが、もし字を間違えたら最初からやりなおしになります。 「ちょっとだけだし…」 なんて甘い考えで修正テープで訂正してから書き直すのは大人のマナーとして論外です。 新しい便箋を用意してもう一度書き直しましょう。 教育実習のお礼状 折り方にもマナーがある? お礼状を書き上げたら後は送るだけですが、手紙の折り方にもマナーがあるのを知っていますか? 基本的な折り方としては『三つ折り』とされています。 封筒が小さすぎて四つ折りするしかない…という以外はほとんどこの三つ折りです。 なぜ四つ折りではなく三つ折りなのかというと、相手に対する思いやりから。 実際に受け取る側の視点で考えると、折り曲げられた箇所が少ない方が便箋を広げやすく、読みやすいですよね。 三つ折りの場合、受け取った相手はまず折り曲げた便箋の上部を開きますので、必然的に書き出しの「拝啓」の文字を目にすることになります。 こういった相手を思う配慮が三つ折りにする理由なのです。 便箋を2枚以上使った時は一枚ずつ三つ折りにするのではなく、全部重ねてから三つ折りにしてくださいね。 また、きっちり三分割して三つ折りにする人もいますが、相手の人が開きやすいようにと上にかぶせた上部をほんの1~2mm程ずらして折る人もいます。 角の部分を傷めにくいですし、これもまたひとつの心配りですよね。 どちらでも自分がしやすいやり方で大丈夫ですよ。 また、三つ折りがうまくできない…という人には便箋を軽く丸めてからちょうどいいところで折り曲げるというやり方もあります。 コツをつかんできたら簡単にできますので、少し練習した上で実践することをおすすめします。 スポンサーリンク 教育実習のお礼状 封筒の入れ方はどうしたらいい? お礼状を送る際は白無地の二重封筒(長形4号)を使うのが礼儀です。 茶封筒や大学の封筒は使わないようにしましょう。 二重封筒とはその名の通り二重になっている封筒で、内側の封筒が紫色の紙で作られているものが多いですね。 よくわからない時は文具店の店員さんに 「お礼状に使う二重封筒はありますか?」 とお尋ねしてみましょう。 すぐ案内してくれるはずですよ。 注意点として、二重封筒をあまり使うことのない人がやってしまいがちなミスがあります。 それは外側の封筒と内側の封筒の間に便箋を入れてしまうこと。 これは恥ずかしい間違いですので、内側の紫色(商品によって別の色もあり)の封筒に便箋を入れるようにしてくださいね。 イメージとして例えてみるなら便箋が自分、内側の封筒がブラウス、外側の封筒がコート、というようなものです。 後は三つ折りにした便箋を用意した封筒に入れるだけですが、入れ方の向きがあるのでこちらもうっかり間違えないように注意しましょう。 このように封筒に入れる際は便箋の書き出しの文字が上になるように入れます。 ここでうっかりミスがあると大変残念ですので、きっちり抜かりなく。 最後にのり、または両面テープで封をしたら「〆」という締めの印を書いて完成です。 普段手紙を書かない人も、ビジネスマナーとして身につけておけばこれから社会人になった時にも自分のスキルとして重宝します。 お世話になった実習先へ100点満点のお礼状が送れるように頑張ってくださいね。 はじめまして! 当ブログの管理人みことです。 自分の得意分野の知識や逆に失敗談、そして友人知人から得た情報が世の中の皆さんの手助けになればいいなと思い、ブログ運営を始めました。 100均大好き!週末のユニクロ大好き!! 最近は御朱印集めにハマりだしました!(今さら?笑) そんな私が発信していく情報があなたの毎日のお困りごとの解決に役立ててもらえたら嬉しいです。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

実習のお礼状に使う封筒の色やサイズ、書き方入れ方の正しいマナー

教育実習 お礼状 封筒 書き方

お礼状とは、何か品物いただいたときは、何かをしていただいた時に、相手の方に感謝の気持ちを表すために贈ります。 お礼状は内祝いや、出産祝いのほか、お見舞い、弔辞の際もお出しするお手紙です。 相手の方に何かお世話になった場合には必ずお礼状出しましょう。 最近では、お礼状をメールで送信してしまうことが少なくありませんが、特にご年配の方にとっては、お礼をメールで済ませてしまうと言うことを不愉快に感じることが多くいらっしゃいます。 また、目上の方にメールでお礼状を贈るという行動は、大変失礼になりますので、封筒の選び方や書き方といった、お礼状を贈る際の基本的なマナーを覚え、相手の方との良い関係を築きましょう。 言葉選びにも注意を お礼状はお祝い事ではなく、感謝の気持ちを伝えるために相手の方にお出しするものですので、相手の方が喪中であっても出してもかまいません。 お礼状を書く文章には、「お喜び申し上げますと」いった、お祝いの言葉は使わないよう注意しましょう。 ただし、「体調にお変りございませんでしょうか」といった相手を気遣う言葉を使うのであれば、は失礼には当たりません。 お礼状の文章を書くときには、要件とお礼を一緒に書いてはいけません。 お礼状はあくまでも感謝の気持ちを伝えることになりますので、そのほかの用紙を一緒に書き入れないでください。 これは相手の方がどんなに親しい方であっても同じですので注意して下さい。 お礼状を書く際の注意 お礼状は心を込めて感謝の気持ちを伝えられれば、相手の方の印象も良くなり、今後も良い関係を保っていることが可能ですが、その逆で、誤字脱字が多かったり、封筒や便せんがお礼状をお送りする際にふさわしくないものを選んでしまうと、逆に相手の方の印象が悪くなり、今後の関係性にも悪影響を及ぼします。 誤字脱字は、きちんと確認すれば防ぐことができるケアレスミスです。 そういったミスをしてしまうということは、それだけ急いで書いたということになり、相手の方は蔑ろにされたような気分になってしまいます。 お礼状を書いたら、漢字やお名前に間違いがないかどうかを、しっかりとチェックしましょう。 修正液を使わない お礼状はお友だちにお出しするお手紙や、ご自分のノートとは違います。 漢字を間違えてしまった場合には、修正息や修正テープを用いて訂正するのは控えましょう。 もしも間違えてしまった場合には、きちんと最初から書き直して下さい。 修正液がつけられたお礼状をいただいた相手の方は、手を抜かれたと考えてしまいます。 便せんの枚数 お礼状を書く場合には、必ず二枚以上の便せんを使ってお礼状を書いてください。 お礼状を書く便せんは白い無地のものを選びます。 もしも文章が1枚だけで終わってしまった場合には、博士の便せんを1枚つけて必ず二枚になるようにしてから封筒に入れて下さい。 弔辞といった不幸の場合には、「2」という数字には「重なる」という意味にも取れますので、用いることができません。 そのため便せんを1枚で送ります。 お祝いごとの場合には二枚にしておくるのが基本です。 お礼状を送る場合には、切手の選び方や切手を貼る位置にも気を配りましょう。 お礼状を贈る場合には、切手の選び方や貼り方にもきちんとしたマナーがあります。 切手を貼る位置についてや、切手が数枚になってしまった場合の貼り方についてのマナーをしっかりと覚えておきましょう。 縦長の封筒の場合には お礼状を入れる封筒に縦長のもの選ぶ場合には、切手を封筒の表面の左上にあります。 切手は複数になった場合には、切手を縦に並べて貼り、切手が重ならないよう少し間隔をあけてあります。 切手は重なっていなければ大丈夫ですので、切手同士空ける間隔は、ほんの少しで構いません。 切手を貼る位置が決められている理由 切手を貼る位置について、なぜマナーがあるのかと言うと、これは郵便局での仕分けの際に、機械によって処理されるため、縦長の和封筒の場合には封筒表面の左上、横向きの洋封筒の場合には、封筒表面の右上に貼ることが決められているためです。 切手のNG お礼状に限ったことではありませんが、改まった席での文書の場合には、封筒に貼る切手はキャラクターものや、奇抜なデザインの切手を使用しないということがマナーです。 そのため、お礼状に用いる切手は、季節の感じられるものが、風景が描かれているものを選びます。 切手はあまり派手すぎないものを選んで貼るのがマナーではありますが、いかにも手近なもので間に合わせたい、と感じる切手を買ってはいけません。 また、切手を貼る場合は、切手で封筒が埋まってしまうほど、多い枚数の切手を貼ってもいけません。 お礼状といったきちんとした文章を送るときには、切手の枚数はなるべく少ない枚数に抑えるよう購入してください。 宛名の書き方和封筒の場合 お礼状の封筒の表書きには、住所や宛名を記入します。 住所を記入するには、1行から2行に収まるよう書き、封筒の右側の横、3分の1程度になるよう書きます。 宛名は封筒の中央に、住所よりも大きな文字ではっきりと書きましょう。 お礼状を送る相手の方が企業であった場合には、文字の大きさのバランスに注意が必要です。 宛名の文字の大きさは、個人名と「様」といった、敬称が最も大きくなるように書き、次に会社名、役職名は1番小さい文字で書きます。 封筒に書き入れる宛名は、お名前が1番大きくなるよう書くのが一般的ですが、「様」を少しだけ大きくなるよう、書き入れると、全体のバランスが良く見えます。 漢数字を使うこと 住所書く場合には、漢数字を使って書きましょう。 また、会社名を書く場合には、株式会社を(株)、(有)と省略せず、正式な名称で記入するのが正しいマナーです。 会社宛にお礼状を出す場合には、敬称は「様」ではなく、「御中」と書きましょう。 封筒の裏書きに差出人名を書くには 差出人名を書く場合は、ノートの裏側、中央部分を境目にして、その右側に住所、左側には差出人の名前を記入しましょう。 封筒に日付を書くのであれば、封筒の左上に記入してください。 封筒の中にお礼状を入れたら封をします。 封筒を閉じたら、封じ目の中央部分に「〆」また「封」といった文字を書いておきます。 お祝いごとにお贈りする場合の封筒には、「寿」、または「賀」と記入しても構いません。 洋封筒の表書き 洋封筒横書きにするには お礼状に洋封筒を使い、横向きにする場合は、郵便番号を記入するための欄が右下になるよう、封筒を置いてください。 郵便番号を書くための欄がないタイプの封筒は、住所の上に郵便番号を書いても構いません。 宛名を書くにあたっては、お名前は住所よりも大きな文字で書きましょう。 洋封筒の裏書きの書き方は 洋封筒の裏書きには、差出人の住所、氏名を書きますが、住所や氏名を書く場所は封筒下部分の三角に折りたたまれた部分に収まるよう記入します。 日付を書くのであれば、住所の左上部分に書くと良いでしょう。 封筒を横書きにする場合は、他の時とは異なり、封じ目に文字を記入する必要はありません。 お礼状を入れる封筒や便箋は、通常白色ものを選びます。 相手の方との関係性にもよりますが、お礼状入れる封筒は、白い色のものを選びます。 茶封筒を使用しても構いませんが、その場合には紙の素材がしっかりとしていて、ある程度厚みのあるものを選びましょう。 便箋も同じく、色は白いものを使用します。 白いものであれば罫線はあってもなくても構いませんが、罫線があるものの方が、文章全体が引き締まって見え、文字が整って見えますのでおすすめです。 お礼状を入れる封筒のサイズは 例えば、履歴書やエントリーシートといった、企業側から送られてきた書類を返信する際に、一緒に送るお礼状の場合には、その文書が折りたたまれていない状態であったときには、そのままの状態で送らなければいけません。 企業でよく用いられている用紙のサイズは、一般的にA4サイズのものになりますので、その書類がA4であった場合には、A4の封筒に入れて郵送しましょう。 A4サイズの封筒は、角2号や、角型A4と記載されていますので、そちらの封筒を使用してください。 種類別お礼状の封筒のマナー 内定先へのお礼状 内定先へお礼状を出す場合の封筒の種類は 内定先へお礼状を出す場合には、提出書類を出す必要がある場合には、その書類と一緒に同封しておくります。 内定通知が送られてきた場合には、その書類と一緒に封筒を同封されている場合がありますので、その書類が三つ折りか四つ折りで届いた場合には、お礼状をそのサイズに合わせて折り、お礼状を入れる封筒を選んでください。 送られてきた書類がにしてクリアファイルに入れられてくる場合がありますが、その場合には、クリアファイルに入れられた状態のまま、書類を折らずにそのままの状態で入る大きさの封筒を選んでください。 封筒の色は、なるべくであれば白色のものが、最もふさわしいものになりますが、茶封筒でも構いません。 ですが、封筒の素材はきちんと厚みのあるものを選び、ペラペラの薄い紙の封筒は用いないでください。 内定先へのお礼状のあて名の書き方 内定先へお礼状を出す場倍のあて名の書き方は必ず縦書きで書くよう注意して下さい。 まず右側から住所を書き入れ、真ん中に大きく企業名と部署、役職、名前の順番で書きます。 会社名や部署、役職が最後にくる場合には、その下に御中をつけ、お名前が最後に来た場合にはさまをつけて書きます。 丁寧に書こうとして、「御中」と「様」の両方を書き入れている方をよく目にしますが、これは二つ用いる必要はありません。 返信用封筒に書く場合には 宛名を書く場合には、どちらか一方を書いてください。 この場合には、「行」の文字に斜めに2本の線を入れて、その下か横の空いている部分に「御中」、または「様」と書き入れましょう。 ご自分のお名前は、封筒の裏側に記入します。 記入する場所は、封筒の左半分少し下の位置に書き入れましょう。 左上の部分には、少し小さめに日付を書くようにし、左下の部分には住所と大学名、ご自分のお名前をバランスよく書き入れて下さい。 封筒へ入れる場合には お礼状を封筒に入れる場合には、文書の表側が同じ向きになるよう、そろえて入れましょう。 書類を折らずに封筒に入れる場合には、書類の表側と封筒の表側はそろうよう入れて下さい。 この場合も、便せんの右上が封筒の裏側の上に来るよう入れて下さい。 書類やお礼状を入れおいたら、糊で封をして下さい。 封をする場合には必ずのりを使い、セロハンテープで留めないよう注意して下さい。 書類を送る場合には、お手紙の重さによって料金が変わります。 そのためお礼状や文書を送るにあたっては、郵便局で重さを測っていただいた後に送るよう注意して下さい。 教育実習でのお礼状の書き方は 教育実習後のお礼状に関しても、時候のあいさつは必ず入れて下さい。 梅雨の時期の場合には長雨、そろそろ夏に差し掛かっている時期なのであれば初夏、といった言葉を使います。 あて名の書き方は、肩書きとお名前を合わせて書き入れます。 また封筒の裏面には、あなたの住所やお名前のほかに大学名を記載しておくと、誰の事だかすぐにわかってもらえます。 学校にはたくさんの文書やお手紙が届きますので、その中に埋もれてしまわないよう、なるべく具体的に差し出し人名を書いてください。 保育実習の場合には 保育実習でのお礼状の場合には、基本的に教育実習の場合に送るお礼状の書き方とマナーは同じです。 保育実習の場合には、園長先生宛にお礼状を送ります。 お礼状の宛名には、「〇〇保育園延長〇〇様」、または「〇〇保育園〇〇園長先生」と書き入れましょう。 「御中」とは、企業につけられる敬称になりますので、保育園に対してはつけられません。 また、頭語や結語は、「拝啓、敬具」でも「謹啓、謹白」のどちらでもマナー違反にはなりません。 インターシップの場合のお礼状の書き方 お礼状とは基本的に、自分自身や家族の方がお世話になった時、または何かをいただいた時に、感謝の気持ちを伝えるために書き送ります。 結婚祝いをいただいた時や、結婚式の内祝いのほかにも、学生の方がインターンや実習を終えたときには、相手の方にお礼状を出す必要があります。 正しく感謝の気持ちを伝えるためには、封筒の中身や文章のほかにも、相手の方がお礼状を受け取った時にまず初めにめにする封筒についても気をつけなければいけません。 お礼状を送るための封筒は、今流行りのキャラクターがついたものなどを送ってはいけません。 きちんとマナーに則った封筒や便せんを選ばなければ、マナーを守れない人間として相手の方に悪い印象を与えてしまいます。 お礼状は時間をかけて丁寧に お礼状は基本的にメールではなく手紙、書き送るのが一般的です。 自分自身で書いた文字によりお礼状を書くことによって、それだけ深い感謝の気持ちを表すことが可能です。 ビジネスシーンでは早さが求められるため、メールを用いられることが多くありますが、お礼状はなるべく早く送りする必要がある事とはいえ、改まった席でのことになりますので、感謝の気持ちを表すためにも、それだけ手間をかける必要があります。 お礼状を書く場合には必ず手書きの手紙を送って下さい。 正しい敬語を使うこと これから社会人の仲間入りをするうえで、正しいビジネスマナーが守れるということを表すためにも、正しい敬語を用いてお礼状の文章を書きましょう。 お礼状の文章を書く際には、「拝啓」や「敬具」といった言葉を用い文章を書いてください。 学生の方の場合には「謹啓」と「敬白」といった言葉を用いましょう。 文章を書くにあたっては、お世話になった方のお名前をきちんと書き入れ、どういったことに感謝をしているか具体的な内容を盛り込んだ文章を書いてください。 インターンシップでのお礼状は、テンプレートを参考に書いてもよいでしょう。 言葉の使い間違えに注意 インターシップの場合には、会社名に敬称をつける必要があります。 会社名につけられる敬称は、「御社」または「貴社」という言葉になりますが、この違いについてはご存じでしょうか。 この二つは同じ意味合いで使われますが、これは手紙に用いるか会話によって用いるかによって使い分けられます。 「御社」とは、会話の中で用いられる言葉になりますが、「貴社」とは手紙において用いられる言葉になりますので、間違えないよう注意して下さい。 そのため、お礼状を書く場合には、企業側に手紙をお出しする際には「貴社」の本を使いましょう。 インターンシップの場合のお礼状を送るタイミング インターンシップの場合は、相手の方が自分を覚えているうちに送らなければ意味がありません。 インターンまたは面接を終えた翌日、もしくは遅くとも1週間以内にはお礼状を書き、相手の方に贈りましょう。 結婚祝いのお礼状を書くときの一般的なマナーとは 結婚祝いのお礼状はおめでたい席でのことになりますので、お礼状を入れる封筒は何でもよいというわけではありません。 お礼状に用いる便せんや封筒は白を選び、格式の高いものを用いるのが一般的なマナーです。 現代人はお手紙を横書きにする方が多くいらっしゃいますが、お礼状をお出しする相手の方が年上の方や目上の方であった場合には、縦書きにしてお手紙を書くのが一般的なマナーです。 また、お礼状をお出しする場合に注意しなければならないのは、便せんや封筒だけに限りません。 筆記用具にも注意が必要になりますので、おめでたい席にふさわしいものを用いて、感謝の気持ちやお祝いの言葉を述べましょう。 結婚祝いのお礼状を送る場合の注意 結婚祝いのお礼状を送る場合、どういった封筒を用いて、どういった文章を書けば良いのかご存じないという方も多くいらっしゃいます。 最近ではパソコンやスマートフォンが普及しているため、メールをお送りされる方が多く、改まったお手紙を書かれるという方は少なくなってきています。 ですが、感謝の気持ちを伝えるためにも、正しいマナーに則って、きちんと書面でお礼を述べましょう。 結婚祝いのお礼状を送るタイミング 結婚祝いのお礼状を送る場合には、1か月以内にお送りするのが一般的なマナーとなっています。 お礼状を送る際にはあまり間をあけ過ぎず、なるべく早めにお出しするよう心がけましょう。 あまり日数をあけてしまうと、相手の方は忘れられたような気がしてしまい、関係性が悪化してしまう可能性も考えられます。 結婚祝いをいただいたことに対するお礼状ですので、相手の方に感謝の気持ちを伝えるためにも、お礼状はなるべく早めにお出しして下さい。 結婚祝いのお礼状を送るときの封筒の書き方 お祝いごとで用いる封筒ですので、普通のお手紙の時に用いる封筒を使ってはいけません。 結婚祝いのお礼状を送る場合には、最も格式が高いとされている白の二重封筒をようにしましょう。 また封筒に便せんを入れるときは、便せんを三つ折りにして入れるのがマナーです。 結婚祝いのお礼状を書く際に用いる筆記用具には 結婚祝いのお礼状を送るには、封筒の選び方や便せんの入れ方に注意が必要です。 また文章を書くにあたっても筆記用具の選び方には改まった席にふさわしいものを選んでください。 お礼状を書く際に用いる筆記用具は、なるべくであれば万年筆を使い、もし万年筆がないという場合には、ポール、もしくは筆ペンを使って文章を書きましょう。 インクの色は黒がベストですが、青い色のインクの店を用いてもかまいません。 当然のことながら鉛筆で書くのは絶対にNGです。 またサインペンはちが太すぎて文字がつぶれてしまい、何を書いているのか読めない場合が考えられますので、お礼状を書くにふさわしい筆記用具ではありません。 文字を書くのが苦手でも心を込めて書きましょう 結婚祝いのお礼状を書くにあたっては、何も特別なマナーを必要としません。 これは一般的なマナーになりますので、一度身につけてしまえば、だれにでも行える簡単なものです。 文字を書くのが苦手という方の場合には、手紙を書くのを避けたいと考えていらっしゃる方も少なくないでしょう。 ですが、お礼状を書く場合に大切になことは、気持ちが込められているということです。 多少文字を書くのが苦手であっても、相手の方に感謝の気持ちがきちんと伝わるのであれば、それほど重要なことではありません。 結婚祝いをいただいたことに対する感謝の気持ちを込めて、正しい封筒や便箋、筆記用具を用いて、なるべく早く相手の方に贈りすれば、何も失礼にはなりません。 結婚祝いのお礼状を書くにあたってのポイント 結婚祝いのお礼状は、マナー違反をしてしまうと自分だけの問題ではなくなってしまいます。 パートナーやパートナーのご家族、ご親戚の方にもご迷惑になってしまいます。 お礼状はなるべく早くお出しする必要がありますが、それ以外にも注意しなければならないポイントがありますので、以下のことに注意をしながらマナーを守ってお礼状を書いてください。 お礼状は縦書きに 基本的に結婚祝いでお送りする場合のお礼状は、文字を縦書きにして書くのが基本的なマナーです。 結婚祝い以外のお礼状の場合でも基本的には縦書きにして書くのが一般的なマナーです。 改まった席で文章を書く必要がある場合には、必ず縦書きでお手紙を書いてください。 お礼状にパソコンは使わないこと 文字を書くのが苦手という方は、相手の方に失礼にならないようパソコンを使って書いてしまう方もいらっしゃいます。 ですが、これはお礼状を書くにあたってマナー違反となります。 結婚祝いをいただいた感謝を相手の方に伝えなければならない文書ですので、文字を書くのが苦手だからと言って、パソコンでお手紙を書かず、きちんと自分の文字で心を込めて書いてください。 結婚祝いに用いる便せんは 結婚祝いの際に用いる便せんは、白い無地のものを選びましょう。 何も模様がはいっていない、罫線が入ったものを選ぶ必要があります。 また封筒を色は白いものを用いてお礼状をお送りして下さい。 お礼状を送るのが遅れてしまった場合には 結婚祝いのお返しが遅くなった場合には、相手の方に失礼がないよう、前もってお礼印象を書いて送って下さい。 その場合には、どのようにお礼状を書けばよいのでしょうか。 お祝いをもらった場合など、お世話になった方に対するお返しが遅れてしまうということは、礼を失した行動です。 何か事情があって結婚祝いのお返しが遅れるというのであれば、きちんと礼儀をわきまえて相手の方の気持ちに配慮してお礼状を送ってください。 礼儀を守った感謝の気持ちの伝え方 結婚祝いのお返しが遅くなる場合には、お祝いをいただいたことに対して、どれだけうれしかったのかといった気持ちを素直に相手の方に伝えましょう。 遅れてしまうということを伝えずに知らん顔をしているのでは、せっかくお祝いを送って下さった方に対して失礼になってしまいます。 結婚祝いのお返しが遅くなる場合には、遅れてしまった事情や理由を具体的に話し、心をこめて感謝の気持ちを伝えましょう。 お礼状を送るのはどんな人か 結婚祝いのお礼状は基本的にお祝いをいただいた全ての人に送ります。 結婚祝いのお返しが遅くなる場合にも、お祝いへのお礼の言葉、もしくは内祝いの品物を贈ったことを相手の方に伝えましょう。 その際には、必ず「今後もお付き合いを続けていきたい」といった、お願いの言葉も書き加えておくことが基本的なマナーとなっています。 時候のあいさつをする お礼状を書く場合の基本として、時候の挨拶や相手を気遣う言葉、近況を報告する内容を書いて、お祝いを送って下さった方に感謝の気持ちを伝えましょう。 結婚祝いのお返しが遅れてしまう場合には、お詫びの意味合いも含みますので、感謝の気持ちに加え、お詫びの言葉も忘れずに書き入れてください。 マナーを守って感謝の気持ちを伝えよう.

次の