アベノマスク 配布。 アベノマスク配布466億円 想定外の額にどよめき

全世界に広まった「アベノマスク」…名付け親は誰? 「なんとなく語呂が似ているので思いつきました」/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

アベノマスク 配布

安倍首相「品薄状態解消に有効」 安倍首相は日本郵政のシステムを活用し、1つの住所につき2枚ずつ布マスクを配布すると明らかにした。 再来週以降から感染者数の多い都道府県から順次届くという。 安倍首相は「布マスクは洗剤で洗うことで、再利用が可能」とし、品薄状態が続く使い捨てマスクの需要に対応できるとの考えを示した。 菅義偉官房長官も「洗濯などの不便はおかけするが、少しでも国民の皆さんの不安解消に取り組んでいきたい」と述べている。 たった2枚のマスク配布で国民の不安は解消されるのだろうか。 元小説家・百田尚樹氏「アホの集まりか」 これについて、安倍首相と仲が良いと言われている元小説家の百田尚樹氏(64)は自身のSNSで「大臣が勢揃いして決めたのがそれかい!アホの集まりか」「エイプリルフールのつもりか」と安倍政権をぶった斬った。 一つの家庭に2枚の布マスク?なんやねん、それ。 大臣が勢揃いして決めたのがそれかい!アホの集まりか。 全世帯に郵便で2枚のマスクを配るって…。 そんなことより、緊急事態宣言とか、消費税ゼロとか、金を配るとか、パチンコ店禁止とか、エイヤッ!とやることあるやろ。 — 百田尚樹 hyakutanaoki これ、エイプリルフールのつもりか。 もしかして全閣僚が集まって考えついたウソか? — 百田尚樹 hyakutanaoki.

次の

アベノマスクで日本郵便大打撃!「再配達中止」のウラに「マスク返品」大騒動

アベノマスク 配布

「悪くはない」「他の使い道に…」街では賛否 4月1日に開かれた文部科学省の会見で、担当者が着けていたのは柄がユニークな布マスク。 一方、無地の布マスクをつけた安倍首相は同日、洗って繰り返し使える布マスクを全世帯に2枚ずつ配布することを表明した。 突然、飛び出した布マスク配布案。 街からはさまざまな反応が… 40代女性(母と2人暮らし): もう政府に何も望んでいないかもしれない。 もう怒りは通り越しているかもしれないですが、不安は解消されない。 2枚いただいたところで、別にという感じです。 30代女性(3人家族): 悪くはないと思います。 60代女性(3人家族): (使い捨てマスクが)なくなった時用に。 40代女性: 正直、他の使い道に使ってほしいかなと思います。 尾木直樹さんも苦言 布マスク配布の衝撃は、ネット上にも広がっていた。 アベノミクスならぬ「アベノマスク」という言葉まで誕生。 50代女性(夫と2人暮らし): 郵送費をかけて配布するんだったら、もっと違うお金の使い方があるのかなって。 閣僚は使い捨てマスクを着用…安倍首相の意図は? では、安倍総理を支える側近はというと、1日の感染症対策本部の会合に出席していた閣僚は、全員使い捨てマスクを着用していた。 これには「そこは足並みをそろえてよ 笑 」という強烈なツッコミが。 また、安倍首相のマスク姿に「小さい!給食当番みたい!」と違和感を覚えた人もいた。 さらに、政府関係者からは「皆さんに配っている以上、有効ですよとメッセージを出したいんだろうね」という声も。 安倍首相は、2日もブレずに布マスクを着用。 衆院本会議で、布マスクの配布を決めた理由を次のように語った。 安倍首相: 急拡大するマスクの需要の抑制を図り、国民の皆さまの不安解消に少しでも資するよう、速やかに取り組んでまいりたいと考えております。 (「Live News it! 」4月2日放送分より).

次の

布マスクの全戸配布に関するQ&A|厚生労働省

アベノマスク 配布

【アベノマスク】届きましたか? 不良品続出でマスクを納入した4社のうちの2社、興和と伊藤忠商事が未配布分を全て回収すると4月23日に発表。 それを受け、菅官房長官からも「配布は遅れる」と発言がありました。 4月1日に政府が布マスクを配布することが発表されて、1ヶ月以上たちましたがほとんどの都道府県で配られていないことが発覚しました。 厚生労働省が「布製マスクの都道府県別全戸配布状況」を公表。 未配布マスクに466億円の予算を使うなら「PCR検査の数を増やして」との批判続出。 【アベノマスク届かない】配布状況を厚労省が公開!「配布中」は東京だけ 東京都以外46道府県でまだ「準備中」? あれだけアピールしておきながら現時点で配布された分においては不良品が多い。 自粛で対人接触も減っている。 布マスクの予算466億円をPCR検査機に使うべきだった。 1機1億円、各県合わせて47億円。 10分の1の費用だ。 こっちの方が賢明。 配布中は 東京だけ。 東京以外すべて「準備中」でしたが、5月8日夜になって 「5月11日の週から配布開始予定」と追加記載がありました。 「配布率3%だけど不織布マスクがだいぶ出回ってる」 「マスク配布は中止でいい」 「布製マスクを配布する予算466億円は医療体制の維持に使うべきだ」 「PCR検査機購入に充てるべき」 「アベノマスクも10万配布券も来ないけど、自動車税の納税通知だけ来た」 安倍首相が「配ったおかげで市場価格が下がっている」と自画自賛したアベノマスク。 もう政治家やめてマスクのセールスマンになればいい。 — 異邦人 Narodovlastiye もうやめましょう。 何度も言います。 何度も要請。 布製マスクを配布するお金を検査に、医療体制維持のために使いましょう。 アベノマスク届いていますか?東京都以外の46道府県で「準備中」と発覚。 コロナにやられようが、自粛しようが、家に閉じこもろうが、仕事が出来なかろうが、「重要」納期限は6月1日である。 悪代官という単語が頭の中をぐるぐる廻る。 回収中、納品待ちに加え、約半数は現在契約途中でこれから調達。 国による検品作業も加わり費用がかさむ。 もう中止したらどうか。 — 山添 拓 pioneertaku84 練馬区に住んでいますが「アベノマスク」はまだ来ません。 新宿の知人も「もういらないよ」と怒っていました。 安倍政権の大失態を象徴するマスク問題です。 全戸配布状況を見て呆れ、怒り、唖然です。 もうやめてその予算を医療体制整備などに当てましょう。 — 有田芳生 aritayoshifu.

次の