どんな とき も wifi cm。 どんなときもWiFiのCMに出ている俳優は誰?今田美桜さんとは…|モバイルWi

どんなときもWiFiの特徴|【公式】どんなときもWiFi

どんな とき も wifi cm

WEBのCMなどでもとても注目されているのがどんなときもWiFiです。 完全無制限で使いやすというのも魅力の1つです。 そんなどんなときもWiFiですが、例えば無線LANに対応していないデスクトップの パソコンで使うことは出来ないのでしょうか。 有線LANでの接続をどんなときもWiFiの端末で出来ないのか、確認してみました。 基本的にどんなときもWiFiは有線LANでの接続ができない どんなときもWiFiの端末、モバイルルーターはD1という機種です。 市販されているものは同じ端末がU2sという名称になっていますが。 こちらの端末の接続端子を見てみると、充電用のUSB端子が1つあるだけです。 LANの接続端子はありませんでした。 つまりどんなときもWiFiの端末に直接LANケーブルを接続して有線LANでの ネットワークを作ることは出来ません。 装備されているLANは無線LANのWi-Fi、IEEE802. 11nまでの無線LANです。 本体にはそれ以外のLAN機能はありませんでした。 端末にクレードルを装着することもできない モバイルルーター端末本体にLAN端子がなくても、機種によっては有線での LAN接続ができるという物もあります。 ただしその場合は本体にないLAN端子を増設することになります。 一番簡単なものではクレードルを使う、という方法です。 クレードルは直訳すれば「ゆりかご」という意味ですが、モバイルルーターでは スタンド型の接続装置のことをクレードルと呼びます。 以前はスマホでもクレードル装備の端末が多かったので知っている方も多いとは 思いますが。 このクレードルには、機種によって有線LANコネクタを搭載している物があり モバイルルーター端末をセットすると有線でのLAN接続が出来るようになります。 ただしどんなときもWiFiの端末にはクレードルを装着することが出来ません。 対応しているクレードルがないのです。 現行の端末でも利用できるクレードルはあります。 ただし、当然ですがクレードルはオプションなので本体とは別に料金がかかります。 購入する場合には自分に必要なのか、よく考えてからにしましょう。 有線LANで接続するメリットは安定性 現状、どんなときもWiFiの端末で有線LAN接続することが難しいのがわかりました。 ではなぜ有線LANでの接続をしたいと思うのでしょうか。 LANケーブルの接続や設置場所などを考えると、無線LANでの接続をしたほうが 手軽でスペースも少なくてすみます。 でも無線LANでは通信ノイズが入りやすく、通信の安定性という意味ではかなり劣る という意見も多くあります。 特に高速通信が必要と思われる使い方をする人にとっては、通信の安定性はそのまま 通信速度につながるのでとても重要なのです。 通信を安定させるためには有線LANでの接続が必要、という状況も考えられます。 LANケーブルの種類も確認が必要 ただし有線LANで接続すれば必ず通信速度が上がる、というわけでもありません。 有線接続する場合には、使うLANケーブルにも注意が必要になります。 LANケーブルはどれも同じ、ということではなく最新規格になれば通信速度も さらに高くなる可能性があるのです。 例えば以前からよく使われているのはカテゴリー5というLANケーブルです。 こちらはかなり古い規格で、対応通信速度は100Mbpsとなっています。 対応速度は100m離れたところとの通信をする場合の最高速度、ということなので 実際に家庭内で使う時には100Mbps以上の通信速度が出せると思います。 でも上限が現在の光回線の1Gbpsよりも低いカテゴリー5を使うことで通信速度が 遅くなっている可能性は考えられるのです。 購入しやすい金額ならカテゴリー6など1Gbpsに対応したLANケーブルがあるので できればそちらを使うようにしましょう。 電波干渉や接続経路の確認も有線の方が便利 ちょっと細かいことになりますが、有線LANでの接続のメリットとして 無線LANで起きやすい電波干渉がないということが考えられます。 最近ではインターネット接続が出来る電化製品も多くなり、電波がかなり飛び交っている という状況も多くなりました。 それに電化製品の動作ノイズの中には通信電波に干渉するものもあります。 有名なところでは電子レンジはWi-Fiと干渉しやすいのはよく知られているところです。 でも有線LANなら電波ではないので基本的に電波干渉を受けません。 後はルーターや端末本体と接続しているのがケーブルでわかるので、万が一接続経路が 途切れているなら、それを見てわかるというメリットも。 有線LANにはこんなメリットが考えられます。 強引に有線LANを使う方法 どんなときもWiFiの端末本体には有線LAN接続端子がありません。 つまりそのままでは有線LANでの接続は無理です。 でもちょっと強引な方法になりますが、どんなときもWiFiの端末に有線LANでの 接続をする方法もあります。 この方法はかなり強引な方法で、しかも有線LANやネットワーク構築の知識が 少し必要になります。 パソコン初心者にはかなり難しい、というか説明してもわからないと思うので あまりおすすめできる方法ではありませんが・・・ 一応どんなときもWiFiで有線LAN接続を使うための方法を説明します。 子機機能の付いたWi-Fiルーターを接続する 簡単に説明すると、どんなときもWiFiの端末にWi-Fi中継機をつなげて そちらから有線での接続をするという方法です。 基本的にWi-Fiの中継機はWi-Fi電波を中継するためだけの機材なので 有線LAN端子は付いていません。 でもルーター機能が付いている中継機なら有線LANのHUBとしても 使う事が出来るようになります。 このルーター機能付き中継機の代わりに子機モードという、中継機としての 機能を使えるWi-Fiルーターを使うこともできます。 まずは子機モードが使えるWi-FiルーターとどんなときもWiFiの端末を 接続させます。 接続方法はルーターによって変わるので、そちらの説明書を確認しましょう。 Wi-FiルーターにHUBをつなぐ 子機モードで接続したWi-Fiルーターでは、それぞれの接続端子に仮想IPアドレスを 割り振ることが出来ません。 つまり普通のルーターとしての機能を子機モードでは使えないので、このままでは インターネット接続をした時にIPアドレスの競合が起きる可能性があります。 そこで子機モードのWi-FiルーターにスイッチングHUBをつなぎます。 このHUBに端末を接続することでIPアドレスの競合がなくなります。 ルーター機能付きの中継機を使うよりもかなり面倒くさい接続になりますが 一応こんな方法でも有線LANでの接続が出来るようになります。 元のどんなときもWiFiの通信速度がそれほど高くないので魅力は少ない 有線LAN接続をすることでWi-Fi部分の接続ではノイズが入りにくいという メリットができます。 当然こちらの通信ではノイズが入りやすく、そもそもどんなときもWiFiは それほど通信速度が速いサービスではありません。 最高速度も光回線の下り最速1Gbpsには遠く及ばず、平均の通信速度も 下り20Mbpsとかなり遅い速度となっています。 無線LAN部分の通信を有線にして安定させたとしても通信速度の向上を それほど期待できるとは思えません。 それにWi-FiルーターとスイッチングHUBを中継するので普通に遅くなる という可能性も高くなります。 通信速度に関してはあまり改善される要素がないので、おすすめもしにくいです。 それにかなり面倒な方法なので初心者にはやはり難しいと思います。 どんなときもWiFiでもオンラインゲームが出来る 有線での接続をしたい、と思っている理由として考えられるのはオンラインゲームで 安定した通信を期待して、という人も多いかと。 確かにオンラインゲームではWi-Fi接続よりも有線接続をしたほうが回線が安定して 大戦などの結果にも影響が出る、と言われています。 それは間違っていないのですが、その問題点はそもそもインターネット接続回線に 光回線を使っている場合のことです。 つまりインターネット接続回線からゲーム機やパソコン本体まで全てを有線での 接続にした場合は通信速度が安定してくる、という意味です。 いくらWi-Fi部分を有線LANでの接続にしても回線の安定性は大きく変わらず やはり一部のオンラインゲームでは不利になると思います。 ではどんなときもWiFiではオンラインゲームが出来ないのか。 結論を言えばオンラインゲームによっては十分に楽しめると思います。 リアルタイム通信をしないオンラインゲームなら問題はない ではどんなオンラインゲームならどんなときもWiFiで楽しめるのか。 通信を常時行わないゲームなら問題ないと思います。 多人数同時プレイのFPSなどは1つのサーバーに多くのユーザーが集まり 同時にゲームプレイをします。 こんなタイプのゲームでは常にサーバーとの通信をしているので通信速度が そのままプレイの結果に影響することも多くなります。 そんな通信速度が求められるようなオンラインゲームはどんなときもWiFiで 参加するのはあまりおすすめしません。 でもゲーム開始時にデータを読み込んで、プレイ中は通信をしないというタイプの オンラインゲームならプレイに通信速度が影響を与えません。 一部の対戦格闘ゲームなどは通信速度の遅い回線でも十分に楽しめます。 こんなゲームならどんなときもWiFiでも十分に楽しめるかと。 オンラインゲームでは通信速度とPing値が重要 多人数同時参加型のゲームを始め、オンラインゲームでは通信速度と同じように 反応速度、Ping値も重要になります。 Ping値とはレイテンシとも言われる、サーバーと端末の間の通信にかかる時間で 単位はms、ミリ秒という単位が使われます。 ボタンを押してから信号がサーバーに行き、それが画面に反映されるまでの時間なので 小さい方が良い数値とされます。 ちなみにPing値が20msならかなり速い回線と言われます。 これが100msを超えるとオンラインゲームには向かないとも。 ではどんなときもWiFiではどれくらいなのでしょうか。 状況にもよりますが、80msくらいというのが一般的だそうで。 あまり速いという数値でもないので、やはりどんなときもWiFiを使っての オンラインゲームは厳しいと思います。 本格的にオンラインゲームをやるなら光回線がおすすめ 通信速度とPing値を考えると、やはりオンラインゲームで使う回線には 光回線がおすすめしやすいです。 通信速度は下り1Gbpsとかなりの高速通信が期待できます。 環境にもよりますがPing値も平均して30ms、状況によっては10msという場合も。 Wi-Fiルーターを使っていても、有線LANでゲーム機本体やパソコン本体と 接続すれば回線のデータロスや通信ノイズなども影響が少なくなります。 ただこちらは完全無制限ではないのでデータ通信量による速度制限がきになります。 データ通信容量による速度制限がない、と言ってもオンラインゲームでは どんなときもWiFiをおすすめしにくいです。 どんなときもWiFiの有線LAN接続はおすすめしない どんなときもWiFiの端末にはそもそも有線LAN接続ができる端子は搭載されておらず 一応の方法はあるのですが、そのやり方もかなり面倒くさいです。 結論としては「どんなときもWiFiでは有線LAN接続ができない」という説明になります。 先ほど説明した方法がわかるという人は自己責任でお願いします。 一応状況によっては通信速度の向上も出来た、という報告もありますし。 当然パソコン初心者にはおすすめしませんし、有線LANでの接続が必要な状況では 他に最適な回線サービスもあります。 確かに便利などんなときもWiFiですが、向いていない使い方をすることは あまりおすすめできません。 LTEのポケットWIFIはWIMAXよりメリットある? クラウドSIMのメリットは3キャリアで繋がりやすい電波を掴むこと。 ドコモ、au、ソフトバンクの中で繋がりやすい電波? いえいえ・・・ どのキャリアも全国カバー率はほぼ同じですから・・・ じゃあどんなときもWIFIはどこのキャリアにつながる? ズバリ、ソフトバンクという噂が多いです。 これが事実だとするとどんなときもWIFI=ソフトバンクのLTEが使い放題のポケットWIFI となります。 しかも無制限。 んーどうなんでしょうか? 確かにWIMAXよりはいいですよね。 WIMAXは電波が直進性が高いので、障害物によわいのですよ。 その点、LTEはスマホのネット回線の電波と同じなのでサクサクネットできます。 すまり、3キャリアかどうかはあまり関係ないです。 繋がりやすさが大事、電波が大事! じゃあ別にLTEで安ければいいんでね?という人はこちら。 2000円台で使えます。 ただし、無制限ではありません。 でも20ギガって結構な量ですよ。 コスパ重視ならネクストモバイル。 でもどうしても無制限ならどんなときもWIFI。 私はこう考えます。

次の

どんなときもWiFiのCMに出ている俳優は誰?今田美桜さんとは…|モバイルWi

どんな とき も wifi cm

WebCMも多く放送されており、普及に力を入れているのが分かりますねw さて、どんなときもWiFiのWebCMですが、俳優の佐藤二郎さんの他に超美人の女優さんが出演しています。 このどんなときもWiFiのCMはアドリブがほとんどとのことですが、美人が相手で佐藤二郎さんも嬉しそう。 今田美桜さんが上京したのは2016年の6月頃と言われていますが、 ここ数年で一気に活躍の場を広げた女優さんの1人と言えます。 5cm 趣味 :趣味:語学勉強、特技:博多弁の早口言葉 血液型 :A型 職業 :女優 ジャンル :テレビドラマ・映画・CM 活動内容 :女優 事務所 :株式会社コンテンツ 3 今田美桜さんは2013年頃に地元福岡でスカウトされて福岡のモデル事務所に所属します。 3年ほど福岡で活動した後、現事務所・株式会社コンテンツ3の社長さんにスカウトされて上京することになったようです。 今田美桜さんは上京後の 2017年~2018年にかけて活躍の場をかなり広げた印象があります。 出演したテレビドラマや映画は以下の通りです。 花男 Next Season? 」 ・2018年 8月18日フジテレビ「ほんとにあった怖い話 -夏の特別編2018-」 ・2018年 10月期フジテレビ「SUITS」 ・2019年 1月期日本テレビ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」 映画 ・2015年「罪の余白」大塚祐吉監督 ・2017年「一夜再成名」ジェームス・レオン監督 ・2017年「ダブルミンツ」内田英治監督 ・2017年「帰ってきたバスジャック」白鳥早苗役 藤原健一監督 ・2017年「デメキン」アキ役 山口義高監督 ・2019年「君は月夜に光り輝く」平林リコ役 月川翔監督 最近ではかなり話題になったテレビドラマ「3年A組」や相当泣けると話題の永野芽郁さんの主演映画「君は月夜に光り輝く」にも出演しています。 テレビドラマ3年A組では演技力が高い評価を浴びていますし、朝の情報番組「ZIP! 」でも 2019年ブレイク女優ランキングで1位に輝く今田美桜さん。 おそらく今後は出演するドラマや映画も加速的に増えるでしょうね~。 まとめ 今回はどんなときもWiFiのWebCMに出演している女優は今田美桜について書きましたがいかがでしたでしょうか? かわいいし演技が上手いと評判の今田美桜さんは今後も活躍の場をどんどん広げていきそうです。 どんなときもWiFiのCMで今田美桜さんのことを初めて知ったという人は、彼女の過去の作品を観てみるとさらに彼女の良さがわかるかもしれませんよ!.

次の

【公式】どんなときもWiFi

どんな とき も wifi cm

このあたりです いわゆるオフィス街でランチタイムともなれば、周囲で働いている人たちが一斉にスマホでネットをするので、安い格安SIM(LINEモバイルなど)ではかなり遅くなります。 この伏見にある自分のオフィスで実際に計測してみました。 8:50計測 39. 2Mbps まず、オフィスについてすぐ(8:50)に計測したところ、なんと39. 2Mbpsという高速通信を実現していました。 この時間帯でこれだけの速度が出ていれば、モバイルルーターとしてはかなり優秀だと思います。 次にもっとも混雑するランチタイムに計測しました。 12:09計測 13. 2Mbps さすがにランチタイムは遅くなりますね。 それでも13. 2Mbpsと、普通に利用するにはまったく問題ない速度を維持したところはすごいと思います。 これがLINEモバイルなどの格安SIMだと、1Mbps程度にまで速度が落ちてしまって、ちょっとストレスを感じてしまうでしょう。 さすがにこの時間まで仕事してる人はかなり減っていますね。 オフィスの外に出ても、人通りは少なくなっていますので、ネット回線もまったく混雑していない状況です。 ここではやはり40Mbpsを超えてきます。 何をするにも十分な速度です。 上りも20Mbpsを超えているので、動画や写真の投稿も時間がかからず快適に完了するでしょう。 「どんなときもWiFi」は1日を通じて快適に通信できている このように「どんなときもWiFi」は1日を通じて、非常に快適にネットができます。 実測での調査結果の一覧はこちら。 時刻 下り速度 上り速度 8:50 39. 20Mbps 22. 10Mbps 12:09 13. 20Mbps 25. 20Mbps 13:54 35. 00Mbps 20. 50Mbps 20:57 41. 30Mbps 23. 70Mbps もう少し時間帯を細かく調べたら追記しますね。 これなら通勤途中の動画視聴もサクサクですし、アップロード速度も非常に安定しています。 端末D1の速度性能は 速度を実測した記録に続いて、速度の大きな要素となる端末について見ていきましょう。 「どんなときもWiFi」の端末は、中国メーカー「uCloudlink」社製の「D1」となります。 端末はこちらです。 画面がなく、電波やバッテリーの状態は、すべてLEDランプでの表示となっています。 主なスペックはこちら。 製品名 D1 重量 151g サイズ W127 x H65. 7 x W14. 2 mm 連続使用可能時間 12時間 バッテリー容量 3,500 mAh wifi規格 IEEE802. ただし、先程の実測記録にもあったように、だいたい20〜45Mbps程度が実際の速度。 「最大速度」はあくまで理論上の最大速度となり、実際にこのような速度は出ません。 もし実際に常時100Mbps以上出るルーターがあったら、教えてほしいくらいですね笑 一般に「モバイルより速い」と言われ、下り最大1Gbpsとされる光回線でさえ、もっと遅い回線は存在します。 それと比較して、「どんなときもWiFi」は最大が150Mbpsだとしても、20〜45Mbps程度は確保してくれていますから、かなり優秀なモバイルルーターだと言えるでしょう。 WiMAX・ネクストモバイルとの性能比較 次に僕がいままでに使ってきたルーターの「WiMAX」と「ネクストモバイル」を、「どんなときもWiFi」と比較してみます。 「WiMAX」はいままで日本の無制限モバイルルーターの代表的な存在として君臨してきました。 ただし無制限エリアは若干狭く、加えて3日10GBの制限があるのがデメリット。 もうひとつの「ネクストモバイル」は、ソフトバンク回線を使った広いエリアが特徴。 しかしデータは無制限ではなく、プランによって20GB、30GBとなっています。 これらを、一覧表で比較してみると、「どんなときもWiFi」の凄さがより一層分かりやすいと思います。 どんなときも WiFi WiMAX ネクスト モバイル データ 無制限 無制限 20GB 30GB エリア 全国どこでも 狭い SoftBankエリア 速度 20〜45Mbps 程度 15〜80Mbps 程度 20〜45Mbps 程度 月額料金 3,480円 3,500円程度 2,760円/20GB 3,480円/30GB 備考 3キャリアすべての 回線が使える クラウドSIM採用 無制限エリアは狭めだが、 オプションでauの回線を 7GBまで使える このように、無制限でどこでも使えて、さらに安い「どんなときもWiFi」のコスパが突出していることがわかります。 瞬間的な速度は、条件が揃えばWiMAXが一番速いと思います。 ただし安定度では絶対に「どんなときもWiFi」と「ネクストモバイル」に軍配が上がるでしょう。 WiMAXの弱みは何と言ってもエリア。 速度とは関係ないように思いますが、やはり電波の受信状態によって速度は大きく変わるわけですから、見逃すわけには行きません。 一方、大手キャリア3社の電波をすべて使える「どんなときもWiFi」と、SoftBankの電波を使える「ネクストモバイル」は、最大速度では「WiMAX」にかないません。 しかし、どこでも安定した受信ができる電波は、当然速度の安定度にも繋がります。 これによって、実際にはWiMAXより安定して速度が出る状態となるのです。 さらに、「速度が速い」ということは当然「データ消費が速い」ということ。 その点ではデータに上限のある「ネクストモバイル」より、無制限の「どんなときもWiFi」が優れています。 したがって、最終的には「どんなときもWiFi」が一番おすすめのモバイルルーターとなるのです。 jp どんなときもWiFiは、 4月4日0:00に新規契約の受付を終了すると連絡が入りました…! こうなった以上、 オススメは超安定のWiMAXです。 大手au系列の企業がが運営する回線で、運営歴は10年以上。 月間データ量も無制限です。 「どんなときもWiFi」は、無制限に全国どこでも使えて安いルータで、 実測は20〜45Mbps。 「WiMAX」は、無制限ではあるもののエリアが狭くなりますが、 実測は15〜80Mbps程度とバラつきあり。 「ネクストモバイル」は全国どこでも使えて安く、 実測は20〜45Mbps程度ですが、データ上限がある。 やはり比較すると「どんなときもWiFi」が一番コストパフォーマンスがいいと言えるでしょう。 おそらく僕のようにエリア面で 「いままでなんとか工夫してWiMAXを使ってきた」人からすると、どこでも無制限に使える「どんなときもWiFi」の凄さはかなり実感できるはず。 いままで「無制限なら」とWiMAXを使ってきた人にこそおすすめしたいのが「どんなときもWiFi」です。 よかったら公式サイトで申し込んでみてください。 絶対後悔しないと思います。 jp サトウ 13年間の社畜生活を経て2014年独立した広告屋。 Webを中心としたマーケティング全般に携わっています。 IT・Web・ガジェット大好き。 キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。 女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。 カテゴリー• 112• 122•

次の