閉塞 性 動脈 硬化 症 原因。 【動脈硬化】閉塞性動脈硬化症について。原因、症状、診断、治療について簡単にまとめました。|よくわかる医学のおはなし

閉塞性動脈硬化症とは?症状や原因を紹介!合併症に注意!治療には手術が必要なの?

閉塞 性 動脈 硬化 症 原因

血管の働き 心臓から出た血液は瞬く間に全身の臓器にくまなく流れていきます。 血液を全身に運ぶ管が動脈です。 水道管が全家庭に配管しているように、動脈の中に血液が常に充満してある程度の圧(血圧)をもって全身に供給しています。 圧がなくなると臓器に供給できなくなり、全身の機能はストップします。 動脈の管が詰まると同じように臓器に供給できなくなり、臓器の機能はストップします。 血管の病気は殆どが動脈硬化による動脈の病気です。 全身の血管 閉塞性動脈硬化症とは 足の血管がつまり、足の血の巡りが悪くなる病気です。 動脈瘤と違い症状がはっきりでてくる病気です。 原因は 動脈硬化です。 よって動脈硬化のリスクファクターである糖尿病、高脂血症、高血圧、ご高齢、タバコ等が原因となります。 他の原因で血管がつまる病気がありますか? 血栓が突然飛んできて足につまる病気(急性下肢動脈血栓症)がありますが別の項で説明いたします。 原因不明の血管の炎症による血管の閉塞症(バージャー病)があります。 バージャー病は若い男性に多い原因不明の病気ですがタバコと関係があると言われています。 足の先の血管が細くなっているため治療が困難な場合があります。 症状は しばらく歩くと足が痛くなって、それ以上歩けなくなる。 足が冷たい。 足がしびれる。 足の色が悪い。 足の傷がなかなか治らない。 ちょっとした打撲でも傷が大きくなったり、治りが悪い。 足の皮膚が黒ずんで欠損し、腐ってくる場合があります。 診察で判りますか? 診察でおおよそわかります。 足の脈を見させていただいて、脈の触れが弱ければおおよその診断ができます。 脈が触れていても閉塞性動脈硬化症の可能性もあります。 足の色、温度、皮膚を見て診断も可能です。 病院にかかる必要は 以上のような症状がある場合は、病院での診察を受けることをお勧めします。 病院に来られた場合の我々の対応は まず、お話を聞き、診察、そして超音波検査での足の血管の血流、血圧を測定します。 異常があれば、CTまたは下肢血管造影検査を行います。 超音波血流検査で何がわかる? 足の血圧を超音波検査(またはドップラー聴診器)と組み合わせて測定します。 いつも計る腕の血圧と比べて足の血圧が低い場合に閉塞性動脈硬化症が疑われます。 本来は、手の血圧と足の血圧は同じか少し手の血圧が高いのですがでは足の血圧が、胸の血圧の0.8倍以下であれば閉塞性動脈硬化症が疑われます。 直接足の血管の血流を超音波画像で見て診断できることもあります。 血液検査で何がわかる? 血液検査では、閉塞性動脈硬化症の診断は不可能です。 しかし、原因が動脈硬化なので、動脈硬化のリスクファクターである、糖尿病、高脂血症、腎臓病のスクリーニングとして是非うける検査です。 閉塞性動物硬化症と診断されたら 症状、診察、超音波検査で閉塞性動脈硬化症の診断はほぼ可能です。 診断された場合つぎにCT、MRIを行い最終的に下肢動脈造影検査を行います。 下肢動脈造影検査で動脈の閉塞または狭窄(細り)の場所を見つけます。 病変の場所と程度によって治療方法を決めていきます。 下肢動脈造影検査とは 閉塞性動脈硬化症の原因が、足の血管の異常ですから、造影検査にて血管の内腔に造影剤を流し、レントゲンで見ます。 これによって、足の血管あるいは足の根元の血管のどこの場所にどの程度のつまりがあるかがはっきり判ります。 最終診断であり、カテーテル治療、バイパス手術をするために必要な検査です。 動脈硬化が原因ですから、狭心症を合併する場合も多く、同時に冠動脈造影検査もさせていただくことがあります。 下枝血管造影検査 CT、MRIでも判る? 最新式のCT、MRIでははっきりわかることがあります。 ただし、石灰化が強い場合等個人差もあり造影検査ほどはっきりわからない場合もあります。 検査で異常は無いけど足が痛い、冷たい等の症状がある場合は? ご高齢の方には、足が痛む、足が冷たいという症状でお困りの方がいらっしゃいます。 その方すべてが閉塞性動脈硬化症ではありません。 神経および筋肉の病気から同じような症状がくることがあります。 よくあるものに脊椎管狭窄症があります。 整形外科の診察を勧めします。 糖尿病の患者さんでは足の血管には大きな異常はなくても足が冷たい足の色が悪いとの症状がある場合があります。 目に見えないほどの毛細血管の異常により足の血の巡りが悪くなることによる症状です。 治療の必要があるのは 症状があるもの、ほっておくと進行してひどくなるものは治療が必要になります。 治療しない場合どういうことが 症状が進行してくる場合があります。 さらにひどくなった場合は歩かなくても足が痛くなり、足が冷たくなって色が悪くなる場合があります。 最もひどい場合は足が黒ずんできて皮膚の細胞が死んで腐っていくこともあります。 まれですが、この場合は足の切断をしないといけなくなります。 治療の方法は• 薬物療法• カテーテル治療• 手術治療 があります。 薬物療法は程度が軽い場合、または逆に手術ができないほどひどい場合に行います。 薬物療法 血管を拡張させ足の血流を改善する薬を使います。 例:エパデール、パルクス(点滴) 血管が細くなり血液の流れが悪い場合は血栓ができやすくなります。 そのため血栓ができにくくする抗凝固剤、抗血小板剤の投与を行います。 例:ワーファリン、小児用バファリン、バイアスピリン、パナルジン カテーテル治療 足の血管がつまりにかかっているところや一部細くなっている場合に行います。 完全に閉塞している場合は不可能なことが多いです。 細い管(カテーテル)を血管内に挿入し病変のところで風船をふくらませて広げたり網目状の管(ステント)を使って広げたままにします。 患者様の負担も少なく日帰りまたは1泊入院が可能です。 風船療法って何 カテーテル 風船を膨らませたところ カテーテルによる風船療法 正常血管 詰まりかけている血管 血管の中で硬い風船で膨らませている 膨らんだ後の血管 ステントって何? 金属製の網で血管の中に入れるように細く折りたたんでいます。 中から風船で膨らませると大きくなり、形状がそのままになります。 カテーテルによる風船療法 正常血管 詰まりかかっている血管 血管の中で硬い風船で膨らませている 膨らんだ後の血管 風船を膨らませているところ 拡張前 拡張後 バイパス手術 血管が完全に閉塞していてカテーテルでは通らない場合に行います。 自分の足の静脈または人工血管でバイパスを行います。 全身麻酔または下半身にのみの麻酔(腰椎麻酔)で手術が可能です。 1週間ほどの入院になります。 病変の場所にもよりますが大腿の血管のバイパスが最も多いです。 右総腸骨動脈閉塞 術前(右総腸骨動脈閉塞) 術後(大腿動脈ー大腿動脈バイパス) 左浅大腿動脈閉塞 術前(左浅大腿動脈閉塞) 術後(大腿動脈ー膝窩動脈バイパス).

次の

間欠性跛行の原因と鑑別法【閉塞性動脈硬化症or腰部脊柱管狭窄症?】

閉塞 性 動脈 硬化 症 原因

普段と同じように歩いていたら、ももやふくらはぎが痛くなって歩けなくなった。 しばらく休むと歩けるが、また痛くなった。 そんな症状がみられたら、閉塞性(へいそくせい)動脈硬化症の疑いがあります。 少し難しい病名ですが、「脚の血管にあらわれた動脈硬化」のことです。 はじめに紹介した症状は、「間歇性跛行(かんけつせいはこう)」といって、この病気の典型的な症状の一つ。 最初のうちは痛みも強くなく、少し休むと治まるので、一時的なものだろうと思いがちです。 脚にシップをしたり、マッサージをする人も多いのですが、この病気はによる血管の詰まりが原因なので、そうした方法ではなかなか改善されません。 動脈硬化を起こしやすい場所は、脚の付け根の近くと太もも、すねなどの血管です。 同時に数カ所というケースもあります。 やがて、歩いていないときでも痛みが出るようになります。 特に、中高年の男性に多くみられるので、40代半ばになったら注意が必要です。 では、もっと初期の症状はといえば、それは冷えです。 冷えというと女性の病気と思いがちですが、中高年の男性でも動脈硬化による冷えが起こります。 血管が詰まると血液の流れが悪くなり、温まりにくくなるのが原因です。 特に冬は、暖房をしていても足元がなんとなく寒く感じるので、冷えを自覚しやすい季節です。 反対に夏は、冷房に当たるとすぐに足元が冷たくなり、冷房が苦手になります。 今まで冷えを経験したことのない人が、こうした症状を感じたら要注意です。 また、歩いているときに、脚に軽いしびれを感じるケースもあり、この場合にも注意が必要です。 こうした症状がみられたら、一度受診してみましょう。 病院では、閉塞性動脈硬化症の診断には血圧比検査(ABI)が行われます。 健康な人では、脚の血圧のほうが高いのが普通です。 なお、間違えやすい病気として、腰部の脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)や糖尿病による神経障害があります。 歩いているときの痛みなど似た症状がみられますが、血圧比検査で区別できるので、自己診断せず受診することが大切です。 自覚症状がほとんどない場合でも血圧比検査によって診断できるので、おかしいと思ったら早めに受診してください。 9未満になると、動脈硬化が起こっている血管の太さ(内径)は、通常の2~3割程度になっています。 つまり、血管がかなり詰まっている状態だといえます。 脳卒中や心筋梗塞のリスクも高い 閉塞性動脈硬化症にはもう一つ、とても怖い面があります。 それはこの病気と診断された段階で、脚だけでなく、脳や心臓などの血管にも動脈硬化が及んでいることです。 つまり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高い状態になっているのです。 その割に病名があまり知られていないのは、閉塞性動脈硬化症そのものよりも、脳卒中や心筋梗塞などが原因で亡くなることが多いからです。 脚が痛いだけだと放置している間に、受診が遅れ、動脈硬化が進んでしまうのです。 そのときに全身の動脈硬化についても、検査を受けておくほうが安心だといえます。 また、閉塞性動脈硬化症と診断された人には、やを併発している人が少なくありません。 いずれも動脈硬化の要因となる病気です。 それだけに血圧や血糖値が高めの人は、閉塞性動脈硬化症にも充分に気をつけることが大切です。 予防は日ごろの運動から 動脈硬化は血管の老化ともいわれ、誰にでも起こります。 老化の速度は、人によってかなり違います。 日ごろから生活に気をつけ、動脈硬化になりにくくすることが、閉塞性動脈硬化症の予防につながります。 特に、この病気は脚に症状が出るため、脚の運動によって血液循環をよくすることが大切です。 病院では症状に応じて、薬(血流を改善する薬など)のほか、運動療法として医師の指導でウォーキングや自転車こぎなどが取り入れられます。 症状の改善や予防のためには、週に3回以上、30分~1時間程度のウォーキングがいいとされています。 歩くことは、高血圧や糖尿病の改善にもつながるので、ぜひ心がけましょう。 ただし、すでに歩くと痛む症状がでている場合には、まず検査を受け、医師の指導を受けてください。 病気が重症化している場合には、カテーテルで患部の血管を広げる手術や、人工血管に替える手術などが行われます。 この場合にも退院後は、ウォーキングなどの運動によって再発を防ぐことが重要です(退院後の運動については、医師の指導をきちんと守ってください)。 また、喫煙やストレスも、動脈硬化を促進する要因です。 タバコを控え、積極的に気分転換するなど、生活を見直すようにしましょう。

次の

下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)-足、下肢の痛みやしびれ・長い距離を歩くと足が痛む

閉塞 性 動脈 硬化 症 原因

動脈硬化とは? 動脈は、生活でいうとホースのようなもので、長年使っていると、硬くなったり詰まったりします。 それと同じような事が動脈で起こった場合のことを「 動脈硬化」と呼びます。 動脈硬化症を見分けるポイント 1 片足だけが冷えている 足の血流が悪くなることで最初に現れる症状が 冷えです。 しかし、足の動脈硬化は左右対称にできるものではないため、どちらか片方だけが冷えているのが特徴です。 2 ふくらはぎがつりやすい 足の血流が悪くなることで、冷えが生じます。 冷えは、筋肉の血行不良を起こし、末梢神経に異常をきたし、 つりやすくなります。 3 一定の距離を歩くと足が痛む 閉塞性動脈硬化症が原因で起こる足の痛みは、 一定の距離を歩くと、主にふくらはぎに起こります。 これは、足を動かしている筋肉への血流が不足するためです。 少し安静にしていると血液が行き渡るため、再び歩くことができるというのも特徴です。 また、 坂道や 階段では上るときの方が、足が重くなったり(だるさや)痛くなったりします。 4 小さな傷や水虫が治りにくい・足指の毛が抜ける 通常、冬になると 水虫は比較的軽症になります。 しかし、足の動脈硬化が原因の場合は季節に関わらず悪化し続け、潰瘍になることもあります。 また、病院では、冷えや痛みのチェック以外に足の血圧測定が行われます。 健康な足は血液を心臓に送り返すために強い圧力がかかり、腕に比べて血圧が高いのが特徴です。 しかし、動脈硬化が起こっていると血管が硬くなっているため、圧力が低くなります。 足の血圧を測定するABI検査は、血管外科、循環器内科のある病院で受けることができます。 閉塞性動脈硬化症になりやすい要因:脂質異常症・糖尿病・喫煙者 高血圧、 脂質異常症(LDLコレステロールの値が高い)の人は、通常の2~3倍、 糖尿病や 喫煙者の場合は、通常の4倍リスクが高くなります。 また、 加齢や 高血圧も要因の一つです。 男性に多い症状ですが、女性も 閉経後、特に70代以降に増えてくると言われています。 LDLコレステロールは、身体の動脈壁に入りやすく、血管の内側に沈着するとプラークと呼ばれるコブのようなものを作りますが、これが動脈硬化です。 脚に動脈硬化が見つかった場合、全身の血管で動脈硬化が起こっている可能性が高いです。 恐ろしいのは、心臓や脳の血管に動脈硬化がある場合です。 プラークが破れると修復するために「血栓」という「かさぶた」を作りますすが、その血栓で血管が詰まると、心筋梗塞や脳梗塞につながります。 すると、血管壁にコレステロールが入りやすくなってしまい、動脈硬化の原因につながります。 ただの「冷え症」と決めつけて、軽微な症状だと病院に受診しない人が多いと思います。 しかし、症状が悪化すると足が壊死する危険もあります。 そのスピードは早く、人によっては一晩で壊死するケースもありますので、早期の病院受診をおすすめします。 気になる方は、病院で「ABI」と「PWV」と呼ばれる検査を受けましょう。 ABIは足の動脈が詰まっていないかどうか、PWVは血管の硬さを調べる事ができます。 脊柱管狭窄症の痛みとの違いとは? 脊柱管狭窄症でも、同じような痛みや症状を生じます。 脊柱管狭窄症との違いは、痛みが出る距離や痛みが治まる姿勢、傾斜の上り下りや自転車に乗ったとき等に出てきます。 足は一本の血管が詰まったとしても必要な場所に血液を届けようとします。 そのため、歩いて負荷をかけ続けると、迂回路となっている血管が発達したり毛細血管が増えたりして、痛みも改善するのです。 ふくらはぎに適度な負荷をかけるイメージで、かかとからしっかり地面を踏み、蹴り上げるように意識して歩きましょう。 1日30分、週に3回程度実践することで、早ければ3か月ほどで症状の改善が見られます。 症状のある人は、医師の指導に従って実施してみてください。 動脈硬化を引き起こす危険因子を減らすために、日ごろから生活習慣をしっかりと管理しましょう。 青魚や 大豆など不飽和脂肪酸の多いものを摂取するとLDLコレステロールの改善に良いと言われています。 また、血糖値が気になる人は、食事の際に野菜から食べると糖の吸収を抑えられます。

次の