テッペン デッキ レシピ。 【TEPPEN】最新環境対応デッキランキング|【TEPPEN】デッキ

【シャドウバース】背徳ヴァンプのアンリミテッド最新デッキレシピ【シャドバ】

テッペン デッキ レシピ

Tier: 1 【環境トップ】 デッキとしてのパワーが高いため環境においてメタで最初に対策の対象に選択されるデッキです。 Tier1のデッキは構築幅が広い事が多く環境に残る傾向があります。 Tier: 2 【有力デッキ】 Tier1のデッキとほぼ互角のパワーを持っているデッキがTier2に入ります。 Tier1のデッキにくらべて安定性や事故が起きやすいなどの原因によりTier2に入ります。 Tier: 3 【中堅デッキ】 Tier3のデッキはTier1やTier2のデッキに比べてデッキのパワーが低い事が多く環境で見かけることは少ないデッキのことを言います。 Tier: 4 【発展途上】 Tier4のデッキはデッキとしてのパワーが足りないことやデッキ構築の研究が進んでおらず発展途上のデッキが入ります。 新カードの追加などでTier上位にランクインする可能性を秘めています。 Tier1【環境トップデッキ】 デッキ名 評価点 関連記事 8. 5点 - 8. 5点 - Tier4【発展途上デッキ】 Tier1デッキの解説 落凰破 対応幅の広いコントロールデッキ はやなど相手のデッキに対してのメタカードが大量に投入されたデッキのため対応幅が非常に広いコントロールタイプのデッキになります。 落鳳破などのコントロールデッキに有利なアグロデッキ は落鳳坡などのメモリーを主体としたコントロールデッキに対して連撃やなどの高火力を出すことができるユニットを展開することで序盤に試合を終わらせりことを目的としたアグロデッキになります。 盤面除去に特化したミッドレンジデッキ は盤面除去を行いながら自分の盤面にユニットを展開しながら戦う非常にシンプルで扱いやすいミッドレンジデッキです。 またの「真空波動拳」はシンプルながら強力な効果を持ったヒーローアーツのため対戦相手にあまり左右されないのも強みです。 Tier2デッキの解説 チャージショットでユニットを強化 はチャージショットとのコンボでユニットのスタッツを強化しながら戦うミッドレンジ型のデッキになります。 比較的安く組むことができるため初心者や無課金の方におすすめしたいデッキです。 アクションカードをメインに戦うコントロールデッキ はアクションカードを主軸に相手リーダーに直接ダメージを与えて勝利するコントロール型のデッキになります。 事故が多のデッキに比べて起きにくいのもこのデッキの魅力です。 高い攻撃力と盤面コントロール性能 赤黒天は、3コストのユニットを主体に甦る憎悪を使用して盤面を広げ、ヒーローアーツを活用して敵に打点を与えながら盤面コントロールが行えるデッキです。 瞬獄殺を採用したミッドレンジデッキ は豪鬼のヒーローアーツ「瞬獄殺」を採用することで高い除去性能と盤面展開能力が高い黒ユニットをあわせたミッドレンジデッキです。 Tier3デッキの解説 アクションカードで戦うバーンデッキ バーンは、ヒーローアーツの「デビルトリガー」で自身のライフを守りつつ、や等のバーンカードで敵ヒーローのライフを削るややテクニカルなバーンデッキです。 探索を主軸としたミッドレンジデッキ 「」は探索効果を持ったユニットを主軸に盤面コントロールを得意としたミッドレンジ型のデッキです。

次の

【ゼノンザード】ラケシスコンボの最新デッキレシピと立ち回り【ZENONZARD】

テッペン デッキ レシピ

Tier: 1 【環境トップ】 デッキとしてのパワーが高いため環境においてメタで最初に対策の対象に選択されるデッキです。 Tier1のデッキは構築幅が広い事が多く環境に残る傾向があります。 Tier: 2 【有力デッキ】 Tier1のデッキとほぼ互角のパワーを持っているデッキがTier2に入ります。 Tier1のデッキにくらべて安定性や事故が起きやすいなどの原因によりTier2に入ります。 Tier: 3 【中堅デッキ】 Tier3のデッキはTier1やTier2のデッキに比べてデッキのパワーが低い事が多く環境で見かけることは少ないデッキのことを言います。 Tier: 4 【発展途上】 Tier4のデッキはデッキとしてのパワーが足りないことやデッキ構築の研究が進んでおらず発展途上のデッキが入ります。 新カードの追加などでTier上位にランクインする可能性を秘めています。 Tier1【環境トップデッキ】 デッキ名 評価点 関連記事 8. 5点 - 8. 5点 - Tier4【発展途上デッキ】 Tier1デッキの解説 落凰破 対応幅の広いコントロールデッキ はやなど相手のデッキに対してのメタカードが大量に投入されたデッキのため対応幅が非常に広いコントロールタイプのデッキになります。 落鳳破などのコントロールデッキに有利なアグロデッキ は落鳳坡などのメモリーを主体としたコントロールデッキに対して連撃やなどの高火力を出すことができるユニットを展開することで序盤に試合を終わらせりことを目的としたアグロデッキになります。 盤面除去に特化したミッドレンジデッキ は盤面除去を行いながら自分の盤面にユニットを展開しながら戦う非常にシンプルで扱いやすいミッドレンジデッキです。 またの「真空波動拳」はシンプルながら強力な効果を持ったヒーローアーツのため対戦相手にあまり左右されないのも強みです。 Tier2デッキの解説 チャージショットでユニットを強化 はチャージショットとのコンボでユニットのスタッツを強化しながら戦うミッドレンジ型のデッキになります。 比較的安く組むことができるため初心者や無課金の方におすすめしたいデッキです。 アクションカードをメインに戦うコントロールデッキ はアクションカードを主軸に相手リーダーに直接ダメージを与えて勝利するコントロール型のデッキになります。 事故が多のデッキに比べて起きにくいのもこのデッキの魅力です。 高い攻撃力と盤面コントロール性能 赤黒天は、3コストのユニットを主体に甦る憎悪を使用して盤面を広げ、ヒーローアーツを活用して敵に打点を与えながら盤面コントロールが行えるデッキです。 瞬獄殺を採用したミッドレンジデッキ は豪鬼のヒーローアーツ「瞬獄殺」を採用することで高い除去性能と盤面展開能力が高い黒ユニットをあわせたミッドレンジデッキです。 Tier3デッキの解説 アクションカードで戦うバーンデッキ バーンは、ヒーローアーツの「デビルトリガー」で自身のライフを守りつつ、や等のバーンカードで敵ヒーローのライフを削るややテクニカルなバーンデッキです。 探索を主軸としたミッドレンジデッキ 「」は探索効果を持ったユニットを主軸に盤面コントロールを得意としたミッドレンジ型のデッキです。

次の

【TEPPEN】あくび春麗の最新デッキレシピと立ち回り【テッペン】

テッペン デッキ レシピ

デッキの特徴 背徳の狂獣で勝つ のリーダー付与効果による除去&バーンで勝利を狙うデッキです。 からコストダウンしたカードを大量にドローしながら盤面除去&リーダーへのバーンを行っていきましょう。 OTKが発生することも リーダー付与中にからやを複数引くことができれば、1ターンの間にかなりのダメージを稼ぐことが可能です。 相手の体力が少し削れていればそのターン中にゲームが終わることもあります。 サンプルデッキ カード コスト 枚数 1 3 1 3 2 3 2 3 2 3 2 2 3 3 3 2 3 3 6 2 6 3 7 3 7 1 9 3 10 3 キーカードと詳細 カード 詳細 進化することで、デッキからカードが手札に加わるたびに相手の場かリーダーに枚数分ダメージを与える効果をリーダー付与します。 ファンファーレでは場にアミュレットがあれば2点除去となるので、進化ターンに2面処理しながらリーダー付与することができます。 適用後に大量ドローすることで大量のダメージを発生させることができます。 コストの下がったカードでさらにデッキを掘りましょう。 10コストと重いですが、から加われば7コストでプレイすることができます。 盤面ロックを作り出すことができる為見た目以上に強力です。 2ターン目に結晶でプレイすれば8ターン目前後に生むことができます。 フォロワーを並べながらリソースを補充することができます。 必ず進化を切るために先後問わずキープします。 基本的にを探すマリガンを行いましょう。 状況に応じてキープ カード 詳細 先攻では結晶プレイする余裕があるのでキープします。 先攻では2コストフォロワーとしてキープします。 基本はを探しながら先後に合わせてマリガンしていきます。 序盤の立ち回り 序盤を繋ぐ 序盤が手薄になりがちなデッキなので、相手にテンポを取られすぎないよう意識しましょう。 テンポロスで失ったライフはで取り返すことができます。 アミュレットの用意 のプレイ時にアミュレットが用意できるようにしておきましょう。 中盤の立ち回り 背徳を進化させる を進化させて効果をリーダー付与していきます。 以降毎ターンダメージを与えれるようになるので、最速で進化を切りたいです。 ネレイアで盤面を取る リーダー付与のランダムダメージによってデッキを掘るだけでダメージを与えられますが、ランダムでリーダーにも飛ぶので過信はできません。 の前にをプレイして盤面を作る選択肢も意識しておきましょう。 終盤の立ち回り 神から大量のダメージ 進化後にから大量ドローを成立させれば、コストダウンカードを加えながらランダムダメージをばらまくことができます。 無駄にカードを消費せず融合用にある程度残しておきましょう。 スパイダーで盤面ロック を活かすことで盤面ロックを生み出すことができます。 結晶から生まれる場合は相手もある程度意識できますが、からコストダウン状態で引くことができれば意表を突く盤面ロックも狙うことができます。 結晶で置いている場合はどのタイミングでアミュレットを連打して出すか意識しておきましょう。 その他の構築 生成コスト デッキコード シャドウバース主要記事.

次の