ベートーベン 本名。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

ベートーベンの出身地は どこですか?おしえてください。

ベートーベン 本名

年末になると「第九 だいく 」と呼ばれる曲がよく流れてきます。 その「運命」や「第九」の名曲つくったのは、 耳が聞こえないという障害 しょうがい を乗り越え、人を感動させる音楽を たくさん残した作曲家である「ベートーヴェン」です。 スポンサードリンク 日本では「運命」または「運命交響曲 うんめいこうきょうきょく 」という名称で知られていますが、ベ ートーヴェンは曲名をつけることはなかったのです。 運命は「交響曲第5番」というようになっています。 ベートーヴェンの弟子であるアントン・シントラーが「冒頭の4つの音は何を示すのですか?」という質問に、 ベートーヴェンは「このように 運命は扉をたたく」と言ったことが由来とされています。 com 彼は若くして 難聴 なんちょう になるという、作曲家としては致命的な運命になってしまうのです。 そんなベートーヴェンの運命は、どんなものだったのでしょうか。 父ヨハンと宮廷料理人であった母マリアとの間に、長男として生まれる。 祖父 そふ と父は、音楽をしている一家で、ベートーヴェンは父からピアノとバイオリンを習っていたのですが、 スパルタとも言える音楽の訓練を受けていた。 一時ベートーヴェンは、音楽そのものに嫌悪感 けんおかん を抱くようになってしまう。 そして 11歳になると作曲家の先生に習うようになり、曲をつくる方法を学び始めます。 順調に音楽の仕事に向かって進んでいたベートーヴェンですが、 16歳のときに大好きだった母親が重い病気になり、間もなく亡くなってしまうのです。 ベートーヴェンのショックは、計 はか り知れないほどでした。 それから 22歳のときに、作曲家である「ハイドン」の弟子となり、オーストリアのウィーンで、作曲の勉強を始めます。 肖像画: フランツ・ヨーゼフ・ハイドン それからもいろいろな音楽の先生から音楽を学び、 ベートーヴェンは、どんどん音楽の才能を発揮するようになっていきます。 しかし、 その日に限り鐘の音が聞こえてこないことに気づいた。 写真:セント・メアリー・ラ・ボウ教会 実は鐘の音は鳴っていたのです。 ベートーヴェンの耳が聴こえなくなっていたのです。 それで ベートーヴェンの耳が聞こえないことに初めて気づくのあった。 音楽と言えば、手で音楽を奏 かな でて、耳でその音を聴 き くものです。 その耳が聞こえなくなったのです。 ましてや、ベートーヴェンは作曲家であるので、その耳が聴こえないということは、致命的 ちめいてき でもあったのです。 彼の作曲した多くは、耳が聴こえにくい 難聴 ときに、作られた曲がほとんどだと言われています。 実はベートーヴェンは、生まれつき耳が聴こえにくかったのですが、彼が20歳のときに急に悪化してしまったのです。 いろいろな治療 ちりょう も試してもみましたが、治 なお るどころか、どんどん悪くなるばかり。 普通の人なら、音楽の仕事を続けられなくなります。 ベートーヴェンも「もう音楽の仕事はできない」と考えて、一度は死んでしまおうと思ったのです。 しかし思いなおして、作曲の仕事を続けたのです。 そのおかげで、強い心と自信がつくようになり、音楽にもそれが表現されていきます。 難聴で音階 おんかい を聴きとれないベートーヴェンは、 ピアノの鍵盤 けんばん を歯で叩いて、音階を確認していたという逸話 いつわ もあります。 40代になると更に耳は悪くなり、同時に腹痛 ふくつう や下痢 げり なども起こってしまうのです。 こうして苦難な状況でも、人々に勇気を与えた 最後の交響曲「第九交響曲 だいくこうきょうきょく 」がつくられたのです。 「 第九交響曲」は、ベートーヴェンの9番目にして最後の交響曲です。 日本では、 通称「第九 だいく 」という曲名でも有名で、副題として「合唱 がっしょう 」や「合唱付き」と言われています。 「第九」の第4楽章に、4人の独唱 どくしょう と混声合唱 こんごうがっしょう を取り込んでいます。 写真:ベートーヴェン「第九」交響曲 第4楽章の主題は「歓喜 かんき の歌」としても親しまれ、原曲はドイツ後ですが、世界中のあらゆる言語に翻訳 ほんやく され、その国の歌詞 かし で歌われることもあります。 ・彼は若くして難聴になるという、作曲家としては致命的な運命になってしまう。 ・ベートーヴェンは、1770年12月16日に、神聖ローマ帝国 現在のドイツ のボンとう町で生まれる。 ・父ヨハンと宮廷料理人であった母マリアとの間に、長男として生まれる。 ・11歳になると作曲家の先生に習うようになり、曲をつくる方法を学び始める。 ・22歳のときに、作曲家である「ハイドン」の弟子となり、オーストリアのウィーンで、作曲の勉強を始める。 ・どんどん音楽の才能を発揮するようになっていく。 ・実はベートーヴェンは、生まれつき耳が聴こえにくかったのですが、彼が20歳のときに急に悪化してしまった。 ・強い心と自信がつくようになり、音楽にもそれが表現されている。 ・「第九交響曲」は、ベートーヴェンの9番目にして最後の交響曲となる。 スポンサードリンク - ,.

次の

ベートーヴェンの音楽〜Beethoven人生の歴史

ベートーベン 本名

[生]1770. 〈〉 [没]1827. ウィーン ドイツの作曲家。 ウィーン古典派様式の完成者で,西洋音楽の代表的巨匠の一人。 幼少時から父親にきびしいピアノの訓練を受け,1782年にボンの宮廷礼拝堂のオルガン奏者になったが,92年ウィーンに出,ハイドン,J. シェンク,A. サリエリ,J. アルブレヒツベルガーらに師事,またワルトシュタイン伯,リヒノフスキー公,ルドルフ大公ら貴族の後援を得て活躍。 聴覚を失うなど,大きな不幸に遭遇しながら,それらを克服して多くの傑作を残した。 代表作品は交響曲9,ピアノ協奏曲5,オペラ『』,ミサ曲2, 16,用 32。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 ドイツの作曲家。 ボンの宮廷楽団歌手の子に生まれ,才能をあてにした酒飲みの父にピアノを学ぶ。 のちボン宮廷のオルガン奏者C. ネーフェ〔1748-1798〕に作曲をし,J. らの音楽様式を修得。 1782年には最初の作品を書いた。 宮廷楽団でビオラ奏者として活動したのち1792年ウィーンに出,F. アルブレヒツベルガー〔1736-1809〕,らに学び,以後は他に職をもたず作曲とピアノ演奏に専心。 貴族の娘たちとの交際があり,〈不滅の恋人〉あての恋文が残っているが,独身で通した。 盛期古典派から初期ロマン派への転換期に56歳の生涯を送ったベートーベンは、古典派音楽様式を極点にまで高めるとともに、19世紀の音楽家たちにとっての偶像的な存在となり、後世に無限の広範な影響を与えた。 [中野博詞] 生涯フランドルから移住したボンの宮廷楽長ルートウィヒを祖父に、ボンの宮廷歌手の父ヨハンと、母マリア・マグダレーナ(エーレンブライトシュタインの宮廷料理長の娘で、宮廷の召使いを勤める未亡人であったが、1767年ヨハンと結婚)との間に、ボンで誕生した(1770年12月17日洗礼)。 フランドルの重厚な気質、ドイツの厳格な論理、ライン地方の喜怒哀楽の激しい感情、そして第二の故郷となるウィーンのたおやかな雰囲気が、ベートーベン音楽の背景となる。 幼少のころから父親にピアノの手ほどきを受け、7歳にして演奏会でピアノ協奏曲を演奏し、豊かな才能を示す。 ボンにおける少年時代のベートーベンは、父親をはじめ数人の音楽家から個人教授を受けるが、決定的な影響は、10歳のころから教えを受けたネーフェによって与えられる。 第二のモーツァルトになるであろうと彼の才能を絶賛したネーフェは、J・S・バッハとC・P・E・バッハの作品を教え込む。 11歳で最初の作品を出版したベートーベンは、オルガンとピアノの演奏家としても活躍し、13歳でボンの宮廷オルガン奏者助手となる。 16歳のベートーベンは、モーツァルトにあこがれてウィーン留学を試みるが、母の危篤のためウィーン滞在は2週間で終わる。 母の死は、飲酒癖が高じた父を廃人と化し、ベートーベンに一家の家計を担わせる結果となった。 失意の彼を勇気づけたのはブロイニング家の温かい雰囲気であり、娘エレオノーレはベートーベンの初恋の人となる。 彼の後援者となるワルトシュタイン伯爵も、1787年にボンに赴任し、物心ともにベートーベンを援助する。 また、18歳のベートーベンがボン大学で進歩的な学識に接したことも、ボン時代の大きな収穫である。 92年にボンを訪れたハイドンに作曲家としての才能を認められたベートーベンは、ハイドンの弟子となるべく、「ハイドンの手からモーツァルトの魂を」とのワルトシュタイン伯爵の惜別の辞を胸に、21歳でウィーンに赴く。 1792年11月にウィーンに到着したベートーベンは、ハイドン、シェンク、アルブレヒツベルガーなどの下で、まず作曲技法を着実に学ぶと同時に、ピアノの名手として貴族たちの間でしだいに高い評判をかちえてゆく。 そして、ウィーン生活の3年目の95年には、公開演奏会でピアノ奏者として自作のピアノ協奏曲第二番を弾いてデビュー、作曲家としては『ピアノ三重奏曲集』(作品1)を出版する。 翌年にはボヘミアとドイツに演奏旅行するなど、演奏、作曲の両面で順調に成長し、1800年にはベートーベンのための彼自身の指揮による最初の演奏会をウィーンで開き、交響曲第一番を初演する。 翌年にはジュリエッタ・グイチャルディと恋に落ち、ピアノ・ソナタ「月光」を彼女に捧 ささ げている。 ベートーベンが難聴に気づいたのは27歳ごろだが、音楽家にとって致命的な耳の疾患はしだいに悪化し、1802年の秋には自殺をも決意する。 その結果、書かれたのが2人の弟にあてた「ハイリゲンシュタットの遺書」であるが、これはむしろ、ベートーベンが危機を克服した証 あかし となっている。 事実この遺書を契機に、傑作の森ともよばれる名作の数々を矢つぎばやに作曲しており、闇 やみ から光へ、という劇的な音楽の原理が確立される。 交響曲第三番「英雄」、交響曲第五番「運命」、歌劇『フィデリオ』などにその典型がみられる。 ベートーベンの作曲活動は順調であったが、08年にウェストファリア国王のカッセルの宮廷から楽長として招聘 しょうへい されると、その経済的な好条件のために、彼はカッセルに赴く決意を固める。 しかし、彼の音楽を愛し、その才能を尊敬するルドルフ大公をはじめとするウィーンの3人の貴族は、年金を出し合って、ベートーベンを生涯オーストリアに定住させる結果となる。 09年から12年に至る時期には、ピアノ協奏曲第五番「皇帝」、ピアノ三重奏曲「大公」、交響曲第七番と第八番など、多彩な作品が生み出される。 2日間にわたってベートーベンが記した熱烈な恋文(「不滅の恋人への手紙」として有名)の相手であることが判明したアントニエ・ブレンターノ夫人との1812年の悲劇的な恋は、ベートーベンに決定的な打撃を与える。 そのためか、翌13年から16年にかけて、ベートーベンの自主的な作曲活動は停滞するが、実現しなかったイギリス旅行のために作曲した『戦争交響曲』や歌劇『フィデリオ』の最終稿の上演がウィーンで大成功し、称賛に包まれる。 15年の弟カールの死によって、甥 おい カールの後見人になったベートーベンは甥の教育を新たな生きがいとする。 しかし、26年に甥が自殺未遂するように、ベートーベンの盲愛と甥の反抗は悲劇的結果になったにもかかわらず、甥を相続人に指定するなど、甥への愛を貫き通した。 1818年から聴覚をほとんど失ったベートーベンは筆談に頼るようになるが、ピアノ・ソナタ「ハンマークラビア」を皮切りに、至高の世界ともよばれる後期の傑作群を創作してゆく。 音楽的にも思想的にもベートーベンの総決算となった交響曲第九番「合唱つき」は、24年5月7日ウィーンのケルントナートール劇場において、80人を超えるオーケストラ、4人の独唱者、約100人の合唱によって初演された。 ベートーベンは、指揮者の横に立って、各楽章の始まりのテンポを指示した。 熱狂した聴衆はアンコールを繰り返し、五度目には警察官によって制止された、と伝えられる。 1826年12月以来、肝硬変のために手術を繰り返したが、27年3月23日には死期を悟って遺書をしたため、「友らよ、御喝采 ごかっさい のほどを、喜劇は終わりぬ」と語った。 3月26日、激しい雷雨のなか、ベートーベンは56歳の波瀾 はらん に満ちた生涯を閉じる。 29日の埋葬式には約2万人が集まり、巨匠を悼むにふさわしい荘厳な葬儀が繰り広げられた、と伝えられる。 [中野博詞] 音楽ベートーベンの作品は、その様式変遷に従って、一般に次の四つの時代に分けられる。 ベートーベン自身が作品番号を付すウィーン時代の様式変遷は、九曲の交響曲、32曲のピアノ・ソナタ、16曲の弦楽四重奏曲にもっとも明白に跡づけられる。 また、交響曲では奇数番号と偶数番号の作品が性格をまったく異にするように、ドイツ的な音楽とオーストリア的音楽が混在しているのも、ベートーベン音楽の特質である。 なお、WoO番号は、キンスキーとハルムが1955年に『ベートーベン作品目録』を編纂 へんさん した際に、ベートーベン自身の作品番号をもたない曲に付した番号である。 [中野博詞] ボン時代(1782~92)ボンで接し学んださまざまな様式を色濃く反映した学習時代。 クラビアのための三つの選帝侯ソナタ(WoO47、1783)は、C・P・E・バッハとマンハイム楽派の影響とともに、ベートーベンの独自性をも明示する。 モーツァルトへの賛美は、三つのクラビア四重奏曲(WoO36、1785)にみられる。 [中野博詞] ウィーン初期(1793~1802)個人教授による対位法の学習に始まるこの時期は、古典派器楽様式を習得、発展、さらに実験することによって、ベートーベン独自の様式がしだいに鮮明になってくる時代である。 『ピアノ三重奏曲集』(作品1、1794~95)と『ピアノ・ソナタ集』(作品2、1793~95)において、四楽章構成、ソナタ形式の拡大、スケルツォの使用など、ベートーベンの新機軸がすでに打ち出され、『弦楽四重奏曲集』(作品18、1798~1800)では対位法的手法が積極的に導入されている。 一方、『ピアノ・ソナタ集』(作品27、1800~01)は『幻想曲風ソナタ』と題され、新たなソナタ様式が試みられている。 そのほか交響曲第一番と第二番、ピアノ・ソナタ「悲愴 ひそう 」、ピアノ協奏曲第一番と第二番がこの時期に属する。 [中野博詞] ウィーン中期(1803~12)ハイリゲンシュタットの遺書を契機に、ベートーベンが築き上げたきわめて論理的な形式のうちに、感情の流れを劇的に展開する新たな様式によって、傑作がめじろ押しとなる。 交響曲第三番「英雄」から第六番「田園」に至る四曲の交響曲。 『コリオラン序曲』、ピアノ協奏曲第四番、バイオリン協奏曲、『ラズモフスキー弦楽四重奏曲集』、バイオリン・ソナタ「クロイツェル」、ピアノ・ソナタ「ワルトシュタイン」、同「熱情」、歌劇『フィデリオ』などが1808年までに誕生する。 09年ごろ以降、構築的な主題の展開を中心とした様式から、ピアノ三重奏曲「大公」(作品97、1810~11)にみられるような、旋律的な主題による叙情的な様式に変化してゆく。 一方、交響曲第七番(作品92、1811~12)と第八番(作品93、1812)では、リズムが重要な役割を演じる。 [中野博詞] ウィーン後期(1813~26)作曲の停滞期となる1813年から16年の時期は、歌曲集『はるかな恋人に』(作品98、1815~16)をはじめ、器楽作品においてもロマン派的色彩を強めるが、17年に着手するピアノ・ソナタ「ハンマークラビア」(作品106、1818完成)を出発点として、ふたたび巨大な形式に立ち返り、至高の世界ともよぶべき後期様式の高みに登り詰めてゆく。 後期様式の際だった特色は、フーガに代表される対位法的書法ならびに変奏技法の重視であり、密度の高い凝縮された手法によって、時代を超越した多彩な響きの世界が創造されてゆく。 声楽と器楽が一体化された『荘厳ミサ曲』と交響曲第九番、ピアノ・ソナタ(作品106、109、110、111)の四曲と『ディアベリ変奏曲』、弦楽四重奏曲(作品127、130、131、132、135)の五曲と大フーガは、バロック時代から盛期古典派に至る音楽を、ベートーベンが総決算した作品群として、ひときわ注目されなければならない。

次の

ベートーヴェンの交響曲第五番「運命」

ベートーベン 本名

年末になると「第九 だいく 」と呼ばれる曲がよく流れてきます。 その「運命」や「第九」の名曲つくったのは、 耳が聞こえないという障害 しょうがい を乗り越え、人を感動させる音楽を たくさん残した作曲家である「ベートーヴェン」です。 スポンサードリンク 日本では「運命」または「運命交響曲 うんめいこうきょうきょく 」という名称で知られていますが、ベ ートーヴェンは曲名をつけることはなかったのです。 運命は「交響曲第5番」というようになっています。 ベートーヴェンの弟子であるアントン・シントラーが「冒頭の4つの音は何を示すのですか?」という質問に、 ベートーヴェンは「このように 運命は扉をたたく」と言ったことが由来とされています。 com 彼は若くして 難聴 なんちょう になるという、作曲家としては致命的な運命になってしまうのです。 そんなベートーヴェンの運命は、どんなものだったのでしょうか。 父ヨハンと宮廷料理人であった母マリアとの間に、長男として生まれる。 祖父 そふ と父は、音楽をしている一家で、ベートーヴェンは父からピアノとバイオリンを習っていたのですが、 スパルタとも言える音楽の訓練を受けていた。 一時ベートーヴェンは、音楽そのものに嫌悪感 けんおかん を抱くようになってしまう。 そして 11歳になると作曲家の先生に習うようになり、曲をつくる方法を学び始めます。 順調に音楽の仕事に向かって進んでいたベートーヴェンですが、 16歳のときに大好きだった母親が重い病気になり、間もなく亡くなってしまうのです。 ベートーヴェンのショックは、計 はか り知れないほどでした。 それから 22歳のときに、作曲家である「ハイドン」の弟子となり、オーストリアのウィーンで、作曲の勉強を始めます。 肖像画: フランツ・ヨーゼフ・ハイドン それからもいろいろな音楽の先生から音楽を学び、 ベートーヴェンは、どんどん音楽の才能を発揮するようになっていきます。 しかし、 その日に限り鐘の音が聞こえてこないことに気づいた。 写真:セント・メアリー・ラ・ボウ教会 実は鐘の音は鳴っていたのです。 ベートーヴェンの耳が聴こえなくなっていたのです。 それで ベートーヴェンの耳が聞こえないことに初めて気づくのあった。 音楽と言えば、手で音楽を奏 かな でて、耳でその音を聴 き くものです。 その耳が聞こえなくなったのです。 ましてや、ベートーヴェンは作曲家であるので、その耳が聴こえないということは、致命的 ちめいてき でもあったのです。 彼の作曲した多くは、耳が聴こえにくい 難聴 ときに、作られた曲がほとんどだと言われています。 実はベートーヴェンは、生まれつき耳が聴こえにくかったのですが、彼が20歳のときに急に悪化してしまったのです。 いろいろな治療 ちりょう も試してもみましたが、治 なお るどころか、どんどん悪くなるばかり。 普通の人なら、音楽の仕事を続けられなくなります。 ベートーヴェンも「もう音楽の仕事はできない」と考えて、一度は死んでしまおうと思ったのです。 しかし思いなおして、作曲の仕事を続けたのです。 そのおかげで、強い心と自信がつくようになり、音楽にもそれが表現されていきます。 難聴で音階 おんかい を聴きとれないベートーヴェンは、 ピアノの鍵盤 けんばん を歯で叩いて、音階を確認していたという逸話 いつわ もあります。 40代になると更に耳は悪くなり、同時に腹痛 ふくつう や下痢 げり なども起こってしまうのです。 こうして苦難な状況でも、人々に勇気を与えた 最後の交響曲「第九交響曲 だいくこうきょうきょく 」がつくられたのです。 「 第九交響曲」は、ベートーヴェンの9番目にして最後の交響曲です。 日本では、 通称「第九 だいく 」という曲名でも有名で、副題として「合唱 がっしょう 」や「合唱付き」と言われています。 「第九」の第4楽章に、4人の独唱 どくしょう と混声合唱 こんごうがっしょう を取り込んでいます。 写真:ベートーヴェン「第九」交響曲 第4楽章の主題は「歓喜 かんき の歌」としても親しまれ、原曲はドイツ後ですが、世界中のあらゆる言語に翻訳 ほんやく され、その国の歌詞 かし で歌われることもあります。 ・彼は若くして難聴になるという、作曲家としては致命的な運命になってしまう。 ・ベートーヴェンは、1770年12月16日に、神聖ローマ帝国 現在のドイツ のボンとう町で生まれる。 ・父ヨハンと宮廷料理人であった母マリアとの間に、長男として生まれる。 ・11歳になると作曲家の先生に習うようになり、曲をつくる方法を学び始める。 ・22歳のときに、作曲家である「ハイドン」の弟子となり、オーストリアのウィーンで、作曲の勉強を始める。 ・どんどん音楽の才能を発揮するようになっていく。 ・実はベートーヴェンは、生まれつき耳が聴こえにくかったのですが、彼が20歳のときに急に悪化してしまった。 ・強い心と自信がつくようになり、音楽にもそれが表現されている。 ・「第九交響曲」は、ベートーヴェンの9番目にして最後の交響曲となる。 スポンサードリンク - ,.

次の