ある日お姫様になった件について 73話。 彼女が公爵邸に行った理由75話ネタバレ

彼女が公爵邸に行った理由75話ネタバレ

ある日お姫様になった件について 73話

彼女が公爵邸に行った理由75話ネタバレ (え…?何かの聞き間違い?) レリアナはジャスティンの発言にキョトンとしながら戸惑います。 「あ…あの…その…、返していただけませんか?」 「タダで?」 「あっ…お金?お金が必要ですか?」 親指と人差し指で丸を作ってみせるレリアナに、ジャスティンは溜息します。 「そういうことではなく…そんなに私がお金に困ってそうに見えますか?」 「そ…そういう意味ではないのですが…」 (お金でどうにかなると思ったのに…) レリアナは内心舌打ちします。 「一度私と食事をしていただけませんか?」 笑顔でそう言うジャスティンに、レリアナは目を逸らしながら「お断りします」と返します。 レリアナの反応が意外だったのか、ジャスティンは目を丸くさせました。 「ハハ…即答すぎませんか?食事をするだけだというのに…」 「下心のあるお誘いはお受けできませんので」 「バレました?」 ジャスティンは笑います。 「それにそれは婚約指輪ですよ」 「ええ」 「婚約指輪があるということは、婚約者がいるという意味です」 「それが何か問題でも?」 (?) 何を言っているんだと言わんばかりに、レリアナは困惑します。 「以前私に話してくれたじゃないですか?政略結婚のことも…その人には他に相手がいるってことも…」 「あ…それは…」 (あの時はとっさにそう答えただけで…。 かといって本当のことを言うわけにもいかないし…) 「私って性格悪いでしょう?」 「ええ、とても」 「ではこれはどうですか?恋人のフリをしてください。 昔の恋人がいまだに便りを送ってくるんです」 「いい加減にしてください!」 苦笑いするレリアナ。 「困りますか?」 「わかってるならこれ以上私を困らせないでください」 ジャスティンは相変わらず飄々とした態度です。 「このまま名前も教えてくれないのですか?」 「私の名前を知ったらすぐに指輪を返したくなると思いますよ」 レリアナのセリフにジャスティンは疑問符を浮かべます。 「どういう意味ですか?まぁ…聞いてから考えることにします」 「レリアナです。 レリアナ・マクミラン」 「素敵な名前ですね。 ですが返したくはなりませんでした」 「ウィンナイトといえばおわかりになるでしょう。 私の婚約者、ウィンナイト公爵様です」 ジャスティンの顔から笑みが消えました。 「なんと…予想外の強者だ…」 (ウィンナイト公爵に愛してやまない婚約者がいるということは聞いていたが…) ジャスティンの脳裏には、いつの日かの殿下との会話が思い出されます。 (実は別に恋人がいて、婚約者とは政略結婚をした仲だと?つまり…表面上だけ愛し合っているフリをしているというのか?) レリアナはジャスティンの前に両手のひらを差し出します。 「何ですか?」 「早く指輪」 「私と取引しないんですか?」 「だから私はウィンナイト公爵様の婚約者なんですよ?」 「それが何か問題ですか?」 「はい?」 思いがけないジャスティンの対応に、レリアナは驚きを隠せません。 「ひとまず取引しましょう。 私…ケチな男なので」 (せこい…せこすぎる!) 「それにレリアナ、公爵様に匹敵する容姿を持つ者など私以外いないと思いますよ?」 「それ…本気で言ってるんですか?」 自信満々なジャスティンに、レリアナはドン引きです。 ジャスティンはレリアナの手を取りました。 「もちろん。 だからあなたは私と取引すればいいのです。 もちろんこれはあなたの望みではなく、全てはこの指輪のためですから」 「…慣れてますね」 そっとジャスティンから距離をとるレリアナ。 「あなたは確かに魅力的な人です。 ですがお断りします」 レリアナは真っすぐジャスティンを見据えて言いました。 「指輪は正直に失くしたと話しますので。 どんな事情があっても、私は今ウィンナイト公爵様の婚約者です。 不誠実なことはしたくありません。 その素敵な容姿は、他の人のために残しておいてください。 指輪はまぁ…煮るなり焼くなりしてもらって…」 (もうこれは一生働いて返すしかないわね…。 せっかく生き返ったのに、借金返済で一生を終えるなんて…) ジャスティンに対して気丈な態度を見せるレリアナですが、密かに涙します。 「…なかなか手強いですね」 「ええ…高貴な身体ですので」 「では、ただの友達としてはどうですか?」 「…?」 「恋人とかではなく、友達として会ってくれませんか?それなら大丈夫でしょ?」 「私を異性として見る友達ですか?」 レリアナはジャスティンへ訝しげな視線を向けます。 「よくよく考えてみたら、男女の儚い愛情なんかより友情のほうが美しいと思いまして…。 それとも…友達としても嫌ですか?おいしいお酒もたくさん紹介できるのに」 その時、突然部屋の扉がノックされました。 現れたのは、王城の使用人です。 「マクミラン姫君、殿下の命を受けて参りました。 殿下が姫君を呼んでおられます」 (バレないようにこっそり来たのになぜ…?) 突然の呼び出しに、レリアナは思わず唾を飲み込みます。 レリアナの反応に疑問符を浮かべているジャスティン。 使用人のあとを着いていく途中、レリアナはジャスティンを振り返って見ます。 「友達ならいいですよ」 そのセリフに、ジャスティンはパァと顔を明るくさせました。 「では友達として一度抱きしめてもいいですか?」 「お断りします」 「ひどいなぁ…友達だってのに」 「先ほどの発言、撤回したいのですが…」 75話はここで終了です。

次の

『赤髪の白雪姫』 第117話のネタバレ&最新話。オビの調査報告

ある日お姫様になった件について 73話

『それでは授業時間に遅れますので急ぎましょう、姫様。 』 『そ,そうでした』 (何で授業なんだろう? アタナシアの頬に手を当てるルーカス。 『?』 『顔が赤いですよ』 『熱でもございますか』 目を見開くアタナシア。 もうイゼキエルがいるのに何してるの! 『いいえ、大丈夫です。 そして,チラッとイゼキエルの方を見ました。 すると, 『姫さま』 そう言い,イゼキエルはアタナシアの手の甲にキスをします。 『今日は貴重な時間を作ってくださって 本当にありがとうございます。 』 『今日出来なかった話は近いうちにまたお伺いした時にします。 』 アーティは顔を赤らめます。 『は,はい』 (殺そうか) ルーカスは2人を見て怪訝そうな顔でそんなことを考えていました。 『お前さっきから何してんだ?』 アナタシアはルーカスの髪を三つ編みにしていました。 『心の安定を取り戻している』 『……』 『こうすれば安定するのか?』 『ちょっとは?』 『…そうか?』 『……』 [我慢] (どうしよう? もうイゼキエルが 私を好きだとは。 過ぎ去る感情だと思ったんだけど。 アタナシアはこれまでのイゼキエルの行動を思い出した。 (考えてみればすごくよくしてくれたことはある。 普通あそこまでしてくれないよ。 そういえば本の中でイゼキエルはどうやってジェニットを愛するようになったっけ。 挨拶してください,イゼキエル』 アタナシアにイゼキエルを紹介するジェニット。 『イゼキエル?』 『どうしたの?』 アタナシアを見てイゼキエルは目を輝かせています。 (見たことないのかな? 『おい』 ルーカスがアタナシアの腕を握りました。 『お前今何を考えてる?』 『うん?あれ?』 (今思いついたのは何だったん… 『わぁ,髪すごいね』ケラケラ 『何を考えてたのか聞いてただろ』 『あっ』 ルーカスは元の姿に戻ります。 『ああ、綺麗だったのにもったいない』 (魔力が… 初めてみる波動だった 『助けてやるから諦めるなよ』 『なにを??』 『全部。 お前のパパの記憶探しでも何でも。 』 『急に…あきらめるなって。 私がいつそんな風に諦めることになったの?』 (お前は前科があるじゃないか 『もうただでさえイゼキエルのことで頭が痛いんだから、おかしなこと言わないで』 『イゼキエル?』 『お前そんなこと考えてたのか?』 『ち、ちがうよ?違うったら,違うよ!』 『お前そんなにあいつが好きなのか?』 そう言い顔を近づけるルーカス。 『え?』 『あんなおとなしいふりをして見栄を張るタイプがいいのかって。 』 『おとなしいふりじゃなくて上品だからで、見えを張るんじゃなくてマナーがいいの!とにかくイゼキエルはあんたと違って紳士なの! 』 『紳士?』 『こんなのが紳士なのか?』 そう言い,不敵な笑みをうかべ,アタナシアの手の甲にキスを落とすルーカス。 そんなルーカスにアタナシアは顔を真っ赤にします。 《なんでこいつら2人ともこんなことするの! ?》 『で,出て行け!』 場所は移りクロードの執務室。 クロード:なんとなくの気分の悪さ 『陛下,何か問題でも?』 そこには,なにかを察したかのように気分を悪くするクロードがいるのでした。

次の

『魚姫のごめんねごはん』まさかの共食いグルメ漫画が面白かった件について:なんおも

ある日お姫様になった件について 73話

『それでは授業時間に遅れますので急ぎましょう、姫様。 』 『そ,そうでした』 (何で授業なんだろう? アタナシアの頬に手を当てるルーカス。 『?』 『顔が赤いですよ』 『熱でもございますか』 目を見開くアタナシア。 もうイゼキエルがいるのに何してるの! 『いいえ、大丈夫です。 そして,チラッとイゼキエルの方を見ました。 すると, 『姫さま』 そう言い,イゼキエルはアタナシアの手の甲にキスをします。 『今日は貴重な時間を作ってくださって 本当にありがとうございます。 』 『今日出来なかった話は近いうちにまたお伺いした時にします。 』 アーティは顔を赤らめます。 『は,はい』 (殺そうか) ルーカスは2人を見て怪訝そうな顔でそんなことを考えていました。 『お前さっきから何してんだ?』 アナタシアはルーカスの髪を三つ編みにしていました。 『心の安定を取り戻している』 『……』 『こうすれば安定するのか?』 『ちょっとは?』 『…そうか?』 『……』 [我慢] (どうしよう? もうイゼキエルが 私を好きだとは。 過ぎ去る感情だと思ったんだけど。 アタナシアはこれまでのイゼキエルの行動を思い出した。 (考えてみればすごくよくしてくれたことはある。 普通あそこまでしてくれないよ。 そういえば本の中でイゼキエルはどうやってジェニットを愛するようになったっけ。 挨拶してください,イゼキエル』 アタナシアにイゼキエルを紹介するジェニット。 『イゼキエル?』 『どうしたの?』 アタナシアを見てイゼキエルは目を輝かせています。 (見たことないのかな? 『おい』 ルーカスがアタナシアの腕を握りました。 『お前今何を考えてる?』 『うん?あれ?』 (今思いついたのは何だったん… 『わぁ,髪すごいね』ケラケラ 『何を考えてたのか聞いてただろ』 『あっ』 ルーカスは元の姿に戻ります。 『ああ、綺麗だったのにもったいない』 (魔力が… 初めてみる波動だった 『助けてやるから諦めるなよ』 『なにを??』 『全部。 お前のパパの記憶探しでも何でも。 』 『急に…あきらめるなって。 私がいつそんな風に諦めることになったの?』 (お前は前科があるじゃないか 『もうただでさえイゼキエルのことで頭が痛いんだから、おかしなこと言わないで』 『イゼキエル?』 『お前そんなこと考えてたのか?』 『ち、ちがうよ?違うったら,違うよ!』 『お前そんなにあいつが好きなのか?』 そう言い顔を近づけるルーカス。 『え?』 『あんなおとなしいふりをして見栄を張るタイプがいいのかって。 』 『おとなしいふりじゃなくて上品だからで、見えを張るんじゃなくてマナーがいいの!とにかくイゼキエルはあんたと違って紳士なの! 』 『紳士?』 『こんなのが紳士なのか?』 そう言い,不敵な笑みをうかべ,アタナシアの手の甲にキスを落とすルーカス。 そんなルーカスにアタナシアは顔を真っ赤にします。 《なんでこいつら2人ともこんなことするの! ?》 『で,出て行け!』 場所は移りクロードの執務室。 クロード:なんとなくの気分の悪さ 『陛下,何か問題でも?』 そこには,なにかを察したかのように気分を悪くするクロードがいるのでした。

次の