圧入 はめあい。 はめあい公差|軸と穴のはめあい方式,機械設計

はめあい公差|軸と穴のはめあい方式,機械設計

圧入 はめあい

「はめあい」 とは 軸と穴の組み合わせ の関係のことです。 「はめあい」 には以下の3つの種類があります。 ・すきまばめ ・しまりばめ ・中間ばめ 穴の寸法が軸の寸法より大きい時の差を すきま といいます。 軸 > 穴 穴の寸法が軸の寸法より小さい時の差を しめしろ といいます。 軸 < 穴 軸と穴をはめる場合に、 はめた後に脱着を行ったりスライドさせたりする場合は、すきま のある すきまばめ にします。 一旦はめ込んだ後は固定して分解することがない場合は、しめしろのある しまりばめ にします。 中間的な状態が 中間ばめ です。 すきまばめ 軸と穴の間に すきま があるはめあいを 「すきまばめ」 といいます。 すきまにはバラツキがあり、 穴の最小許容寸法から軸の最大許容寸法を引いた値を 「最小すきま」 穴の最大許容寸法から軸の最小許容寸法を引いた値を 「最大すきま」 といいます。 軸と穴が組み合わさってスライドや回転運動をさせたり、取り外しが可能な場合に すきまばめ が適用されます。 最小許容寸法はその逆です。 しまりばめ 軸と穴の間に すきま がなく、必ず しめしろ がある状態を 「しまりばめ」 といいます。 穴の最大許容寸法より軸の最小許容寸法が大きい場合となります。 穴の最小許容寸法から軸の最大許容寸法を引いた値を 「最大しめしろ」 穴の最大許容寸法から軸の最小許容寸法を引いた値を 「最小しめしろ」 といいます。 しめしろがあるため、一度組み付けると原則分解することができません。 中間ばめ 穴の最大許容寸法より軸の最小許容寸法が小さく、穴の最小許容寸法より軸の最大許容寸法が大きいという 相反する条件が中間ばめ です。 従って、実物はすきまができたり、しめしろができたりします。 はめあい公差 軸と穴のはめあいの度合いを示したものを 「はめあい公差」 といいます。 JISによると はめ合い公差 によってすきまが出来たり、出来なかったりします。 はめあいは穴径を基準にする方が良いとされています。 理由は穴加工の方が軸加工より難しいためです。 はめあい公差には軸基準 と 穴基準 があります。 一般的には穴基準で選定して、軸のはめあい(すきまばめ や しまりばめ)を調整します。 また、穴基準はアルファベットの大文字 軸基準はアルファベットの小文字で表記します。 穴基準の場合は穴径が大きい順にアルファベットの大文字で A から始まります。 基準寸法と一致するのがHです。 基準寸法と一致して分かりやすいため H は良く使われます。 H以降は基準寸法より穴が小さくなります。 ZCまでの28種類の記号が定められています。 軸基準の場合は、軸径が小さい順にアルフアベットの小文字の a から始まります。 穴と同様にhで基準寸法と一致します。 はめあいの表記方法 はめあいの表記方法の一例を説明します。 例えば、直径40mm の穴 寸法公差 H8 とすると、図面には次のように表記します。 039 となります。 また、直径40mmの軸で寸法公差をf7 とすると図面には次のように表記します。 050 最大許容寸法 -0. 025 となります。 この例では、穴と軸の公差の関係で必ず「すきま」が発生します。 すきまが発生するので「すきまばめ」になります。 その他の公差表はをご覧ください。

次の

平行キー・キー溝の寸法と許容差 規格一覧表(JIS B 1301

圧入 はめあい

H6 H7 H8 H9 適用部分 機能上の分類 適用例 部品を相対的に動かし得る すき間ばめ 緩合 c9 特に大きいすき間があってもよいか、又はすき間が必要な動く部分。 組立てを容易にするためにすき間を大きくしてよい部分。 高温時にも適当なすき間を必要とする部分。 機能上大きいすき間が必要な部分。 (膨張する。 位置誤差が大きい。 (はめあい長さが長い。 ) コストを低下させたい。 (製作コスト)• (保守コスト) ピストンリングとリング溝 ゆるい止めピンのはめあい 軽転合 d9 d9 大きいすき間があってもよいか、あるいはすき間が必要な部分。 クランクウエブとピン軸受 側面 排気弁弁箱とはね受けしゅう動部 ピストンリングとリング溝 e7 e8 e9 やや大きなすき間があってもよいか、あるいはすき間が必要な動く部分。 やや大きなすき間で、潤滑のよい軸受部。 高温・高速・高負荷の軸受部 高度の強制潤滑。 一般の回転又はしゅう動する部分。 (潤滑のよいことが要求される) 普通のはめあい部分。 (分解することが多い) 排気弁弁座のはめあい クランク軸用主軸受 一般しゅう動部 転合 f6 f7 f7 f8 適当なすき間があって運動のできるはめあい 上質のはめあい。 グリース・油潤滑の一般常温軸受部。 冷却式排気弁弁箱挿入部 一般的な軸とブシュ リンク装置レバーとブシュ 精転合 g5 g6 軽荷重の精密機器の連続回転部分。 すき間の小さい運動のできるはめあい スピコット、位置ぎめ。 精密なしゅう動部分。 ほとんどガタのない精密な運動が要求される部分。 リンク装置ピンとレバー キーとキー溝 精密な制御弁棒 部品を相対的に動かし得ない 中間ばめ 滑合 h5 h6 h7 h8 h9 潤滑剤を使用すれば手で動かせるはめあい 上質の位置ぎめ。 特に精密なしゅう動部分。 重要でない静止部分。 部品を損傷しないで分解・組立てできる。 はめあいの結合力だけでは、力を伝達することができない。 リムとボスのはめあい 精密な歯車装置の歯車のはめあい 押込 h5 h6 js6 わずかなしめしろがあってもよい取付部分。 使用中互いに動かないようにする高精度の位置ぎめ。 木・鉛ハンマで組立・分解のできる程度のはめあい。 継手フランジ間のはめあい ガバナウエイとピン 歯車リムとボスのはめあい 打込 js5 k6 組立・分解に鉄ハンマ・ハンドプレスを使用する程度のはめあい 部品相互間の回軸防止にはキーなどが必要。 高精度の位置ぎめ。 歯車ポンプ軸とケーシングとの固定 リーマボルト k5 m6 組立・分解については上に同じ。 少しのすき間も許されない高精密な位置ぎめ。 リーマボルト 油圧機器ピストンと軸の固定 継手フランジと軸とのはめあい 軽圧入 m5 n6 組立・分解に相当な力を要するはめあい。 高精度の固定取付 大トルクの伝動にはキーなどが必要。 小さい力ならはめあいの結合力で伝達できる。 たわみ軸継手と歯車 受動側 高精度はめ込み 吸入弁、弁案内挿入 しまりばめ 圧入 n5 n6 p6 組立・分解に大きな力を要するはめあい 大トルクの伝動にはキーなどが必要。 ただし、非鉄部品どうしの場合には圧入力は軽圧入程度となる。 鉄と鉄、青銅と銅との標準的圧入固定。 部品を損傷しないで分解することは困難。 吸入弁、弁案内挿入 歯車と軸との固定 小トルク たわみ継手軸と歯車 駆動側 p5 r6 組立・分解については上に同じ。 大寸法の部品では焼ばめ、冷しばめ、強圧入となる。 継手と軸 強圧入 ・ 焼ばめ ・ 冷しばめ r5 s6 t6 u6 x6 相互にしっかりと固定され、組立には焼ばめ、冷しばめ、強圧入を必要とし分解することのない永久的組立となる。 軽合金の場合には圧入程度となる。 はめあいの結合力で相当な力を伝達することができる。 軸受ブシュのはめ込み固定 吸入弁、弁座挿入 継手フランジと軸固定 大トルク 駆動歯車リムとボスとの固定 軸受ブシュはめ込固定 1. 1 常用する穴基準はめあい.

次の

ベアリングコラム 初心者講座 「はめあい」

圧入 はめあい

15-3-1 取付け前の注意事項 1) 軸受の準備 軸受はさび止め処理して包装されているので、取付け直前に包装を解くようにする。 また、軸受に塗布されているさび止め油は潤滑性能も良好なため、通常の用途の軸受やグリース封入軸受の場合には洗浄しないでそのまま使用する。 しかし、計器用軸受や高速で使用する軸受の場合には、清浄な洗浄油を用いてさび止め油を除去する。 この場合はさびが発生しやすいので長時間放置してはならない。 2) 軸及びハウジングの検査 軸及びハウジングを清浄にして、きずや機械加工によるかえりの無いことを確認する。 また、ハウジング内部にラップ剤(SiC,Al2O3など)、鋳物砂、削りくずなどが絶対残らないようにする。 次に、軸及びハウジングの寸法・形状・仕上げ程度が設計図どおりにできているかどうか確認する。 軸径及びハウジング内径は 図 15-1、 15-2に示すように数箇所の位置で測定する。 (注意事項)• 加熱温度は軸受の大きさとしめしろとから 図 15-3を参考にして決めることができる。 軸受を油槽の底につけてはならない。 金網台やつりかけ道具を用いる。 焼ばめ後、軸受が冷えると軸方向にも収縮するので、内輪と軸の肩との間にすきまができないように軸ナットなどを用いて密着させておく。 誘導加熱装置で軸受を加熱膨張させて軸に取付ける焼ばめ方法は、火や油を使わず電気により短時間で均一に加熱できるので、清潔でしかも能率よく作業が行える。 (励磁コイルを内蔵し、通電すると電磁誘導作用により軸受に電流が流れ、軸受自体の抵抗により発熱する。 27 0. 35 - - 10 20 35 30 40 20 25 0. 32 0. 4 - - 15 25 40 40 50 25 35 0. 4 0. 5 - - 20 30 45 50 65 30 40 0. 45 0. 6 - - 25 35 55 65 80 35 50 0. 55 0. 75 - - 35 40 70 80 100 40 55 0. 65 0. 85 - - 40 50 85 100 120 55 70 0. 85 1. 05 2. 15 2. 65 45 65 100 120 140 65 90 1. 0 1. 2 2. 5 3. 0 55 80 110 140 160 75 100 1. 1 1. 35 2. 75 3. 4 55 90 130 160 180 80 110 1. 2 1. 5 3. 0 3. 8 60 100 150 180 200 90 120 1. 4 1. 7 3. 5 4. 3 70 110 170 200 225 100 130 1. 55 1. 85 3. 85 4. 6 80 120 190 225 250 110 140 1. 7 2. 05 4. 25 5. 1 90 130 210 250 280 120 160 1. 8 2. 3 4. 5 5. 75 100 140 230 280 315 130 180 2. 0 2. 5 5. 0 6. 25 110 150 250 315 355 150 200 2. 3 2. 8 5. 75 7. 0 120 170 270 355 400 170 220 2. 5 3. 1 6. 25 7. 75 130 190 300 400 450 190 240 2. 8 3. 4 7. 0 8. 5 140 210 330 450 500 210 270 3. 1 3. 8 7. 75 9. 5 160 230 360 500 560 240 310 3. 5 4. 3 8. 75 10. 8 170 260 370 560 630 260 350 3. 9 4. 8 9. 75 12. 0 200 300 410 630 710 300 390 4. 3 5. 3 10. 8 13. 3 210 320 460 710 800 340 430 4. 8 6. 0 12. 0 15. 0 230 370 530 800 900 370 500 5. 3 6. 7 13. 3 16. 8 270 410 570 900 1000 410 550 5. 9 7. 4 14. 8 18. 5 300 450 640 〔備考〕 上表のラジアル内部すきまの減少量はCNすきまの軸受を中実軸に取付ける場合の値を示す。 C3すきまの軸受の場合は上表の最大値を目安にすればよい。

次の