神々 の いない 星 で。 【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】「決戦神々の伝承その軌跡(魔王級)」の攻略方法|神三魔|ゲームエイト

星ドラ 星の練金粉集め!決戦神々の伝承その軌跡を100回周回して、アイテムドロップ率を検証する

神々 の いない 星 で

作品詳細 通販では 上巻のみご購入の方でも、 下巻を別途ご購入いただければ、 下巻発送時に同時購入特典「小冊子」をお送り致します。 水着だ! 合宿だ!! 先輩より巨乳でチョロい新ヒロイン登場!? そんな訳で立川の西、福生市を流れる多摩川の上流にやって来たゲーム部一行は、荒れ狂う川の精霊の調伏を行っていたが……。 水着だ!! 新エピソードだ!!! 巨乳で美人な先輩達とのウハウハでザブーンな夏合宿が幕を開ける! 代金引換:手数料300円 税別• 後払い決済:手数料350円 税別• クレジットカード決済:手数料無料• コンビニ決済:手数料無料• 配送希望のお時間は各配送業者指定の時間帯よりご指定いただけます。 ただし、ご指定頂いた場合でも、交通事情等の理由により、指定時間内にお届けできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。 海外発送 転送サービスをご利用頂く事でお買い物が可能です。 転送サービスをご利用の場合、メロンブックスでの送料に加え、• 転送サービス毎の各種手数料が発生致します。 お問い合わせ 「お問合せフォーム」までお問合せください。 営業時間 AM11:00~PM6:00(土・日・祝を除く)• jp ]のドメインからお送りいたします。 ドメイン指定をされている際は解除してご利用下さい。• 予めご了承ください。

次の

【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】「決戦神々の伝承その軌跡(魔王級)」の攻略方法|神三魔|ゲームエイト

神々 の いない 星 で

1月30日、突然のルビスガチャ登場は予測不可能でした。 今回のガチャは大幅に常設装備が外され、代わりに聖王装備が含まれています。 単純にあたりが増えたということで喜ぶべき出来事です。 僕はジェムが残っていないので回しませんが、今回のルビスガチャは回すべきです。 副産物で聖王も出てくれるのはかなりのレアケースです。 運営さんもようやく常設を入れ続けることの無意味さに気づいたのかもしれません。 今回だけでなく今後もこの路線を突っ走ってほしいと思います。 ただアイテムや進化玉を求めて周回するだけ。 そんな1月が終わろうとしています。 ・虹クジラ ・教えレオダーマ ・ドーク ただただ作業をこなすだけで、楽しいと思える瞬間はありませんでした。 僕はこの先も星ドラを続けますが、辞めてしまう人、引退する人の気持ちはよくわかります。 無意味なイベント周回を続けても仕方ないので僕は自分にノルマを課していました。 イベントが薄い期間だからこそありあまったスタミナでやることがある。 決戦 神々の伝承その軌跡(神3魔)をオート(おまかせバトル)で周回できる装備は以前に紹介しましたが、せっかくオートでやれるようになったのだから統計をとってみることにしました。 神々の伝承その軌跡を100回戦ってみてどれだけのアイテムがドロップするのか。 全てをに収めました。 その結果を発表したいと思います。 自分で作り上げたお任せ周回用の装備・スキル・職業の組み合わせ。 安心して任せられる部下に育ったなと安堵しています。 そして勇者のころも上の強さを改めて知ることになりました。 これを求めて周回する人が大半だと思うのでこれくらいならいいのではないでしょうか。 魔王鍵は神3魔が多少出やすいような気がしましたがわずか100回ではなんとも言えませんね。 これは出たら奇跡という確率ですね。 最も不要な攻撃呪文強化玉が一番多いという結果に何かしらの悪意を感じてしまいますね。 使い道はないので5個で星の練金粉と替えられるようにしてくれればいいのにとずっと願い続けていますが、なかなか叶いません。 天空3魔周回では出ていたの鍵は一度も出ませんでしたが、これは入っていないのかな? 今後も検証は続けていくので、またいつか報告したいと思います。 元々貯めていた星の練金粉のストックが50を超えました。 これで思う存分装備を練金できるし、防具同士を重ねて進化させる時に素材側を練金させてスキルを上げることができる。 神3魔周回の目的はこれですね。 とりあえずは星の練金粉100個ストックを目指します。 tonycat.

次の

序章

神々 の いない 星 で

まあ、多分、正確には違うんだろうけど、その方が理解が早いと言うことは多々ある。 だからこっちもその流れで聞くことにする 先輩と共に聞き役に回る場所は、用意があった。 岩屋だ。 さっきから先輩と人生史上初のイチャイチャをしていた訳だが、その場所は何と前のように溶岩の上ではなく、固まった火山岩って言うんですか? まあ、冷えて固まった岩棚の上だった。 そしてそこに、同じ岩を使って出来た小さな小屋があった。 小屋と言っても、その形をしているだけだ。 壁があり、窓のような穴があり、ドアが入っていないような、入り口がある。 屋根もあるのは上出来で、何となく、これを作った人が一気に作ったような、つまり楽しんでテンション上げてたような、そんな感を受ける。 その一枚が発光用として表示された。 何か魔法だなあ、と思うが、岩屋内に据え付けられた岩の椅子に僕達は座る。 ……お? 何か暖かい? 地熱だろうか。 そして今更ながらに、先輩が新型制服だと気付く。 最高です……。 そんな満足をしていると、バランサーが軽く回りながら、こう告げた。 《では、とりあえず現状の基本的な理解、または神界での生活も出来ていると判断しましたので、最低限ではありますが、説明を致します》 「どういうこと? このゲームのこと?」 《あ、ハイ、このゲーム、ゲームとしておきましょうか。 ここまで神界も含めて進行してきましたが、これ以上進むと齟齬が生じるのです》 「齟齬?」 《イエス齟齬》 ……齟齬が生じるようなこと、あったか……? じゃあ、とバランサーが言った。 また、この世界において、人間は貴方一人だけです。 思わず横、先輩を見ると、彼女は巨乳の前で手指を絡め、こちらを見ている。 判断待ちと、そういう雰囲気だ。 だから僕は、 「ちょっと、おい、何か今、変な事言ったよね?」 と、バランサーをデコピンで回す。 「僕以外が皆して神って、何?」 《それはもう、そういうことです。 貴方は人。 他は神。 そのものです》 「神って、……つまり神話の?」 《はい。 地球に存在していた各神話の神々が、全て存在しております》 「待った」 訳が解らん。 「先輩も、神様な訳ですか?」 「え? あ、はい」 アッサリ認められた。 マジかよ。 いや、ちょっと、おかしくないですか……? だけど、先輩は肩を小さくしながら、 「だからまあ、その、レベル低くてアウト組というか……」 「ええと、でも、神様だと、何か出来たりします?」 問う。 すると先輩が表情をちょっと明るくした。 「出来ますよ! 見てて下さいね?」 「あ、ハイ」 頷いていると、先輩が岩屋の壁に手を当てた。 そして、 「それ」 と言ってる間に、岩屋の壁が、どう見えても固い火山岩の平滑なのに、変形した。 コネるとか、造形するとか、そういう感じだ。 エプロンつけてるとすごく良い感じだと思う。 語彙は死ぬ。 だが見ている間、あっという間に壁の一部が盛り上がって、やや大きめのハートマークが出来た。 ……え? どうぞ、と手で示された壁の三十センチ大のハートマークを触る。 すると、 「硬い……」 もはや壁と同じだ。 ベースは溶岩。 だが、どう見ても壁が素材として使われた気配はない。 だとすると、 「おかしくない……?」 《それをつまり、奇跡と言います》 「いやいやいやいやいや」 ちょっと納得できない。 だからドヤってるバランサーに向かって、 「こういうのだったら、特撮とか、トリックでも出来るよね? この壁を砕いて砂にして、速乾材を混ぜて、とか」 バランサーが、顎でこちらの横を示した。 先輩が、ハッキリと肩を落としている。 「ああああああああ! 違います! 先輩は神です! 女神と言っていい! 当たり前か! 先輩のしたことに疑いはないんですがこの馬鹿がドヤるのでつい!」 《ば、馬鹿とか言われた……!》 やかましい。 だが、 「いいかインチキAI! 先輩は神だとしよう。 だが他の連中については信じないぞ!」 《こ、これだから頭の悪い人類は……》 「やかましい。 というか何で神なんだよ? 何で人間が僕だけなんだよ? ってか、ここが現実? じゃあ、ここに来る前にいた、あの夏休みは何? 返して! 僕の夏休み! 返して!」 《やかましい。 あちらは神界です。 地球上の神々を収めるために、とりあえず不公平をなくすため、ある特定の時代をモデルに再現した世界となっております。 御利用有り難う御座います》 「特定の時代って……」 ああハイ、とバランサーが言った。 《今、西暦だと、3203年ですね。 というか、その中にいたでしょう》 バランサーが言った。 《かつて地球に住まう人々は、訳あって、御近所宇宙の、居住可能な星系に引っ越しを始めたと、そういう訳です》 ……おーい。 何だろう。 ボーっと岩屋の入り口を眺めていたので、先輩が心配して覗き込んできた。 巨乳に心配させちゃ駄目だ。 だから僕は、 「ちょっと待て」 《少し、飲み込めて来たようですね?》 「いやいやいやいやいや、全然だよ馬鹿」 何となく、しかし、順序は出来ているのだろう。 「フィクションだと思って、言うことにする」 《どうぞどうぞ!》 あのなあ。 と思いつつ、右の手を、右から左に流す。 それをジェスチャーとして、 「……地球から、人類が出た。 ……これは本当に、難しい問題です。 彼が言うところまでは、解りやすい順序だ。 だが、 「どうしてそれが、ええと、神様が出てきて、人類僕だけで、それで神界? 1990年のあの世界まであるとか、そんなサービス精神の塊になる?」 「えっと」 と、つい言ってしまうと、二人分の視線が来た。 バランサーが啓示盤で頷き、彼もこちらに気づき、 「お、御願いします先輩! この馬鹿で嘘つくAIに変わって本当のことを!」 《い、いや、こちらこそ御願いします! この馬鹿で猜疑心強い猿の進化形に本当の事を!》 「えっとお……」 何かすごく、応じていいものかどうか迷う。 だが、 「あのね、住良木君」 「あ、ファイ! 何でしょう! 何でも聞きます! 言って! 何でも! 言って!!」 「落ち着いて住良木君、跳ねなくていいから座って」 すごく勢いよく座られた。 だが左右に小刻みに揺れていて駄目かもしれない。 だから、言う。 「テラフォームを、人類が始めなかったと思う?」 「いえ? 思わないです。 だって、地球出て移住なんて、マジで大事業ってか、……今、外の現実? そっちでは長期視点でやってるじゃないですか。 先輩のそのセクシー制服とか作って新開事業でカンカンカン! みたいな!」 「セク、……シー?」 彼が自分の頬を自分でひっぱたいた。 そして、 「すみません! 素直な生き方してるもんで!」 「いやまあ」 と、言葉を続けることにする。 「それでですね? 人類だって、当然、テラフォームの用意をしていたんです。 人類はコールドスリープとか、事象凍結とか、そういうのを使って安全に寝ていて、AIに任せる形でしたけど、AIはこの星系に接近している段階から問題に気付き、だけどまず、用意された規定の方法でテラフォームを行おうとしたんです」 「規定の方法?」 《移住艦群の中で改良設計し、現場に併せたテラフォーミング用の機械群を使う方法です。 生物的なものも含めて、確実なものを用意しました》 「それで終わったんじゃないの?」 いえ、と己は首を横に振った。 「その機械群、生物的なものなども、全部、通じませんでした」 「どうして?」 あ、と彼が声を上げた。 「その星系に、先住してる何かがいて、抵抗とか、戦争が起きた?」 「ちょっと近いですね。 抵抗する力は確かにあります。 環境そのものもそうですが、精霊? 知能は無いんですけど、かなり強力な存在で、テラフォーム用の機材は戦闘系も含めて全く歯が立ちませんでした」 「人類、駄目じゃん……。 ってかAIのお前も、何やってたんだよ?」 《いや、想定外です。 するとバランサーが吐息した。 《まあ、実際、失敗ばかりだったことと、私達も何が何だか解っていなかったことは確かです。 だって、明らかに想定外だったのです。 環境の問題かと思い、精査をしましたが、重力、大気構造など全て問題は無く、想定範囲内でした》 しかし、 《そんな中で、私達は一つの結果に気付きました》 バランサーは言う。 《幾つもの機材を投入し、圧倒的に砕かれ、敗北を重ねながら、幾つかの機材の結果に、差が出ていることに気付きました。 その内容は、こういうものだった。 これは記録に残っている。 《しかし、逆算的な事実があります。 神頼みを行えば成果は少しとは言え、得られる。 では、この成果を与えている神頼みの正体は何なのか、と》 「調べたの?」 《はい。 実際、2000年代の始め、地球では、まあ、逸史の範囲ですが、しかし私達でも許容を超える事象、他相世界との融合の痕跡が観測されています。 そこで恐らく、地球の、地脈や、流体と呼ばれる概念が確定したのだろう、と》 「……ゴメン、専門用語多くて、後でにしていい?」 愚かな……、と横目を向けるが無視された。 だからこちらも気にせず、言う。 《差を、範囲を広げて考えました。 そこで出た結論は、こういうものです。 ・地球では神道が存在した。 ・神道は、何らかのパワーを地球(地脈、流体)から付与していた。 ・祈祷とは、神道のパワーを、対象に移植する方法である。 ・移住艦群は神道のパワーを微弱ながらに有している。 ・移住艦群で祈祷を行うと、地球よりも低い力でパワーを移植できる。 ・それがある機材は、通用度が高い。 ・それが無い機材は、通用度が低い。 実験として、艦外に、宇宙空間上の資源から無人工場を作り、機材を生産。 その工場内で祈祷を行ったところ、誤差範囲しか効果がありませんでした。 これは祈祷のパワーが移住艦群から離れて薄れたものだと理解しています》 はーい、と住良木が猜疑心ありまくりの顔で手を上げた。 「あのさあ、移住艦群の神道パワーって、何処由来なんだよ?」 《移住艦群の中で休眠している人類、主に日本の出身者に由来すると推測されます》 以後、と己は告げた。 ちょっと待て。 これは飛躍が酷いだろう、と。 だから、あのさあ、とまた前置きして、 「それがどう、神様に繋がるの?」 《簡単な事です。 まず、機材の投入では、結果として加護のパワーが足りず、効率が悪く、また、材料、資材も消費が激しいと判断しました》 だから、 《地脈のパワーがもたらすもの、それを人間が自分達なりに表現したものが、神や宗教における神話です。 あまり解りたくない話だが、こういうことだ。 「そうね。 そういうことです」 そして彼女が、こう言った。 憶えておいて下さい》 「えーと……」 トンチキだ……。 心底そう思いつつ、僕はしかし、こう思った。 ……否定しても、外堀埋まってるんだろうなー。 アレだ。 詐欺商売のアレ。 ただ、聞いておきたいことがある。 「あの、神々って、……作ったっていうけどさあ」 《簡単に言えば流体の情報に力を与えて情報体を作り、高密度、顕現化しました。 存在としては、貴方のような人類よりも遙かに高密度かつ高度情報体で、高位の存在ですよ》 もはや訳が解らん。 嘘だとすると、どんだけ手が込んでるんだ。 ただまあ、 「だとすると僕は、寝てた人類の、一人呼び起こし? 何で?」 《えーと、そこらはまあ、追々説明をしていきますが……》 「あの、これ」 と言ってきたのは先輩だ。 何かと思えば啓示盤が示されている。 見れば、何かデジタルのメーターの末尾が勢いよく動いている。 それは小さな数だが、 「何です? コレ?」 「住良木君のこと。 ……住良木君がいると、これ、神格の上昇度なんだけど、上がるんです」 「は?」 と首を傾げて、何となくだが、しかしハッキリと理解した。 顔を赤くして、 「住良木君が私の何を信仰してるのか、名前も明かしてないのにコレが回るのは、ちょっと不審ですけど。 でも、うん……」 言われた。 笑顔で、 「有り難う。 このメーター、今のところオッパイメーターか……。 水道料や電気代並に常時上がり続けることは間違いない。 責任重大だ。 巨乳信仰をやめてはならない。 だが、 ……あー。 僕みたいなのがパートナーで、ホント、先輩には済まないと思う。 それに、 ……この人、人じゃ無いんだけど、いい人だよなあ。 この人には嘘とか、不義理は働かないようにしよう。 でも、 「あの、先輩? 僕はまだ、かなり信じてないんですけどね?」 「うーん、でもこれ以上はちょっと、実地で見て貰うしか無い気が……」 ですよねー、とは言っておく。 だけど、 「あの、僕は正直、先輩には欺されてもいいと思ってます。 というか両の手が構えていて危険だった。 向こうでバランサーがドット絵の半目を向けてくるが気にしないこととする。 そして先輩が、少し考えた。 「あのですね? ちょっと、これ、信じて貰うにはどうでしょう、って感じなんですけど」 「何です?」 うん、と先輩が頷き、こう言った。 「住良木君、人間だから、神様の前に立ったとき、基本、自分を偽ったり、隠し事したりが出来ない筈なんですよね。 ちょっと離脱しようかと、そんなことを話していたところだったが、相方の見立てには同意だ。 「神々の降臨と神話の再現。 この星系、星は無限じゃありません。 それに、テラフォームに向く神話形態とそうじゃない神話形態の神々では、星系内の最終的支配範囲に差が出る場合があります」 「それだけじゃないぞ」 徹が嘆息する。 「どの星でも、根源の部分はまだ解決されてないんだ。 俺達だって、最強存在じゃない。 だけど俺達以上の方法は無い。 人類はホントに神々に手間掛けさせる」 だけど、 「バランサーをまた出し抜いて、神々が神話の制限を超えられるかもしれない。 「あのサア」 「何だよ、咲」 うン、と己は頷いた。

次の