とみ 田 つけ麺 セブン。 【セブン】とみ田「冷やしつけ麺」が激ウマ!セブンイレブン『とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺』食べてみた

2019年コンビニで買える激うまラーメン7選【二郎系や激辛も】

とみ 田 つけ麺 セブン

コンビニで買って食べられる激うまラーメン7選 このコンビニ. comというサイトは2019年8月に立ち上げたのですがそれからコンビニの商品を良くチェックするようになって、私自身ラーメンが好きなのでコンビニで買えるラーメンもよく買って食べています。 今回この記事では、そんな私がほんとうにおいしいと思ったコンビニラーメン セブン、ファミマ、ローソンの を 7品ご紹介いたします。 私が今年コンビニのラーメンを食べて驚いたのがほんとうにクオリティーと言いますか商品の味、質がすごくよくなっていることです。 今回本記事ではコンビニラーメンをレンジ・カップ・冷凍で味や価格、調理方法さらにカロリーなどの栄養成分まで徹底的にご紹介いたします。 このスタンダードなのも、もちろんおいしいのですが、現在はあのデカ盛りで有名なラーメン二郎の 二郎系や辛旨で有名な蒙古タンメン中本さんをはじめとした 激辛系のラーメン、さらには専門店で食べられるようなうまさの 濃厚魚介豚骨のつけ麺などコンビニに行って、ラーメン食べたいなと思ったときにいろんな味のラーメンが選べるようになっています。 中華蕎麦とみ田という日本で一番うまいラーメン店との呼び声も高いお店のつけ麺が冷凍で調理すれば食べられるというものなんですが、とにかくこのつけ麺のクオリティーが高すぎました。 商品名:中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけ麺• 内容:1食 420g 麺・具・スープ付• 調理方法:電子レンジ 約8分• 価格:税込み429円• 主な栄養成分:熱量 659kcal カロリー たんぱく質 24. 3g 脂質 19. 8g 炭水化物 95. 8g 糖質91. 7g 食塩相当量 3. 具付き麺もスープもそのままレンジで温められます。 どちらもレンジでの温め時間が異なるので一緒に電子レンジに入れるのではなく別々で温めましょう。 スープは薄めずに使うストレートタイプという本格さ。 しかもこの麺の入っている袋実は無数の穴が開いていてレンジアップ後に冷水で麺を〆る際に水切りのざる代わりとして使用することができるんです。 *感想* これはほんとうに食べたことない人には食べていただきたいです。 コンビニで買えるものでこんなにおいしいのかと驚くはずです。 こちらの商品テレビ番組でも紹介されていたんですが、実際にとみ田の本店で食事をされた方が食べても遜色がないというコメントが出ていました。 それくらいおいしいです。 中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけ麺のさらに詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 これだけ野菜が入ってお値段が税込み398円。 野菜はキャベツ、もやし、にんじん、きくらげ、そして少しめずらしい水菜は確認できました。 しかも味もかなりいい仕上がりになっています。 内容:574g めん120g• 調理方法:電子レンジ 約2分~約6分• 価格:税込み398円• 主な栄養成分:熱量 390kcal カロリー たんぱく質 19. 5g 脂質 12. 6g 炭水化物 51. 7g 糖質47. 6g 食塩相当量 6. 0g 野菜たっぷりで麺もスープもコスパも最高の一品です。 お店で食べれるようなレベルのタンメンだと感じます。 *感想* でました、また満点!このタンメンもほんとうにおいしかったです。 リピは確定ですね。 商品名に「味わいスープ」とあるようにタンメンの塩味のスープが野菜などのうまみが出ていてあっさりしていながらもコク深くまさに味わいスープでした。 おすすめです。 それがこの豚ラーメン。 パッケージをよく見てみるとこちらのラーメンにも「とみ田」の文字が入っているんです。 とみ田は本来こういった二郎系のラーメンは置いていないのですがセブンイレブン限定ということで超人気店のとみ田が監修しているようです。 あれだけおいしいつけ麺を提供しているとみ田さんが作る二郎系っていったいどんな味なんだろうって食べる前から興味がわいてきますよね。 商品名:中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン• 内容:640g めん200g• 調理方法:電子レンジ 約2分~約7分• 価格:税込み550円• 主な栄養成分:熱量 759kcal kカロリー たんぱく質 32. 6g 脂質 32. 0g 炭水化物 87. 7g 糖質82. 1g 食塩相当量 8. 1g 極太ワシワシ麺に濃厚こってりスープたっぷりなもやしキャベツとにんにく、そして大判なチャーシュー。 まさに二郎系なビジュアルなんですがこのラーメン見た目だけでなく、味もしっかりおいしかったです。 こういったレンジで調理して食べるタイプの麺類は麺がべちゃっとしやすいイメージがあったのですが、ものすごい極太なのに硬すぎず、柔らかすぎずのちょうど良い加減の麺でした。 スープもそのまま飲むと少ししょっぱくも感じますが、大量のもやしとキャベツの水分で一緒に食べることを考えられたスープだなと感じます。 *感想* コンビニのラーメンで550円かーともはじめは思っていたのですが、これは食べ終わったら大満足。 二郎系ということで他に販売されているラーメンより内容量が多いです。 この一杯で充分お腹が満たされます。 味も良く、二郎食いたいけど並ぶのしんどいなーなんて時、ちょっと二郎食べたいときにセブンさんに立ち寄って気軽に味わえるのがありがたいですね。 中華蕎麦とみ田監修豚ラーメンのさらに詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 ローソンのラーメンはすべてがこの渾身の一杯というわけではなく初めて食べたのがこのシリーズのとんこつラーメンだったのですが、食べて渾身さが感じられ驚いたのをいまも覚えています。 【コンビニラーメン】ローソンまさに渾身の一杯!豚骨ラーメン コンビニ. com そんなローソンの渾身の一杯味噌ラーメンなんですけども、こちらもかなりのデキの良さでした。 商品名:渾身の一杯!味噌ラーメン• 内容:記載表示なし• 調理方法:電子レンジ 約2分~約5分• 価格:税込み498円• 主な栄養成分:熱量 539kcal カロリー たんぱく質 24. 4g 脂質 13. 9g 炭水化物 78. 3g Na 2. 9g このラーメンの特徴まずは具沢山。 キャベツ、コーン、ネギ、もやし、にんじん、ひき肉と6種類の具の食感が楽しいです。 野菜の茹で具合も絶妙でレンジアップ後もシャキシャキ感が残っています。 麺はちぢれ麵で程よい茹で加減。 スープが濃厚なんだけど味噌のまろやかさとコク深さがあっておいしいです。 さらに別付の一味が良い味変になっていて入れることで一気に辛口味噌ラーメンへと味変することができます。 *感想* コンビニクオリティを超えた逸品だったと思います。 個人的に今まで食べたコンビニのレンジラーメンで一番おいしかったかもしれません。 おすすめです。 渾身の一杯!味噌ラーメンのさらに詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 もうパッケージからもわかるかと思いますがこちらは辛いラーメンです。 しかしただ辛いがウリなラーメンではなく、辛さの中にしっかりと旨味のあるまさに辛旨な一品になっています。 商品名:蒙古タンメン中本監修汁なし麻辛麺• 内容:350g 味付き具付き麺• 調理方法:電子レンジ 約7分• 価格:税込み321円• 主な栄養成分:熱量 551kcal カロリー たんぱく質 17. 8g 脂質 21. 3g 炭水化物 72. 0g 糖質91. 7g 食塩相当量 3. 2g 商品名にもあるように汁なし担々麺のように汁のないラーメンをだと思ってください。 汁がない分ひき肉やタケノコなどが入った肉みそというか餡を絡めていただきます。 この餡はひき肉、タケノコ以外にも中本の 蒙古タンメンを彷彿とさせる豆腐にネギも入っていて具沢山という印象ではありませんが、具が少ないということもないです。 味は辛いです(笑)でも旨いです。 特筆すべき点がこの辛旨な餡がよく絡む平打ち麺。 この餡をまとった麺がとにかくうまい!初めて食べたときはうますぎて気づいたら食べ終わっていた。 そんな感覚でした。 その具付き麺の外に辛味を増す別付の調味料がついているのでそちらを外して、具付き麺を凍った袋のままレンジで温めて、温め終わったらお皿に盛って、かき混ぜれば食べられます。 冷凍で調理があるのかーと少し面倒に感じますが、シンプルに「温めるだけ」です(笑) レンジ加熱目安時間 具付麺:500W 約7分30秒 600W 約6分30秒 凍ったままでの目安。 *感想* 中本ファンではない方も辛旨ファンであればぜひ食べてみるべきです!肉みそやたけのこと具もしっかりしているのにお値段も298円 税込み価格321円 とお手頃なのがいいですね! 蒙古タンメン中本監修汁なし麻辛麺のさらに詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 テレビCMで元SMAPの香取慎吾さん扮する慎吾母が失恋?した若い女性に励ましで提供して、その女性があまりのおいしさから元気になるというシーンがあります。 そこで提供されているのがこの汁なし担々麺です。 この汁なし担々麺はすごく辛いというより辛さは控え目なほうだと感じます。 商品名:もちっと食感の汁なし担々麺• 内容:350g 味付き具付き麺• 調理方法:電子レンジ• 価格:税込み248円• 主な栄養成分表示:エネルギー 557kcal カロリー たんぱく質 15. 4g 脂質 18. 6g 炭水化物 84. 2g 糖質80. 2g 食塩相当量 3. 6g こう見るとパスタのナポリタンみたいな色なんですが、しっかりおいしい汁なし担々麺です。 こちらも汁がない分、肉みそ餡を絡めて頂くのですが、具材がひき肉、タケノコ、青菜と食感の楽しい具で、またこれもその餡をまとった平打ち麺が最高においしいです。 どちらの方がおいしいかというのは甲乙つけがたいのと、これは全く別のジャンルのものだと感じます。 温め終わったものをお皿に盛り付ければ食べられます。 *感想* 量も多すぎず、少なすぎず栄養面を見ても普通に一食として満足感のあるものです。 そしてなによりうまい!さらにお値段は税込み248円!この見た目はすごく辛そうなんだけどあんまり辛くないのは辛いものが苦手な人にもお勧めできます。 もちっと食感の汁なし担々麺のさらに詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 カップ麺もこれまで何種類も食べてきましたがやはりラーメン好きとしてはカップ麺はやっぱりラーメンというよりお菓子というか、なんというか。 やっぱりラーメン屋さんで頂くラーメンにはものすごく劣りますよね そ、そりゃーね なのでやはりカップ麺でこれはほんとうにおいしいなと思うものになかなか出会えないのですが、このセブンイレブンの山頭火のカップ麺はカップ麺クオリティーを超えかけている一品だと感じます。 商品名:らーめん山頭火 旭川とんこつ塩• 内容:126g 湯戻し前• 調理方法:お湯 必要目安量450ml を注いで4分• 価格:税込み278円• 主な栄養成分:エネルギー 501kcal カロリー たんぱく質 13. 9g 脂質 21. 7g 炭水化物 62. 6g 糖質80. 2g 食塩相当量 7. 2g 麺・かやく2. 9g 麺・スープ・具どれをとってもカップ麺の最上クオリティーだと思います。 特筆すべき点はスープです。 臭みの無いまろやかな豚骨スープは塩味で後味さわやか。 飲み干してしまうくらいおいしいスープです。 *感想* カップ麺を超えるクオリティーだと思います。 たぶんカップヌードルと麺の達人をを抜いたら一番リピしているカップラーメンかもしれません。 カップヌードルや麺達はスーパーでセールだと買っちゃいますね。 コンビニだと間違いなくこの山頭火が一番リピしていると思います。 らーめん山頭火 旭川とんこつ塩のさらに詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 ほんとうにおいしかったコンビニラーメンのご紹介ということで厳選してご紹介いたしました。 進化し続けているコンビニラーメンですが、やはり中にはまだまだなものもありました。 書き終えてみて セブンイレブンさんの商品が多くなってしまいましたが、決してひいき目とかそういったことはなく、純粋においしいと感じるラーメンがセブンイレブンさんに多かったです。 今回本記事でご紹介したものは私が実際に食べておいしいと思ったものなので、味にも好みがありますがぜひ試してみてはいかがでしょうか。 詳しくはセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの公式サイトをチェックしてみてください。 セブンイレブン公式HP ファミリーマート公式HP ローソン公式HP.

次の

『セブンイレブン製「とみ田のつけ麺」ってどうなの~~?』by Zoo@MD : セブンイレブン 大阪宮原二丁目店

とみ 田 つけ麺 セブン

中華蕎麦とみ田 冷凍つけ麺 「セブンプレミアム ゴールド とみ田 つけめん」とは、千葉県松戸市の有名店「中華蕎麦 とみ田(ちゅうかそば とみた)」監修シリーズ初となる冷凍タイプの商品で、同店の看板メニュー「つけめん」をセブンプレミアムの最上級ブランドで忠実に再現したもの。 発売当初は千葉県の一部店舗限定販売で、それ以外の地域では手に入りませんでした。 なんと実店舗でも使われてる中華蕎麦とみ田専用の小麦粉「心の味」を使用し、3種類の国産小麦粉と小麦ふすま(「ブラン」とも呼ばれる小麦の外皮部分)を独自の配合でブレンド。 やや冷凍つけめん用にアレンジしているようですが、お店と共通の原材料・同様の製法を用いて加工しているらしく、スープも豚骨や鶏ガラを炊き出した純度の高い動物系に鯖・煮干・宗田鰹節などを加えた濃厚魚介豚骨スープに仕上げ、風味を損なわないように希釈タイプではなく「ストレートタイプ」のスープというのも重要な店主のこだわり。 パッケージには「ゆで」と書いてありますが、ゆで調理を推奨しているのではありません。 麺は茹で上げ直後に急速凍結したものを採用しているらしく、麺・スープともに解凍方法は電子レンジ調理という簡便性も実現。 しかも、パッケージにも映っているように、豚バラ肉を使ったチャーシュー入りというのも魅力的なポイントです。 まず2019年7月9日に千葉県の一部店舗で先行発売、その1週間後となる7月16日に販売エリアを東京都(一部除く)に広げ、7月22日に東京一部・神奈川県・埼玉県、8月6日に栃木県・茨城県・群馬県と進展——やっとこさ今週8月第2週に全国発売解禁となったのですが、輸送の関係か2019年8月14日現在、まだ沖縄県では売ってないとのこと。 取扱店はコンビニのセブンイレブンだけでなく、全国のイトーヨーカドーとヨークマートも対象店舗で、実売価格は税込429円。 これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれの価値観に委ねられますが、同店監修のチルド商品「とみ田監修豚ラーメン」と「とみ田監修濃厚豚骨魚介冷し焼豚つけ麺」の実売価格は税込550円なので、最上級ブランドなのに比較して121円も安いのは魅力。 作り方 さて、電子レンジだけで調理可能なのが嬉しい今回の冷凍麺なんですけども、外装を外して「具付麺」と「スープ」を取り出し、それぞれ別々に調理しなければいけません。 その後、点線にそって袋を開封し、煮豚(焼豚ではない? )を袋から取り出して、調理後のスープにイン。 スープの加熱時間が短いのと、調理方法の最後に「スープを小鉢に移し、取り出しておいた煮豚を入れてください」とあるので、1. 「具付麺」を加熱、2. 麺を冷やしている間に「スープ」を加熱、というのが正しい順番かつ効率がよさそうですね。 もし冷たかった場合、10秒ずつ様子を見ながら追加熱しましょう。 あとは写真のようにチャーシューを上に向けた状態で耐熱皿にのせ、ご家庭の電子レンジがパッケージの目安に記載のないワット数700Wなら4分40秒、800Wなら4分、900Wなら3分35秒、1000Wなら3分15秒を目安にしてください。 調理前に重さを計測してみたところ、「具付麺」は338g、「スープ」は109g、それぞれ内袋込みで合計447g(パッケージに表示されている内容量は1食入420g)だったので、だいたい比率は具付麺(3):スープ(1)。 そして麺の量は300gとパッケージの裏面に表示されているため、それぞれの量は「麺」300g、「スープ」100g、「チャーシュー」20gといったところ。 麺を冷やす手間を要しますが(ちょっと楽しかったw)、開封から盛り付けまで合計10分くらいだったので、それほど時間はかかりません。 それでは、同店監修のレンジ麺及びチルド麺と軽く比較しつつ、「めん」「スープ」「チャーシュー」の特徴を解説します。 関連商品の詳しい感想は、「」と「」の記事をご参考ください。 栄養成分表示:1食(420g)当たり カロリー:659kcal たん白質:24. 3g 脂 質:19. 8g 炭水化物:95. 8g (糖質:91. 1g) (食物繊維:4. 7g) 食塩相当量:3. ご購入・お召し上がりの前には、お手元の製品パッケージに記載されている情報を必ずご確認ください。 これは食べ終わってから作り直さないとな——と思いつつ食べ始めたところ、なんのこれしきビックリするほど力強いコシをキープ。 とみ田監修のカップ麺はもちろん、チルド麺2品も足下に及びません。 小麦の配合や麺の太さも冷凍つけめん用に調整されているため、やや本店の麺よりも太めに切り出されており、茹で立ての麺を急速凍結することで密度感のあるコシと茹で上げた時の臨場感を実現。 もっちりと加水率の高い弾力で反発してきたかと思いきや同時にブリンッ!! と弾ける躍動感も兼ね備え、小麦ふすま特有の芳ばしい風味が鼻を抜ける心地よさも冷凍麺ならではの再現度。 そして数時間後に撮影なしで2食目を食べてみたところ、みずみずしい小麦感や喉越しのよさが1食目よりもアップしていると感じたのですが、それもザルを使わず水道水でジャブジャブしただけ。 その際、ぼけーっと水道水が落ちるのを待つのではなく、粗熱が取れたら片手で袋ごと底から支え、反対の手を袋の中に突っ込み、全体を大きく混ぜながら揉み洗いするのがオススメです。 その並びに比例して「冷やしつけ麺」のスープは魚介よりも豚骨寄りの豚骨魚介、今回の冷凍麺「魚介豚骨つけ麺」は魚介寄りの魚介豚骨となっていて、どちらのスープにも鶏ガラがブレンドしてあるのですが、乳化感は鶏白湯ではなく豚骨のベクトル。 さらに冷やしつけ麺のスープは絹のような舌触りだったのに対し、冷凍つけ麺のスープは粗く削った魚粉のザラつきでワイルド。 ゆずのアクセントは意識されていませんが、かぼす果汁に醸造酢の酸味を重ねることで柑橘系のアクセントを表現し、スープが熱い前半は酸味のアクセントに輪郭があって、それが冷めてくると豚骨の乳化感と重心の低い魚介が目立ってくる構図。 それら素材のニュアンスが直感的に楽しめるのは、濃縮タイプの希釈スープではないストレートだからこその醍醐味。 温度の移り変わりによる味の変化も素直に心地よかったのですが、調理方法を頑なに守っても電子レンジ加熱後に漏れていたので、微量ではあるものの受け皿になる耐熱皿を用意したほうが安全です。 具材 赤ワインの隠し味に注目 豚肉特有の臭みは控えめで、たとえばカップ麺のレトルト調理品よろしく缶詰らしさも気になりません。 5枚)よりも食べ応えがあります。 原材料名上は「煮豚(にぶた)」となっていますが、その側面には焼き目と思われる模様が見られたので、分類上「焼豚(チャーシュー)」でも差し支えありません。 赤身と脂身のバランスがよく、スープに浸す前に食べると隠し味の赤ワインが肉の旨味を引き立てている様子が感じられました。 とにかく実売価格に対して味のコストパフォーマンスが高く、ほぼ文句の付け所が見当たりません。 同店監修の「豚ラーメン」と「冷やしつけ麺」のクオリティ(特に後者のスープ)にも唸るものがありましたけど、さすが行列の絶えない店とセブン&アイが誇る最上級ブランド初の冷凍食品ですね。 並並ならぬ気合を感じたと同時に、最上級の名に恥じない高コスパ商品だと感じました。 賞味期限も製造から約1年と長期保存が可能ですし、常に何個か冷凍庫にストックしておきたいです。

次の

【さすがセブン】冷食でこんな作り方するなんて! 千葉の有名店「とみ田」とコラボしたつけ麺が驚き、桃の木、山椒の木!!

とみ 田 つけ麺 セブン

濃厚魚介豚骨「とみ田のつけめん」はセブンプレミアゴールドでは初となる冷凍食品での認定商品になります。 確実に冷凍食品の枠を超えたつけ麺です。 パッケージの中身はチャーシュー付き麺とスープのみ。 それぞれを皿に乗せて電子レンジで温めます。 チャーシュー付き麺は600Wで5分30秒温めてからチャーシューを取り除き、麺を袋に入れたまま水道水で締める。 袋に水切りの穴が開いているのでザルは必要ありません。 水をよく切ったら皿に盛りつけます。 私は熱盛りが好きなので手間を惜しまずに1回ザルにあげて流水で締めた後、再度湯にくぐらせています。 つけ汁は皿に乗せて600Wで1分30秒温めます。 蒸気口を上にして温めないと事故るので注意。 以上で完成です。 必要なのは電子レンジと皿と水道水だけ。 驚くほど手間がかかりません。 つけ汁 お湯で希釈するタイプではなく ストレートタイプのつけ汁なので、味と香りのダイレクト感がより本物に近い。 粘度はサラサラではなく程よく麺に絡む。 舌に残るざらっとした食感に加え、濃厚で魚介のパンチがしっかりと効いているとみ田ならではの奥行き深い味を限りなく再現しています。 旨味、酸味、甘み、辛味も完璧なバランスで仕上げた、まさにプレミアムなスープです。 麺 特筆すべきはこの極太麺。 独自開発の国産小麦3種類に小麦ふすまを加えたとみ田専用小麦粉を使用。 噛めば噛むほど広がる小麦の味、そしてコシの強さに驚くこと間違いなし。 もはや生麺を超えている冷凍麺です。 大事なのでもう1回書きます。 この極太麺はもはや生麺を超えています。 この記事を読んで話しを盛り過ぎだろ!!って思った方へ。 騙されたと思って食べてみてください。 正直、ラーメン屋でこのつけ麺が出てきたらなんの疑いもなくむしろ旨いと感じながら食べてしまうと思う。 冷凍食品だと気づく人は恐らく少ないだろう。 もはやそこらへんの片手間でつけ麺を提供しているラーメン屋さんでは勝てないレベルの完成度です。 つけ麺好きはもちろん、この記事を読んでホントかよ!!って思ったあなたも騙されたと思って食べてみてください。 冷凍食品の進化に驚くはずです。 この日本全国の有名店が集まる宅麺. comでとみ田はつけ麺部門全国1位です。 セブンのとみ田つけ麺が美味しいと思ったらお取り寄せすればもっと幸せになれるよ!!.

次の