しじんそうの殺人 面白くない。 屍人荘の殺人のストーリーや結末ネタバレ!犯人やゾンビは誰?明智の最後の言葉は?|マシュとマロのふたりごと

ua.nfhsnetwork.com:カスタマーレビュー: 屍人荘の殺人

しじんそうの殺人 面白くない

凄まじい衝撃と共に読み終えた 今村昌弘『 屍人荘の殺人』。 第二十七回鮎川哲也賞受賞作でもあるこの作品は、ミステリーファンの話題を独占するとともに賞賛と批判の声を浴びた。 話題になるということは、良くも悪くも世間の評価にさらされるということだ。 しかし、僕はこの作品が王道だの邪道だのウダウダ語りたいわけではなくて、ただ面白かったからその感想を書きたいと思った。 という訳で、今村昌弘『屍人荘の殺人』のネタバレ感想と、この作品が気に入った人へ類似作品をおすすめしてみたいと思う。 ガッチリとネタバレをするので、何も知らない状態で楽しみたい人は、このページを閉じてさっさと本を購入して 『屍人荘の殺人』を100%の状態で楽しむべきだと思う。 本屋でも買ってもいいし、ネットで買ってもいいから。 屍人荘の殺人 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。 合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。 部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。 しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!! 究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?! 奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作! (引用|amazon) ———-以下、ネタバレ———- 初めは普通の推理小説 読み始めはよくある普通の推理小説ものとして始まる。 大学のサークルの一つである映画研究部の夏合宿に主人公たちが参加するベタな展開。 去年はその夏合宿で何か事件があり、自殺者も出ており、どことなく不穏な空気のするOB達も登場することで生まれるこれまたベタな事件の香り。 なんと、肝試しの最中に大量の 『ゾンビ』 が登場するのである。 まさかのゾンビの大群が登場 いきなり大量のゾンビが襲ってきて、主人公たちを含む登場人物たちは別荘に立てこもることになる。 雪で閉ざされた山荘やら、海に囲まれた館などの作品は当然読んだことがあるが、ゾンビに閉じ込められたクローズドサークル作品は流石に始めて読んだ。 普通の推理小説として読み始めたにもかかわらず、急にゾンビが現れて襲いかかってこられるという衝撃の大きさは計り知れない。 だがこの作品、実はタイトルですでにネタバレしているのだ。 『屍人荘の殺人』 屍人 = ゾンビ ほら、もう完全にネタバレ。 普通にネタバレ。 当然と言えば当然だ。 思いっきり書いてある。 でも、そのままダイレクトにゾンビが登場するとは誰も思わない。 それは意外と大きな盲点なのかもしれない。 なんにせよ、 ゾンビが現れることで見事な条件付きのクローズドサークルが生み出されているのはお見事といった印象。 さらにそのゾンビはクローズドサークル内で起こる連続殺人のトリックや、殺害方法に直接的にかかわってくるものだ。 それでいて本格推理 この作品が評価されているのは大量のゾンビに囲まれるという異常な展開をみせているわりに色物な小説にならないで、殺人事件に対して推理の論理性がぶれないからだ。 あくまでもフェアに情報が開示されており、論理性が欠如することがないのだ。 殺害方法に対しても散りばめられた小さな情報、伏線とも呼んでいいかもしれないが、それらを丁寧に拾い集めて紡いでいけば、しっかり真実にたどり着ける内容となっている。 また、サスペンス要素としてゾンビたちに追い詰められていくスリルも味わえるので、一つの作品で二度三度おいしい?小説でもあるのだ。 密室トリックの組み合わせ 作中では密室トリックについて語られている場面がある。 その内容は、密室トリックの手段については出尽くしており、その出尽くした密室トリックの手段を組み合わせることで、新しい密室トリックを生み出してきたというものだ。 これらの表現は、実はこの作品自体にも当てはまるのではないかと思う。 というのも、 今の時代「本格ミステリー」も「ゾンビ」も、それ単体はありふれたエッセンスでしかないが、この作品では それらを合わせることで、全く新しい作品として生まれ変わることに成功しているからだ。 作中では密室トリックの手段として話していたが、もしかするとこの作品自体もそういった着想から生まれているのかもしれない。 限定条件でのミステリー 『屍人荘の殺人』に限らず、限定条件において生まれるミステリー作品は楽しめるものが多い。 どの作品も『屍人荘の殺人』を気に入った人は是非とも手に取ってほしい作品たちだ。 おそらく続編も!? あくまでも予想ではあるが、この作品には続編がでるに違いないと期待している。 多くの謎がまだ未解決のまま残っているからだ。 例えばゾンビのウィルスがどういった経緯でばらまかれたのか?一度ゾンビになってしまった人間はもう戻らないのか?などのシンプルな疑問はなにも解決していない。 他にも班目(マダラメ)機関についてはどのような組織で、冒頭の報告書から広がる展開なども何も触れられていないので、今後見られるとしたら嬉しい要素だ。 そういった明かされていない謎が多く存在しているこの作品は、きっと近いうちに続編の噂が聞こえてくるに違いない。 最後に ゾンビが出てくるというはなれ技を使っているにもかかわらず、作品の読み口が安っぽくないのは作者である今村氏の技量によるところが大きい。 この文体や表現ならば、ゾンビといった飛び道具に頼らずとも素晴らしい作品を生み出してくれるに違いないので、是非とも続編に期待したいと思う。 楽しみだ。

次の

映画化・文庫化決定!屍人荘(しじんそう)の殺人のあらすじとみどころ│My interest

しじんそうの殺人 面白くない

凄まじい衝撃と共に読み終えた 今村昌弘『 屍人荘の殺人』。 第二十七回鮎川哲也賞受賞作でもあるこの作品は、ミステリーファンの話題を独占するとともに賞賛と批判の声を浴びた。 話題になるということは、良くも悪くも世間の評価にさらされるということだ。 しかし、僕はこの作品が王道だの邪道だのウダウダ語りたいわけではなくて、ただ面白かったからその感想を書きたいと思った。 という訳で、今村昌弘『屍人荘の殺人』のネタバレ感想と、この作品が気に入った人へ類似作品をおすすめしてみたいと思う。 ガッチリとネタバレをするので、何も知らない状態で楽しみたい人は、このページを閉じてさっさと本を購入して 『屍人荘の殺人』を100%の状態で楽しむべきだと思う。 本屋でも買ってもいいし、ネットで買ってもいいから。 屍人荘の殺人 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。 合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。 部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。 しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!! 究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?! 奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作! (引用|amazon) ———-以下、ネタバレ———- 初めは普通の推理小説 読み始めはよくある普通の推理小説ものとして始まる。 大学のサークルの一つである映画研究部の夏合宿に主人公たちが参加するベタな展開。 去年はその夏合宿で何か事件があり、自殺者も出ており、どことなく不穏な空気のするOB達も登場することで生まれるこれまたベタな事件の香り。 なんと、肝試しの最中に大量の 『ゾンビ』 が登場するのである。 まさかのゾンビの大群が登場 いきなり大量のゾンビが襲ってきて、主人公たちを含む登場人物たちは別荘に立てこもることになる。 雪で閉ざされた山荘やら、海に囲まれた館などの作品は当然読んだことがあるが、ゾンビに閉じ込められたクローズドサークル作品は流石に始めて読んだ。 普通の推理小説として読み始めたにもかかわらず、急にゾンビが現れて襲いかかってこられるという衝撃の大きさは計り知れない。 だがこの作品、実はタイトルですでにネタバレしているのだ。 『屍人荘の殺人』 屍人 = ゾンビ ほら、もう完全にネタバレ。 普通にネタバレ。 当然と言えば当然だ。 思いっきり書いてある。 でも、そのままダイレクトにゾンビが登場するとは誰も思わない。 それは意外と大きな盲点なのかもしれない。 なんにせよ、 ゾンビが現れることで見事な条件付きのクローズドサークルが生み出されているのはお見事といった印象。 さらにそのゾンビはクローズドサークル内で起こる連続殺人のトリックや、殺害方法に直接的にかかわってくるものだ。 それでいて本格推理 この作品が評価されているのは大量のゾンビに囲まれるという異常な展開をみせているわりに色物な小説にならないで、殺人事件に対して推理の論理性がぶれないからだ。 あくまでもフェアに情報が開示されており、論理性が欠如することがないのだ。 殺害方法に対しても散りばめられた小さな情報、伏線とも呼んでいいかもしれないが、それらを丁寧に拾い集めて紡いでいけば、しっかり真実にたどり着ける内容となっている。 また、サスペンス要素としてゾンビたちに追い詰められていくスリルも味わえるので、一つの作品で二度三度おいしい?小説でもあるのだ。 密室トリックの組み合わせ 作中では密室トリックについて語られている場面がある。 その内容は、密室トリックの手段については出尽くしており、その出尽くした密室トリックの手段を組み合わせることで、新しい密室トリックを生み出してきたというものだ。 これらの表現は、実はこの作品自体にも当てはまるのではないかと思う。 というのも、 今の時代「本格ミステリー」も「ゾンビ」も、それ単体はありふれたエッセンスでしかないが、この作品では それらを合わせることで、全く新しい作品として生まれ変わることに成功しているからだ。 作中では密室トリックの手段として話していたが、もしかするとこの作品自体もそういった着想から生まれているのかもしれない。 限定条件でのミステリー 『屍人荘の殺人』に限らず、限定条件において生まれるミステリー作品は楽しめるものが多い。 どの作品も『屍人荘の殺人』を気に入った人は是非とも手に取ってほしい作品たちだ。 おそらく続編も!? あくまでも予想ではあるが、この作品には続編がでるに違いないと期待している。 多くの謎がまだ未解決のまま残っているからだ。 例えばゾンビのウィルスがどういった経緯でばらまかれたのか?一度ゾンビになってしまった人間はもう戻らないのか?などのシンプルな疑問はなにも解決していない。 他にも班目(マダラメ)機関についてはどのような組織で、冒頭の報告書から広がる展開なども何も触れられていないので、今後見られるとしたら嬉しい要素だ。 そういった明かされていない謎が多く存在しているこの作品は、きっと近いうちに続編の噂が聞こえてくるに違いない。 最後に ゾンビが出てくるというはなれ技を使っているにもかかわらず、作品の読み口が安っぽくないのは作者である今村氏の技量によるところが大きい。 この文体や表現ならば、ゾンビといった飛び道具に頼らずとも素晴らしい作品を生み出してくれるに違いないので、是非とも続編に期待したいと思う。 楽しみだ。

次の

「屍人荘の殺人」ネタバレ解説!犯人は誰?ラストの結末は?

しじんそうの殺人 面白くない

読みたいところへジャンプ• 映画屍人荘の殺人あらすじ まずは、映画屍人荘の殺人が、どんな内容なのかから見ていきましょう。 しかし葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手。 事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む会長の明智に振り回される日々を送っていた。 そんなある日、2人の前に剣崎比留子(浜辺美波)という謎の美人女子大生探偵が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかけられる。 部員宛てに謎の脅迫状が届いたこと、去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝え、葉村と明智の興味をひく。 3人が向かった先は山奥に佇むペンション【紫湛荘】。 そこに次々と現れるクセモノだらけの宿泊者。 しかし葉村たちは想像を絶する異常事態に巻き込まれ、立て篭りを余儀なくされる。 一夜が明け、ひとりの惨殺死体が発見される。 html 映画 屍人荘の殺人原作がすごい! 原作は、今村晶弘のデビュー作品です。 第27回鮎川哲也賞受賞• このミステリーがすごい!2018年度版:1位• 週刊文春ミステリーベスト10:1位• 2018本格ミステリ・ベスト10:1位• 第18回本格ミステリ大賞受賞 といった、数々の記録を打ち出し、新人作家としては偉業である国内ミステリーランキング4冠を達成した作品です。 映画屍人荘の殺人予告 あらすじが分かったところで、次は宣伝詐欺と言われてしまった原因を見ていきましょう。 まずは2つある映画予告をチェック! 映画屍人荘の殺人 予告編1 映画屍人荘の殺人の話題性 先ほどご紹介したように、原作小説では、国内ミステリーランキング4冠を達成。 子役からの人気俳優・神木隆之介と実写版アラジンでも吹き替えを務めた人気俳優・中村倫也といったイケメンどころが揃っている。 監督は、「99. 9-刑事専門弁護士-」「民王」など見る人をやみつきにさせる作品を多く生み出してきた、木村ひさし。 脚本は、「TRICK」「金田一少年の事件簿」などミステリーに定評がある蒔田光治。 主題歌には、デビュー15周年・結成20周年の人気3人組テクノユニット、perfume。 映画、屍人荘の殺人は話題性抜群の作品なのです。 映画屍人荘の殺人評価 ここまで話題性に富んでいるにも関わらず、なぜ酷評を受けてしまったのか…。 実際に映画を見た人たちの評価から、原因が明らかとなります。 ネタバレが含まれますが、ご了承ください。 予告通りコメディ要素もありつつ。 観た感想は不完全燃焼。 続編でもあるのかな? 具体的な内容はネタバレになるから言えないけど。 タイトル通り、屍人が登場し、場所は荘にて、そこで殺人が起こる。 そんな内容。 ネタバレ厳禁以前にジャンル違いの映画。 この作品は予告・宣伝を誠実に作らなかったからレビューなども荒れているのでは? 予告見てなければそれなりだったかも知れないが、予告で期待した今作はダメだった。 黒幕が分からず、続編があるのか?とも思えるような終わり方。 さらには、ミステリーと謳っているのにも関わらず予告にはなかったゾンビの登場。 本格ミステリーを期待して映画を見に行った人たちにはしっくりこない、コメディ要素の強い映画となっていました。 それは、簡単に犯人が予測出来てしまうこと、本格ミステリーかと思えば、ゾンビも登場ししっくり来ないまま終わりになってしまうこと。 話題性にたけていただけに、多くの方が期待をして見に行ったことでしょう…。 その結果、期待外れに終わってしまった方が多く、ここまでの酷評となってしまったのです。

次の