東京ドイツ村 アクセス。 「東京ドイツ村」(袖ケ浦市

東京ドイツ村のイルミネーション!東京からのアクセス方法いろいろ!

東京ドイツ村 アクセス

東京ドイツ村へのアクセス方法 車で• JR千葉駅より 高速バス「カピーナ号」 千葉~鴨川線 利用、東京ドイツ村下車。 運賃片道大人950円、小人480円。 所要時間約45分。 横浜・川崎方面、新宿・品川方面より 「アクアライン高速バス」利用、 袖ケ浦バスターミナル下車後、路線バス「東京ドイツ村行き」乗車。 運賃片道大人520円、小人260円。 所要時間約35分。 東京ドイツ村行きの路線バスは、平日・休日で運行時間が違うので注意が必要です。 また、 本数も少ないため、事前に時間を確認しておきましょう。 東京ドイツ村の駐車場代を安くするおすすめの方法は? 東京ドイツ村イルミネーション2019を車で見に行く人も多いですよね。 その時に気になるのは 駐車場代だと思いますが、できれば皆さん 駐車場代は安く済ませたいはずです! そこで、ここでは 東京ドイツ村の駐車場代を安くする方法をまとめましたので、参考にしてみてください。 東京ドイツ村の駐車場は高い! 東京ドイツ村のイルミネーション期間中の駐車場代は、 普通車1台なんと3,000円です。 園内各所に3000台駐車可能で、もちろんすぐイルミネーションが見に行けて便利ですが、 駐車場代として考えると かなり割高です。 東京ドイツ村周辺の安い駐車場や、 割引サービスをご紹介しますので、ぜひ利用してみてくださいね。 駐車場代を安くするにはコインパーキングの利用もアリ!? とにかく「駐車場代3000円」を安く済ませたい人は、 袖ヶ浦駅前コインパーキングに駐車して路線バスで東京ドイツ村に行く方法 もあります。 下記に、 袖ヶ浦駅前のおすすめコインパーキングをまとめましたので、参考にしてみてください。 住所: 〒299-0263 千葉県袖ケ浦市奈良輪• 収容台数:17台• 駐車代金: 普通料金60分毎100円、最大料金300円• 営業時間:24時間 なんと、 こちらは最大料金300円とさらに安いコインパーキングです。 タイムズ袖ケ浦駅北口同様、 東京ドイツ村行きのバスとは反対側ですが、袖ケ浦駅まで徒歩約4分と立地が良いので、利用しやすいと思います。 収容台数は少なめですが、そこまで混み合うことはないでしょう。 お得なサービスを利用して駐車場代を割引! 東京ドイツ村には様々な 駐車場代の割引サービスがあります。 詳しくは別記事でお伝えしていますが、もあり、 かなりお得になっています。

次の

「東京ドイツ村」(袖ケ浦市

東京ドイツ村 アクセス

東京ドイツ村は、非常に広いので、車に乗ったまま、入園して園内の各所にある駐車スペースに車を停めて、散策できるような構造になっています。 イルミネーション期間中は車1台(最大乗車人数まで)の料金が、ピークのクリスマス前後は2,000円となり、それ以外の時期は1,500円となります。 家族4人で行っても、車1台分で入場OKですので、お得ですね。 そんな意味からも、東京ドイツ村は、やはり車で行くのが、もっともおすすめでしょう。 東京から車で行く方法(左回り、東京湾アクアライン経由) 東京から車で行く場合には、ルートとしては、東京湾をぐるっと回ることになりますので、左回りと右回りがあります。 左廻りとは、東京湾アクアラインを使うルートとなります。 例えば、首都高から袖ヶ浦の高速料金はETC:1,630円(通常:4,540円)となり、所要は約1時間です。 距離は約50㎞なので、ガソリン5Lぐらいなので、ガス代は、700円ぐらいですね。 合計の交通費は、車1台当たり、約2,330円となります。 東京から車で行く方法(右回り、館山自動車道経由) 東京湾を右回りで行くなら、京葉道路か東関東自動車道経由で、館山自動車を使うルートになります。 首都高から姉崎袖ヶ浦ICの高速料金はETC:2050円(通常5140円)となり、所要時間は約1時間となります。 距離は約70㎞なので、ガソリン7Lぐらいとして、ガス台は1,000円ぐらいですね。 合計の交通費は、車1台当たり、約3,050円となります。 時間的には同じぐらいですが、距離的にもコスト的にも左廻りがおすすめです。 ドライブルートそのものとしてみても、アクアラインは楽しいですしね。 特に、アクアラインはETCを使うと大幅に安くなります。 なお、目安として東京都内および横浜寄りからなら左廻り、東側の千葉よりなら右回りがいいでしょう。 高速料金の確認は、で、「最寄りのIC」と右回りの場合は「姉崎袖ヶ浦IC」、左廻りの場合には「袖ヶ浦IC」を入力すれば簡単に比較できますよ。 右回りか左廻りかを迷ったら、一度これで検討してみるのもいいでしょう。 東京から電車とレンタカーで行く方法 やっぱり車で行きたいけど、渋滞に巻き込まれて疲れるのも嫌だしなあ、と思う方には、レンタカーという手もありますよ。 レンタカーで行く場合には、どこで借りるのかがポイントになります。 レンタカーを千葉駅で借りてしまうと平日は最寄りの松ヶ丘インターまで行くための一般道が渋滞しています。 そこで、内房線の五井駅まで電車で行き、そこからレンタカーを借りて行く方法がおすすめです。 コンパクトカーなら1日6,000円ぐらいで借りられますから、タクシー利用よりも経済的かもしれませんね。 利用する際には早めの予約をするのを忘れずに。 料金は、東京から五井の電車代が970円、2人で利用するとレンタカーが一人3000円、合計約4000円程度となります。 車で行く時のポイントとは? 土日に行く時は、昼間の内にドイツ村に入っておくこと! 夕方以降は、イルミネーション目当ての車が、一斉にドイツ村を目指す為、周辺道路が大渋滞してしまいます。 その時には駐車場はすでに満車で、いくら待ってももう入れない状況も有りえますから、イルミネーション目的であっても、早めに行くことが渋滞に合わないポイントです。 16時にイルミネーションは点灯されるので、15時半あたりから混みはじめますから、15時前には、着けるようするといいですね。 混み具合はどれくらい? 混み具合としては、クリスマスと正月は30~60分待ちになる事があります。 また、通常の日曜日でも、そこそこ混みますが10分程度で済むと思います。 駐車する場所のポイントは? 東京ドイツ村は、園内をグルリと一周して出るタイプなので、入り口付近に車を停めると帰りの園内の渋滞に巻き込まれます。 そこで、出口付近に停めるのがポイントです。 理想は午後3時前には、園内に入って、出口付近に駐車するパターンです。 東京ドイツ村のイルミネーション!電車とバスでもアクセス可能! 車を持っていないと東京ドイツ村には行けないのか? というとそんなことは決してありません。 ちょっとアクセスが悪いので、車のほうが便利ですが、電車とバスでも充分に行けますよ。 このシャトルバスは、例年、11月下旬の土日から、お正月の3が日ぐらいまで週末を中心に運行しています。 ただ、日程も限定されているので、要注意ですね。 ピーク時期の12月中旬~お正月の三ヶ日までは毎日運行しています。 料金は、大人500円、小学生250円と、魅力的な価格設定です。 詳細はで確認ください。 電車代は、東京から袖ヶ浦までが1140円ですから、シャトルバス代を含めると、合計で一人当たり1640円となります。 帰りも、逆ルートで帰れます。 シャトルバスは20時半頃までは走っています。 ただ、千葉駅発のバスの本数は、そんなに多くなく、午後だと、13:30と15:25と2本だけになるのがちょっと難点ですね。 13:30千葉駅発のバスで行くと、ドイツ村着は14:14となりますので、この辺りがおすすめです。 千葉駅の乗り場は、駅前なので直ぐわかります。 21番のバス停です。 千葉駅から東京ドイツ村への料金は930円で、所要時間は約50分です。 東京から千葉までがJR総武快速で640円なので、一人あたり合計1,570円となります。 帰りは、東京ドイツ村から、平岡小前バス停まで15分ほど歩いて、上りの「カピーナ号」 18:43発か21:18発 に乗って、千葉駅に帰るのがおすすめです。 もう一つの手としては、日東交通バスの姉ヶ崎線の下りの茅野ゆき 19:30発か20:43発、21:24発は土日休み で久留里線の馬来田駅に行き、そこから、電車で木更津まで行き、さらに、そこから、内房線に乗り換えて千葉駅へ向かう方法があります。 しかし、久留里線は1時間に1本程度なので、相当な手間と時間がかかっちゃうので、あまり、おすすめできる方法ではありません。 この方法だと、東京までの料金も、電車代1,490円となり、これにバス代も加わるので、合計で一人あたり2,000円近くになってしまいます。 ちなみに、平岡小バス停は、ドイツ村出口から1㎞程ですから、歩いて15分もかからないでしょう。 袖ヶ浦からドイツ村へは、タクシーなら20分程度で、料金は4000円程度です。 2人で行ったとして、東京から袖ヶ浦までの電車代1140円と、タクシー代1人あたり2000円とすると、合計3140円になります。 楽な分、コスト的にはちょっとかかっちゃいますね。 ただ、帰りのタクシーは渋滞に巻き込まれると、料金ばかり膨れ上がってしまいますから、やめておきましょう。 帰りは、前述の平岡小前バス停から、「カピーナ号」に乗って、千葉駅に戻るのがおすすめです。 スポンサードリンク 東京ドイツ村のイルミネーション!高速バスでもアクセス可能! 東京から高速バスで行く方法とは? 新宿から袖ヶ浦までの高速バスを利用して、その後、シャトルバスに乗り換える方法はおすすめです。 小田急バスと小湊鉄道バスが運行するの「木更津駅西口行き」に乗ります。 所要時間は1時間~1.5時間程度です。 料金は、大人1450円、小児730円です。 これは先着順による座席定員制で予約はないので、早めにバス停に並ぶ必要があります。 1時間に2本程度の本数ですで、結構、本数はありますね。 乗り場は、発車時刻により「新宿西口の35番バス停」か、「新宿南口(バスタ新宿)」のバス停のいずれかとなります。 「新宿西口の35番バス停」は、新宿駅の地下改札からB17の出口に向かい、そこから外に出て直ぐの35番のバス停です。 新宿南口のバス停は、新宿駅南口から出て直ぐのところにあります。 袖ヶ浦バスターミナルで降りてからは、前述のシャトルバスを使うのが一番便利ですね。 帰りも同様に逆ルートで帰れます。 ただ、袖ヶ浦から新宿への高速バスは1時間に1本程度になることと、袖ヶ浦駅からの最終は、22時過ぎ頃までですので、注意しましょう。 は必ず、事前にしっかりとチェックしておきましょう。 また、バスを利用する際にはどうしても帰りは集中しますから、混み合い・渋滞も予想されるので、はじめからそのつもりで行きましょう。 はじめから覚悟していくと、あまり苦にならないものです。 横浜から高速バスで行く方法とは? 横浜からでしたら、行きはアクアライン経由の高速バスが便利ですね。 横浜駅東口・そごうのバスターミナルから「木更津駅行き」に乗車します。 乗り場は、横浜駅東口バスターミナル18番乗り場です。 1時間に2本程度の本数です。 料金は、横浜から袖ヶ浦バスターミナルまで、大人1400円、小児700円です。 所要時間は、約50分です。 時刻表はチェックください。 「袖ケ浦バスターミナル」で下車してからは、前述のシャトルバスが便利ですね。 帰りも、逆にたどればOKです。 五井からレンタカーという手も面白い。

次の

【東京ドイツ村】アクセス・営業時間・料金情報

東京ドイツ村 アクセス

東京ドイツ村のイルミネーション 東京ドイツ村は、千葉県袖ケ浦市にあるテーマパークです。 園内には、アトラクション、子供動物園、フラワーガーデンなどが存在します。 自然を楽しみつつ、四季折々の景観を楽しめちゃいます。 また、東京ドイツ村は、園内を車で巡ることができるんですよ。 通常営業時は、入園料+駐車料金となります。 しかし、イルミネーション期間は、車で入園する場合、駐車料金に入園料が含まれています。 関東3大イルミネーションと称される冬のイベントなので、ぜひチェックしてみてくださいね。 東京ドイツ村:料金 東京ドイツ村の通常の入園料金についてご紹介します。 2020年4月6日(月)より以下の料金となっています。 また、イルミネーション期間は、別の入園料金が設定されますよ。 なお、再入園は可能ですが、入園時のレシートを持参の上、「入園ゲート・インフォメーション・管理事務所」のいずれかに寄って「再入園証」をもらいましょう。 100円券が20枚セットになって、1,500円となっています。 ツバメノス以外に使えるので、使い勝手もとってもいいですよ。 入園のみのパスポートとアトラクション乗り放題になった年パスも登場中です。 1年間で7回以上東京ドイツ村に行く予定がある場合は、年間パスポートを購入した方がお得になります。 なお、申込みより1年間有効ですが、購入日は別途入園料が必要になります。 年パスは、マルクトプラッツ2階「インフォメーション」にて発行できますよ。 東京ドイツ村営業時間 【通常期<2020年4月13日(月)〜>】 9:30~17:00(最終入園15:30) 【イルミネーション実施期<2019年11月1日(金)〜2020年4月12日(日)>】 9:30~20:00(最終入園19:00) 東京ドイツ村:アクセス 東京ドイツ村の園内マップ 東京ドイツ村には、ユニークなアトラクションがたくさんありますよ。 各アトラクションには、利用料が設定されています。 アトラクションごとに支払うか、回数券または1dayパスポートを利用しましょう。 人気アトラクションの一部をご紹介します。 花の種類 菜の花(観月) ビオラ 東京ドイツ村:収穫体験 東京ドイツ村では、収穫体験も楽しめちゃいます。 5種類の収穫体験を実施しています。 各収穫体験によって実施時期や参加費用が異なります。 東京ドイツ村に行った際、収穫体験を実施していたらぜひ参加してみてくださいね。 収穫体験の種類 じゃがいも掘り(5月中旬〜6月下旬) 落花生掘り(9月〜10月下旬) さつまいも掘り(9月〜10月下旬) みかん狩り(10月下旬〜12月上旬) しいたけ狩り(通年<7月・8月以外>) 東京ドイツ村:イルミネーション 最後に東京ドイツ村の名物「イルミネーション」をご紹介します。 例年11月〜4月上旬まで開催していますよ。 2019年〜2020年の開催は、2020年4月12日(日)で終了となりました。 2020年〜2021年開催に向けてイルミネーション内容をまとめてみましたよ。 イルミネーション開催概要(2019年〜2020年) 【開催期間】 2019年11月1日(金)〜2020年4月12日(日) 【点灯時間】 日没〜20:00 【電球数】 300万球 【イルミネーション】 光と音のショー 虹のトンネル 3Dイルミネーション 電動カートでのイルミネーション回遊 チャイナランタン 300万球のイルミネーションを楽しめる東京ドイツ村。 なんとチャイナランタンエリアもあるんですよ! 千葉にある「東京」「ドイツ村」に「中国」も進出してしまう面白いコンセプトのイルミネーションに仕上がっています。 なお、イルミネーション時期も車で園内を巡ることができます。 そのため、寒さを気にせずイルミネーションを楽しむことができるのも東京ドイツ村の特徴の1つです。

次の