このアクセサリは使用できない可能性があります。 iPhoneで「このアクセサリは使用できない可能性があります」が表示された時の原因と対処法

iPhoneで「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示された時の3つの対処法

このアクセサリは使用できない可能性があります

「このアクセサリは使用できない可能性があります」の原因 iPhoneにLightningケーブル(充電ケーブル)を接続した際に、 「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示される場合は、Lightningケーブルの断線やiPhoneの充電ポートが汚れているなど、いくつか原因が考えられます。 ケーブルやACアダプタの損傷 今回の 「このアクセサリは使用できない可能性があります」の原因は、一番にLightningケーブル(充電ケーブル)の断線やACアダプタの損傷、非純正Lightningケーブルの互換問題が考えられます。 もしお使いのLightningケーブルやACアダプタが次のいずれかに該当する場合は、LightningケーブルやACアダプタを交換することで改善する場合があります。 ケーブルの外被が破損、破れている• ケーブルが極端に折れ曲がっている、ねじれている• ケーブルの端子やACアダプタのプラグ(金属部分)が折れ曲がっている、歪んでいる• ケーブルやACアダプタのプラグ(金属部分)が腐食している• ケーブルやACアダプタから火花が散る• 通電時にケーブルやACアダプタから異音がする(パチッ、バチバチ、パチーン等)• 非純正のケーブルを使用している(100円の安価な物など) ケーブル、ACアダプタのどちらが原因が見た目ではわからない場合、 まずLightningケーブル(充電ケーブル)をPC等のUSBポートに差し込み、iPhoneに接続して充電ができるか確認してください。 もし充電できないようであれば、Lightningケーブルの交換を検討してください。 もし 「PCのUSBに接続すると充電できない」でお困りの場合は、ACアダプタを使った充電もお試しください。 もしPC等のUSBポートでiPhoneの充電ができるのであれば、次に解説するACアダプタを含む電源側で問題が生じている可能性があります。 iPhoneの充電口が汚れている場合は掃除する iPhoneの充電口にライトを当てた際に、金色の金属部分に大きな埃が付着しているようであれば、埃を除去することで改善する場合があります。 埃の除去には爪楊枝やiPhoneに付属されているSIMピンなどを使って埃をかき出す必要がありますが、 いずれの場合も金属端子部分に傷を付けてしまうと接触不良に繋がる場合があるので、実施する場合は自己責任の上で慎重に作業を進めてください。 またPC用のエアダスターを使った埃の除去方法もありますが、埃を奥深くに押し込んでしまう可能性、液化ガスが逆流(最近は逆流防止済みの製品が多いですが)の恐れ、またでもあるので、余程な理由が無い限りは控えた方が良いです。

次の

iPhoneで「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示された時の3つの対処法

このアクセサリは使用できない可能性があります

(その他の表示されるメッセージ) ・このアクセサリの充電機能はサポートされていません ・このアクセサリは充電に対応していません ・このアクセサリはこのiphone用に設計されていません 等 理由としては以下の4つが考えられます。 純正のアクセサリは決して安いものではないので、つい安い方に手が出てしまいがちですが、そもそも使えなければ意味がありません。 iPhoneに関しては純正品を購入するのが間違いなさそうです。 また、きちんとiPhoneに対応している製品かどうか見極めるために覚え置きたいのは「Made for iPhone」という表示ステッカー。 このステッカーが製品についている場合は、iPhoneで動作確認が行われている証拠です。 最低限この表示がされている製品を選ぶようにしましょう。 まずは接触不良を確認してみましょう。 他の充電器があれば付け替えてテストしてみましょう。 また、USBハブを使用していると電圧不足で使えない場合もあるようですので、ハブを外して試してみてください。 接触不良となる原因は以下の項目になります。 こうなってしまうとストレスを感じながら充電するよりも、新しいものを買ったほうがいいですね……。 お使いのiPhoneのiOSを確認するには、『設定 > 一般 > 情報 > バージョン』で確認できます。 iPhoneはフル充電から0%になるまで約500回使用すると、80%までしか充電できなくなり、その後はどんどんバッテリーが劣化していきます。 普段は気にしないようなことでも、こういったトラブルは発生するみたいですね。 こうなってしまった場合はバッテリーの交換をするか、長年使っているのであれば、機種変更など視野に入れてみてもいいでしょう。 ・別のデバイスで試してみる お持ちの充電器に対応している他のデバイスがあれば、付け替えて正しく作動するか確認してみましょう。 iPhoneの充電口が汚れている 充電口が汚れていたりホコリが付いている場合、接触が悪くなり充電ができなくなって表示される場合があります。 こういった場合に掃除をしたくなるものですが、金属部分を傷つけてしまったり、エアダスターなどで奥に飛ばしてしまう可能性があります。 またエアダスターを使う除去はAppleが非推奨としている方法となっているので、もしこれを試す場合は自己責任でお願い致します。 まとめ 以上、このアクセサリーは使用できませんを解決する方法のご紹介でした。 私も現在このトラブルに悩まされているのですが、原因は間違いなく「接触不良」とわかっています。 ですが、なかなかこういった周辺機器を購入するのも億劫な感じで、足が向かわないなんてときもありますよね。 Amazon使えばいい話なのですが……(笑) ですが、現在使用しているiPhoneがもうすぐ3年目に突入するので、バッテリーのほうも不安な状態ではあるので、そろそろ機種変更なども視野に入れていきたいと思います。 この記事がお役に立てたのであれば幸いです。

次の

対処法:iPhone「このアクセサリが使用できない可能性があります。」

このアクセサリは使用できない可能性があります

Contents• 充電が付いたり消えたりを繰り返す 充電が付いたり消えたりを繰り返す、または充電ができなくなったけれどもケーブルの角度を変えたりすると充電できることがある場合は 充電ケーブルが断線している可能性が高いです。 買い替えましょう。 2019年5月中順より、セブンイレブンにてApple純正アクセサリーが販売開始されましたので、純正ケーブルをお求めで緊急の場合はセブンイレブンを探してみましょう。 普段使用の充電ケーブル以外にも予備のケーブルを一つ用意しておくと、緊急の場合や、外出や外泊用と分けて使うこともできますしおすすめです。 充電ケーブル、すぐ断線しますし。 ロック画面中に充電ができない 電源アダプタではなく、 USBアクセサリ、Mac、Windows パソコンとiPhoneやiPadを接続して充電している場合はロック解除をしなければ認識されない場合があります。 パスコードを設定してある場合は、ロックを解除してから接続してみてください。 以下、Apple サポートからの引用です。 iOS 11. 1 以降では、USB アクセサリ、Mac、Windows パソコンを iPhone、iPad、iPod touch に接続するときに、まず iOS デバイスのロックを解除してからでないと USB アクセサリやコンピュータが認識されない 接続されない ことがあります。 いったん接続されれば、その後 iOS デバイスがロックされても接続は解除されません。 充電が途中で止まってしまう こちらも「 ロック画面中に充電ができない」場合と似ていますが、 USBアクセサリ、Mac、Windows パソコンとiPhoneやiPadを接続して充電している場合に頻繁に起きる症状です。 以下、Apple サポートからの引用です。 パスコードを設定してある iOS デバイスをまず先にロック解除しなかった場合や、iOS デバイスのロックを解除してから USB アクセサリに接続する作業を過去 1 時間以内に行っていない場合は、iOS デバイスがアクセサリやコンピュータと通信せず、場合によっては充電もされなくなります。 「アクセサリを使用するにはデバイスのロックを解除してください」というメッセージが画面に表示される場合もあります。 要するに、iOS端末のロックを解除してから1時間操作がないとiOS端末とUSBアクセサリやコンピュータとの接続を切りますよ、ということです。 その結果、充電も途切れてしまうわけですね。 この対策として、USBアクセサリへの常時アクセスを許可する必要がありますので、その方法を説明します。 USBアクセサリへの常時アクセスを許可する方法 1「設定」から「Face IDとパスコード」を開く iPhone及びiPadの 設定から Face IDとパスコード、Face ID非搭載モデルの場合は Touch IDとパスコードをタップして開きます。 2「USBアクセサリ」を許可する Face IDとパスコードの「ロック中にアクセスを許可」の項目から USBアクセサリの設定をオンに切り替えます。 充電 ワイヤレス充電も含む が遅くなる、停止する。 ディスプレイが暗くなる、またはディスプレイに何も表示されなくなる。 携帯電話無線が低電力モードになる。 この間、電波が弱くなることがあります。 カメラのフラッシュが一時的に無効になる。 グラフィックを多用する App や機能、拡張現実対応の App や機能でパフォーマンスが低下する。 もし、端末が熱くなっている時に充電ができない場合には、すべてのアプリを終了し端末が冷めるまで時間をおいてから充電をしてみてください。 まとめ ぼくの場合、iPad Proを純正でもなくMFi認証もされていないUSBケーブルでMacに繋いでいる時に途中で充電が止まっていたので、USBアクセサリの常時許可で解決できました。 電源アダプタを使用してコンセントから直接充電している時に充電ができなくなった場合は、充電ケーブルの断線、もしくは「最適化されたバッテリー充電」機能がオンになっている可能性が高いです。 MacやWindows経由で充電している時に充電ができなかったり途中で止まる場合は、ロック解除やUSBアクセサリの常時許可をしておきましょう。

次の