お盆帰省ラッシュ 2020。 2020年お盆新幹線混雑予想!帰省・Uターンラッシュピーク予想などまるっとご紹介|ゆんぶろぐ

お盆&コロナ

お盆帰省ラッシュ 2020

2020年のお盆休みはいつからいつまでなのか• 公共交通機関、高速道路の混雑予想• 混雑や渋滞を回避する方法 お盆休みを存分に満喫するために、本記事をチェックして、早めに計画を立てておきましょう! お盆休み2020はいつからいつまで?渋滞ピークもチェック 盆入りの8月13日にご先祖様をお迎えする迎え火をたき、8月16日に送り火をたくという風習が今でも日本に残っています。 だいたいお盆休みは、この迎え火と送り火の風習にあわせて設定しているため、 8月13日から16日の4日間というのが一般的(地域によっては13日から15日の3日間)です。 この4日間に上手く土日が組み合わさると、5連休もしくは6連休となり大型の連休となりますが、さらに2016年から新たな祝日(山の日)が加わりました。 7月の「海の日」、8月に「山の日」と、海と山が出そろった感じですね。 また、お盆休みは夏の電力需要も考えて、お盆前後を休みにする会社や、福利厚生の一環で年休を推進している会社もあり、土曜日もしくは山の日スタートで、日曜日終わりの9〜11連休にすることも多いですね。 その結果、1年の休みの中でも最も長い休みとなる方も多く、海外旅行に行ったり、ゆっくり故郷で過ごすこともできます。 なので、お盆休み期間中は観光地やレジャースポット等どこに行っても人であふれていますし、高速道路や公共交通機関は激混みなんですよね。 では、2020年のお盆休みのカレンダーをみていきましょう。 2020年のお盆休みの特徴は? 8月11日の山の日、13日から16日のお盆に、土日がどう組み合わさるかで連休の長さが決まります。 早速2020年の8月カレンダーを見ていきましょう! 2020年のお盆休み お盆休みは一般的には8月13日から16日で、そこに土日がどう絡むかです。 2020年の8月のカレンダーを見てみると、10日の山の日が月曜日、お盆期間の13〜16日のうち2日間が土日とかぶってしまいました。 2020年に限ってですが、オリンピックの閉会式の翌日を祝日にするため「山の日」を11日から10日に移動することになっています。 通常期は祝日が日曜日と重なった場合のみの措置ですので注意してくださいね。 国民の祝日に関する法律 第3条2項 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。 これらを考えると2020年のお盆休みは… 8月8日(土)から10日(月)の3連休 8月13日(木)から16日(日)の4連休 分散型となるのが一般的でしょう。 会社によっては11,12日を年休取得推進日にして 9連休! という人もいると思いますが。 ちなみに観光庁からGo To Travelキャンペーンの詳細も発表されました。 7月22日以降の旅行が対象になるとのことで、こちらも気になりますね。 で詳細を紹介しているので参考にしてください。 2020年のお盆休みカレンダーをチェックしたところで、渋滞、混雑ピークをみていきましょう。 絶対に混むとわかっていても、出掛けざるえない事情もありますよね。 そんな時に、 帰省ラッシュやUターンラッシュのピークを知っていれば、スムーズに移動できて混雑を避けることができます。 ぜひお盆休み前にチェックしておきましょう! 2020年お盆休みの混雑と渋滞ピークをチェック! 2020年お盆休み期間の高速道路や公共交通機関の渋滞・混雑のピークは、分散型になるでしょう。 ただし、分散後半の休み初日8月13日に関しては、例年よりひどい混雑と渋滞が予想されます。 オリンピックの閉会式が8月9日(日)というのもあり、分散前半の高速道路は例年と比較すると空いているでしょう。 ピークの日や時間帯はしっかりチェックしておき、混雑期間や時間帯を避けるように計画を立てましょう。 といいつつ、今年はコロナの影響もあり予想が立てづらい…。 高速道路の渋滞ピーク 毎年毎年、いやになるぐらいお盆休みの高速道路は大渋滞です。 ラジオから聞こえてくる「どこどこを先頭に数十キロの渋滞です」を聞いていると、気分が滅入ってしまいます。 帰省ラッシュの渋滞ピーク 帰省ラッシュのピークは… 8月13日(木)の7:00以降 帰省ラッシュ予想 東名道 : 伊勢原バス停付近 37km 東北道 : 西那須野塩原IC 48km 中央道 : 相模湖IC 39km 関越道 : 花園IC 43km 下りのピークはお盆休み初日の13日午前中にピークを迎えるでしょう。 13日は終日混雑が予想されますが、特に 朝の7:00頃は最も混む時間帯です。 なので、もし可能であれば会社が終わってからの12日(水)の深夜3:00頃に出発した方が混雑は避けられます。 早朝5:00頃家を出ても、時すでに遅しで渋滞につかまってしまいます。 仮眠をとったり、運転者を交代するなど安全運転に十分配慮しながら、渋滞を回避しましょう! 一方でUターンラッシュはどうでしょうか。 Uターンラッシュのピーク Uターンラッシュは… 8月15日(土)17:00頃 8月16日(日)17:00頃 Uターンラッシュ予想 東名道 : 大和トンネル付近 35km 東北道 : 上河内SA付近 45km 関越道 : 高坂SA付近 40km 休みが終わる1日前の夕方と、最終日の夕方は高速道路が一番混む時間帯ですので、 15日の夕方は渋滞のピークとなるでしょう。 混雑を避けるには、午前中の早い時間帯に出発するか、やはり深夜に出発するのがおすすめです。 せっかくの休みに車中で何時間も過ごすのはもったいない。 時間帯をしっかりチェックして計画を立てましょうね。 次に公共交通機関の混雑ピークをみていきましょう。 2020年お盆休みの公共交通機関 お盆休み期間中の飛行機や新幹線などの公共交通機関は激混みです。 帰省ラッシュのピーク 帰省ラッシュの混雑ピークは、 8月13日(土)午前中 午前中の早い時間帯に帰って、帰省先でゆっくりしたいという方が多いので、どうしても ピークは連休初日の午前となります。 混雑を避けたいのであれば、夕方から夜遅い便がおすすめです。 公共交通機関の場合は、夜に移動したいという方は少ないので、夕方から夜の時間帯は狙い目ですよ。 Uターンラッシュのピーク Uターンラッシュの混雑ピークは… 8月16日(日)午前中 公共交通機関の場合は、連休の最終日16日午前中がピークになります。 車の移動と違い、運転する疲れもないことから、ギリギリまで休みを満喫したいという方が多いのでしょう。 最終日16日の午前中は避けた方が無難です。 駅や空港は大混雑なので、注意しましょうね。 また、休みの計画が決まったら、とりあえず公共交通機関のチケットはおさえておきましょうね。 まとめ 2020年のお盆休みは土日の組み合わせもいいので、3連休と4連休の分散型休みです。 2020年のお盆休みは… 8月8日(土)から10日(月)の3連休 8月13日(木)から16日(日)の4連休 盆休み前半はオリンピック開催期間中なので、高速道路や公共交通機関は、例年に比べると渋滞・混雑は緩和されるでしょう。 帰省ラッシュ下りのピークは… 高速道路:8月13日の7:00頃 公共交通:8月13日の午前中 Uターンラッシュ上りのピークは… 高速道路:8月15日、16日の17:00頃 公共交通:8月16日の午前中 休みを満喫するコツは、早め早めに計画を立てておくことです! お盆休みの計画をしっかり立てて、思う存分休みを楽しみましょうね!.

次の

お盆休みの憂鬱な帰省ラッシュにストレスピークでもイライラしない移動の知恵

お盆帰省ラッシュ 2020

新型コロナの収束まで 約1年くらいはかかるだろうと専門家は言っています。 おそらく今年のお盆もオンライン帰省をすることになるでしょう。 他県に実家がある方たちはなかなか大変なことだろうと思います。 会いたくても会えないという寂しさがそろそろ限界を迎えていますよね。 一刻も早く収束することを願うばかりです。 一方で、お盆になるといつも旦那さんの実家に帰省してる人にとっては、今年はそれがないと思うと少し気が楽になったり… 笑 お盆に親戚で集まるご家庭もあるかと思いますが、その行事が無くなることで気が楽になる方もいますよね。 ですが、両親と離れて暮らしている方は自分の実家に帰って両親の顔を見たいだろうなぁと思います。 直接会うことと、画面越しでしか会えないとでは心境もだいぶ違いますもんね。 コロナでの自粛生活がこの先いつまで続くかはなんとも言えませんが、おそらく お盆もオンライン帰省をするようにと政府が促すでしょう。 「いつになったら会いたい人達に会えるんだ」と不安に思っている方々もたくさんいると思います。 ですが、お互いの身の安全を考えるとやむを得ないことです。 今年はなるべく 公共交通機関を使わないようにと言われていますね。 先日もニュースでお客さんと電車の乗務員さんが言い合いになっていたと報道されていました。 咳ひとつしようものならものすごく白い目で見られるこのご時世なので、 電車や飛行機に乗るのも気が引けますよね。 また、 密室、密集、密閉がそろっている場所なので、交通機関を利用する際はとても不安になります。 今年のGWは早い段階で予約していた方は、キャンセル料を払いたくないがために旅行先へ行った方もいるようです。 ですが、中には 旅行のために予約した交通機関をキャンセルしている方がよく見受けられていたので、もうお盆のために予約して…ということはほぼないと思います。 お盆は祖先の霊を祀る一連の行事のことを指すので、お盆の時期になると皆さんお墓参りに行きますよね。 祖先の魂が戻ってくると言われていることもあり、お盆の時期になると親戚一同で集まったりする家庭もよくあるみたいです。 ですが、今年は人が多く集まる場所に行くことは控えなければなりません。 お盆はお墓参りをする人が多いため、墓場の方は結構な人がいると思います。 三密を守らなければならないので、新型コロナが収束してから行くべきだと思います。 不要不急の外出を除いて、なるべく外に出ない方が良いと言われています。 お墓参りはいつでも行けるはずです。 なので、新型コロナが落ち着いて、収束してから行ったほうが良いと思います。 危篤や葬式の場合、これは不要不急の外出に入るべきことだと思います。 大切な人の最期に立ち会えない悔しさや悲しさは計り知れないものでしょう。 なので、大切な人が危ない状態の時は向き合うべきであり、立ち会うべきだと思います。 また、新型コロナに感染して亡くなった方とは会うことも出来ず、ただただ遺骨だけが渡されるようですね。 実際、遺族が亡くなってその状況下にいた方は本当にやるせない思いだったことと思います。 最近はニュースを見ていると新型コロナで亡くなった方に会えるようにと対策をしているみたいですが、お見舞いに行くことも出来ず、立ち会うことも出来ず、悔しい思いがあるでしょう。 大切な人はせめて、最期まで見届けたいですよね。 2020年(令和2年)のお盆の帰省についてネットの声は? お盆休みには飛行機に乗って帰省して良いのだろうか?飛行機がダメなら車で旅行しても良いのだろうか? いつもならGWが終わった頃にお盆休みの予定を考え始めるけど今年は難しいね。 飛行機のチケット取っちゃって大丈夫かな。 自分の住んでいる県に感染者がいなくても、帰省先に感染者が多い場合があります。 逆に感染者が多い地域の人が移動をするのもとても危険な状態です。 GWと同様、 オンライン帰省をするべきではないかな、と思います。 会いたい人にすぐ会いに行けないというやるせなさはあるかもしれませんが、 お互いの身の安全のためにはやむを得ないことです。 今年は本当に「 我慢」が多い1年になりそうですね…。 だからこそ、収束したあと会いたい人たちに会えたときの喜びは何十倍も何億倍も味わうことが出来るでしょう。

次の

お盆休みの憂鬱な帰省ラッシュにストレスピークでもイライラしない移動の知恵

お盆帰省ラッシュ 2020

お盆休みを迎えて、いざ帰省をする際に各交通機関が大混雑していたら大変です。 せっかくの帰省や旅行も、大混雑によって様々な問題が起きてしまうかもしれません。 例えば、高速道路であれば長い渋滞に巻き込まれてしまった場合、なかなか進むことが出来ずに身動きが取れなくなってしまいます。 また、新幹線が大混雑していれば指定席がとれなかったりと、予定していたものに乗れないという事も起こるかもしれません。 それらの問題を避けるためには、まず帰省ラッシュの混雑のピークをしっかりと知っておく必要があります。 ここではお盆の帰省ラッシュでは、 高速道路と新幹線でどのくらい混雑するのかについてご説明します。 高速道路の場合 各高速道路では、お盆休みなどの一般的な長期休暇の際にはやはり混雑してしまいます。 混雑する日時は毎年変動しますが、基本的にはお盆休みの始めの8月10~12日が帰省ラッシュとなる場合が多いです。 その際には、中央自動車道や東北自動車道などの下りでは、 午前中がピークとなり40㎞前後の渋滞が発生しやすくなります。 特に中央自動車道では高井戸ICから相模湖IC間にかけて発生しやすく、東北自動車道では鹿沼ICから西那須野塩原IC間の混雑が多く見られるようです。 また、上りでは関越自動車道でも40㎞前後の渋滞が発生しやすくなっています。 お盆の帰省ラッシュの高速道路では、特に下りが集中する傾向にあり混雑しやすくなります。 逆に上りは分散傾向となっており、大きな渋滞はあまり目立ちません。 ちなみに目安として45㎞の渋滞ともなると、その区間を抜けるのには通常よりも1時間半前後もの時間がかかってしまいます。 新幹線の場合 こちらも混雑する日時は毎年変動しますが、基本的にはやはりお盆休みの初日である11日が混雑し、特に午前中がピークとなります。 そして、12日には混雑は分散しますがそれにより終日混み合ってしまうことが多くなります。 また、新幹線の乗車券には指定席特急券と自由席特急券がありますが、その中の指定席特急券は時期によって値段設定が異なります。 指定席特急券には繁忙期、閑散期、通常期があります。 繁忙期では通常期の値段の200円増しとなっていて、逆に閑散期は通常期よりも200円安くなります。 また、当然お盆の時期は繁忙期に入りますので値段が高くなります。 つまり、お盆の指定席特急券の値段は閑散期と比べると400円も高くなるのです。 また、自由席特急券は基本的に指定席特急券よりも520円安く、時期による値段の変動も特にありません。 お盆のUターンラッシュはどれぐらい混む? お盆の始めに帰省ラッシュが発生し混雑してしまうように、お盆の終わりにはUターンラッシュが発生します。 ここでは、Uターンラッシュの場合はどのくらい混むのか、いつ頃がピークなのかについて見ていきましょう。 前述した通りUターンラッシュでは、高速道路や新幹線ともに お盆の終盤である8月15~17日で発生しやすくなっています。 高速道路では、帰省ラッシュの時とは逆で上りが混雑し、特に夕方の17時頃がピークとなり40㎞近くの渋滞が発生するところもあります。 また、新幹線においても、東京方面へ向かう上り線が特に混み合い、15日の午後から16日の午前中にかけて、ピークとなることが多いです。 ただし、お盆のUターンラッシュの混雑する日時も毎年変動しますので注意しましょう。 お盆の帰省ラッシュはどう回避する? お盆の時期の帰省ラッシュでは毎年、各交通機関で大混雑してしまうという事がお分かりいただけたと思います。 そして、そんな帰省ラッシュの大混雑に巻き込まれてしまえば、せっかくのお盆休みに計画していた予定にも影響が出てしまうかもしれません。 やはりお盆休みを楽しく過ごすためにも、混雑はできるだけ避けたいですよね。 では、お盆の帰省ラッシュを回避するにはどういった方法があるのでしょうか? ここでは、 高速道路と新幹線の各場合での混雑の回避方法をご紹介します。 また、その他にもお盆の混雑を避ける方法をご紹介しておりますので、ぜひ合わせてご参考にして下さい。 高速道路の場合 高速道路の帰省ラッシュでは、特に午前7時頃が混雑のピークとなりますので、その時間帯や午前中は避けるのが望ましいです。 ただ、一日を無駄にしてしまわないためにも、出来る限り早く目的地に到着したいと思う方も多いのではないでしょうか。 そこで、目的地に早く到着できて混雑も避けることができるお勧めの時間帯があります。 そんな最適な時間帯とも言えるのが、 当日の深夜から早朝にかけての時間帯です。 この時間帯であれば、渋滞に巻き込まれることはほとんど無く、通常通りスムーズに移動することができるのです。 したがって、当日の深夜から早朝の間に高速道路を移動してしまうというのが、帰省ラッシュを避けるための最良の手段となります。 また、渋滞に巻き込まれてしまった際の対処法としてお勧めするものがあります。 それは、なるべく一番左の車線を走ることです。 渋滞が発生した際には、多くの人が追い越し車線に移動してしまうため、かえって一番左の車線が空く傾向にあるのです。 そして、全然進まないからと言って高速道路を降りないようにしましょう。 結局は一般道路でも混雑しているため、高速道路を走り続けた場合よりも時間がかかってしまうという事になってしまいます。 また、このように渋滞に巻き込まれてしまう前には、事前に渋滞の起こりやすいポイントなどをしっかりと確認しておくことが重要となります。 新幹線の場合 新幹線の場合においても、初日の午前中が帰省ラッシュのピークとなります。 また早朝であっても混雑することが多いため、当日では乗車券を購入するのにも時間がかかってしまい、指定席もすでに満席という事がほとんどです。 そうなってしまう前にも、以下の対策が必要となります。 出来る事ならば指定席を選び、事前に購入しておきましょう。 実は、指定席の場合はあらかじめ予約しておくことが可能なのです。 最大1ヶ月前から予約することができ、駅構内にある券売機やみどりの窓口はもちろん、インターネットでも購入することができます。 ただ、 できるだけ早いうちに購入しておかなければ、席はどんどん埋まってしまいますので注意が必要です。 また、もしかすれば指定席を取ることができずに、自由席となってしまう場合もあるかもしれません。 こうなってしまった場合には、基本的に混雑することを覚悟しなければいけません。 始発の新幹線であっても、大勢の人が並びますので座席を確保するには一本見送るか、さらに早い時間から並ぶしか方法はありません。 指定席では料金こそかかってしまいますが、確実に座席を確保することができ混雑も回避できますので、新幹線の帰省ラッシュにおいて一番の安全策と言えます。 思い切って海外旅行に行く やはりお盆の時期では、各交通機関はもちろん国内の旅行先などでも混雑しているところが多いようです。 国内でこれだけ混雑しているのならば海外旅行をしてしまえばいいのでは、と考える方もいるのではないでしょうか。 しかし実際は、お盆の時期であればなおさら海外旅行をする人も多いのです。 そのため、当日の空港ではやはり混雑してしまいます。 また、人気の旅行先であれば航空費が高くなってしまうので、 早めに予約しておく必要があります。 もちろん、中には旅行費が比較的安く混雑もしていない所もありますので、お盆の時期でものんびりと過ごす事ができます。 お盆にオススメの海外旅行先 定番の海外旅行先といえば、ハワイやグアムを思い浮かべるという人は多いのではないでしょうか。 お盆の時期は夏ですので当然、海が恋しくなりますよね。 ただ、海外旅行とはいえ人気のあるところでは、やはり混雑は避けられないようです。 ここではお盆の時期でも混雑を避けることができ、 比較的手軽に旅行を楽しむことが出来るお勧めの海外旅行先をご紹介します。 ロシア・ウラジオストク ウラジオストクはロシアの極東部の海沿いに位置するため、意外と日本とも近く直通の飛行機であれば3時間程度で行くことができるのです。 また、ロシアの領土内ではアジアとして分類されていますが、そこで見られる風情ある町並みはまさしく ヨーロッパ諸国そのものです。 ウラジオストクには美術館や博物館も多くあるので、特徴的な建物とともに観て回るのも良いかもしれません。 もちろん海を望める場所や、ルースキー島連絡橋といった有名な観光スポットも存在します。 その他にも、多くの楽しめる観光施設がありますので、ぜひ海外旅行をする際にはご検討してみてはいかがでしょうか。 マルタ島 マルタ島は地中海に位置するマルタ共和国に属する島で、その中でも一番大きな島です。 マルタ島へは直通の飛行機が無く、距離も遠いため時間はかかってしまいます。 しかし、現地に到着してしまえば様々な絶景を望むことができるのです。 島なので当然周りには海が広がっており、青く透き通った綺麗な海を一望することができます。 また、マルタ島には歴史的な建造物が数多く存在し、首都のバレッタにおいては 街全体が世界遺産に登録されています。 マルタ島では綺麗な海を満喫するのも良し、街や歴史をゆっくり観光するのも良しと、まさに穴場となっておりますのでぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。 また、上記以外にもお盆の時期にお勧めする国内外の旅行先を、下記の記事にてご紹介しておりますのでぜひご覧ください。 お盆は基本的には8月13日から15日まで。 お盆の帰省ラッシュ時は午前中が特に混雑しやすい。 お盆のUターンラッシュ時は午後が特に混雑しやすい。 お盆の帰省ラッシュを回避するには早めの行動が重要。 お盆にお勧めの海外旅行先はまだまだある。 お盆の時期では、各交通機関や旅行先などでやはり混雑してしまいます。 旅行を計画するのであれば、旅行先は慎重に決めて早めの行動をとれば、ある程度混雑を避けることはできるのです。 せっかくのお盆休みですので、ぜひ快適で良い休日を過ごしましょう。 「終活ねっと」では、下記のお盆の迎え方についての記事など他にも多数掲載しております。 ぜひそちらもご覧ください。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の