透水 性 アスファルト 舗装。 排水性舗装とはどんな舗装?水はねを防ぎ雨の日でも快適に|生活110番ニュース

透水性舗装用の合材の種類について質問です。改質1型とストレートが...

透水 性 アスファルト 舗装

近年の都市化傾向が進むにしたがい、多方面にわたりその弊害が顕著となってきています。 アスファルト舗装、コンクリート舗装それに各種建築物による地表面の遮水もその一つです。 毎年のように各地にみられる集中豪雨による河川の氾濫等々が、社会的に大きな問題となってきており、その解決は急務となっています。 もし、歩道を含めた道路の舗装が、構造的に強度を満足し、しかも透水性の優れたものであるならば、それら諸問題の解決に大きな前進となりうるものと考えられます。 そこで当社では、従来の常識を破りコンクリート舗装を透水性のものにし、なおかつ歩道、駐車場および軽交通道路の供用にも十分耐えられるポーラスコンクリート舗装「パーミアコン」の開発に成功しました。 ) パーミアコンは、交通バリアフリー法の構造に関する基準に示される「歩道は原則として透水性舗装」に適合する、高機能なポーラスコンクリート舗装です。 また、パーミアコン舗装は、ブロック系舗装の様な細かい目地凹凸もなく、平坦性に優れています。 ポーラスな舗装表面はすべりにくく、透水機能も優れているため、高齢者や車椅子利用者が雨天時での安全・快適に移動できる道づくりに役立ちます。 雨水を地中に浸透・還元するので地下水の涵養、地中の生態系の保持、樹木の発育に効果があります。 自然と共存する環境計画づくりの一助となります。 雨水を舗装体内の空隙で一時貯留しながら、徐々に地中へ浸透・蒸発散させます。 雨水のピーク流出を遅らせ、下水道や調整池等の施設への負担を軽減します。 都市型河川氾濫を防止する雨水貯留浸透施設として利用できます。 さらに地下浸透トレンチ等と組み合わせると雨水流出抑制システム(ミズトースシステム)としても利用できます。 さらに、舗装体内に保留した水分の潜熱(気化熱)により、舗装上の温度上昇を抑制します。 パーミアコン舗装は都市におけるヒートアイランド現象の抑制、雨水管理向上等の課題解決に寄与できる環境負荷軽減型の舗装です。 吸音効果もあり、より良い環境を創出します。 しかし、パーミアコンは、主な結合材がセメントであることから、一度発生すると回復不可能となる空隙つぶれはありません。 特殊条件に関してはお問い合わせください。 材料をフィニッシャーや人力により敷きならした後に、特殊プレートやパワートロウェル等でていねいに仕上げていきます。 カッターによる目地または目地材等、現場に合わせて的確な施工を行います。 メンテナンス(洗浄) パーミアコンの施工当初の透水係数は、1. しかし道路として供用しているうちに、空隙づまりで透水能力が徐々に低下することもあります。 この現象は環境条件等によって左右されますので経年数で単純に判断することはできません。 この現象への対策として、定期的なメンテナンスが効果的です。 当社では空隙づまり清掃用に特殊高圧洗浄車を開発し、長期的にパーミアコンの透水効果を維持するためのメンテナンス作業も行っています。 パーミアコンのメンテナンス(洗浄)作業用機器.

次の

【アスファルト舗装】透水性舗装の施工方法

透水 性 アスファルト 舗装

近年の都市化傾向が進むにしたがい、多方面にわたりその弊害が顕著となってきています。 アスファルト舗装、コンクリート舗装それに各種建築物による地表面の遮水もその一つです。 毎年のように各地にみられる集中豪雨による河川の氾濫等々が、社会的に大きな問題となってきており、その解決は急務となっています。 もし、歩道を含めた道路の舗装が、構造的に強度を満足し、しかも透水性の優れたものであるならば、それら諸問題の解決に大きな前進となりうるものと考えられます。 そこで当社では、従来の常識を破りコンクリート舗装を透水性のものにし、なおかつ歩道、駐車場および軽交通道路の供用にも十分耐えられるポーラスコンクリート舗装「パーミアコン」の開発に成功しました。 ) パーミアコンは、交通バリアフリー法の構造に関する基準に示される「歩道は原則として透水性舗装」に適合する、高機能なポーラスコンクリート舗装です。 また、パーミアコン舗装は、ブロック系舗装の様な細かい目地凹凸もなく、平坦性に優れています。 ポーラスな舗装表面はすべりにくく、透水機能も優れているため、高齢者や車椅子利用者が雨天時での安全・快適に移動できる道づくりに役立ちます。 雨水を地中に浸透・還元するので地下水の涵養、地中の生態系の保持、樹木の発育に効果があります。 自然と共存する環境計画づくりの一助となります。 雨水を舗装体内の空隙で一時貯留しながら、徐々に地中へ浸透・蒸発散させます。 雨水のピーク流出を遅らせ、下水道や調整池等の施設への負担を軽減します。 都市型河川氾濫を防止する雨水貯留浸透施設として利用できます。 さらに地下浸透トレンチ等と組み合わせると雨水流出抑制システム(ミズトースシステム)としても利用できます。 さらに、舗装体内に保留した水分の潜熱(気化熱)により、舗装上の温度上昇を抑制します。 パーミアコン舗装は都市におけるヒートアイランド現象の抑制、雨水管理向上等の課題解決に寄与できる環境負荷軽減型の舗装です。 吸音効果もあり、より良い環境を創出します。 しかし、パーミアコンは、主な結合材がセメントであることから、一度発生すると回復不可能となる空隙つぶれはありません。 特殊条件に関してはお問い合わせください。 材料をフィニッシャーや人力により敷きならした後に、特殊プレートやパワートロウェル等でていねいに仕上げていきます。 カッターによる目地または目地材等、現場に合わせて的確な施工を行います。 メンテナンス(洗浄) パーミアコンの施工当初の透水係数は、1. しかし道路として供用しているうちに、空隙づまりで透水能力が徐々に低下することもあります。 この現象は環境条件等によって左右されますので経年数で単純に判断することはできません。 この現象への対策として、定期的なメンテナンスが効果的です。 当社では空隙づまり清掃用に特殊高圧洗浄車を開発し、長期的にパーミアコンの透水効果を維持するためのメンテナンス作業も行っています。 パーミアコンのメンテナンス(洗浄)作業用機器.

次の

「透水性コンクリートなら自分でできそう|DIY」|水たまり対策「DryTech ドライテック」 透水性舗装仕上材|生コンポータル

透水 性 アスファルト 舗装

施主=施工者。 生コンポータルでも初めての実績。 普段は高校の先生をなさっていて、「エクステリアを自分でやってみたい」。 実際土工事から目地レンガ設置までご自身で施工も、「土間コンは自信ない」とあれこれ探しているところに透水性コンクリート「ドライテック 」を見つけて採用。 透水性コンクリートなら自分でできそう いるんだ、こういう人。 仕事の醍醐味の中に「感動」がある。 今回の実績はまさに「感動」だ。 DIYが流行っているとはいえ、 さすがに土間コンをDIYしようという人は相当の手練れ。 というか、プロか経験者じゃなければ自宅の駐車場土間コンを自分で施工しようなんて考え付かないだろう。 普段は高校の先生でエクステリア工事業の経験もない。 それでもDIYやってみよう。 あれこれ探していたら透水性コンクリート「ドライテック 」が見つかった。 もちろん、施工指導には立ち会わさせていただきました そういえば施工指導しているのも素人「生コン工場」 考えてみれば施工指導している僕たちも、 「施工の素人」 ただ、15年の経験があるだけで中身は「生コン工場」 コテなんか普段持たないししきならしなんかやらない。 そんな僕たちが見学会や施工指導をやっているのだ。 つまり、 素人でも施工ができる土間コン これってスーパーすごいことのように思える。 「透水性コンクリートの本当の価値」 事業を始めた当初は、 「水を透すこと」 だと思っていた。 でも、違った。 水を透すことそのものはどうでもいいことで、 ・簡単に施工できる(30分とか) ・水はけを考えなくてもいい(その要因として水を透す) ・クレームが起きづらい(ひび割れや色むらが目立たない) その機能が持つ結果(経験)が本当の価値だった。 本当に土間コンの常識を変えられる気がしている 今回の実績でも改めて実感した。 この土間コン、凄い。 知れば知るほど、本当の価値がわかってくる。 言葉は悪いが、 「素人さんでも綺麗に施工できる」 ってことはその普及力のすごさを物語っている。 プロが施工したらさらにすばらしいものになる ということの証左だからだ。 生コンでいいこと。 本来はお施主さんではなくて、 普段生コンに接しているなまこんユーザーにお届けしたい。 そのためには、まず自分たちがその価値を理解すること。 見極めること。 その意味で、今回DIYで施工された透水性コンクリートの実績は意義深い。 生コンでいいこと。 宮本充也 気になるキーワードをクリックしてください•

次の