カワウソ ペット 餌。 カワウソは、実は絶滅寸前の希少動物!カワウソの生態や現状について

カワウソをペットとして飼える?購入価格や餌代、性格を踏まえた注意点は?

カワウソ ペット 餌

カワウソの飼い方を知る以前にカワウソを購入できないと何も始まりません。 という訳で、カワウソを購入するために必要な金額がいくらぐらいなのかということなんですが、最低でも 100万円以上は必要になってくるかと思います。 (100万円以上でも飛ぶように売れているのでもっと高くなる可能性も) 少し前はもうちょっと安かったのですが、カワウソブームに火が付いた事と入手が困難な状況( 繁殖の難しさや 輸出規制などが理由)なので値段が高騰しています。 それに、国内における個体数自体が少ないのでカワウソを取り扱っているペットショップでも『 売約済み』だったり『 予約受付中』だったりと購入すること自体が難しい状況にあります。 カワウソを購入するには、 ・100万円以上の資金が必要 ・販売されるまで根気強く待つ まずこの2つが大きな壁として立ちはだかっているという訳ですね。 ペットとしてポピュラーな犬・猫みたいに気軽に購入するのはちょっと難しいようです。 もともと水辺に生息しているので 魚やカニ、エビ、貝類などを好んで食べます。 ただペットとして飼う場合はそういった物を餌として与えていると餌代が大変なことになってくるので、 キャットフードや フェレットフードをメインに与えて、たまに魚や貝などの魚介類を与えるのが主流のようですね。 ちなみにプールなどの水たまりに生きた餌(ドジョウやザリガニ・カエルなど)を放ってカワウソに狩りをさせてあげれば ストレス発散にもつながるので、そういった環境があれば積極的にしてあげた方がいいかもしれませんね。 ある程度大きくなってから飼った場合は懐かない事もありますが、小さい頃から育てれば基本的に懐いてくれます。 ちなみに、愛情たっぷりに育てた過ぎたのでご主人様からくっついて離れなくなった甘えん坊のカワウソも中にはいるみたいですね。 中には餌を食べる時に人間みたいに座って食べるカワウソもいるみたいですね。 性格やしつけの面に関しては 犬や猫とほとんど変わらないと考えてよさそうです。 カワウソの愛くるしい表情や仕草にハートを射抜かれてしまった人も数多くいると思います。 しかし、画面越しでは伝わってこないものもありますよね。 それはカワウソの『 臭い』です。 カワウソには肛門嚢と呼ばれる臭腺があって嫌な事があったりするとそこから分泌物を放ちますが、これが結構臭います。 体を洗ってあげることで多少は臭いが軽減されますが、 臭いが気になる人はペットとして飼うのは難しいかもしれませんね。 ちなみに、カワウソは高齢になってくると肛門嚢の排泄機能が衰えてしまい、肛門嚢に分泌物が溜まってしまうこともあるそうです。 溜まってしまった分泌物からは魚が腐ったような凄まじい臭いを放つこともあるのだとか… 動物病院に行けば分泌物の除去をしてもらえるので、ペットとして飼う際はカワウソを診てもらえる動物病院を必ず探しておく必要がありそうですね。 甲高い鳴き声が気になる人はペットとして飼うのは難しいでしょうし、鳴き声が気にならないという人でも 近所迷惑のことを考える必要があります。 ちなみにカワウソの鳴き声は壁越しでも聞こえるようで、実際にカワウソを飼っている方の話では、 鳴き声に関しては、大きな声というのは滅多に出さないのですが、出したときは家の外にいてもうっすら聞こえてしまいます… 引用元: とのこと。 一軒家であればあまり気にしなくても良いとは思いますが、マンションなどの集合住宅で飼育する際は 防音対策などをしておかないと苦情がくるかもしれませんね。 しかし、そうは言ってもやっぱりカワイイのがカワウソなんですよね。 飼育する環境によって異なりますが、短い場合だと 7年、長い場合だと稀に 20年生きるカワウソもいます。 飼育する環境や病気などによって寿命が変わってきますので、カワウソにとって快適な環境を作ることが出来ればカワウソと長く一緒にいる事ができるようになります。 より長くカワウソと暮らすためには… ・毎日の水浴びは必須 カワウソはもともと水辺で生きる動物なので毎日の水浴びは必須になります。 一日に一回は水浴びをさせないとストレスが溜まってしまい寿命が縮んでしまう可能性があるので、毎日の水浴びはしっかりさせましょう。 ・カワウソの診断が出来る動物病院を調べる 国内では珍しい動物になるのでカワウソを診てもらえる動物病院は限られています。 ストレスなどで体調を崩しやすいので、もし飼う事になった場合は近くに診てもらえる動物病院があるか事前に確認が必要です。 広いプールなどがあれば散歩に行かなくても問題はないのですが、無ければ散歩に連れて行くのもストレス発散の1つの手段になります。

次の

「カワウソを飼いたい!」その前に。知ってもらいたい「カワウソのホント」を、大人気カワウソの飼い主さん...|テレ東プラス

カワウソ ペット 餌

そもそもカワウソって? カワウソが可愛いのは分かりますが、そもそもどんな動物かは分かりませんよね! カワウソとは、ネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳動物になります。 南極、オーストラリア、ニュージーランドを除く、世界全域の水辺や海上で生息しているそうです。 主に東南アジアに生息しているようですが、現在絶滅危惧種に指定されているのでペットとしれ流通しているのは国内で繁殖されたものだけのようです。 体長41〜64cm。 尾長25〜35cm。 体重2.7〜5.4kg。 え、結構大きいですね(笑) 最小って猫くらいかと思ったのですが、猫の重さで胴長ってイメージですかね(笑) また性格は、• 人懐っこい• 頭がいい• トイレや芸も覚える• 夜行性ではないので夜が騒がしくない と言われ、犬に匹敵するペットと言えるそうです。 体臭がする• 毎日水浴びが必要• 温度管理が大変?• また触れることで臭いがうつったりするそうなので、まず臭いを確かめる必要があると言えるでしょう。 そして2の、 毎日の水浴びも必要になります。 水浴びをさせないとストレスになるそうなので、臭いを和らげるためにも水浴びし、軽く洗ってあげると良いかもしれませんね! 3ですが、もともと暖かい地域の動物になるので 冬の寒さは厳禁になります。 温度管理のために光熱費が上がるのを念頭に入れておきましょう! 4は カワウソの専門として診てもらえる病院が少ない可能性があるということです。 飼うことを検討している方は、最寄りの病院にかかれるのかのチェックは必要になります。 一時期CMにチワワが出演した時もチワワが大人気になり、CMに出ていた同じ真っ白のチワワはかなりの高額で売られていました。 安く手に入れる方法はショップから購入よりもブリーダーから購入が少し安く手に入ると思います。 コツメカワウソは、絶滅の恐れがある種とされ、 ワシントン条約で輸出許可が必要な動物に指定されています。 また国内の繁殖は動物園でないと難しく、もし『国内ブリード』であれば、 動物園からの販売許可証があるはずです。 正規ルートを通過するコツメカワウソの首元には、マイクロチップを埋め込んで管理され、寄生虫予防の投薬などを済ませてから輸出されています。 人気で話題になっていますが、購入の際には• しっかり飼う準備ができている事• 最後まで飼う覚悟がある事• 購入の際には正規ルートで販売しているカワウソかどうかの確認をする事 が大事です。 カワウソはタイでは激安で売っている? 日本では100万以上になっているカワウソの値段ですが、今年女子大学生がカワウソの密輸を行なったとして逮捕されました。 女子大学生は売られているのが可哀想だったからと話していましたが、転売目的では?と言われています >人<; 密輸されていたカワウソは 10匹でなんと33,000円なんだそうです。 1匹3,300円。 人気急上昇のカワウソは輸入販売がなく、国内繁殖のみなので稀少で値段が高騰している。 犬に匹敵する飼いやすさだが、臭いがきつく飼うには覚悟が必要。 日本での値段は60万円以上だったが、現在は100万円以上になってきている。 タイでは1匹3,300円で市場に売られている。

次の

カワウソをペットとして飼える?購入価格や餌代、性格を踏まえた注意点は?

カワウソ ペット 餌

あなたはカワウソを見たことがありますか?実物で見たことはないとしても、名前は聞いたことあるとか、姿のイメージがつく方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。 どことなく可愛さみたいなものを感じますよね。 カワウソは、南半球の一部 オーストラリアなど を除く 世界の広範囲に生息しています。 一方で、日本に住んでいたニホンカワウソは 乱獲や 開発などが原因となり、2012年に絶滅が宣言されてしまいました。 ニホンカワウソを県獣としている愛媛県では絶滅危惧種のまま扱われているようです。 ちなみに ネコの仲間です。 ネコ目イタチ科カワウソ亜科、と分類されていきます。 このようなカワウソですが、ペットとして飼うことは可能なのでしょうか?一度飼ってみたい、と動物好きの方なら思うのではないでしょうか。 その一方で多くの人は無理だろうと予想すると思います。 実際になかなか難しいのが実情のようです。 まずなにより個人が容易に出せる値段ではなく、当たり前ですが手間も結構必要です。 今回はそのカワウソのペットとしての一面を見ていこうと思います。 ペットとして飼えるカワウソの種類 当たり前の話ですが、ニホンカワウソなんかが出回っているわけではありません。 カワウソにはいくつか種類がありますが、ペットとして飼うことが可能といわれるのは、 コツメカワウソというカワウソです。 この種類は東南アジアに生息していて、カワウソの中では小型な部類です。 名前の通りですが爪が短いため、扱いやすいです。 そのため 動物園や 水族館なんかでもよく飼育されており、さらにはペットとしても出回っています。 体長は60cm程度となります。 体重は4~10kg程度です。 カワウソの餌は何? カワウソは 肉食です。 自然界ではカエルや魚なんかを食べて生きています。 生き餌ばかり与えるの?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、 生魚や、フェレット用のフードなどの ドライフードでも十分餌になるようです。 そう考えると餌面では意外と苦労することはないかもしれません。 スペースはどのくらい必要? コツメカワウソは先程述べた通り60cmにもなります。 また、非常に活発な動物なので、窮屈な状態はなるべく避けてあげるほうがいいでしょう。 そのため最低でもイヌ用などのきちんとしたケージを用意してあげる必要があります。 さらにはカワウソがストレスを溜めないよう ケージから出して遊ばせてあげたり、また水浴びが好きなので 水浴びや、或いはプールに入れてやるといったことを一日一回ほど定期的にしてやらないといけません。 カワウソは懐く!? カワウソは懐きますか?といわれれば懐きます。 意外と懐きやすい動物のようです。 トイレなどを覚えさせたりするのも可能です。 懐いてくれるのはうれしい要素ですよね。 カワウソの値段はどのくらい? これがカワウソを飼う上で最大の障壁となるような部分かもしれません。 コツメカワウソの値段は 60万円以上です。 繁殖が容易でないことに加え、海外の動物で輸入規制がかかっているようです。 そのため 流通も少ないのでどうしても高くなるようです。 どこで売っているの?といってもおいている店は非常に少ないです。 インターネットなんかを探して、置いてそうなショップを探すなりするしかなさそうです。 カワウソの寿命 寿命はおよそ7年から10年ぐらいになります。

次の