ライン スマート 投資 ポイント。 LINEスマート投資(ワンコイン投資)で毎週2000ポイント稼げる!

ラインスマート投資の売却ルールの穴。95%未満でも全額解約になるケースがあった

ライン スマート 投資 ポイント

最近はスマホから簡単に申し込めて運用ができる投資サービスが次々と登場しています。 中でも国内で最大級のSNSであるLINEを通じて利用できる少額投資サービス「」は注目のサービスの一つです。 そこで、この記事ではLINEスマート投資 ワンコイン投資の主な特徴、メリット・デメリット、評判・口コミ、利用する際の注意点を詳しく解説します。 手軽に投資や資産運用をしてみたい、リスクに不安があるから少額から始めたいといった方は、参考にしてみてください。 1-1. 1-2.• 2-1. 2-2. 2-3. 2-4.• 1 LINEスマート投資 ワンコイン投資とは 運営会社名 株式会社FOLIO 本社所在地 東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4F 設立 2015年 代表取締役 甲斐 真一郎 【代表経歴】 京都大学卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社し金利デリバティブトレーディングに従事。 その後バークレイズ証券に転籍しアルゴリズム・金利オプショントレーディングの責任者を兼任。 資本金 91億2万1636円(2019年3月末時点) 上場有無 非上場 運用手数料 無料キャンペーン中 (2020年5月以降、運用資産の時価評価額の3,000万円以下の部分:年率1. さらに、LINEアプリを通じて口座開設や資産状況の確認なども簡単に行えます。 LINEスマート投資 ワンコイン投資の投資対象は米国ETF(上場投資信託)です。 ノーベル賞受賞理論に基づいたアルゴリズムを活用したロボアドバイザーが米国ETFにバランスよく投資し、リスクを抑えつつ、資産運用のポートフォリオ(=資産・商品の組み合わせ)を作成してくれます。 LINE Financialはユーザーとフォリオとの投資一任契約締結の媒介を行う立場となるため、ユーザーの契約相手はフォリオになります。 なお、LINE証券株式会社が運営する「」は、LINEスマート投資とは別のサービスになります。 LINE証券は、LINEアプリで1株数百円から企業の株式を買うことができ、平日21時まで取引可能、LINEポイントを投資に利用することも可能です。 また、投資信託を手数料無料で100円から購入することもできます。 LINE証券をお探しの場合は、下記サイトから詳細をご確認下さい。 LINEポイント利用可能、株は1株数百円、投資信託は100円から「LINE証券」 1-1 LINEスマート投資 ワンコイン投資のメリット LINEスマート投資 ワンコイン投資の主なメリットを見ていきます。 毎週500円から積み立てられる 毎週の積立額は500円から100,000円までで、500円単位で積み立てられます。 リスクを抑えつつ簡単に投資できる LINEスマート投資 ワンコイン投資の投資対象は米国のNYSE(ニューヨーク証券取引所)またはNASDAQに上場しているETFであり、その中から選別して分散投資が行われるため、リスクを考慮した運用が期待できます。 また、ユーザーに代わって、対象資産のポートフォリオの設計・リバランスから商品の売買まで行ってくれるため、ユーザー側でどの銘柄をどう分析して選ぶか、いつ売却したらよいか、リスクをどうコントロールしたらよいか、などについて考えなくて済むメリットがあり、運用をすべて任せることができるため簡単です。 口座開設も簡単 LINEアプリで口座開設の手続きが簡単にでき、保有資産状況なども直ぐに確認できます。 LINEスマート投資 ワンコイン投資は証券会社FOLIOとの連携サービスになるため、まずは、フォリオの口座を開設する必要があります。 なお、フォリオで口座開設を申し込むにはマイナンバーカードと本人確認書類が必要になるので、事前に用意しておくと良いでしょう。 申し込みが完了すると、「ウェルカムレター」が簡易書留郵便で送られてくるので、レターを開封し、記載された番号を入力すれば口座開設手続きは完了となります。 あとは、LINE Payに銀行口座を登録し、入金すればLINEスマート投資 ワンコイン投資を始められます(登録のない方は「規約」に同意すれば登録できます)。 積立額の支払いはLINE Pay等による自動引落しになるため、その都度振込口座へ入金するような手間もかからず、気軽に投資を続けられます。 2020年4月30日まで手数料が無料 LINEスマート投資 ワンコイン投資の利用には運用手数料がかかりますが、2020年4月30日まで手数料は無料となります。 通常、LINEスマート投資 ワンコイン投資の運用手数料は預かり資産の1%(年率・税抜)、運用額が3,000万円を超える部分は、0. 5%(年率・税抜)ですが、2020年4月30日までは手数料の無料期間となっています。 特にこれまで投資をしたことが無かった方は、手数料無料の期間を利用してLINEスマート投資 ワンコイン投資をお試しで始めてみるのも良いでしょう。 積立額引落の際にLINE Payボーナスが付く LINEスマート投資 ワンコイン投資で引落される積立額に対しては、「LINE Payマイカラープログラム」が適用されます。 マイカラープログラムとは、LINE Payのサービスを多く利用しているユーザーに特典を付与するプログラムであり、LINE Payボーナスはマイカラーなどで付与されるLINE Pay専用のポイントになります。 ポイント付与率は利用金額により異なります。 LINEスマート投資 ワンコイン投資の積立額を最初に決めれば、あとの投資資金はLINE Payから自動引落で処理されるため、入金の手間はかかりません。 支払い方法は、LINE Payまたは連携銀行口座が利用できます。 1-2 LINEスマート投資 ワンコイン投資のデメリット LINEスマート投資 ワンコイン投資で注意したいデメリットには次のものがあります。 元本保証が無い LINEスマート投資 ワンコイン投資の投資対象は価格変動のあるETFとなるため、元本保証はなく、利益を得られず投資元本を割る可能性もあります。 スマート投資の投資対象には、低リスクな債券がやや多めですが、株式など値動きが大きいものも少なくありません。 また、ロボアドバイザーが世界の各市場の状況などをモニタリングしてポートフォリオのリバランスを適宜実施しますが、リスクを完全に回避するものではありません。 このように安全性を重視するスマート投資でも、金融市場によっては成果がマイナスになる可能性があることも認識しておく必要があります。 運用の自由度が低い LINEスマート投資 ワンコイン投資ではポートフォリオの設計・リバランスや商品の選定・売買が自動で行われるため、ユーザー側で自由に選べるわけではありません。 LINEスマート投資 ワンコイン投資は、投資の知識や経験が浅い方などにとっては、権威のある運用理論等に基づいた運用方法に頼れるので利用しやすいというメリットがあります。 一方、投資経験が豊富な方にとっては、自分で考えて運用することができない点が、デメリットになる場合もあるでしょう。 投資の取り組み方は人それぞれですが、資産を増やすだけでなく、投資対象、経済及び市場の環境、売買のタイミングなどの分析・評価を楽しむという方法もあります。 このように主体的に投資を楽しみたい方はスマート投資に物足りなさを感じることもあるでしょう。 無料期間が過ぎた後は運用手数料がかかる LINEスマート投資 ワンコイン投資の無料期間が過ぎると運用手数料を支払うことになることも留意しておきましょう。 なお、LINEスマート投資 ワンコイン投資では次のような手数料が発生します。 運用手数料は預かり資産の1%(現金部分を除く、年率・税別)• 月額の運用手数料が100円(税抜)に満たない場合、月額100円が発生• 運用額が3000万円を超える部分は、0. 5%(年率・税抜)の割引料率が適用 LINEユーザーのみが対象 LINEスマート投資 ワンコイン投資を始めるには、LINEアプリ上で口座開設の手続や投資内容の設定・確認等を行うことになるため、LINEユーザーであることが前提条件になります。 そのため、LINEユーザーでない方は、LINEのユーザー登録から始めなければなりません。 なお、登録手続き自体は手間も少なく、簡単です。 これまでSNSツールとしてのLINEに興味のなかった方も、LINEスマート投資 ワンコイン投資を機に検討してみると良いでしょう。 2 LINEスマート投資 ワンコイン投資を利用する際の注意点 LINEスマート投資 ワンコイン投資をする上で知っておきたいポイントもご紹介しておきます。 2-1 投資額の積立周期 積立投資で積み立てるタイミングとして多いのは「毎月」ですが、LINEスマート投資 ワンコイン投資の投資資金の積立周期は「毎週」になります。 そのため、毎週の積立額を大きくすると月単位の引落額が高額になる場合もあります。 積立金額によってはLINE Payの残高あるいはLINE Payと連携している銀行口座の残高が不足するケースも考えられるため、残高管理には注意が必要です。 2-2 少額積立・少額運用の手数料負担 2020年4月30日以降は、月額の運用手数料が100円に満たない場合、最低でも月額100円の手数料がかかる点には注意が必要です。 例えば、最小投資額となる毎週500円を積立額とした場合、月の預かり資産額は2,000円~2,500円になります。 しかしこの場合、月額の運用手数料は100円未満となるため、手数料として月額100円が発生することになり、初月の手数料割合は4~5%になります。 つまり、運用手数料を規定の1%以内に抑えるためには、最低でも月額1万円の預かり資産が必要になります。 2020年4月30日までは手数料が無料となりますので、2019年12月~2020年1月までに開始すれば手数料が有料となる前に1万円を積み立てることができますので、手数料が気になる方は早めに開始をされておくと良いでしょう。 少額投資においては、運用額が少ないと運用手数料が割高になることもあるため、その点も考慮して積立額を検討すると良いでしょう。 2-3 為替リスク LINEスマート投資 ワンコイン投資では米国ETFへ投資するため、分配金の受け取りではドルを円に交換する必要があります。 そのため為替変動の影響を受ける可能性があります。 ドル・円の為替市場が円高に振れれば受け取る円の量が少なくなるので為替差損が発生し、逆に円安に振れれば受け取る円の量が多くなるので為替差益が発生します。 世界の金融市場や経済状況は常に変動しているため、スマート投資では為替リスクが伴うことも留意しておきましょう。 2-4 LINE Pay残高が足りていても引落しできない場合 LINE Payボーナスは、キャンペーンやワンコイン投資の積立額などで付与されるLINE Pay専用のポイントですが、LINEスマート投資 ワンコイン投資の対象外となっています。 そのため、LINE Pay残高でワンコイン投資の引落しを行う場合、LINE Payボーナスを含んだ残高が引落し額以上でも、引落しできないことがあります。 LINE Payボーナスを除いたLINE Pay残高が、引落し金額以上あることを確認し、不足する場合はチャージするようにしましょう。 3 LINEスマート投資 ワンコイン投資の評判・口コミは? SNSなどをはじめとしたLINEスマート投資 ワンコイン投資の口コミ・評判について、利用者の反応をいくつか紹介します。 サービスの詳細はでご確認下さい。 4 まとめ LINEスマート投資 ワンコイン投資は、毎週500円からの積立投資が可能で運用もすべて一任できるため、投資の知識が少ない方でも簡単に投資できるのが特徴です。 さらに2020年4月30日までは手数料が無料となっており、お試しで投資を経験した方に向いています。 一方で、為替リスクがある点や元本保証がない点、手数料無料のキャンペーン期間後は年率0. LINEスマート投資 ワンコイン投資を始める際は、メリットとデメリットの両面をよく吟味して判断するようにしましょう。

次の

LINEスマート投資とは?ラインで投資ができる!【口座開設方法・使い方】

ライン スマート 投資 ポイント

どうも。 5600万円ほどを資産運用に回してるタクスズキです。 LINEスマート投資を始めたので、運用での利益や使ってみた感想をまとめておきます。 「」や 「テーマ株投資」の成績が気になってる人は参考にしてください。 (コロナショック後もしっかりプラス!) 以下、 でのこれまでの成績推移。 ノーベル賞を受賞した「信頼できる理論」をもとにロボが自動で投資先を選んでくれて、理想的な投資が誰でもカンタンにできるのです。 これは投資の未経験者にとって、かなりありがたいですよね。 ・500円から少額で始められる ・ 知識がなくとも、ロボに理想的な運用をしてもらえる(ほったらかしでOK) ・投資未経験でも このように、 は 楽に簡単に資産を増やしたい人に向いてます。 「毎週2000円分のポイントがもらえる」は終了 なお、2020年4月末までは「LINEポイント分で確実に貯金の2000倍増やせる」というメリットもありましたが、これは終了しました。 ちなみに、その仕組みは以下の通り。 とは言っても、ほったらかし運用で資産を増やせてるので、今もLINEワンコイン投資は続けています。 月2万円くらいの不労所得。 今だと、キャンペーンで最大13万円ほどのキャッシュバックもやってます。 — タクスズキ 働かず投資で生活 分配金、配当などの実績・収入は固定ツイート、プロフィールに載せてます TwinTKchan LINE投資を始めた人たちの感想 ぼくが儲かってるLINE投資は、他の人も始めてます。 タクスズキさんのブログを見て私もはじめてみた。 少額でも増えててすごく嬉しい😆 — 浅見さん 在宅ワークに移行中 NsNfRIGtDS5xlWZ このように 増えてる人もいるので、興味がある人はまず無料登録だけして、準備しておくといいですよ。 まず無料で準備する >> ワンコイン投資ユーザーの6割が初心者 あと、ワンコイン投資のユーザーの6割が初めて投資をした人です。 以下、ユーザーの感想や始めた動機。 500円とハードルが低いのがウケてますね。 >> ( LINEワンコイン投資で増える額の試算) LINE投資で損するリスクもあり 2020年6月時点、利益が出ていますが、コロナの影響が一番やばかった3月中盤〜4月前半は成績マイナスでした。 このように、LINEワンコイン投資ではを抱えることがあります。 (です) なので、こういった含み損が嫌な人には 値動きでの損がない投資「」をおすすめします。 (待ってればまた株価が上がるはずだから) 実際、 ぼくは待ってるだけで成績が回復し、また利益が出ています。 なので、。 (中期〜長期投資では「成績をマメに見ない」というのが大切です) コロナショック関係なく利益が出てる投資 以下、コロナの影響を受けず、 安定して稼げてる「」です。 トライオートFX、寝てる間も利益出てました。 — タクスズキ 働かず投資で生活 分配金、配当などの実績・収入は固定ツイート、プロフィールに載せてます TwinTKchan デメリット「手数料がかかるようになった」 あと、2020年5月からは手数料がかかるのもデメリットになりました。 こういった「完全ほったらかしでOK」のサービスでは、運用をお願いする代わりに手数料を払うことになるのですが、 2020年の4月末までは手数料が0円でした。 (これから株価が上がるかも確定してないですし) そういった人向けに結論を書いておくと、「手数料を引かれるのが嫌ならをやるのもあり」という感じです。 さっきも紹介したように、 手数料ゼロで値動きで損しない投資として「」があります。 トライオートFX、今日も利益出た。 (長期投資で老後資金を用意したいなら、 はやった方がいいです) LINE投資のデメリットまとめ 他だと、LINEワンコイン投資には以下のデメリットがあります。 その分、運用で増えればいいわけですが、 含み損を抱えてる場合は利益がない状態でも手数料を支払うことになり、損した気持ちになります。 なので、こういった点も理解した上で運用するか決めましょう。 運用先の自由度が低い LINE投資ではETFという商品を購入し、自分で投資先を選べません。 しかし、投資の経験がある人であれば、個別でETFを買うことでコストを安くできますし、そもそもETF以外の投資も選べます。 たとえば、個別株や、などに投資すれば ETFよりも増やせるかもしれません。 上がっても下がっても利益をとれるように設定してます。 — タクスズキ 働かず投資で生活 分配金、配当などの実績・収入は固定ツイート、プロフィールに載せてます TwinTKchan なので、運用先が限られてを 失う可能性があることも理解しておきましょう。 これは他のロボ投資「ウェルスナビ」でも体験したこと。 >> なので、こういった点を理解し、十分利益があるときに売却しましょう。 とは言っても、多くの人がすでにLINEを使ってるかと思いますので、これはそれほど気にしなくていいですね。 株式会社FOLIOが運営しており、FOLIOはLINE社と業務提携してる会社です。 なので、LINE証券に興味がある人は以下の記事を読んでください。 (株を無料でもらえます) 【株式会社FOLIOのデータ】 ・設立:2015年12月10日 ・資本金:91億2万1636円 ・オフィスの住所:東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4F >> 2019年からの成績推移まとめ では、これまでの成績の変化も紹介します。 2019年9月4日時点の成績は、-0. この後、以下のようにプラスになりました。 【2020年6月6日の追記】コロナショック後で一時、成績が悪くなりましたが、 しっかり回復しました。 他の人の実績も知る >> コロナショック関係なく利益が出てる投資 以下、コロナの影響を受けず、 安定して稼げてる「」です。 上がっても下がっても利益をとれるように設定してます。 — タクスズキ 働かず投資で生活 分配金、配当などの実績・収入は固定ツイート、プロフィールに載せてます TwinTKchan NEW!「旅行資金」など目標を作って貯められる 最近、 「旅行資金」「子育て」「習いごと用」などと目標を決めて500円から積立できるようになりました。 このように、LINEでついで投資できるのはやはり気軽ですし、 シミュレーションも無料登録後、カンタンにできます。 さらに、 積み立てたお金はいつでも引き出せるので、まずは月500円から始めてみてはいかがでしょうか? まず無料で準備する >> LINEワンコイン投資が儲かるか評価 ちなみに、ワンコイン投資で買ってる商品は。 LINEワンコイン投資では、以下の比率でETFが自動購入されます! ・株式:33. 利益はブログに追記していきます そして、以下のように淡々と積立してます。 LINEワンコイン投資の積立完了。 9月から毎週積立になり、今月は積立分だけで3万円ほど達成。 (元本保証はないですが、いい商品を買ってるし資産比率もリスク低めになってます) 実際、以下の通りしっかり儲かってます。 まず無料で準備する >> LINEワンコイン投資での売却方法 LINEワンコイン投資では、成績をチェックできるページの下部から売却できます。 売却可能額は1000円からで、希望する額を入力し売却すればOK。 ただ、出金時は300円の手数料がかかります。 なので、その後に確定申告はいりません。 しかし、特定口座(源泉徴収なし)や一般口座だと税金が引かれておらず、確定申告を自分でする必要があります。 未成年は口座を作れる? LINEワンコイン投資ができるのは、20歳以上75歳未満の方。 口座開設では、現に日本に居住しマイナンバー(個人番号)が発行されている必要があり、 国外(海外)に住んでる場合は口座を開設することができません。 >> >> 積み立てはいつでも停止できる なお、積立金額の変更は、自分のタイミングでいつでも可能です。 マイページ上の「現在の設定」から設定の変更を行えます。 積立金額を引き落としできなかった場合 LINE Payの残高から引き落としする場合、引落日にLINE Payの残高が不足していたら、LINE上で残高不足のメッセージが届きます。 メッセージ内のリンク先からLINE Payのチャージ画面に遷移し、必要金額をチャージします。 すると、翌営業日に積立金額が引き落とされ、投資されます。 LINE Payに登録した銀行口座から引き落としする場合 引落日に銀行口座の残高が不足している場合、LINE上で残高不足のメッセージが届きます。 メッセージに記載の期限日までに銀行口座へ入金してください。 翌営業日に積立金額が引き落とされ、投資されます。 いずれも引き落としに3回失敗した場合、その週は投資が行われません。 また、30回連続して引き落としに失敗した場合は、積み立てが停止されます。 購入時の為替レートを覚えておくのも大事 LINEスマート投資画面の含み損益には購入時と今の為替が考慮されて、円建ての損益が表示されてます。 ドル建ての投資ではなく、購入時と売却時にレートは自動的に決まってしまうので、為替でもなるべく損しない時期に売却しましょう。 この場合も解約か継続を選択できます。 テーマ株投資もあるが、正直微妙 LINEスマート投資にはもう1つ「テーマ株投資」がありますが、ぶっちゃけ 国内株しか買えないので微妙です。 (以下、ぼくの成績) ぼくは「インダストリアルロボット」というテーマを買って 5万円ほど損してます。 (資金は10万円ほど) (「もしバフェ」というテーマに1万円投資中) テーマ株投資は損しそう ワンコイン投資は世界中の資産に分散投資でき、かなり理想的な運用ができますが、テーマ株では投資先が国内株のみ。 これはかなりリスクが高いですし、日本株は世界的に見ると微妙な資産なので、別に投資する必要はありません。 なので、 ワンコイン投資はおすすめですが、テーマ株投資はおすすめではないですね。 (5Gというテーマに1万円投資してます) 無料で口座を作る >> LINEテーマ株の感想、レビュー 以下、ぼく以外の「テーマ株投資」ユーザーの意見。 フォリオはどうなんでしょう。 私的にはテーマ株というアプローチ自体が筋の悪い投資だと思っています。 LINEから初めて来るような人が注目するテーマはすでに割高になっていると思う。 手数用が0. 5%と安いのでぼったくりテーマ株投信よりはマシだけど。 5%手数料がかかります。 クレジットカードなしで始められます。 あと、LINEアプリでやれるもので、paypayは関係ないですね。 銀行口座から資金をチャージできますし、ATMやコンビニからも資金をチャージできます。 入出金の手数料(コスト) テーマ株投資で、LINEの口座に振り込むとき手数料がかかります。 ロボアドでも全体がダメなときはダメとわかって満足。 ゼロ円の期間が終わるまで戻ってくれたらラッキーかなという感想。 — Kurupin tmomo256 テーマ株の利回りは、マイナス31パーセント >> >> >> >> テーマ株投資では1株ずつ複数買う場合も なお、LINE(ライン)のテーマ株では単元未満株を買うことになります。 >> >> >> カテゴリー• 523• 137• 151•

次の

LINEスマート投資は改悪でポイント還元対象外になり評判ガタ落ち

ライン スマート 投資 ポイント

テーマ投資 それぞれの投資方法について解説していきたいと思います。 LINEスマート投資のワンコイン投資とは? というのはメッセージアプリのLINE(ライン)を使って500円のワンコインから資産運用が行えるサービスです。 投資初心者の方におすすめなのはこの「ワンコイン投資」です。 サービス自体は という証券会社が提供しています。 投資未経験者でも投資を経験してもらうにはどうしたらいいのかを考えた結果、• 500円という少額からの積立投資• 誰もが使っているLINEというプラットフォームで• 積立金額を決めるだけという単純操作 といった簡単に資産運用が始められる のサービスをリリースしたそうです。 目標金額を設定して、毎週の積立金額を設定すれば、それだけで投資がスタートできます。 難しいことを考えなくても自動で投資できるのは、投資初心者の方にぴったりですよ。 ちなみに投資内容は、株式よりも安定して推移すると期待される債券の割合を増やし 比較的リスクを抑えた運用を目指す手法を採用しています。 そのため株式100%のものよりは、値動きがゆるやかになるので、投資に慣れていない方にもおすすめです。 またワンコイン投資は出金したいと思えば4営業日あれば出金完了となりますので、気軽に引き出すことも可能です。 とりあえず に預けておいて、必要となったら売却・出金して使うという方法でもいいと思います。 LINEスマート投資のテーマ投資とは? テーマ投資は、「アンチエイジング」「ドローン」「インテリア」「コスプレ」などテーマを選んで投資をします。 テーマ投資型オンライン証券会社であるフォリオが提供する次世代型投資サービスを基盤としているので、フォリオと同じです。 LINEスマート投資で選んだテーマは日本の企業10社にちょっとづつ投資されます。 10社に分散投資されるので、リスクも低くなり、初心者にもぴったりですね。 LINEスマート投資では、口座開設は必要ですが、ラインのプラットフォームを利用するため、他の証券会社よりは簡単に直感的にできるようになっています。 ただ、マイナンバー記載カードと本人確認書類をアップロードする作業は必要となりますが、スマホで撮るだけなので簡単ですよ。 LINEスマート投資では、だいたい 1万円前後から投資を始められます。 LINEスマート投資の始め方 LINEスマート投資の始め方は以下の通り フォリオで口座開設している場合は、LINEスマート投資で口座開設する必要はなく、フォリオのアカウントでログインできます。 LINEスマート投資で別途口座開設はできません。 「口座開設手続きへ」のボタンの下に「FOLIOアカウントをお持ちの方はこちら」というテキストリンクがありますので、そちらからログインしましょう! 2. LINEスマート投資からウェルカムレターを受け取る 手続きが終わりましたら、登録した住所に からウェルカムレターが簡易書留で届きます。 LINEスマート投資のウェルカムレターは通常2〜3日で届きますので、そんなに時間はかかりません。 レターが届きましたら開封し、口座開設を完了させましょう。 LINEスマート投資の口座に入金する の口座に入金します。 LINEスマート投資の入金方法は以下の2つの方法があります。 リアルタイム入金• 銀行振込 LINEスマート投資のリアルタイム入金の場合 のリアルタイム入金は入金指示をするとすぐに購入可能額に反映されます。 しかし銀行が限られていまして、LINEスマート投資でリアルタイム入金が利用できるのは以下の銀行だけになります。 みずほ銀行• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• イオン銀行• ジャパンネット銀行 LINEスマート投資のリアルタイム入金ですと、振込手数料は無料のため、 上記の5つの銀行に口座を持っている方はリアルタイム入金を利用したほうがお得です。 LINEスマート投資で銀行振込の場合 へ銀行振込で入金する場合は、普通の銀行振込と方法は同じです。 振込手数料もかかります。 振込先の銀行口座の情報は、LINEスマート投資の入金ベージから「銀行振込で入金」のタブをタップすると書かれていますので、その口座に入金しましょう。 LINEスマート投資での投資のやり方 の口座にお金を入金したら、さっそく投資を始めてみましょう! LINEスマート投資でのワンコイン投資のやり方を簡単に説明すると以下になります。 500円という少額から簡単に積立投資を始めることができる• 2020年4月30日までは運用手数料がゼロ• 運用商品の選択がいらない• モバイル上で手軽に投資ができる• ラインペイのマイカラーの還元対象 それでは1つ1つ解説していきますね。 ワンコイン投資は500円という少額から簡単に始めることができる 「ワンコイン投資」と名前の通り、ワンコインの500円から積立投資を始めることができます。 他社の自動で資産運用してくれるロボアドバイザーでも、最低投資金額は1万円という会社が多いです。 最低積立額500円/頻度週1回から積み立ててロボアドバイザーを試せるのは だけなので、少額から投資を始めてみたい人にはとてもおすすめです。 金額設定も単純です。 ワンコイン、ツーコイン、スリーコインと、500円単位でコインの数を選ぶだけです。 勝手に積立も始まりますので、とても単純な操作で資産運用を始めることができますね。 ワンコイン投資はサービスリリース日から1年間は運用手数料がゼロ 自動で国際分散投資するサービスとしてはロボアドバイザーが有名ですが、ロボアドは手数料が1%くらいと高いことがデメリットでした。 しかし では期間限定で(2019年4月25日~2020年4月30日)は運用手数料がゼロです!! 日本のロボアドバイザーの中では手数料が安いと思われるので、これは利用しない手はないと思いますよ。 色々なロボアドバイザーがでてきていますが、運用手法としてはどれも同じような手法を使っています。 そのため15年間のリターンを比べてみても、おそらくそれほどリターンはかわらないと思います。 それなら 期間限定で運用手数料が安いワンコイン投資を選んだほうが賢いと思いますよ。 ワンコイン投資は運用商銘柄選択がいらない では運用商品は1つしかありません。 個別銘柄を選ばなくていいので手間がかからなくていいですよね。 運用は、株式よりも安定して推移すると期待される債券の割合を増やし 比較的リスクを抑えた運用を目指す手法を採用しています。 リスク抑えめなので試しやすくなっているとは思います。 しかし投資に元本保証ではないので、その点は頭に入れてから始めましょう。 ワンコイン投資はモバイル上で手軽に投資ができる はメッセージアプリのLINE上で行います。 使い慣れているLINE上で資産運用を始めることができますので、資産運用をしたことがない人でも使いやすいのではないかと思います。 使い方も3ステップで完了できるくらい単純で簡単ですよ。 ワンコイン投資はラインペイのマイカラーの還元対象 前述していますが、 で投資したものもラインペイのマイカラーの還元対象となります。 自分のマイカラーにより、投資金額の0. 上記の画像は私が投資しした時のLINEウォレットの画像です。 付与予定ポイントに2,000Pと書かれているかと思います。 このように投資しただけでLINEポイントがもらえるので、非常にお得な投資サービスだと思います。 LINEスマート投資とは?LINEで資産運用しよう!のまとめ LINEで投資ができるようになって、投資への敷居が低くなりそうでとても期待しています。 今まで投資に興味がなかったけど、LINEスマート投資で投資に興味を持った!という人たちが増えてくるとうれしいですね。 LINEスマート投資では最低投資金額が1万円前後のものが多いです。 1万円も用意できないという人は、他のアプリで投資できる資産運用サービスを利用してみることもおすすめですよ。 LINEスマート投資以外にも、アプリで投資できる資産運用サービスはいっぱいあります。 色々なアプリで投資できる資産運用サービスを試してみて、自分にあったものを見つけてみてくださいね!.

次の