函館 ペット ホテル。 ペットショップ「Coo&RIKU」|全国に170店舗以上

ペット同伴で函館旅行!犬連れで函館山の夜景や朝市の海鮮丼を楽しもう

函館 ペット ホテル

すべて選択• MIX(ハーフ) 800• すべて選択• ゴールデン・レトリバー 71• ラブラドール・レトリバー 74• 秋田犬 40• アイリッシュセッター 2• グレートデン 4• コリー 2• サルーキ 1• シェパード 1• シベリアンハスキー 6• スタンダードプードル 12• セントバーナード 15• ニューファンドランド 3• バーニーズマウンテンドッグ 25• ボルゾイ 3• ロットワイラー 2• ワイマラナー 2• すべて選択• 柴犬 399• ウェルシュ・コーギー 63• ビーグル 53• アメリカン・コッカースパニエル 65• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 9• ウィペット 2• オーストラリアンシェパード 2• 甲斐犬 7• ケリーブルーテリア 1• シェットランドシープドック 45• スピッツ 25• チャウチャウ 2• バセットハウンド 3• ビアデット・コリー 5• ブルドッグ 2• ベドリントンテリア 1• ボーダーコリー 40• ワイアーフォックス・テリア 10• すべて選択• トイ・プードル 529• ミニチュア・ダックスフンド 175• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 4• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 3• チワワ(ロングコート) 640• チワワ(スムースコート) 75• イタリアングレーハウンド 30• ウエストハイランドホワイトテリア 5• カニンヘンダックスフンド 40• キャバリア 20• ケアーンテリア 2• シーズー 180• ジャックラッセルテリア 54• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 1• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• 狆 3• パグ 57• パピヨン 98• ビション・フリーゼ 25• フレンチブルドッグ 88• ペキニーズ 53• ボストンテリア 16• ボロニーズ 1• ポメラニアン 207• 豆柴 55• マルチーズ 105• ミニチュア・シュナウザー 93• ミニチュア・ピンシャー 60• ヨークシャーテリア 97• ラサアプソ 1• すべて選択• スコティッシュフォールド 428• アメリカンショートヘアー 291• マンチカン 265• アビシニアン 18• アメリカンカール 84• エキゾチック・ショートヘアー 22• エキゾチック 36• エジプシャンマウ 17• オシキャット 2• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 11• サイベリアン 129• シャム 28• シャルトリュー 22• シンガプーラ 1• ジェネッタ 6• スクーカム 6• スフィンクス 4• セルカークレックス 19• ソマリ 51• ターキッシュバン 1• チンチラ 5• トイガー 4• トンキニーズ 30• ノルウェージャン・フォレストキャット 287• バーミーズ 4• ヒマラヤン 38• ブリティッシュショートヘアー 225• ベンガル 94• ペルシャ 108• ボンベイ 9• MIX(猫) 21• ミヌエット 103• メインクーン 66• ラガマフィン 108• ラグドール 86• ラパーマ 4• ラムキン 2• ロシアンブルー 124•

次の

ペットショップ「Coo&RIKU」|全国に170店舗以上

函館 ペット ホテル

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg ペット宿泊詳細• 宿泊できるペット• 小型犬• 中型犬• 大型犬• 超大型犬• 小動物• ペットの宿泊場所• 同室宿泊 できない• 屋外のみ• 併設ペットホテル• 別室預かり• ペットの宿泊料金 小型犬・中型犬,猫、小動物2500円(込)、大型3000円(込)/1泊• ペットの設備• ドッグラン• ペット預り• ペットと入れる温泉• アジリティ• 足洗い場• ペットの宿泊条件• トイレのしつけ• 予防接種• 無駄吠えしない• 留守番ができる• 発情中は不可• ペットが入れる場所• ロビー• プレイルーム• 持参するもの• カラー 首輪• リード• フード• おやつ• おもちゃ• トイレシーツ• 粘着テープ• 消臭スプレー• 足拭きタオル• バスタオル• 毛布やマット シーツ• ケージ• 宿泊施設からのお願い 予約制です。 ペットと人は同宿ではございません。 別棟のケージでのお預かりとなります。 ワクチン接種済みの健康なワンちゃんに限ります。 (証明書をお持ち下さい。

次の

函館市でおすすめのペットと泊まれるホテル 【トリップアドバイザー】

函館 ペット ホテル

函館行くなら何泊? 函館旅行で一週間などの長期旅行を考えている人はあまりいないと思います。 おそらく多くの人が迷うのは、1泊か2泊かというあたりではないでしょうか。 今回、私は2泊しましたが、個人的な感想で言わせてもらうと 1泊でも大丈夫そうです。 五稜郭にも行く場合は2泊にしないときついかもしれません。 私が連れて行ったのは小型犬ですが、ワンコの体力も考慮すると1泊で五稜郭もまわるというのはちょっとハードスケジュールだと思います。 今回私は五稜郭へは行きませんでしたが、理由は2つあります。 1つ目は、五稜郭の特徴的な形を見るためには「五稜郭タワー」に登る必要があるようですが、この施設にはペット連れで入館できないこと。 2つ目は、五稜郭は桜が有名ですが、私が行ったのが7月上旬だったことです。 つまり、特徴的な地形もあまり分からず、桜も見れずに普通に緑豊かな公園を散歩してるだけっていうことになりそうだったので、わざわざ行ってもあまり意味ないのかな?と思いました。 函館への交通手段は? 関西のほうからだとさすがに時間がかかりすぎるかもしれませんが、首都圏あたりからであれば 新幹線をおすすめします。 個人的に、飛行機に小型犬を乗せるのは心配なのでやりたくないと思っています。 おそらく費用的にも時間的にも飛行機のほうが新幹線より安くて早いということもあるかもしれませんが、愛犬の体調が悪くなったりするのは絶対に避けたいので今回は新幹線を選びました。 ちなみに飛行機以外にも、車で行って津軽海峡はフェリーで渡る等の方法もあると思いますが、限られた日数での旅行であればやはり新幹線が便利です。 ちなみに新幹線はワンコと一緒に乗ることができます。 新幹線も函館までだと結構な金額になりますが、新幹線の切符をネット予約できる「えきねっと」を使って早めの予約をすれば、新幹線のチケットが3割引き等のかなりお得な料金で購入できるのでおすすめですよ。 函館の主要観光地はペット可なの? 函館と言えば、 函館山からの夜景と函館朝市での海鮮丼ではないでしょうか。 函館山へはロープウェイやタクシーで登ることができます。 ロープウェイは、バッグなどに完全に入っている状態(頭などが出ているのは不可)ならワンコ同伴で乗ることが許可されています。 函館朝市にはたくさんの海鮮丼屋さんがありますが、中にはペット同伴OKのお店もいくつかありますので問題ありません。 店内にペットOKの店もありますので天気の心配もしなくて大丈夫ですよ。 金森赤レンガ倉庫は食品を扱っている売り場以外ならキャリーバッグ等に入れた状態ならワンコ連れで入店できます。 この周辺は港なので海沿いを散歩するのも気持ち良いです。 CMなどで使われることで有名な八幡坂はもちろん屋外の普通の公共の道路ですので普通にワンコと一緒にお散歩できます。 この坂の上からの眺めは本当に素敵ですよ! 函館にペット可のホテルはあるの? 函館にも犬と一緒に宿泊できる宿はいくつかあります。 ただ、他の地方の有名な観光地と比べるとかなり少ない印象で、はっきり言って現状ではあまり選択肢がありません。 私が選んだのは。 函館朝市のすぐ隣り。 函館駅からも徒歩5分程度。 金森赤レンガ倉庫まで徒歩10分くらい。 函館山ロープウェイの乗り場へはちょっと歩きますが徒歩だとだいたい20分くらいで、 非常に便利な立地にあります。 ペットの宿泊料金が1匹目が4320円(1泊につき)ということで、これまでの私の経験から考えるとちょっとお高い印象でしたが、ペット用の備品は充実していました。 特にペットシーツ。 ペットと一緒の旅行では、ペットシーツを自分でたくさん持って行くと荷物が大きくなりすぎて困りますよね。 男爵倶楽部ではもともと部屋に置いてあったペットシーツが足りなくなると 無料で補充してくれましたのでとてもありがたかったです。 赤レンガ倉庫エリアのペット可カフェ「Cafe TUTU」 Cafe TUTU(カフェトゥトゥ)は函館の赤レンガ倉庫街にあるペット可のカフェです。 わんちゃんとの函館散歩の途中で休憩するのにとても便利な立地。 テラス席がワンコ連れOKの席となります。 テラス席とは言っても、観光客がたくさん歩いていたりタクシーがとまっていたりする道沿いではなく、ちょっと入った場所にあるお店なので、 テラス席でも落ち着いてスイーツやお茶を楽しむことができると思います。 私が行ったのは夜でしたが、店のあたりはとても静かで雰囲気が良かったです。 写真は紅芋と黒蜜ゼリーのパフェ。 紅芋のアイスがすごいボリュームで、これだけでお腹がいっぱいになってしまうような満足感のあるパフェでした。 ケーキセットもおいしかったです。 夜遅い時間まで営業しているのも良いです。 函館 ペット可の洋食屋さん「みなとの森」 みなとの森は 赤レンガ倉庫エリアのど真ん中という便利な場所にある雰囲気の良い洋食屋さん。 テラス席がペット可です。 ちなみに、ガラス(ビニール?)で覆われた半屋外のようなテーブル席もありますが、これは犬OKの席ではありませんのでお間違いなく。 犬連れでも大丈夫なのは、店の入り口の外のところにあるウッドデッキのスペースの用意されたテーブルです。 ちなみに、私が訪れた日は雨が降ったり止んだりの天気だったのですが、店の外にテーブルがなくて「あれ?」っと思って店員さんに聞いて見たところ、雨の日は外のテーブルは用意していないとのこと。 つまり 雨の日はペット可の席は無いのでご注意ください。 メニューはランチ、カフェ、ディナーまで楽しめて、函館赤レンガチャウダー、パスタ、ワッフルなどもおいしそうです。 函館近郊の新鮮な食材を使ったお料理が楽しめるので、海鮮丼ばかりで飽きてしまったという方にはぜひおすすめしたいレストランになります。 にクーポン有り。 ネット予約できるので念のため予約してから行くことをお勧めします。 函館旅行ワンポイントアドバイス 実際に函館に行ってみてのアドバイスです。 函館と言えば函館山からの夜景! これを見逃してしまったのでははるばる函館まで行ったのに、目的の半分も達成できなかったというハメになりかねません。 しかし、 函館山からの夜景は天気によって見れないことも多いです。 実際、私が行った時も天気がイマイチでした。 一泊目は雨だったので函館山行きは断念。 二泊目は曇りでしたが、街から見ると 函館山の山頂付近には雲がかかっていました。 こりゃーだめかな・・・?と思っていましたが、夕方頃に twitterなどで検索してみると意外にも数分前に函館山からの夜景をその場でアップしている人を発見。 どうやら雲が流れて時々夜景が見えるようでしたので、ダメもとで山頂へ行って見ることにしました。 山頂へ着いてみるとなかなか霧が晴れてくれなくてほとんど夜景は見えません。 たまーに霧が薄くなった時にうっすらと街明かりが見える程度です。 下がその時の写真。 せっかくここまで来たということで、あきらめずロープウェイ最終便22時の間際まで粘っていたところ、最後の最後(5分前くらい)に雲が一気に晴れて美しい夜景を見ることができました! しかし、5分間くらいだけ見れたとは言っても、逆に言えば5分しか見れなかったというのも事実。 もっと長い時間夜景を堪能できたならもっと良かったのは言うまでもありません。 つまり、函館旅行は 天気にかなり気を配る必要があると言えるでしょう。 特に、一泊だけの場合はその日の天気がイマイチだったらおしまいです。 ただ、一泊か二泊の旅行であれば、有給をとったりして仕事を休まなくても週末を利用して行けるという利点があります。 つまり、もし可能なのであれば、天気によっては 旅行自体を延期することも考えておいたほうが良さそうです。 それに備えて、ホテルも新幹線もキャンセルできる予約方法でとっておくことをお勧めします。

次の