紫陽花 植えてはいけない。 アジサイは挿し木で簡単に増えるけど増やしちゃいけない!毒がある!?

知っていますか?「庭に植えてはいけない植物」

紫陽花 植えてはいけない

庭にぜひ紫陽花を植えたいと思っています。 その場所なのですが、下記のどちらが適しているのでしょうか? ・東~東北東・・・東側は、拾い畑のため、障害物がなく、そのため風当たりは強いかもしれません ・南西~西南西・・・午後になると西日があたります。 南側も空いているのですが、他の植物を植えるため、 上記のどちらかに植えたいと思っていますが、どうでしょうか? 日光があたりすぎてもよくないと聞きました。 しかし、今日のテレビ「金スマ」では、南西に植えるといいいみたいなことを言っていたような・・(家相的に?) また、他に紫陽花を植えるために、気をつけるようなことがあれば教えてください。 植えたいと思っているのは、青い紫陽花です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。 とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。 日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。 花も咲きますが大きな花ではありません。 でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。 yasashi. 冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。 春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。 こちらも丈夫です。 yasashi. 暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。 yasashi. 様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。 チェリーセージは比較的コンパクトです。 丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。 グランドカバーといって芝生のような役割をします。 マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。 よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。 yasashi. 真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。 ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。 丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。 株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。 小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。 yasashi. 名前の通りつる性です。 yasashi. htm 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。 どれも育てやすいです。 こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。 とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。 A ベストアンサー 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません. 粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。 ですが一方では保肥力や保水力に優れています。 私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。 保肥力がないのですね。 だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。 一つはモミガラの投入です。 モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。 モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。 良く耕せば良いだけの話です。 モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。 次にタダの材料は枯葉です。 これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。 枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。 丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。 松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。 しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。 最後はやはり「砂」でしょう。 粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。 これは少し出費になりますが、これだけは必要です。 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。 何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。 そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません. 粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。 ですが一方では保肥力や保水力に優れています。 私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。 保肥力がないのですね。 だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。 一つはモミガラの投入です。 モミガ... A ベストアンサー こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。 加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。 ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。 乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。 元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。 多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。 まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。 安価で100円ぐらいで売られています。 ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。 霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。 多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。 ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。 こちらも冬は室内に取り込んでください。 暖地なら戸外越冬可能です。 ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。 乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。 蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。 冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。 ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。 他の植物を侵食します。 また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。 成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。 蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。 刈り取った物はティーやバスに使えます。 ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。 yonemura. こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。 gunma-u. 2年に1度は植え替えが必要です。 また花も咲きます。 我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。 htm 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。 そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。 乾燥には相当強いです。 yasashi. 暖地なら越冬します。 yasashi. htm これらの花達は今は終りですので、売られていません。 またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。 中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。 それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。 また夏にある程度楽をしたいなら 1 西日には当てない 2 下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ などの対策が必要です。 特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。 こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。 加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。 ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。 乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。 元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。 多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。 まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら... A ベストアンサー 水やりには問題がなかったと仮定すると、二つ原因が考えられると思います。 1、)植え替えたこと。 ツツジなどならともかく花の盛りに植え替えるのはあまり良くないと思います。 2、)強い日差しに長時間あたったこと。 お住まいの地方がわかりませんが、日本列島のどこでも今咲いているアジサイは、冬場に温室で温度管理されて育ったものでしょう。 それがこの季節の強い日差しに当たるとへたってくることがあります。 ホームセンターではどんなところに置いてあったのでしょうか。 おそらく屋根のある直射日光が当たらないところにあったのではないですか。 仮に直射日光がまともに当たるところに置いてあったのなら、ホームセンターにまた見に行ってセンターの鉢は元気ということであれば、日差し以外が原因といえると思います。 たとえば植えかえたこと、水不足、などです。 対策としては、鉢がすっぽりつかるぐらいに水をはったバケツの中に一晩だけ入れておきます。 水に入れるのは鉢だけで葉の部分は出しておきます。 これで回復しなければ残念ですが、花と葉を数枚残るぐらいまで切り落としてしまいましょう。 あとは木が枯れないようにして、来年以降に期待するしかないでしょう。 どちらにしても日陰においた方が良いでしょう。 アジサイに限らず温室で育ったものはこれからの季節の強い日差しには弱いです。 ホームセンターにまだ売れ残ってあるとすれば、どんなところに置いてあり、今も元気かどうかが判断材料になると思います。 水やりには問題がなかったと仮定すると、二つ原因が考えられると思います。 1、)植え替えたこと。 ツツジなどならともかく花の盛りに植え替えるのはあまり良くないと思います。 2、)強い日差しに長時間あたったこと。 お住まいの地方がわかりませんが、日本列島のどこでも今咲いているアジサイは、冬場に温室で温度管理されて育ったものでしょう。 それがこの季節の強い日差しに当たるとへたってくることがあります。 ホームセンターではどんなところに置いてあったのでしょうか。 おそらく屋根の... <下記URL> *我が家を立てた時に占い?にくわし~い方に聞いた話を少し。 夾竹桃(キョウチクトウ・夏に綺麗な花を咲かせますよね)毒があるから庭木には向かない! 沈丁花(ジンチョウゲ・春に良い香りするんですよね) これも毒があるから向かない。 どうしても植えたいのなら南東の目立たない所に植える。 南西(女鬼門?)高くなる木は植えない。 陰で家を暗くする。 (ちなみに西側に増築するのも昼からの日差しを遮るから良くないとか) 女鬼門に棘のある植物植えないように。 (その家の女性が婦人科系の病になる!) piro11さんもおしゃってますがビワも根が張って家の基礎を壊すから家の近くには植えたらいけないとも言われました。 まぁ言い出したらキリがないのですが・・・毒がある、日差しなどは昔からの千恵?教え?なんでしょうね。 infoseek. <下記URL> *我が家を立てた時に占い?にくわし~い方に聞いた話を少し。 夾竹桃(キョウチクトウ・夏に綺麗な花を咲かせますよね)毒があるから庭木には向かない! 沈丁花(ジンチョウゲ・春に良い香りするんですよね) これも毒があるから向かない。 どうしても植えたいのなら南東の目立たない所に植える。 南西(女鬼門?)高くなる木は植えない。 陰で家を暗くする。 (ちなみに西側に... Q 昨年の今頃青色の紫陽花を購入しました。 ところが、庭の花壇に植えたところ、だんだん花の色が紫がかってきて、汚い色になってしまったのです。 元々は、きれいな青色でした。 昨年中は、そのままにしておき、花が終って枝を切ったりし、この春、また芽吹いてきました。 今は、葉がだんだん出てきてるような状態です。 紫陽花の色は土壌によって変わるとのこと、 どうしても、青色に戻したいのですが、 園芸の本を見ると硫酸アルミニウムを1000倍に薄めた液をまく・・とありました。 そこで、今日お店に買いに行ったら、それは置いていなくて、店員さんが「酸性にしたいのならピートモスを使えばよい」といわれました。 自宅にピートモスが少しあったので、とりあえず根本にばら撒いて、気持ち周りの土と混ぜてみたりしました。 果たしてこれでいいのでしょうか? 硫酸アルミニウムというのは、そもそもどこで売っているものなのでしょう?園芸店ですか? また、他にも何か方法があれば教えてください。 A ベストアンサー 基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。 植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。 大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。 一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。 ただ、根にはさみをいれるということは、植物に対してダメージが大きいので、その後のケアが大切です。 植え替えたらしっかり水をあげて、日陰でやすませてあげてください。 いずれにせよ、寒い時期は根も冬眠状態ですし、さむさでいきなりダメージをうけて弱ってしまうことも考えられるので、あまり動かさないほうがいいでしょう。 鉢に入れたまま植えるという方法は、植物自体にあまりよくないのではないかと思います。 カットして大きさを整えるという方法ではだめでしょうか? ちなみに、コニファーは「嫌金性」です。 はさみなどの金属で枝をきるとそこからかれてしまうことがあるので、茶色になっている部分をとるときは、手袋をした手で摘むなどして、はさみは使わないようにしましょう。 ひょろひょろと力なく伸びているようだと、日光不足も考えられますが、お日様は大丈夫ですか? 基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。 植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。 大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。 一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。 ただ、根にはさみをいれるということは、植... Q 「香りが良い」「華やか」「手入れが大変」「大きくなりすぎる」「他の植物を駆逐する」というのではなく、民間伝承的な縁起が良い・悪いといわれている植物をお聞きしたいのです。 当然、そう言われる裏には前述のような理由が潜んでいるのかもしれませんが、皆さんの知っているものを教えてください。 地方限定でもかまいません。 その時に調べたHPです。 他には夾竹桃(夏にず~と花を咲かせてますが)毒があります。 沈丁花、同じく毒があります。 庭木には向きません。 (これは迷信ではなく事実!) あと西側(西南?裏鬼門)大きくなる木は家を暗くするからダメ! ヾ 棘のある植物はその家の女性が婦人家系の病になりやすい! いちじく~根が張る。 infoseek. htm Q こんにちは。 最近庭付き一戸建てに引っ越し、ガーデニングを始めたばかりです。 我が家の玄関は北向きなんですが、花壇をつくってもらって、いろいろ植えてみたんですが、上手く育てられなくて困っています。 ミニバラは花も咲いて、なかなかきれいに育ってくれているんですが、アリッサムが全く育っていません。 パンジーも植えたんですが、枯れてしまいました。 北向きで日がほとんど当たらないため、難しいとは思っていたんですが、まさか枯れてしまうなんて思わなかったので、かわいそうなことをしてしまいました。 やっぱり、日の当たらない北向きの庭では、アリッサムやパンジーは無理でしょうか?それとも、育て方に問題があるんでしょうか?また、枯れかかってしまっているお花は、今からなんとかなりませんか?肥料などはやっていません。 やったほうがいいのでしょうか?日陰でも、いろいろなお花を咲かせることに成功された方いましたら、ぜひ初心者の私にいろいろ教えてください。 初歩的なことからほとんど知識がありません。 よろしくおねがいします。 A ベストアンサー こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので、良かったら参考にして下さい。 北向きで日が当たらない場合、日光を好むパンジーやアリッサムはなかなか辛いです。 パンジーやアリッサムは性質的には強いですが、日光を好みますので、最低2~3時間は日照が欲しい所です。 毎日1時間も当たっていないようでしたら残念ながら花壇にあふれているようなよくある花は無理だと思われます。 日当たりが悪いと書かれている場合でも色々あります。 1 午前中日当たりがあるが(2~3時間)、午後は当たらない この場合は理想的です。 植物は別の理由で枯れてます。 2 午前か午後の早い段階かどちらかで1時間ぐらいしか当たっていない。 日光を好む植物は辛い環境です。 3 夕方の西日だけ強烈に当たって後は日陰。 日陰を好む植物にとっても辛い環境です。 4 全体的に明るい日陰。 日光がチラチラと当たるだけ。 日陰を好む植物が適しています。 2 か 4 の場合、日光を好まない植物を植えればよいのです。 どちらかというと地味な花が多いですが、地味は地味なりに趣があります。 ただし季節は今ではありません。 日光を好まず丈夫で安価(大体100円ぐらい。 ただし八重は若干高いかも)。 ただし苗が出回るのは初夏頃です。 丈が低いので花壇の縁取りにいかがでしょう。 yasashi. yasashi. ただしどの花も可愛いですよ。 お茶花にも活躍しますし、趣はバッチリです。 春ならホームセンターによくあるような可愛いタイプは殆ど日当たりを好みます。 夏でも最近はやりのペチュニアやマリーゴールドなども日当たりを好みます。 お高いですが毎回買い足すよりも元の植物がありつつ、少し変化させたり出来ますので、初期投資であとはOKです。 他にも植物を選ぶ時は、見た目ではなく必ず花に名札のようなものが刺さっていると思いますので、裏を見ます。 そうすると簡単な育て方が書かれてありますので、その時点で「日光を好む」と書かれているなら残念ながら向いていません。 「半日陰」とか「日陰」と書いてある物なら大丈夫です。 そしてまっさらの花壇に植える場合は、必ず想像してみましょう。 チラシの裏などで構いませんので、どれぐらい必要になるかを考えます。 庭の真ん中にあるのではない限り、大体前から見ますので、背の低いものから前に植えていくと見栄えが良くなります。 後の方は低木かシュウメイギクのような高性のもの(これも園芸カードの後に高さが書かれています)、真ん中はまあまあの背の高さ、前は縁取り系(アリッサムのような)にすると良いかと思います。 この場合前~真ん中を1年で枯れるものとかにすると作業も楽です。 例えば後ろがホトトギス、アオキ、ヤツデ、シュウメイギク、真ん中がギボウシ、インパチェンス、ミヤコワスレ、前が花ニラなどはいかがでしょうか。 そしてすぐに植えてはいけません。 旅館に泊まってベッドさえない部屋だったら悲しくなるのと同じように、耕して空気をタップリ入れてあげ、石灰、腐葉土、化成肥料を十分にすき込んでから植えるようにします。 これらはホームセンターに売られていますので、色々チェックしてみて下さい。 あと枯れかかっている花はなんともならないというか、今からプランターなどに移して日当たりの良い所に移した方が生き返る確率が高いです。 まずプランターに鉢底石を底が見えなくなるまで入れます。 その後培養土を半分位入れて、パンジーを3つ、前にアリッサムを2~3つぐらい入れて、培養土を全体に足して下さい。 水をタップリあげて日当たりの良い所に置いて様子をみて下さい。 肥料をあげてはいけません。 培養土は大抵元肥が入っていますので。 両方共強健ですので、半々の確率で助かると思います(花壇ならそのまま枯れる方が大)。 こんにちは。 趣味で園芸を楽しんでいますので、良かったら参考にして下さい。 北向きで日が当たらない場合、日光を好むパンジーやアリッサムはなかなか辛いです。 パンジーやアリッサムは性質的には強いですが、日光を好みますので、最低2~3時間は日照が欲しい所です。 毎日1時間も当たっていないようでしたら残念ながら花壇にあふれているようなよくある花は無理だと思われます。 日当たりが悪いと書かれている場合でも色々あります。 1 午前中日当たりがあるが(2~3時間)、午後は当たらない この場... A ベストアンサー ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、 は花壇に適していると思います。 八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、 は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。 スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。 春に咲き、秋にもう一回咲きます。 なでしこは種類によっては春だけです。 私は冬はビオラ、春になるとニチニチソウなどを植えています。 botanic. jtw. zaq. kcat. zaq. kcat. zaq. html ニチニチソウ、ほうせんか、百日草、マリーゴールド、サルビア、メランポジウム、インパチェンス、 は花壇に適していると思います。 八重咲きまつばぼたん、ポーチュラカ、 は葉が肉厚で夏の暑さには強いので、日当たりのよいハンギングや高い位置の花壇から垂れ下げるといいです。 スイートアリッサムは白い小さな花が咲くので、他の鮮やかな花の縁取りにかわいいのですが、夏は咲きません。 春に咲き、秋にもう一回咲きます。 なでしこは種類によっては春だけです。 私は冬はビオラ、春になるとニチ...

次の

紫陽花が縁起が悪いというのは実は間違い?本当は縁起がいい紫陽花について解説!

紫陽花 植えてはいけない

植物はそれぞれいろんな特性がありますよね。 しかし、その特性や昔からの風習で、「に植えてはいけない植物」と言われているものがあることをご存知ですか? 元造園土木会社の社長を父にもつ、地域ライターEがご紹介する企画、今回は「オススメの植物」ではなく、「お庭に植えるにはちょっと注意が必要な植物」をご紹介します。 ちょっとしたスペースどころか、地下茎を伸ばしてアスファルトの隙間からぐいぐい伸びてくるものもあるので「あ、この花みたことあるわ」というものもたくさんあるはず。 これらの植物を自宅周辺で見かけたら要注意! なのです。 取り入れたいときは、鉢植えを利用してタタキなどに限定して、「土のスペースの上には置かない」ことをおすすめします。 それでは、そんな要注意な植物をいくつかご紹介します。 ミント かわいらしい葉の形と爽やかな香り、アイスに添えたりハーブティーにしたりと人気の高いハーブでもあるミント。 その繁殖力は凄まじく、変種もたくさんあるため、単なる「雑草」だと思っていたものが「ミントだった」ということもよくあります。 くれぐれもグランドカバーに使おうなんて、考えないでくださいね! ドクダミ 和風ハーブと言ってもいいくらい、昔から民間療法にも利用されているドクダミ。 独特の匂いがあり、苦手な人も多いようですが、その匂いのためか害虫よけになるドクダミは、昔から人家の庭先によく自生している植物です。 問題は「駆除したくなったときの面倒臭さ」。 地下茎が地面から数十センチの深さまで達していることが多く、手で引っこ抜くくらいではとても根絶できません。 除草剤をかなり地中まで行き渡らせる必要があるため、その後の植栽に影響が出てしまうでしょう。 ナガミヒナゲシ 名前は知らなくとも、写真を見れば見たことがある人が多いのではないでしょうか。 こちらの脅威は「種」。 なんと1個体から、15万個以上の種を作ることができるのです。 しかも、根っこに含まれている成分には、他の植物の成長を阻害する物質が含まれているという学説もあります。 種ができる前の駆除が肝心です。 繁殖力が強い植物はほかにもたくさんあります。 植物を植えるときは、繁殖力にも注目して植えるようにしてください。 植えてはいけない!虫が寄ってきすぎる植物たち 「虫は自然の一部! 庭を作る以上、気にしないわ! 」という方ならいいのですが、寄ってくる虫は可愛らしい蝶だけではありません。 特に、チャドクガや毛虫など、毒を持つ虫が発生するのは避けたいですよね。 植物の中には、「大量の虫が寄ってくるもの」が多数あります。 そのなかで、とくに注意したいのは「バラ科」の植物。 他の植物よりも、虫を寄せ付けやすい性質を持つものが多くあります。 桜 実は桜はバラ科なんです。 「公園に大きな桜の樹があって、春は素敵なんだけれど夏の毛虫のことを考えるとちょっとね……」と、毛虫が大量発生するイメージが強いのは桜。 一、二匹ではなく、時に大量発生するため、広いお庭があるお家でも、なかなか桜の植樹には踏み切れない方が多いです。 姫リンゴ こちらもバラ科の落葉低木です。 秋に赤い小さなリンゴ似の実を生らせる姿がかわいらしく、園芸用の品種も多数あります。 こちらにつきやすいのがアブラムシ。 そのアブラムシを狙って他の虫も寄ってきます。 「ふと葉っぱの裏を見たらビッシリ……」なんてことが怖いという方は、避けたほうがいいかもしれません。 植えてはいけない? 言い伝え・風習がある植物たち 最後に「植えてはいけないという言い伝え・風習がある植物」です。 実害があるということではなく、語呂合わせやイメージで「植えてはいけない」とされてしまったものも。 もちろん気にしない方はまったく問題ありませんが、「そんな言い伝えがあるなら植えなければよかった……」という方もいらっしゃるので、気になる方は調べてみましょう。 紫陽花 「紫陽花寺」と呼ばれる、紫陽花が多く植えられた寺院は全国にありますが、紫陽花はその昔「死者に手向ける花」であったという説や、紫陽花の茎には芯が無いことから紫陽花を植えた家の芯(大黒柱)がなくなるという迷信などがあります。 枇杷の木 枇杷の葉は薬用にもなる有用な木ですが、「枇杷の木を植えると病人が出る」という言い伝えがあります。 いかがでしたか? ご紹介した植物は、きれいな花を咲かせたり、鑑賞だけでなくお菓子作りに使えたりと、お庭に植えてみたくなるものもたくさんあります。 もちろん、その特徴を考えて取り入れるのはガーデニング上級者への道ですし、「昔からの言い伝え」的なものは気にしなければそれまでのこと。 それに、どの植物を植える場合でも、特徴を調べて自分なりに選択するのは基本中の基本です。 みなさんも、新しい植物を取り入れるときには「ちょっと調べてみる」という習慣をつけて、「しまった! 失敗!! 」を少なくするように意識してみてくださいね。 そろそろ理想の庭のある家づくりをはじめてみませんか? 庭のある一戸建てなら、思う存分、庭づくりが楽しめます。 もし、これからを考えるのなら、ローコストでもも展開しているにご相談ください。 全国展開している・アイダ設計の注文住宅は、完全自由設計と、お客様のご要望を全力で叶える家づくりを実現します! 家づくりに少しの妥協もしたくない方、予算を抑えながらもたくさんの希望を叶えたい方にはピッタリです。 お問い合わせやご相談は無料。 ぜひお気軽に からご相談ください。 まずは、メールで相談も可能。 条件を指定すれば、無料で間取り案が作成可能。 同じフォームの【メールで間取り相談】からお申込みください。 そのほか、お問い合わせ・ご相談は、こちらの から。 お電話でのご相談も承ります。 個人情報の利用目的 このフォームに入力いただきました個人情報は、資料のお届けのほかに、以下の目的で利用させて頂く場合がございます。 プライバシーポリシーをご確認の上、よろしければ チェックを入れてください。

次の

紫陽花(アジサイ)の花の育て方・剪定など

紫陽花 植えてはいけない

米国に住んでいます。 近所にびわの木があるお宅がありますが、こちらの国のびわは、とても小ぶりです。 「日本の大きいびわの生る木が欲しい。 びわの葉ってお茶にもなるって聞いたし。 」と言われました。 迷信だとしても、ちょっと「怖〜!」って思いましたし、ま〜どちらにしろ日本のびわの木をお持ち帰りするのも大変なので、止めましたが...。 他の木では、「根が横に張る木」は避けた方が良いですよ。 家の近くに植えたりしたら、根が家の土台を持ち上げたりします。 あと、土中の水道管の近くに植えるのも良くないです。 「根の力」をあまく見ると、痛い目に合います。 >経験者は語る ユーザーID: 5779850599• 植物の陰陽、、、 食べ物として、果物や果菜類等、地上に成る物を「陰」、 根菜等、地中に出来る物を「陽」とする考え方がある事は、知っておりましたが、 庭樹としては「縁起の良し悪し」以外、あまり聞きませんね。 他に、実の成る木は「成り下がる」に通じ、良くない。 (枇杷や花梨はどちらかと言うと「成り上がる」かな(笑)) 昔からのこじつけや迷信も多いですが、要は植える人の「思い入れ」でしょう。 個人的には「裏庭の西側に枇杷」は正解だと思います。 常緑で、茂ると陰が出来ますから、家の前や南には向きませんし、半日陰で充分実も 付きます。 ただ、枇杷やいちじくは湿り気を好むので、建物の際は避けたいですね。 後は手入れの面とご近所に迷惑とならない事でしょうか。 ユーザーID: 3628006537• 根っこがはるから。 梨園の近くならビャクシン類を植えてはなりません。 ビャクシン類の中では、安くて、丈夫なカイヅカが庭木や生け垣として人気があります。 しかしながら、赤星病の病原菌(担子菌類)が越冬する中間宿主のため、梨園の近くでは、暗黙の了解事項としてカイヅカを植えてはならないことになっています。 条例が設けられているところもあるようです。 千葉県や埼玉県の新興住宅地では、このようなことを知らない新しい住人と古くからの農場主との間でしばしばトラブルが発生する聞いております。 一般論として、お近くに果樹園(ナシ、カリン、リンゴなど)があるときには、庭木(カイドウ、シャリンバイ、カイヅカなど)を植える前に農協等に相談されるとよいでしょう。 ユーザーID: 9822260177• 椿とビワ 枇杷に関していえば、枇杷は実がなるのに年数がかかります。 (桃栗三年柿八年枇杷は早くて十三年) 家主が死なないと云々はそこから来ているのではないでしょうか。 病気に効く植物は病人がいる家によく植えたからか、その植物を植えると病人が出るというように逆転した考え方をするようになったところもあるようです。 民俗学の視点から研究すると面白いのでしょうね。 物は言い様、考え様で縁起の良い悪いはいくらでも変わるのが分かります。 実がよく成る木は子孫繁栄の象徴とされて好まれたり、実がよく成る木は家の方で跡継ぎが育たない(木に精力を奪われる?)と倦厭されたり。 語呂合わせとか。 ちなみに私の祖父母の家の裏庭に枇杷の木ありました。 実を採るの楽しみでしたし、葉はお風呂に入れたりしてましたよ。 梨園が近くにあるのです。 梨の選果場もあるのでその地域一帯が梨園ですね。 家を建てたときに造園業者から言われました。 ユーザーID: 1031110965• イチジク 琵琶を庭に植えるのがタブーなのは諸説ありますが、私が知っているのは「ビワの木がある家は病気になる」という迷信です。 理由は、 1. 考え方次第で良い方になります。 因みに椿は、武家からは花が落ちる様が「介錯された首」に似てる事から嫌われましたが、公家からは品種改良を楽しむ花として好まれました。 紫陽花や酔っ払い芙蓉など花の色が変わるので「気が変わる」「移り気で薄情」と商家や新婚家庭には嫌われましたが、農家には好まれたようです。 地方時代身分によって捉え方は様々なので余り気にしなくても良いと思いますが… ユーザーID: 9450718545• その他、金木犀、白樺、桜、トゲトゲの葉っぱの木 名前忘れ 、南天、が植えてあります。 鬼門方角には上記中の、トゲトゲの木、南天 難を転じる を、お坊さんのアドバイスを受け魔除けとして植えました。 法事の際には南天の枝を少し折り取り、お清めの水掛に使っております。 父が生きている頃は趣味で庭木・芝生手入れしてたんですが、亡くなってからは年に三回植木屋さんを呼んで手入れお願いしています。 春、夏場の消毒や草むしり、秋の落ち葉掃除など、手間は凄くかかりますが、春には順番に花が咲き薫りますし、夏には実を収穫してジャムや果実酒を作ります。 また緑がパラソル代わりになるので、二歳の息子は芝生の上を裸足で駆け回ってます 笑 気持ち良いですよ。 ユーザーID: 8843737635• びわを植えるなは薬売りの吹聴 ほんの軽い気持ちでトピを立てたのですが、こんなにも貴重なお話しを伺えるとは思いませんでした。 ほんとに皆さん博識でいらっしゃいますね。 目新しいお話ばかりで、ものすごく勉強になりました。 うちのびわはもう植えてしまいましたし、建物からも離してあります。 また、西側と言う事で西日を、さえぎってくれると言うのもありますね。 まあ、迷信や忌み嫌われてる事はどうにしろ、実るまでそんなに時間がかかるようでは、まだまだ2年では、あの美味しい味を味わえるには、遠い先の話のようです。 実家のびわに負けないよう、しっかり育てていきたいと思います。 皆様沢山の貴重なお話、ほんとにありがとうございました。 ユーザーID: 0076505665• 枇杷は・・ 幸せです(笑)。 ただ、庭の手入れが好きだった父が他界してからは、 母と姉妹だけの家には手に負えず、庭の管理はプロの方に依頼しています。 結構お金がかかります。 樹木(動物等生き物はすべてですが)は維持するのに手間がかかるので、 安易に植えないように、という意味では「言い伝え」の意義はあるかも しれません。 トピ主さんにとって「良い思い出」なのであれば、全然問題ないと個人的 には思います。 私も、我が家のびわがなるのを楽しみにしている近所の方々に喜んで いただくので、家を出た後は、実家での良い思い出になると思います。 トピ主さんも気にせず、また新たな「良い思い出」を作っていっては いかがでしょうか。 ユーザーID: 8854691991• 興味深い 実家には、椿、クチナシが植えて有りました。 椿を植えてはいけないのは聞いた事はありますが、 クチナシは初めて知りました。 私はクチナシの花の香りが好きなので、咲くと匂いを嗅いでいましたが、 少々遅くではありましたが無事嫁に行く事は出来ました。 以前、自然に桜の木が生えてきた事があり花を付けたので、 私「庭に桜の木が有るっていいね。 」 母「縁起が悪いから駄目」とすぐに抜いてしまいました。 『花が散る=財産が散る』と言う理由だそうです。 椿もクチナシも他には金木犀やツツジだって花は散るのに??? 何故?桜だけは駄目なの?と子供の頃に疑問でした。 叔母の家には立派なイチジクの木が有りますが、 特に不幸も無く過ごしていますよ。 話は逸れますが、 庭師さんに言われた事ですが 木が大きくなると切る前に御祓いをしなくてはいけないので あまり大きくなり過ぎる前に切りますと言われた事が有ります。 大きくなると木にも霊が宿ると言う事なのだそうです。 ユーザーID: 8803091604• フランスでは、、、 びわもザクロもありました。 時期にはおやつになるし、ザクロは道に面して植わってたので、落ちて割れたのを友達と食べたりしましたね〜懐かしい。 レモンやゆずもありますね。 うちの両親は、80代ですが、大きな病気もせず、毎日をゆっくりと過ごしてますよ。 これはアカン、あれはアカンと言ってた義両親の方が、いろんな病期に罹って大変です。 確かに、根が張ったり大きくなりすぎたりして大変な木もありますけど、迷信にとらわれず、扱い勝手のよいものを園芸店で聞いたらよろしいのでは。 建売の狭い庭に、最初っからケヤキ植えてあったわが家はすぐに抜きました。 手入れ出来ないものね。 ユーザーID: 9756545136• 楽しかったな〜。 季節ごとにいろんな実がなって。 タイトルの果物の他にも、サクランボやみかんの木も。 東京に来て無花果が売られていたからビックリよ。 無花果って実が割れてあまーい匂いがするから蟻さんがチョロチョロしていて、そういう実の方が美味しいとか、自然の中でいろんな知恵(?)がつきました。 死んだ祖母が前掛けのなかに梨をとって持って来てくれたり、ある年の大雪で枇杷の木が折れて、枇杷が大好きだった妹が泣いてしまったこととか、懐かしい思い出です。 クチナシの木もお茶の木もありました。 そんななんでもありの実家で、ちょっとだけ論争になったのは、とげのある木、ピラカンサスです。 赤い実がかわいいのですが、祖父が反対しました。 父がどうしても植えたくて植えましたけれど、さて、なにが祖父は気に入らなかったのか、今となってはわかりません。 実家はみな長生きで、長期入院したひともいなかったなあ。 今は実のなる木はミカンだけになりました。 家を新築したあと、庭もだいぶ様変わりしました。 ユーザーID: 3973281461• 雑草という草はない。

次の