ストレージプランとは。 「ストレージプラン」に関するQ&A

iPhoneストレージとは?iCloudストレージとは?

ストレージプランとは

「2TB」となると、動画でも何でも保存し放題になります。 値段もそこまで高くなく、「50 GB」であれば缶ジュース1本くらいの料金で利用できます。 「200GB」「2TB」プランは、容量を家族で分け合える 「200GB」「2TB」プランのみ、ファミリー共有が利用できるようになり、 1つのiCloudストレージプランを最大5人のほかの家族と分け合えます。 例えば、お父さんが契約したとすると、奥さんや、お子さんのiPhoneで、お父さんのiCloudストレージからおすそ分けしてもらって利用することができます。 それぞれ別々に契約するよりもお得になっています。 データの容量が共有されるだけで、データの内容は共有されないので、データを家族に覗かれたりという心配はありません。 各プランの特徴・選び方 無料プランの「5GB」で大丈夫な方• バックアップはパソコンで取る• 写真はiPhone本体保存か、パソコンに転送する• iCloudドライブは使わない• 月額費を節約したい 無料プランで大丈夫な方は、 iCloudをほとんど利用しない方ですね。 写真を撮影してもiCloudにはアップロードせずに、本体内のみに保存するか、定期的にパソコンに繋いで転送するという使い方。 iCloudも便利ですが、バックアップをパソコンのiTunesで取るようにしたり、写真も有線でパソコンに転送すれば、iCloudを利用しなくても十分にやっていけます。 「50GB」がおすすめな方• iCloudバックアップを利用する• 写真をiCloudに保存したい• iCloudドライブにファイルを置きたい 僕も契約しているのがこの「50GB」 5GBでは使えない方が多かった 「iCloudバックアップ」が十分に利用できる容量となります。 「iCloudバックアップ」は、iPhoneを充電器に繋いで使っていない時間に、自動でiCloud上にiPhoneのデータをバックアップしてくれる優秀な機能です。 「iCloudバックアップ」を利用していれば、万が一、iPhoneを無くしたり、壊してしましまったというときでも、iCloud上にそのiPhoneのバックアップデータが残っているので、新しいiPhoneに買い替えたり、修理でデータが無くなったとしても、元通りの状態に復元することができます。 月額費も130円と缶コーヒー1本分でしかないので、このバックアップ機能のためだけでも十分に利用価値はあります。 またiCloudはiPhone内に保存されている写真も自動でiCloud上にアップロードしてくれて、iPhone本体内の写真データを節約することもできるので、本体の容量が写真でカツカツな場合にも効果的です。 写真のデータ量であれば、50GBでもかなりたくさんの枚数が保存できます。 「200GB」がおすすめな方• iCloudバックアップを利用する• 写真だけでなく動画もiCloudに保存したい• iCloudドライブにたくさんファイルを置きたい• 家族でiCloudの容量を分け合いたい 200GB以上のプランは容量の違いだけでなく「ファミリー共有」も使えるようになり、 1人の契約で、家族5人まで1つのiCloudストレージを共有することができるようになります。 容量も200GBまでたっぷり使えるようになるので、写真だけでなく動画の保存も余裕ですね。 「2TB」がおすすめな方• iCloudバックアップを利用する• 写真だけでなく動画もiCloudに保存したい• iCloudドライブに200GB以上のファイルを置きたい• 家族でiCloudの容量を分け合いたい 「200GB」の10倍に当たる「2TB」もあります。 よく販売されているHDDに並ぶ容量ですね。 ここまでくると 外付けHDDみたいな使い方も余裕になり、動画編集など、重たいファイルをたくさん扱う方におすすめです。 まとめ• 有料プランを契約するだけでiPhone含むApple製品の利便性が格段に上がる• 「200GB」「2TB」は家族で容量を分け合えてお得 iPhoneをお使いの方であれば、有料プランを契約すると利便性が各段に上がります。 iCloudバックアップで充電するたびに自動でバックアップを取ってくれるようになるため、万が一、iPhoneを紛失したりしてもデータだけは助かります。 またiCloudフォトライブラリにより、iPhoneで撮影した写真がiPadやMacにも同期されたりと、とても便利になるんです。 「50GB」プランなら缶コーヒー1本分の値段で契約できるので、iPhoneユーザーなら契約することをおすすめします。 家族が多い方なら「200GB」「2TB」のプランを選んでシェアするのもいいと思います。

次の

たった3分で完了!iCloudの有料ストレージプランを解約する方法

ストレージプランとは

きっと読者のみなさまも、大切なデータを保管するために、クラウドストレージサービスを利用していることでしょう。 しかし、データ量が多くなると、無料プランの制限内に収めることが難しくなります。 Googleは先日、 Googleドライブの有料ストレージプランを大幅にアップデートすることを発表しました。 サービス名も「Google One」に変わり、容量も増えて料金も引き下げられます。 ここで気になるのは、この新しいGoogle Oneが、 他社のストレージサービスよりもお得なのかどうかです。 今回は、そのあたりを比較検証してみました。 Google One:現在のGoogleドライブストレージプランよりはお得 現在のGoogleドライブを有料で使っているユーザーは、今後数カ月で、Goole oneに自動的にアップデートされます。 アップデートが完了すると、Googleドライブの有料プランは廃止となります(とはいえ、Googleドライブそのものが廃止になるわけではありません。 Googleドライブのストレージ&バックアップサービスは残り、有償で「Google One」へアップグレードするオプションが追加されることになります)。 現在のGoogleドライブのは以下のようになっています。 15GB:無料• 100GB:2ドル/月• 1TB: 10ドル/月• 2TB:20ドル/月• 10TB:100ドル/月• 20TB:200ドル/月• 30TB:300ドル/月 今年の後半から始まるのストレージプランは:• 15GB:無料• 100GB:2ドル/月• 200GB:3ドル/月( 新登場!)• 1TB: 10ドル/月( 廃止!)• 2TB: 20ドル/月 10ドル/月• 10TB:100ドル/月• 20TB:200ドル/月• 30TB:300ドル/月 Google One vs. その他のストレージサービス 新しいGoogle oneでは、 2TBのストレージを、現在のGoogleドライブにおける1TBの料金で利用することができます。 1TBのプランは廃止になります。 現在、Googleドライブで1TBを利用している人は、追加料金なしで容量を2倍に増やせる計算です。 そのほか、新しく設定された200GBが月3ドルのプランは、従来の100GBが月2ドルのプランに比べて、若干お得になります。 容量あたりの料金が最も安くなるのは、2TBが月10ドルのプランです。 では、他社のサービスと比べるとどうなるでしょうか? 月100ドル払って10TBを使う人はそんなにいないと思いますので、多くの人が利用するであろう価格帯に絞って比較してみることにします。 、、、、、、を価格帯ごとに比較すると、以下のようになります。 無料のストレージサービス比較• Amazon:5GB• Apple:5GB• Box:10GB(1ファイルの最大サイズは250MB)• Dropbox:2GB• Google:15GB• Mega:50GB(6時間毎に1GBの転送制限あり)• OneDrive:5GB 勝者: Google(Megaの転送制限はうるさいので)。 Dropboxは、容量少ないですね…。 意外と使っている人多いのに。 月5ドル以下のストレージサービス比較• Amazon:100GB(1ドル/月)• Apple:200GB(3ドル/月)• Box:プラン無し• Dropbox:プラン無し• Google:200GB(3ドル/月)• Mega: プラン無し 200GBで5ユーロ/月のプランがあるが、米ドル換算だと6ドル/月になる)• OneDrive: 50GB(2ドル/月) 勝者: AppleとGoogle (同率1位)。 Box、Dropbox、Megaはプランがありません。 有料でも安く使いたい人は、AppleかGoogleを検討するのがよさそうです。 月10ドル以下のストレージサービス比較• Amazon:2TB(10ドル/月)• Apple:2TB(10ドル/月)• Box:100GB(10ドル/月)• Dropbox:1TB(10ドル/月)• Google:2TB(10ドル/月)• Mega:200GB(5ユーロ/月:約6ドル/月)• OneDrive/Office 365:1TB (7ドル/月) 勝者: Amazon、Apple、 Google(同率1位)。 ここでもAppleとGoogleランクイン。 Amazonも、いいですね。 月20ドル以下のストレージサービス比較• Amazon:4TB(20ドル/月)• Apple:2TB(10ドル/月)• Box:100GB(10ドル/月)• Dropbox:1TB(10ドル/月)• Google:2TB(10ドル/月)• OneDrive/Office 365:1TB(7ドル/月) 勝者: Amazon(AppleとGoogleが僅差で2位)。 ここでもAmazon、Apple、Googleがトップを走っています。 Google Oneの特典と特徴 Google Oneは他社のストレージサービスと比較して価格、容量面でかなり有利だと言えますが、そのほかの面でもさまざまな恩恵を受けることができます。 まず、Googleは、チャットやメール、電話などで、人間のエキスパート(AIではなく)によるカスタマーサポートを受けることができます。 また、ストレージを最大5人までの家族とシェアすることが可能です。 Image: Lifehacker US さらに、Google Oneのユーザーは、Goolgeの他のサービスの割引(Google検索で見つけたホテル料金を含む)などの特典も受けられます。 Image: Source: Google(, ), , , , , , , Nicole Dieker - Lifehacker US[] 訳:伊藤貴之.

次の

iCloudとは?ストレージプランの選び方と変更方法

ストレージプランとは

Apple、iCloudストレージの2TBプランを月額2,500円から1,300円へ値下げし、High SierraでiCloudストレージ家族で分けられる機能を追加すると発表しています。 詳細は以下から。 Appleは現地時間2017年06月05日からWWDC 2017を開催していますが、これに合わせて同日よりiCloudストレージプランの価格およびプランをアップデートしています。 If you purchased a 1TB monthly plan before June 5, 2017, your account was upgraded automatically to a 2TB monthly plan. iCloud storage plans and pricing — Apple Support ストレージ サイズ iCloud 2015 (月額) iCloud 2016 (月額) iCloud 2017 (月額) Google Drive OneDrive 無料プラン 5GB 15GB 5GB 20GB 130円 (0. 99ドル) — 170円 100GB — 250円 — 200GB 400円 (2. 99ドル) — — 500GB 1200円 (9. 99ドル) (9. 99ドル) 1300円 (9. 99ドル) — — 参考 ここ最近のiCloudストレージプランのアップデートは以上の通りで、既存の1TBプラン利用者は2017年06月05日以降に2TBプランへ自動的にアップデートされているそうなので、利用者の方はチェックしてみて下さい。 iCloudストレージの変更 iCloudストレージは現在、月額130円の50GBプラン, 月額400円の200GBプラン, 月額1,300円の2TBプランの3プランが契約可能となっており、AppleデバイスやiTunesなどから「さらに容量を購入」で追加購入することが出来ます。

次の