国道413号 通行止め。 相模原市の国道413号、19年内に通行止め解除 :日本経済新聞

道志みちが土砂崩れで通行止めになっています

国道413号 通行止め

概要 [ ] 起点のから、付近の旭日丘交差点まで、との重複となり、その後東に進み、との境界に存在する、を越え、終点のに至る路線である。 路線データ [ ] 一般国道の路線を指定する政令 に基づく起終点および経過地は次のとおり。 起点:(上宿交差点=・・起点、交点)• 終点:(西橋本5丁目1番=交点)• 重要な経過地:、 、同郡• : 63. 2 (相模原市 30. 5 km、山梨県 32. 7 km)重用延長を含む。 : 0. 9 (相模原市 0. 9 km、山梨県 - km)• : 62. 3 km (相模原市 29. 6 km、山梨県 32. 7 km)• 現道 : 57. 4 km (相模原市 25. 1 km、山梨県 32. 4 km)• 旧道 : 4. 9 km (相模原市 4. 5 km、山梨県 0. 4 km)• 新道 : なし• :と重複する区間 歴史 [ ] 国道413号の指定は二段階に分別され、1982年(昭和57年)の新規指定時は、山梨県南都留郡山中湖村から神奈川県津久井郡津久井町 までは県道津久井山中湖線 を、同町から厚木市はとともに県道厚木津久井線 をそれぞれ母体に、富士吉田市から山中湖村までは国道138号との重用区間とし、富士吉田市から厚木市に至る路線として指定された。 その後、1993年(平成5年)の国道指定時に、津久井町 から厚木市までの区間は国道412号の単独区間とし、津久井町 から相模原市までの県道相模原津久井線 を編入して現在の富士吉田市から相模原市に至る路線として指定された。 年表 [ ]• (57年)• 一般国道413号(富士吉田市 - 厚木市)として指定施行。 (5年)4月1日• 一般国道413号(富士吉田市 - 相模原市)として指定施行。 (平成30年)10月1日• の影響により、相模原市緑区青根地区の平丸トンネル付近で、大規模な土砂崩れが発生。 当該区間が通行止となる。 (平成31年)4月19日• 土砂崩れで崩落した区間に仮橋を設置し、片側交互通行で暫定復旧。 2019年(元年)10月12日• (台風19号)の影響により、複数の斜面崩落などが発生したため、暫定開通していた区間を含む相模原市緑区青野原・青根地区の区間が通行止となる。 路線状況 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2013年1月) 起点の上宿交差点から山中湖村内にかけては著しい渋滞が発生しているため、起点の上宿交差点から富士見公園前交差点までを4車線化することとなった。 詳細はを参照のこと。 平野交差点を過ぎ山中湖に別れを告げ、沿道のなどの並びが途切れると、徐々に山中に入り標高を上げ最高点である山伏トンネルを越えると静かな山村のに入る。 村内では小さな集落が点在し、温泉入浴施設やなどもある。 県境の両国橋を過ぎるとに入るが、しばらくは山間の道を走り一部はセンターラインのない狭隘区間(すれ違いは容易)も存在する。 国道412号と重複する青山交差点から三ヶ木交差点の重複区間を過ぎると、途中を経て次第に都市近郊のの中に入り、大型量販店や飲食店などがところどころ立ち並ぶようになり、交通量が多い区間に入る。 橋本の市街地に入り、との交差点(橋本陸橋)で終点となる。 バイパス [ ]• 青根バイパス:相模原市緑区青根• 青野原バイパス:相模原市緑区青野原 通称 [ ] との分岐 神奈川県相模原市緑区青山 通過する自治体 [ ]• - - 南都留郡• () 交差する道路 [ ]• :富士吉田市上宿交差点 - 南都留郡山中湖村朝日丘交差点で重複• :相模原市緑区、青山交差点 - 三ケ木交差点で重複• :西橋本5丁目• ・:南都留郡山中湖村平野• :南都留郡道志村• :相模原市緑区青根• :相模原市緑区青野原• :相模原市緑区青野原• :大沢交差点と日赤前交差点 - 中野(大沢 - 日赤前は旧道。 一部重複する。 :日赤前交差点 - 太井交差点で重複• 神奈川県道513号鳥屋川尻線:城山2丁目• :谷ヶ原浄水場交差点• 神奈川県道508号厚木城山線:久保沢交差点• :川尻交差点• :東原宿交差点 沿線 [ ] 山• (自然湖)• (人造湖)• (人造湖。 道路敷がの堤頂を通過する。 (人造湖) 峠 [ ]• (南都留郡山中湖村 - 南都留郡道志村) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。 2010年4月1日にへ移行して同市の一部を構成。 2007年3月11日に相模原市へ編入。 2010年4月1日にへ移行して同市の一部を構成。 山中湖村平野(山北山中湖線交点)から道志村月夜野(神奈川県境)までは山梨県道路愛称名となっている。 国道413号 - 県道729号山北山中湖線(山中湖村山中国道138号交点 - 山中湖村旭日ヶ丘国道138号交点)の山梨県道路愛称名。 出典 [ ]• e-Gov法令検索. 2013年1月22日閲覧。 道路統計年報2016. 2017年5月4日閲覧。 e-Gov法令検索. 2013年1月22日閲覧。 道志村. 2013年1月22日閲覧。 厚木市まちづくり事業課. 2013年1月22日閲覧。 2013年1月22日閲覧。 東名・中央圏広域道路地図 p. 2013年1月22日閲覧。 - 相模原市 2018年10月5日• - 相模原市• - 相模原市 2019年4月17日• - 相模原市 2019年12月7日閲覧• 山梨県県土整備部道路管理課. 2013年4月9日閲覧。 参考文献 [ ]• 『東名・中央圏広域道路地図』(1989年8月). 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 :富士吉田市の指定区間外、山中湖村、道志村の区間を管理•

次の

国道413号

国道413号 通行止め

通行規制情報 > 通行規制情報 工事・災害などによる通行規制情報 中部地方整備局は、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県及び長野県の一部における直轄国道(注)の整備及び管理をしています。 中部地方整備局管内の直轄国道について、通行規制等の情報を各担当事務所にて公開しております。 注)道路法の道路は、高速自動車国道、一般国道、県道、市町村道で構成されています。 このうち一般国道は、国土交通省管理の国道(直轄国道)と県及び政令市管理の国道(補助国道)で構成されています。 中部地方整備局管内の工事による通行規制情報、異常気象による通行規制情報 中部地方整備局管内各県の工事情報 注)以下のリンクは全て別ウインドウが開きます。 静岡県• 愛知県• 三重県• 岐阜県• 長野県• 本日の交通規制・道路気象情報はこちらをクリックしてください。

次の

道志みち(国道413号)道路状況!通行止めは年内いっぱいを目指す!?

国道413号 通行止め

道志みちの道路状況は国が復旧工事を行い、年内に修復の見通し この写真は道志みちで今回最も被害が大きかったとされる、413号線の道路崩落現場の写真。 10月下旬に国が復旧工事を代行することが決定。 国交省によると、工事を既に始めており、 崩落前と同様の道路に復旧する見通しが立った。 復旧工事が必要な場所は上記の写真の現場以外に6箇所あり、いずれも相模原市が工事を行う予定とのこと。 4箇所は年内に完全復旧を目指すと報道されており、 残りの2箇所はまずは年内に片側交互通行できるようにはするとのこと。 いずれも、なるべく早い時期に完全復旧を目指すと国交省は発表している。 国道413号線、および道志みちが通行止めになってしまったことで、道志村、山中湖村の方面から相模原に通っていた住民や、業者、相模原方面から山梨県道志村方面へ向かう地元住民からは早い復旧を求める声があがっていたことで、今回の年内の復旧予定の発表で少しばかり明るい未来が見えてきたと言えます。 現在は、青根地区と山梨県道志村方面を行き来するのに大きく迂回(うかい)しなければならず、一部区間に関しては、通行証が必要な場所もあり、観光客などは大きな迂回ルートでの通行になっている。 道志みち(国道413号線)の現在の迂回路の状況 現在国道413号線は以下の場所で通行止めになっています。 青野原(セブンイレブン前)〜相模原市緑区青根1375(キグナスの手前の交差点) 僕は最後のセブンと読んでいる場所。 ここから先にはコンビニは山中湖へ抜けるローソンまでない。 ただ、ニイツ商店、デイリーヤマザキが道志村の途中にはあるのでそこで食材、飲み物、お酒、などは購入することが可能。 キグナス手前の交差点(青根の交差点)がこちら。 限定的な迂回路が一応用意されている 緑 区 青 根 1 4 1 2 ( 国 道 4 1 3 号 交 差 点 ) ~ 牧 野 4 1 6 4 ( 県 道 5 1 7 号 交 差 点 ) ちなみに、上記画像の緑の部分は迂回路となっている。 道志村から相模原へむかったときの相模原市緑区青根1412(国道413号線キグナスの手前の交差点)を左折して抜けていく道につながっている 現在の迂回路としては、以下の迂回路がある 相模湖インターから道志みちに入っていくルート 相模湖インターから上記で説明したキグナス手前の青根の交差点まで迂回していくルートで進んでいくことができるようです。 ただし、以前は通行できたバカンス村から伏馬田を抜ける裏道ルートは11月から住民の生活道路としてのみの使用が許可されており、大きな渋滞や業者などの通行ができないように、 相模原市が発行する通行証がないと通れないようになりました。 その他の道志みちに行く迂回ルートは以下の通り 国道20号経由で都留の峠を抜けていく迂回ルート 中央道、圏央道を使い山中湖インターから道志みちに入っていくルート 東名高速で御殿場から山中湖、道志村へと続く道から道志みちへ入っていくルート どれも大きな迂回ルートとなっており、特に、東名高速は毎週末、平日であっても多少の渋滞は必須の状況になってしまっています。 ちなみに、先週末に道志村に東名を使っていきましたが、行きは2時間、帰りは2時間半かかったので渋滞なれしていないドライバーは結構つかれるでしょう。

次の